« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

移動販売、夏場の営業時間について

タコタコマンさん、コメントありがとうございます。

カメムシに悩むタコタコマン暑くなってきましたよ、この時期移動販売は受難の月だと思います、昨年まではたこ焼き本当に副業でやっていましたが、今は午後からは早めに出るようになり、本業で一日営業している方々の大変さを遅ればせながら実感している次第です。夜の営業は暑いといっても昼に比べたら楽な方でした、売り上げもそんなに夏と言えど変わらなかった、でも昼間からの営業となるとまったくと言っていいほど昼間は売れない、やっぱりたこ焼きも夏時間にして、できる所は出店時間を遅くしてその分夜遅くまでやったほうがいいかと思っています。
正直暇な方が疲れますから。

これは、同じように考えてる方多いのではないでしょうか。

焼き鳥のように夏に強いアイテムもあるのですが、多くのアイテムは普通にやっていると夏に売り上げが落ちます。

みなさんと話していて感じることなんですが、特にこの時期は「新規のお客さん」というのがほんとにとりにくくなる、というのが実感ですね。移動販売に限ったことではないんでしょうが。

たこ焼きだから買ってこうって方がいなくなるなーと。

逆に売り上げ全体ではなく、一人一人のお客さんに目を向けたときには、今自分を支えてくれてるお得意様のありがたさが身にしみる時期でもあると思いますね。

よく、偉いコンサルタントの先生とかも、夏場は既存客のフォローをしろ、みたいに言われてる方が多いと思うんですけど、なんかわかります。

フクさんも、

「こんな食欲の沸かないよーな日でも、ガチガチの顧客様のおかげで、このくらいの最低線は確保できますから、暑い中食べてくださるのはあり難いと思いますよ」

と言われてました。同感です。

一方、この季節はイベント事の多い季節なので、週末はイベントで埋めて、7.8月が一番売り上げがいいという方もいます。

移動販売なんでこれもありですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売。夏厳しいけどガンバリマス。メッセージです。

こんちわ。

本格的に暑くなって、多くの移動販売にとっては厳しい季節になりましたね。

もう、今年になって3名の方から、

熱中症で、お店を休んでしまった。とか、早く帰ってしまった、という話を聞きました。

自分もまだ、後に引くような状態になった経験はないのですが、目の前が真っ白になっていい気分になって、途中で一時店閉めちゃったこと2回あるんで、気をつけないといけません。

確かに、炎天下の中、午前中から行かなきゃいけないようなところで営業されてる方もたくさんいらっしゃいますもんね。売れる売れないに関係なく、場所とるために行かなきゃなんないとか、大変ですよね。

そんな中、夏場に売り上げが落ちながらも、固定で踏ん張ってる仲間から、メッセージをいただきましたので、一緒にわかちあって、元気もらっちゃいましょう。




お疲れ様です。ごぶさたしちゃってすみません。

ホント毎日暑いですね(ΘoΘ;) これからどんどん暑くなってきますよね~!!

そんな中、自分自身しんどいし、売り上げ落ちるし、食材の保管も心配だし…

いろいろな面で厳しいですが、夏にコツコツ営業している事は冬に生きると思ってます。 (ぼくもそう思います)   

こっちは田舎だから、虫も電気めがけてスゴイんですよ(*_*) だからって、虫が原因で休む訳いかないし…デス└|∵|┐

でも、ここの場所は夏に恵まれていて、花火大会やおみこし祭りなど大きなイベントが3回あり、夏休みや、駅ビルのバーゲンやらで、何だかんだ去年は7月が一番売り上げが良かったです(^-^)v今年も頑張ります!


暑さ、食材管理、虫、・・・・毎年悩まされてるかた多いんじゃないかと思います。(そーいやー、タコキューさんも今年は、こっちカメムシ大量発生でまいります、と言ってましたね。)

その方だって厳しい中、それを踏まえて寄せてくれる、

「ガンバロー」

のメッセージは、ほんと勇気もらえますね。



みんな試行錯誤しながら商売してっからね。

ぼくもガンバって、役に立つ仕組みつくりすすめていくぞ~。と。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

出店してないと怒られる??失う信用があるってすごい。

ちっちゃいけど、固定で設置して商売されてる方が話してくれました。

体調を崩してしまって、お店を開けられない日があったんですね。


》先月はほとんど休んでしまった為、信用をなくしぎみでした。

》やめたと思われてたり、ダラシナイとか、テキトーとか思われてたり、たくさんお叱りいただきました。

》最初はもうダメかなって、心が痛く苦しく申し訳けない気持ちでいっぱいでした。

》でも、もう、自分を過剰に責めたり、難しく考える事はやめました。ホントにそれだけで疲れちゃうから…。

》何を言われても『そーなんです。長く休んで申し訳けないです。お店やめてないんでまたよろしくお願いします』で良いじゃんって!それで最後に残ったお客さんを大事にしようって。

》始めは怒ってたけど、『体大事にしなよ』って励ましてまた来てくれるお客さんに応えられる様に、

》今、私は密かに燃えてます。叱ってくれるって事は、そんだけ食べたくて通ってくれた訳だから。大切にしたいお客さんです。一度失った信用を取り戻すのはなかなか難しいけど、今、目の前の事を精一杯やりたくてしかたありません。



感じるところいっぱいありました。

ご本人の体調がよくなってきたのが何よりなんですけど、移動販売という形態で商売をしている立場からみると、

ご本人が「信用をなくしぎみでした」と自身を責めているのとは逆に、

いるべき日にいないっていうことで、「失う信用がある」っていうのがすごいことなんじゃないかなーと思いました。

自分が月にその場所を2回、3回休んだとしても、本気で怒りだすお客さんいるだろうか??

「先週いなかったねー」

「撤退したのかと思ったよ」

なんていうのは結構あるんですけど、

「なんでいなかったんだよ!」

と、怒ってくれるお客さんはめったにいないです。

移動販売の場合は、もともとそういう期待値が低いですよね。

だから、この方が、

《たくさん》

お叱りを受けた、ということは、それだけ信用度が高かったんだろうなー、とおもったんです。

逆に、移動販売で、いるべき日にいない、という理由で、本気で怒ってくれるお客さんを「

たくさん持ってる」ような方は、その場所で積み上げてきた信用がほんとに大きいんだろーなー。

移動販売で商売を続けていくためには、移動販売的な考え方をしていったほうがいい部分ってたくさんあると思うんですけど、こういうふうに固定で商売されてるかたの言葉にふれると、感じるところたくさんありますね。

ほんと、ハーティーな言葉たちをありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出店してないと怒られる??失う信用があるってすごい。

ちっちゃいけど、固定で設置して商売されてる方が話してくれました。

体調を崩してしまって、お店を開けられない日があったんですね。


》先月はほとんど休んでしまった為、信用をなくしぎみでした。

》やめたと思われてたり、ダラシナイとか、テキトーとか思われてたり、たくさんお叱りいただきました。

》最初はもうダメかなって、心が痛く苦しく申し訳けない気持ちでいっぱいでした。

》でも、もう、自分を過剰に責めたり、難しく考える事はやめました。ホントにそれだけで疲れちゃうから…。

》何を言われても『そーなんです。長く休んで申し訳けないです。お店やめてないんでまたよろしくお願いします』で良いじゃんって!それで最後に残ったお客さんを大事にしようって。

》始めは怒ってたけど、『体大事にしなよ』って励ましてまた来てくれるお客さんに応えられる様に、

》今、私は密かに燃えてます。叱ってくれるって事は、そんだけ食べたくて通ってくれた訳だから。大切にしたいお客さんです。一度失った信用を取り戻すのはなかなか難しいけど、今、目の前の事を精一杯やりたくてしかたありません。



感じるところいっぱいありました。

ご本人の体調がよくなってきたのが何よりなんですけど、移動販売という形態で商売をしている立場からみると、

ご本人が「信用をなくしぎみでした」と自身を責めているのとは逆に、

いるべき日にいないっていうことで、「失う信用がある」っていうのがすごいことなんじゃないかなーと思いました。

自分が月にその場所を2回、3回休んだとしても、本気で怒りだすお客さんいるだろうか??

「先週いなかったねー」

「撤退したのかと思ったよ」

なんていうのは結構あるんですけど、

「なんでいなかったんだよ!」

と、怒ってくれるお客さんはめったにいないです。

移動販売の場合は、もともとそういう期待値が低いですよね。

だから、この方が、

《たくさん》

お叱りを受けた、ということは、それだけ信用度が高かったんだろうなー、とおもったんです。

逆に、移動販売で、いるべき日にいない、という理由で、本気で怒ってくれるお客さんを「

たくさん持ってる」ような方は、その場所で積み上げてきた信用がほんとに大きいんだろーなー。

移動販売で商売を続けていくためには、移動販売的な考え方をしていったほうがいい部分ってたくさんあると思うんですけど、こういうふうに固定で商売されてるかたの言葉にふれると、感じるところたくさんありますね。

ほんと、ハーティーな言葉たちをありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »