« 移動販売の成功率とは? | トップページ | 繁盛店に何をまなびたいのか?? »

移動販売、小さな数字と、大きな支え。

フクさん、コメントいっぱいありがとー。

小さな成功、小さくても充実と達成感を感じて、ボンヤリでもいい何となく「この次がある」と希望を持つ事で、日々の商いがより楽しくなり、ソレが現時点での商売に良い効果を生み、続けていくと、自然と次のカタチが見えてくると思います。 全てを一人でこなせる規模の移動販売・・商いの基本、経営感覚の全てを学び取れるんですよね。 私もこの先に希望持って進んでいきます。

そうですねー。

開業時に始めからすべてがうまくいく方なんて少ないと思います。

開店当初から売れて売れてしょうがない。という方もいますが多くはない。

そんな中、どんどん手を打ってくのはそうなんだけど、

何を支えにしていけばいいんだろう、ということがあります。

移動販売を続けていくに際して、支えになる一つは、

人との関係じゃないかなー、

と感じています。




先週水曜日、電話注文受けたたこ焼きを必死に焼いてたら、

「おにいさんこんちわ」

と下のほうから声がしました。

「おー!こんちわー!」

先日違う出店場所に買いに来てくれた、車椅子のお客さんだったんです。

「もらったカードに出店場所教えてくれる電話番号書いてあったから・・・こないだヘコんでるときお兄さんのたこ焼き(38歳・オジサンです)食べて、元気になったから、また元気もらうのにきたんだよ。今日は病院の帰りなんです。病院〇〇にあるから、ここならこれる。通います」

で、たこ焼き焼けるの15分待って、2パック買ってってくれたんだけど、乗ってきた車に車椅子を積んで帰る姿を見たときに、

「あーー、ここ簡単にやめちゃいけないなー」

と思いました。

ビジネスで、全体の売り上げ、利益を見ると、

移動販売なんだから、移動したほうが



早い




ような売り上げの場所なんで移ろうかなー、と考えてたんですけど、

その日は

「絶対いなくなんないでよ。やっと見つけたんだから。家族みんなで水曜楽しみにしてるからね」

とか、

「ありがとーございましたー。おかげさまで高校合格しましたよー。本当に金咲食べて金咲いちゃった。前のお店の時からなんかあるといってたんだー。私たちにとってすごく縁起がいいんですよねー。で?お店いつやるの??」

とかいうお客さんが来てくれて、

こういう声を聞くと、

ここで、伸ばしていけばいいことじゃないか。

と考えます。





儲けの喜びや、数字の達成感、

というのは、もちろんものすごくあります。

売れればめちゃくちゃ嬉しいし、ぼろ儲けしたいと思ってます。




でも、そういかないこともあるし、

また、そういかない場所もある。




自分の場合、

そんなときは、今日あがってきた全体の数字を見ると、全くダメダメだけど、

一人一人の関係の中に、かけがえのない喜びを感じられることがあります。

成功とか達成感というものとは違うものかもしれないけど、移動販売を続けていくには確かに支えになっていく「心」だと思います。

|

« 移動販売の成功率とは? | トップページ | 繁盛店に何をまなびたいのか?? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 移動販売、小さな数字と、大きな支え。:

« 移動販売の成功率とは? | トップページ | 繁盛店に何をまなびたいのか?? »