トップページ | 2006年3月 »

移動販売に広告宣伝は無意味か???

こんばんわ。

今月ももう終わっちまいます。

分かち合い会で分かち合ったことも、皆さんと分かち合わないと、次の分かち合い会がきちまうってことで、、、、、

移動販売で広告宣伝をして、「自力のお客さん集め」をしてるっていうのは実際ほとんどないと思います。

ぼくのいたFC本部でも、移動販売単体でで広告を撃っても費用対効果が合わない、という情報を、もう何年も前ですが出していました。

でも、実際にはそれをやってるかたっていうのがいるんですよねー。

一回の広告で、実質お店を立ち上げてしまった例を、何百分のほんの数名ですが、僕自身も見てきました。

これは広告宣伝の成功率じゃないです。念のため。

移動販売で広告宣伝なんてやるかたがほとんどいないんで、今まで何百人という開業者さんに関わってきた中でも、実際に「やる」という方がほとんどいなかった、ということだと思います。

一つ、前提は、移動販売でも、そこで腰すえてお客さん創っていく、という考えかたをしているかたでないとあまり意味のない方法ではあるのですが・・・

出れば売れる場所を開拓するっていうのも、移動販売の立ち上げ法として、すごい有効だということは間違いないんで、前にも書きましたが、こういう考えでやってる方もいる、という仮説で見てくれればいいと思います。

「移動販売でも、やっぱ始めは広告撃って、新規のお客さん集めることですよね~。不思議なんですけど、それである程度集まってくると、そこからは口コミが加速されて広告なんていらなくなっちゃうんですよ。。。もちろん、ぼくの場合、次につながる仕組みを創ってたからできたんですけど・・」

という話を初めて南さんから聞いたときは、

「へ~、そうなんだ~。移動販売で広告撃って、自分で集客して立ち上げちゃうなんてこの人すごいな~」

と思ったんですね。

そこで仲間にそのこと配信したら、何人かの方が実践して、結果がでたんですよね。

おめでとー!やったね~!って感じでした。

それ以来、移動販売だから、広告宣伝なんて対効果が合わない、なんてことはないンじゃないか、ということをこれから開業する方にも話すようになりました。

まあ、広告といってもいろんなやり方があるけど、今回は、どうやったって費用対効果はあっちゃうだろう、というKさんの実例をご紹介しましょう。

方法は「ポスティング」です。

ちょ~~~~簡単。

資本力のない移動販売にもぴったりの実例だと思うんで、分かち合っちゃいますね。

Kさんに分かち合っていただいたんですが、ポイントは

「チケット」

ですね。

「チケットをそのままポスティングしていくんです」

チラシじゃなくてチケットをポスティングしていく。

出店場所は、スーパー、カーショップなどいろいろなんだけど、Kさんは開業時。営業後ですよ。コツコツポスティングしてまわったんだね。

これで、レスポンスどれくらいだったでしょう???

なんと、場所によっては5%こえてるんだよねー。

す、、すごい。。

広告を撃ったことのある方であれば、

マジッ??

と思うんじゃないかな。

僕自身は、ポスティングでここまでの反応率をとったことはありません。

自分は、チケットではなく、チラシを創っています。

オファーは、1パック400円のたこ焼きで、チケット持参者50円割引。

・移動販売だからこその限定性入れる。

・チケットをホッチキスで止める(切り取りとかにしない)

・絶対保障はつける(おいしくなかったらお金はいりません、謳っちゃってます)

・手書きでキタナク(笑)する。

・味については、お客さんの声(直筆・たくさん)で伝える。

・隠しだま。娘の書いた自分の絵を入れる。

などをポイントに創っているのですが、レスポンスは最高で3%です。

スタンドショップのときは、「せんみつ?」1000枚まいて2枚の戻りって時もありました。

5%って実際スゲーとおもうんだよね。。。。

。。。。。

とは言っても、一枚何十円もかかってたら、確かに移動販売で、一人戻ってきて粗利なんて100円200円の世界で、あわねーだろーって声もあると思います。

でも、このケーさんのやり方なら、金銭的な費用対効果は合わないほうが難しいかもしれません。

そのやり方を、次回は分かち合っちゃいましょう。

ちょ~~簡単。だから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「口座物件」のリスクと移動販売の逞しさ。

