« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

景観を乱さない移動販売の店舗とは・・・

先日、営業にまわる中で、百貨店系の担当者の方と話していて、やはりそうなのかなー、と感じることがありました。

「まあ、店頭に、テナントの1部としてというのはムリなんだけど、イベントの一環として、移動販売を活用する、というのは考えるんですけどね、、、、

それにしても~~~~、っていう部分で、

景観を乱す、とか、イメージを損なう、という部分があってなかなか実現しないんですよね。味とかそういう部分とは別にね。。。はっきり言って申し訳ないんですけど・・・・しょっちゅうお話はいただくんですけどなかなかね~~~~」


全く申し訳なくないですけどね。話してくれてありがたいです。


で、ちょっと聞いてみました。


ぶっちゃけ、今、私が挙げる中でスポット的にでも協力できるところありますか??

例えば、〇〇〇〇は??

「ダメですね」

では、〇〇〇〇〇は??

「ゥ~~ン、厳しいですね」

〇〇はどうでしょう??

「はっきり申し上げて、そのようなアイテムはムリですね」


で、結局、ここなら、というところが1社ありました。

それはどこでしょう??

それはもちろん、うちでした。


ウソです。


でも、おーー、このレベルか~、と思いました。

移動販売、ファザードも進化してるところはどんどん進化してますよね。


自分で得意な方はやってくし、FCはデザイナーを入れてるところもあるし。

そうすっとぼくらも勉強になるし。

まだまだだけど、これから移動販売の可能性を拡げていく楽しみな部分ですね。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売独立開業への第一段階。保健所申請でも??があったら聞いちゃおう

最近、立て続けに保健所関係のご相談を、数名の方からいただきました。

考えてみると、これから、特に一人でFCとかに属さずに始める方にとっては、保健所の営業許可、というのは、繁盛云々の前にとっても大きなことですね。

やってる人にとっては当たり前のことでも、始める方にとっては

「そうだったのか?」

ということがけっこうあります。

保健所関係のご相談というのは、大きく分けると、車の仕様のご相談と、仕込み場所のご相談、なんですけど、

例えば、

保健所:「仕込み場所はどこ?許可あんの??なきゃダメだよ。」

ってことですね。

もちろんその通りなんですけど、

仕込み場所というのは、

仕込あるならいる。仕込みないならいらない。

ということですから、インチキでもなんでもなくて、なくてもいい人もいるんです。

もし、にんじんを切る、だけが仕込みで、後はひを通すだけ、ということであれば、ニンジン10本切るために、自宅を改造したり、新たに仕込み場所を借りる、ことは当然1番筋の通った方法ですが、すでにカット済みのニンジンを仕入れるように仕組みを変えるのも一つの方法だと思います。

これは、もちろん仕込み場所なんかいらない、ということではないです。

ちゃんと仕込み場所を持って、手作りで心を込めて作ったものを出したい、というのがぼくの考えです。

でも、話を聞いてると、どおみても、仕込みはほとんどしないんじゃないか、という方もいらっしゃいますので、そういう方は、

「仕込みどこですんの?」

「自宅です」

「自宅じゃできないよ。ちゃんと仕込み場所持たないと。自宅改造しても、生活するところと一緒になってちゃ許可ださないからね」

という段階で足踏みしてるのであれば、思い切って仕込みをなくす方法で考えてみるのも一つの方法だと思います。

保健所の問題は、あそこでは通ったとか、こないだは平気だったとかはあまり関係なくて、そのとき、いいもんはいい、ダメなもんはダメ、なんで初めての方は、いろいろ心配でしょう。特に車のカスタマイズから自分でやられるかたは、、、

ぼくは車屋さんではないので、オレが通してやる、オレに任せろ、とかは言えないのですが、ちょっとしたことで、解決してしまうことは結構あります。

ちょっとした疑問なども、プロフィール欄からメールでどうぞご遠慮なくしてくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イベント出店のちょっと注意点と、ちょっと楽しさ・・

フクさん、もとやまさん、コメントありがとうございます。


《さて 晋咲サンの言うように、今から来たる「夏」の時季に、単発のイベント出店からスタートするのも一つの方法ですよね。通常出店に於いては、その先も同じ顧客に支持されなければなりませんから、ある意味失敗は許されないです。
でも、新人の方のイベント出店って、ちっと注意しなければならないっスよね。 てのも
イベントの内容によっては、通常営業の、
何倍もの対応力が求められる場合があります。ハードです。 ですから、本格開店前でトレーニングとしての単発出店を試みるなら、その祭事が、ハードな仕事だったとしても、へこたれない気力を持って 本格営業に臨んでいただきたいです。 本当の商いの楽しさを実感する前に、現場の厳しさダケを感じて、スグに辞めるって 事があっては悲しいっスからね。》

《あと、お祭りとか花火大会とかめちゃくちゃ売れますよ。ほんとフクさんの言うとおり、イベント出店て気を抜いてるとどえらい事になりますからね。。もうお客さんが来るのが怖くなるくらい来たりするから新人の方は注意が必要かも。。。》


立ち上げる際のイベント出店に関して、

「売れすぎちゃう」

ことも頭に入れといたほうがいい、ということですが、

その通りだと思います。





イベントといっても、ぼくらは車1台で、その場で作って提供するスタイルがほとんどなんで、1日に50万100万売れるお客さんが来てたとしても、対応できないです。

開業当初じゃなくても、対応しきれないで行列ができて

「こりゃ、どーにもなんねー」

ってことは、正直よくあります。


これから開業する方でちょっと頭に入れといてもいいかなと思うのは、

通常の、個店としての出店じゃないんで、

行列できてる。

   ↓

繁盛してるぜ。

   ↓

バンザイだぜ。


ではない、ということですね。


イベントの主催者は、クレープ屋サンや団子屋さんを儲けさせるために、移動販売を呼んでいるわけではなくて、そのイベントを成功させるための1つの方法として、移動販売を使っているので、一箇所に人が溜まることは、主催者から見れば

「悪」

であることも多いです。

行列が切れなければ

「並ばせやがって!」

となり、

売り切ってしまえば

「欠品しやがって」

となり、


クレームになるんだよね。





まあ、でも、

夏にからっきし弱いアイテムで開業する方は、イベント関係に一度出店してみる、というのはいいと思う。

それは、

「売れた体験。売れた楽しさ」

というのは、やはりものすごい支えになると思うからです。


先日、仲間の移動販売ダーがこんなこと言ってましたよ。

「あの体験があったからやってこれた。あの楽しさがあったから続けてこれたんだと思う」



あの体験とは、、、、

ちょうど4年前、日韓共催ワールドカップの決勝戦のときの体験です。


ほんとオープンしたてで、スーパーでは売れなくて落ち込んでるときで、スタジアムと駅の中間のスペースをその方がゲットしたんで、ぼくも手伝い行って、二人でやりました。


全く対応なんてできてなかったです。テンぱってただひたすら作るだけでした。

でも、それが楽しい体験として残って、苦しいときを、いくらかでも支える何かになっていたんだと思う。

まあ、移動販売をやっている方の中には、「売れても、自分のペースを崩されるまで忙しいのは嫌だ」という方も、実際多いんで、なんともいえない部分もあるんですが、ほとんどの方にとっては、

「売れる体験」

というのは

「楽しい体験」

だと思うんですよねー。


だから、まだ自分の場所・自分のお客さんが根付いてない開業当初の方に、何かしらのイベントで、移動販売の「楽しさ」を感じていただくことは、ぼくは、大賛成です。

でも、開業初日とかはやめた方がいいけど。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売、季節と開業時期の相性。

もとやまさんコメントありがとうございます。

焼き鳥屋さんというのは、スーパーという出店場所モデルの中で、夏に『強い』といえる数少ないアイテムですね。

こないだ、個人でパン屋さんをやられてる方が言ってました。

「冬に開業した者は夏の怖さを知らない。

      夏に開業した者は冬を待たずに潰れる」と・・・

一方、春に開業した焼き鳥屋さんから聞いた言葉は、

「これから梅雨だけど、夏になっちまえばこっちのもんだからよー」でした。

コレ、

これから移動販売で独立を考えてる方たちは、「開業の時期」というのも立ち上げのために考慮したほうがよいと思います。

チラシなんかは、「効果の薄い夏には打つな!」みたいな提案してる人が多いですけど、

開業の時期、にも当てはまることだと思います。

ぼくなんかは、ちょうど今頃車を買って、こっちの方で真夏に開業しようとしているたこ焼き屋さんを見ると、

ちょっとまった。あと3ヶ月伸ばせば?といいたくなります。

それか、夏は単発のイベントで移動販売の楽しさを感じて、本格的な通常出店は秋以降にしたら?とか。

というか、「そうすればよかった」という経験をしてきた。


夏はイベントの季節なんで、かえって売り上げが上がる移動販売は確かにたくさんあります。

だから仲介業者さんがイベントをどんどん紹介してくれる、とか、営業自信あるから、イベントなんていくらでも獲れるさ、という方は夏オープンお薦めです。

だけど、これから、個人で

金なし。

コネなし。

経験なし。

で開業を考えてる方は、自分のアイテムと季節の相性を考慮してみてくださいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

移動販売独立開業。同じ目線で情報交換って、励みになります。

タコキューさんがよく、ご自身の店舗や、やってることを携帯の写真で撮って、その場で送ってきてくれるのですが、コレがとても参考になります。

というか励みになりますね。

先週末は、いつも送ってもらってばかりなんで、自分が今日描いたポップを送ってみました。

今自分で勝手に、50日間ポップウォーキングというのをやってて、毎日、店頭のウェルカムボードに描く言葉を変えてるんで、その日のポップウォーキングをカシャりとやって送ってみました。





        》保温器は嫌いです!!《

      お買い物前にご注文くださいませ。

         私の全身全霊をかけて、、、

            焼かせていただきます。。。。




他愛もない、ただ文字を描いただけのポップですけど、

そうすると、タコキューさんから、

自分はこんなの描いてみたよー、

とタコキュー語録が送られてくる。

で、ニヤニヤしながら眺めました。

で、面白いところはパクっ、、いや、参考にさせていただきました。


こういうのいいといいと思うんだよね。

内容云々もありますが、

ぼくがいいなーと思うのは、

「こうやれ、とか、こういうやり方、考え方が正しいんだよ」

と、上の目線からの言葉よりも、

自分こんなことやってまっせー、

ていう、同じ目の高さの言葉のほうが心に響くことがいっぱいあるんじゃないか、っていう部分で。

仲間っていう関係のありがたさを感じます。



だからやっぱ、フランチャイズなんかに属していても、横のつながりは持ったほうがいいんじゃないかと思います。

フランチャイズや本部っていうのはとてもありがたい存在です。拠りどころになることは間違いない。

その一方で、

してあげる・・・・してもらう・・・・

教えてあげる・・・・教えてもらう・・・・

という関係とは別に、

学び合う・・・・

分かち合う・・・・

っていう関係が、独りで頑張ってる移動販売ダーにあればもっといいですよね。




お前もっとちゃんとやれよ。お前もっと頑張れよ。

じゃなくて、

オレも頑張る。お前も頑張れ。

です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »