« 移動販売。自分の商人観の中で、自分の商売を生きる。 | トップページ | 移動販売、低リスクプランの落とし穴。なんでそのプランでやりたいのか?を明確に。 »

移動販売が賑わいを創りだせると、いっぱい可能性広がるよね。

タコキューさんが関西の移動販売事情についてのレポートを紹介してくれました。

http://www.foodrink.co.jp/backnumber/200508/050807.html

ありがとうございます。

やはり、皆さん営業場所にがネックになってるようですね。

実際、ランチメニューの移動販売は、お昼にお客さんが集中するオフィス街への出店が現実的だと思いますので、屋台村のような仕掛けを望む声もわかります。

東京の屋台村も、メディアへの露出が減ったので、一時期の勢いを失ったかのように見えますが、これは、いつまでもマスコミが飛びついてない、というだけで、

「屋台村は終わった」

というのとは違うんではないかな。

こういう場所では、限られた休憩時間の中でランチ難民、みたいに言われてる現状が本当にあるわけだし、そこへ移動販売が出店する、というのは、まさに、

「来れない人のところへ行って、移動販売が喜ばれる出店形態」

なんじゃないかなー、と思います。

この辺の事情はちょっと調べて、生声を配信していきますね。

むしろ、移動販売が集まって

「賑わいを創りだす」

ということを仕掛けようとする機会は、これから増えていくんじゃないかとみています。

今、出店場所のひとつになってるスーパーさんともそんなことをすすめていますし。

先日、とてもおいしい大判焼き屋さん(もちろん焼きたて)をよんで、店長さんからは、

「強敵現るじゃないですか。ここは、甘もん絶対いけますよ。中になんもないし。大丈夫?」

と、心配されましたが、結果は

全く問題ありませんでした。

好影響はあっても、悪影響はなかった、ですね。

「ただ、もっとということであれば、現実みんな撤退してっちゃってるわけだし、出店料を考えないと、ここでやりたいっていう移動販売はいないでしょう。5千円で1台より、2千円で3台のほうが、お客さんにもお店にもいいじゃん。本当に良い人、しかよばないから」

というような話をしています。

まあ、風祭金咲や移動販売独立支援ネットが場所の仲介業をするわけじゃないんで、これで儲かる、とかそういう話じゃないんですけど。

移動販売が、主体的に賑わいを創りだす、っていうことのお役に立てればなー、という願いを込めて。。。

|

« 移動販売。自分の商人観の中で、自分の商売を生きる。 | トップページ | 移動販売、低リスクプランの落とし穴。なんでそのプランでやりたいのか?を明確に。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 移動販売が賑わいを創りだせると、いっぱい可能性広がるよね。:

« 移動販売。自分の商人観の中で、自分の商売を生きる。 | トップページ | 移動販売、低リスクプランの落とし穴。なんでそのプランでやりたいのか?を明確に。 »