以前に、移動販売が主に商業施設に出店するときは、売り上げを自分で持ち帰る、現金の物件と、当日売り上げを一度商業施設に入金して、1~2ヶ月後に出店料が差し引かれた金額が振り込まれる、口座物件がある。

ということに触れさせていただきました。

この、「口座物件」で、僕自身も初めてきく出来事(事件)がありました。

今朝フクさんがわざわざ連絡をしてきてくれたので、ブログ引用さててもらっちゃいましょう。

こちら・・・

今日の出来事。

 どーもっ、 昨日まで 一時脱走を図り、、遊び過ぎで頭バカんなった者です。

 さて、 今日の出来心、、 いや 出来事  っす。

今日から通常営業に戻りましたっ。 ♪ 水曜日は スイスイ スィ ~っ♪ てな調子で、  

 水曜は、週に一度、南魚沼から離れる日。
17号線を長岡方面へ40分ほど走って、旧小出町の出店先スーパーへ、びゅうぅ~んとっ。

と、 ソコで 知ってる人発見っ、 久々にお会いする、 長岡で 移動販売車使って
 焼き鳥 をやってる人。 以前 いっとき、週イチでココ小出に出て来て焼き鳥やってた方。

「あれぇ~っ どしたんスかー?  変わらず 元気に繁盛してるー? 
            雪も落ち着いたし、 又 ココにも来なよーっっ」  と 能天気サンな俺。

   聞くと、、・・ 長岡で 今、日替わりで 何店舗か廻ってた スーパー T が 
             倒産した。 今、 出るトコ無くなって、 また ココにお願いに来た。

 ッて なんですとぉお  っ。  長岡市内だけで、5~6店舗ある T が  、 。

  とりあえず 同業同士の潰し合いを避ける為、 たこ焼が来る 水曜は避けて、
 水曜以外の全部の日 焼き鳥がここに出たいんですけど。 どうですかね、。、。 と。

ウチは問題無いし、お店側はソレを喜ぶだろーけど、毎日片道1時間弱はキツいと思うよ。
   ま、 でも 今現在、そんな状況であれば、 とりあえずココで頑張って下さい。 と、   

移動販売車のオーナーの方々は、コレ 色々感じたと思います、ご意見お待ちしております
  
 

これ、移動販売で出店されていた方にとって、どういうことかっつーと、

出店場所を失う。

だけじゃなくて、

そのスーパに出店していた一ヶ月ないし二ヶ月の、「売り上げ」を失うってこと???

きっっつ~。。。

出店先がそこ、1店舗だったり、2・3店舗でも同じ系列だったりすると、売り上げ100万なら100万ごっそりだからつらいね~。

移動販売の平均的な原価率からいくとほぼ3ヶ月の仕入れ代を失うことになるんじゃないか?

その後こんなメールいただきました。

  先程電話で話しました様に、、 「一社」 との(口座物件)での取引の危うさが
この長岡の事件で明らかになました。  近隣(首都圏)の仲間達に、ゼヒ注意を促して下さい。

たしかに、今回のようなケースはめったに起こることではないと思いますが、

出店先の事情や都合で、「来月からもう入れないよ」、というのは移動販売の現場では日常茶飯事におきてることですよね。

一方、ぼくがこの話を聞いて感じたことの一つは、

「やっぱ移動販売たくましーわ」

てことだなー。

こんなことがあっても、別の場所ですぐにでもそのまま商い再開できちゃうんだもんねー。

それこそその日からでも。

いつもとおなじ商品創って、いつもと同じ商いができる。

このかたも、とにかく別の場所とって営業再開しよう。

っていうことなんでしょう。

移動販売、小さくて不安定なとこいっぱいある。

だけど、移動販売ゆえのたくましさもあります。

ね。

  
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売、低リスクプランの落とし穴。なんでそのプランでやりたいのか?を明確に。

どーも。

もうすぐ酒解禁のものです。

みんちゅうさんコメントありがとうございました。

移動販売を副業として考えていた矢先にここのブログを見つけました。
とてもリアルな(しかし暖かい)文章を読んでいると、自分もぜひっていう気持ちになってきます。
当方はレンタルで色々試してからと考えているのですが、神奈川県下で出店できるレンタル、リースの移動販売車を探しています。情報ご存知でしたらいただけませんでしょうか?

具体的な情報はよろしければ直接ご連絡させていただきますね。

レンタル、リースについては、これから始められる方にとって、とても興味があることだと思いますので、前にも触れましたが、今回もちょっと。

どんな形にしろ車がないと移動販売始まんないですもんね~。

で、

実際、レンタル・リースで、、、という方は、みんちゅうさんのように、

レンタルで色々試してから

というお考えの方も多いと思います。

やってみないとわからないんで、はじめから購入しない、というのはアリだし、そのためにこういう開業の方法が取れるならありがたいことです。

「副業で」ということであれば、問題ないですが、

「本業で」という場合は特に、この、

「レンタル、リースで始めたい理由・目的」

を見失わないようにしてくださいね。

とにかくレンタル・リースありき、ではなく、自分がレンタル・リースで始めたい理由・目的を見失わないようにしてほしいと思います。

というのも、この、

レンタル、リース、という始め方は、

「低リスクでいろいろトライしてみたい」

という開業者側の希望とはちょっと違い、

『うちのフランチャイズに加盟するなら・・・・』

『うちの〇〇プランに入会するなら・・・・』

レンタル、という制度もありますよ。

というのがおおいです。

もちろんこういうのが悪いって言ってるわけじゃないよ。

むしろ開業者にとってもありがたいことがたくさんある制度だと思います。

だけど、

「いろいろトライしてみたい」

という目的からは外れちゃいます。

そして、そこには50万~200万くらいの加盟金やら、入会金やら、保証金やらがあるということね。

(加盟金・入会金・保障金・など)が最低で50万、1ヶ月のレンタル料6万、契約2年、とすると、

50+(6×24)=194

200万の契約。

さらに、レンタル、といっても契約期間を設けてるんで、途中で辞めても違約金が発生します。1ヶ月で辞めてもね。

リスクを抑えようと思ってレンタルで始めて、うまくいかなくて出直したいけど、辞めるに辞められない。結局移動販売では生活できず、そのレンタル料を払えないために、それを払うために他の仕事をして、一生懸命レンタル代を払い続ける。払えなければ・・・

という方を、ぼくは何人も見てきました。

だから、特に本業で、生活を賭けてはじめれれる方は、なんでレンタル・リースなんだ。という理由・目的を見つめて、商談を進めていってほしいです。

私見ですが、

個人がなけなしのお金をはたいて始める場合だよ。

実際そういう方たくさんいるんだから。

200万300万お金持ってる方が、その200万300万で移動販売車買っちゃうんじゃなくて、その成功率を高めるために、レンタルとかリースっていう仕組みが活用されるのはとてもすばらしいことだと思うんです。

でも、50万しかお金持ってない人に、200万の契約をさせるためにこの仕組みが活用されてるのだとしたら、これは不幸を生む。

金がない人からでも、この仕組みなら契約取れるぜ、では。

普通の車ならそれでいいと思うんだ。

でも、移動販売車っていうのは、それを糧に生活してく人が買う。その稼ぎでその車代も払っていく。その後ろには家族がいる。

人が生きていくんだ。

仕掛ける側の皆様には、「成功を謳った仕組み」として、レンタル・リースなどの仕組みを創るなら、この辺のところも思いを巡らせてほしいなーと思います。

もちろん、開業者のことを真剣に考えてくれてるところもあるんです。

そのような方には頭にくるようなこといってゴメンナサイ。

でも、実際、

「払えなけりゃあ、払わせるための業者だってなんだってあるんだから」

とか

「ダメなら、車引き上げてとりたてりゃあいいんだよ」

という声をね、

業界内で聞いてたんで、

この言葉から、開業者に成功してほしい、っていうハートは全く感じられない。

生活を賭けて、現場を生きる側で始めよう、とする皆様は、本当にその仕組みが自分のやりたいこととマッチしているか、を考えてみてくださいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

移動販売が賑わいを創りだせると、いっぱい可能性広がるよね。

タコキューさんが関西の移動販売事情についてのレポートを紹介してくれました。

http://www.foodrink.co.jp/backnumber/200508/050807.html

ありがとうございます。

やはり、皆さん営業場所にがネックになってるようですね。

実際、ランチメニューの移動販売は、お昼にお客さんが集中するオフィス街への出店が現実的だと思いますので、屋台村のような仕掛けを望む声もわかります。

東京の屋台村も、メディアへの露出が減ったので、一時期の勢いを失ったかのように見えますが、これは、いつまでもマスコミが飛びついてない、というだけで、

「屋台村は終わった」

というのとは違うんではないかな。

こういう場所では、限られた休憩時間の中でランチ難民、みたいに言われてる現状が本当にあるわけだし、そこへ移動販売が出店する、というのは、まさに、

「来れない人のところへ行って、移動販売が喜ばれる出店形態」

なんじゃないかなー、と思います。

この辺の事情はちょっと調べて、生声を配信していきますね。

むしろ、移動販売が集まって

「賑わいを創りだす」

ということを仕掛けようとする機会は、これから増えていくんじゃないかとみています。

今、出店場所のひとつになってるスーパーさんともそんなことをすすめていますし。

先日、とてもおいしい大判焼き屋さん(もちろん焼きたて)をよんで、店長さんからは、

「強敵現るじゃないですか。ここは、甘もん絶対いけますよ。中になんもないし。大丈夫?」

と、心配されましたが、結果は

全く問題ありませんでした。

好影響はあっても、悪影響はなかった、ですね。

「ただ、もっとということであれば、現実みんな撤退してっちゃってるわけだし、出店料を考えないと、ここでやりたいっていう移動販売はいないでしょう。5千円で1台より、2千円で3台のほうが、お客さんにもお店にもいいじゃん。本当に良い人、しかよばないから」

というような話をしています。

まあ、風祭金咲や移動販売独立支援ネットが場所の仲介業をするわけじゃないんで、これで儲かる、とかそういう話じゃないんですけど。

移動販売が、主体的に賑わいを創りだす、っていうことのお役に立てればなー、という願いを込めて。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売。自分の商人観の中で、自分の商売を生きる。

最近、フクさんが自身のブログの中で商人観を熱く語っていますので、ぜひのぞいてみてくださいね。

syoufuku.exblog.jp

こんな風に、

移動販売って、これ以下はないってくらい、小さい小さい商売だけど、このように自分の商人観をしっかりと強くもって、自信(自身)をもって商売されてる方、多いです。

だから、集まって話すと、おもしろいんだろーねー。みんな違うけど、すばらしー商人観を持ってると感じます。

それぞれが、自分の商人観の中で、自分の身の丈の商売をしている。

それが移動販売かもしれません。移動販売だけじゃなく、すべからくそうなんだろうけど。

組織の中では、雇われていると、この、おおもとの商人観を持つ事に制約がありますもんね。

ここも、移動販売を始めちゃえば、

「自由」

だなー。

今、組織の中で、自分の商人観を発揮したくてウズウズしてる方は、移動販売に向いてるかも知れません。

昨日、出店場所してるとこに、以前出店していた団子屋さんが訪ねてきてくれました。

撤退しちゃったんだけどね。

「おにいちゃん、たいへんだねー。5千円も払って、やってらんないでしょう。こんなスーパーで一日5千円なんてトンデモネー話だよ。メロンパンもばくだん焼きも言ってたよ。近所に住んでんだけどサー、よくやってンなーと思って見てたんだよな。」

皆さん早々に撤退しちゃいました。かくいうたこ焼きも、以前話しましたが、1度は撤退をよぎなくされています。その方の人生を背負って、、、

出店料に関しては、売り上げの15%か日額5千円で、5千円を選んだのは自分だし、今は10%くらいなんで、自分は全く違う認識を持ってるんですが、(額云々というよりは考え方だけど)

今日、お話したいのはそのことじゃなくて、この団子屋さんの今の商売。

なんとその団子屋さん、移動販売の訪問販売をしてるんだって。

あの、一箇所に何十分かいて、また移動してっていう移動販売じゃないよ。

家を一件一件訪問して、ピンポーンってやる訪問販売です。

1日3~4万売るらしい。

あたたかいものを届けられる移動販売のよさ、

地域の方との触れあい、など、

自分の商人観を熱く語って帰っていかれたんですが、

正直、お~~~、と感心して聞かせていただきました。

商業施設にも出店していて、100キロ以上はなれてるんですが、

「そこは、ここの4倍売れるぜ、お兄ちゃん」

といわれてましたね。

それぞれが、自分の商人観の中で、自分の身の丈の商売をしている。

それが移動販売。

どれもが正解。。。

どれもが仮説。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

移動販売、横のつながりのありがたさに気づきました。いまさらだけど。

タコキューさんコメントありがとーございました。

お世話になりましたkさんとても丁寧な方で現車の状況写真で隅まで良くわかりました。自分としても何とか次の展開をと考えまずもう一台出物があればと、風祭さんにお願いしていて、実際始まって1年ぐらいで、何百万もの追加投資は無理があります、でもこう言う形で仲間同士で車を確保する事ができれば、自分たちが始まる時よりずっとハードルは低く設定できますよね、後は移動販売に熱意を持って取り組んでくれる人がいればと思っています。でも少し不安なのは、ハードルを低くした分レベルの低い人が来ないか?
確かにフランチャイズで始めた方はかなり投資してる分、本気ですよね、自分の課題は安く始められても、自分たちの熱意を感じられる人間とつきあって行きたいと言う事です。

こうやって横のつながりというか、縁で次へのステップを踏み出していかれる方がいるというのはとても嬉しいことですよねー。

で、これは動いてるご本人だけでなく、ぼくらにとってもすごくありがたいことだと思います。

今、まさに立ち上げている、とか、次に進もうともがいているとか、

その中にこそすごい学びがあるんじゃないかと思う今日この頃。

言葉に、今の「心」が入ってるから、こちらの心にも響くんではないかと思う。

実際自分自身、仲間の「過去」の成功体験ではなく、「今」の姿を励みにしていることにいまさらながらきづきました。

Kさんが、移動販売でもこんなことやってお客さんつけてってるよー、とか、

フクさんが、次のステップのためにどこどこの本部行ってきたよー、とか、

タコキューさんが、移動販売の新しい可能性に、こんな物件とってみたよー、とか、

Mさんが、新しい開業者さん向けに、今、こんなもん創ってるんだよー、とか、

小暮さんが、お客さんに喜んでもらうのに、今こんなこと考えてるんです、とか、

全部、「今安定してない部分」を一生懸命動いてる中から、たくさんの学びや勇気をもらってるんだと。

横のつながりの大切さっていうのは、案外こんなところにもあるのかもしれませんねー。

いつも勇気をくれてありがとー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売車にさよならする人にもこんにちはする人にも嬉しい。

こんにちわ。

前に、移動販売のFCチェーンで売り上げトップを走っていたKさんが、

「今の仕事には先が感じられない」

ということで、この業界を去ろうとしていることを書かせていただきました。

その、Kさんから、

「実は、やっと次に進む方向決まったんで、ぼく移動販売辞めようと思うんですけど、誰か車買いたい人いませんか?」

という連絡があったんで、

こちらは、一台ではじめて、実績作って、今のままじゃ収まりきれなくなってきて、

これから次に進もう!

というTさんと仲を取り次ぎました。

以前の記事です。

こんなメールもらいました。

私、車について何の知識もないけど、勉強すれば可能ですか?

(中略)

高く買い取って安く売る。ぶっちゃけ、開業者はこういうのが一番ありがたいんじゃないかな。まさか粗利に✖✖✖万もとられてるなんて知らないから、ボロボロ車に✖✖✖万も✖✖✖万も借金をしてまででも支払う。良く考えるとおかし過ぎです。

先日の集まり以来ずっと妄想してます。

いっとかなきゃいけないのは、一生懸命開業者さんのことを考えてくれる車屋さんはありますよ。

ただ、残念ながらそうでないところもある、ってことです。

移動販売でいうところの、「中古車」とは、

エンジンが中古、という意味ではないです。普通。

移動販売車として中古。

つまり、廃業した人の車ってこと。

移動販売を少しでも安く始めようと思ったら、こういう「デモノ」でもいいかもしれない。

デモ、ここで、今デモよく分からないのは、

このデモノのをデモノとしてはっきりいわない本部とかが多いですね。

移動販売車っていうのは、作るのは高額です。

が、

いざ、やめようと思っても、普通の中古車のようには売れません。

これから始めようと思ってるかたは、オークションサイトなんかも見てると思いますが、あんな値段で、引き取ってもらえることはないでしょう。

たとえ3ヶ月で辞めても。

「辞める人の移動販売車を高く買い取ります」ってとこあったら教えてくださいね(本気)

実際の例を検証してみると、始めるときは軽自動車で200万~300万、普通車で350万から550万といったところですが、

辞めるとき、

フランチャイズの本部だったら、加盟店の車、いったいいくらで引き取るとおもいます?

それで、例えば、3ヶ月で辞めちゃった場合。

仕様がおんなじだから、中をクリーニングして、他の人にいったいいくらで売るんだろう?

聞かないほうがいいです(笑)。

これはでも、始めるときには大切な問題だと思うので、今度詳しく話しましょう。

そう、

これねー、もし辞めるとき上記のような方法をとると、

辞める方の売値は、せいぜい10万~20万位でしょう。

そして、始めたい方や、次に進みたい方の買値は、200万、300万、

ということになります。

小暮さんの言ってるのは、こうじゃない仕組みを創って、

去る人、来る人、

お互いにとって「よい」風にならないかな?

ということですよね。

ぼくはこういうことを考えるのすばらしいと思います。

開業する。廃業する(後ろむきな意味だけじゃなくてね)。

「人」

と向き合ってきてそう思う。

実際に辞める方がいて(売れなくて廃業とは限らない)、その方だって、次に進むために、改造前の「原車」の価格でたたかれるより、よい条件で引き取ってもらえればその方がいいに決まってる。

それで、を始められる方や、増車を考える方にも

「とてもありがたいこと」

なんだったら、どっちにとってもいいじゃない。

ぼくは、車の販売で商売してるんじゃないんで、ただお二人の仲を取り持っただけで、これをビジネスにしよう、とか思ってるわけじゃないけど、

移動販売のネットワークがお二人のお役に立てただけでも嬉しいです。

Kさんからはこんなメールをいただきました。

お忙しい中、ありがとうございました 何かお礼しないといけませんね・・・
僕と違って、いつも早起きですね!! 僕は昔から朝が駄目で 夜型、不規則向きなんです 
✖✖向きかもしれません・・・と自分勝手に思っている今日この頃です
これから経済的にマイナスからのスタート 毎日「出し切って」行きたいと思います
それから 5年後 10年後 20年後 死ぬまで どう生きていくか 想像と創造しながら
充実した人生を送りたいと思っています
これから 目の前に問題や困難が立ちはだかるでしょう
でも、「困ったことは起こらない」 学ぶ時がきたんだ!!で わくわく楽しみながら 前(上)に進んで行きましょう
そして、お互いに 人間の魂のステージ(階段)を上って行きましょう。
それでは、また め~る致します

移動販売の独立支援と関係ない個人的な話になっちゃうけど、

Kさん、移動販売で「成功してる」といわれてた時より、ぼくから見ると今のほうが魅力的です。

もちろん前から、すごく力のある移動販売ダーだなー、というのはあったんだけど、今の彼からはすごくたくさんの勇気をもらっています。

頑張ってる人に、頑張れ、なんて言えないけど、

移動販売の世界からは去っていっても、心から応援してます。

ぼくらの仲間も、

「移動販売辞めて、あいつ次何やんだ」

って冷ややかに眺めてるんじゃなくて、

仲間の未来を応援していこう。よ。

こっちで生きつづけるぼくらは、移動販売の未来を切り開いていきます。

こっちも頑張る。

そっちも頑張れ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

移動販売現場相互支援ネット、やっちゃる会「分かち合い会」やっちゃいました。

こんばんわ。

先日書いた、「移動販売現場相互支援、分かち合い会」、早速やっちゃいました。

朝8時からです。

早起きでしょ。

8時から10時までババット分かち合って、その後現場へ直行という方もいらっしゃいますのでこうなりました。

どんな風に進めていくのか全く手探りでやったんだけど、

やっぱすごい勉強になった。

一生懸命立ち上げようとしている、

売り上げを必死に上げようともがいている、

その過程にこそ、宝がいっぱいある。

と思います。

基本的には、どうやって売り上げを創っているんだろう?ってことをテーマに分かち合いをしよう、と思ってたんだけど、話してるうちに、

どうやって、お金造りをしていってるのか、

より、

どうやって、人創りをしていっているのか、

という風になってきました。

この「人創り」という言葉は、Kさんが何度も何度も使っていた言葉でとても印象に残りました。

立ち上げるためにいろいろな手をどんどん打っていく方で、それぞれの方法はすばらしい、まあ、ノウハウっていえばそうなんだろうけど、その根本にいつも「人創り」って考え(ハート)があってすばらしーなーと思いました。

で、

どんな内容だったかってーと、

今、リアルタイムで商売が

「安定してない」

あるいは

「変化させたい」

という人が話してる会なんで、

今、自分がどう動いて、お客さんがどう動いてるかってことが中心になりました。

成功した方法もたくさん分かち合いましたが、失敗したこともたくさん分かち合いました。

☆立ち上げに使った集客や販促のツールを持ち寄って、

このツールをどういう考えで作ったのか、どうやって使ったのか。その対効果測定。

☆スペース料をどう考えるのか?

☆移動販売で売り上げの目標をどう持っているのか?現場から得られる適正な粗利は?

☆スーパー、カーショップ、駅前駐車場、などそれぞれの出店場所の可能性、メリットは?

☆出店したとき売れなかった。さあ、どう考えてどう動くか。

☆イベントを自分の商売の中でどう位置づけているか。

☆価格をどう考えるか?変えること、値下げをどう考えるか。

☆一発屋でなければ、まずまわりの人創り、そして一般のお客さん。

☆どうやって認知度を上げていくか?それに適した出店方法はどんなんだろう?

☆次のステップへの考え方。移動販売で儲けて次に進むのか??

☆場所獲得、営業に重きを置く移動販売と、人創り、マーケティングに重きを置く移動販売。

☆自分はこれから何をしていきたいか?自分たちは移動販売を一生懸命生きるかたたちと何を分かち合っていけるんだろう?

と、こんなこと分かち合いました。

こんなの2時間で話せんのか???

ムリ。

時間オーバーしちゃったんですよね。ちょっと。

2.5倍くらい。

次回はも少し方向性、テーマをはっきりさせといて、効率よく、咲く咲くっと、でもいっぱいエネルギーもらって帰れるようにしたいです。

最後に、Kさんのご両親が(お好み焼き屋さん経営してます)移動販売を始めたKさんに言ってくれた言葉を・・・・・

(社会的にみれば)誰にでもできて、最低だけど、その中で最高の商売してけばいいじゃない。

ほんと最高の商売です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

誰が言ったか。究極の自由業、移動販売。

おはよーございます。

北海道のタテカワさん、元気でした。

でもやっぱ雪すごくて、営業できない日いっぱいみたいです。

今年はホント雪多いみたいですねー。

雪国の方と話してると、こっちのほうで天候云々で休んだりしてるの言えないですなー。

エライわ。

移動販売のことを誰か究極の自由業って言ってたけど、

移動販売FCの本部業務をしていたときに、よく、今日休む方からの電話を受けることがありました。

この理由がいいんだか悪いんだか「確かに自由業」って感じの微妙~なの多かったです。

天候で言えば、

休む理由が、

「大雪だから」

とか

「台風だから」

ならわかるよねー。

まあ、雪だから、雨だから、でもわかりやすい。

そうじゃないんですよね。

どんなかってーと。

「こんな天気だから・・・」

って。

こんな天気ってどんな天気かってーと、

雨が降りそー。

風が強くなるって天気予報で言ってた。

って感じです。

いや、もちろんいろんな方いるんですよ。

その方の性格、必要とする収入、はそれぞれですから。

どんな悪天候でも必ず現場には行くって方も多いんです。

いくら働こうと自由。

いくら働かないと自由。

働く人は猛烈に。

そうでもない人は、それなりに。

現場に出るっていう意味だけじゃないけど。

これも移動販売の一面だと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年3月 »