« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

クレープパティシエ体験教室

東京はもう桜が満開宣言でてしまいました。

桜祭りのようなイベントが入っている移動販売ダーも多いです。

天気に物凄く左右されるので、全国各地で、その日は晴れてくれるといいですね。

来月、移動販売リアル体験ゼミに続き、

「クレープパティシエ体験教室」

を開催します。

移動販売リアル体験ゼミの内容に、クレープの技術体験・基礎知識をプラスアルファーしたものです。(詳しくはホームページでどうぞ・・・)

そこで、今回、タコキューさんと、パリパテidoアカデミーを受講されて、先日現場デビューした方も、現場の肉声を届けに参加してくれることになりました。

開業されたばかりの方が、ご自身の今を届けてくれるのは嬉しいですね。

移動販売から出発し、スタンドショップに発展させ、クレープ専門店として頂点も、どん底も経験してきたリールさんと、地方で、繁盛を続けながら、次の展開に進んでいるタコキューさんと、今度クレープで開業したばかりの方と、

これだけ、多角的な意見が聞けると、そうとう学びがあると思います。

「もちろん開業されたばかりの方の声も、ずっとやってきた方の声と

【同じ価値】

があります」

体験教室もリアル体験ゼミと同じように、やはり、開業を煽ったり、不安を煽ったりするものではなく、クレープというアイテムを通して、移動販売についてよく知ってもらおう・・・・・大きな投資をする前に。

というのを主の目的としていますので、多様な意見が出れば出るほどいいと考えています。

どれだけ、多様な意見を引き出せて、参加される方にとって濃い時間になるかは運営者の力量にかかっていますので、頑張りたいです。

移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです。

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売。肉声を通して伝わること。

昨日は移動販売リアル体験ゼミの開催日でした。

体験ゼミをやるたびに、やはり

「肉声が一番伝わるなー」と思います。

今は、自分のアイテムを持って、それを形にしたい、という開業希望の方々がほとんどですね。

それに対し、移動販売リアル体験ゼミでは、というより、支援ネットの姿勢としては、

開業を煽ることも、また不安を煽ることもしていません。

この部分を文章を通じて上手に伝えることが正直今は出来ていないと思います。

なので、体験ゼミに参加された方から、

「今日はありがとうございました。本やHP、もちろん想像ではうまくイメージができな
い本物の情報、知識を得ることができました。
やはり「横のつながり」(僕らにとっては先輩みたいな存在ですけど)ができること
は大切ですね。しかも、開業前にってのは、ほんとありがたいです。不安が和らぎま
した。

これから先、たくさん相談させていただく事になると思いますがどうぞよろしくお願
いします。無事に開業して恩返しもできるようにがんばります。」

このようなご連絡をいただくと、伝えたいことが伝わっていて、本当に嬉です。

現場を削って、駆けつけてくれた仲間にも感謝です。

移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです。

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パリパテidoアカデミー受講生が移動販売現場デビュー

移動販売クレープパティシエ養成プログラム。

「パリパテido(アイ ドゥ)アカデミー」

第1期生の技術工程が終了し、いよいよ今週末に現場デビューします。

【パリパテ】とはパリクレパティシエの略。

パリクレとは、クレープリールさんの愛称です。

本当に愛称というもので、自分で命名したわけではなくて、お客さんが勝手にそうよんでいます。

この愛称がロゴのエッフェル塔から来ているのか、リールのパリパリの生地をさしているのか分かりませんが。

今回、アカデミーの技術工程で自店のノウハウを、惜しみなく伝授してくださった、クレープリールさんに深く感謝します。

また、受講生の方も、

「このクレープでなければやる意味がない」

ということで、とても素直で、一生懸命習得に励んでくれたので、これも、今回短期で現場デビューできるのに大きかったです。。

技術は、僕がタッチできるレベルではありませんから、毎回ご報告をいただいていたのですが、

「私のノウハウを教えてあげるんだ、とか、注入してやるんだ」

というのではなく、

「同じ喜びを分かち合える仲間を増やしたい」

というハートに満ち溢れた文面も、今回はとても感銘を受けました。

リールさんのこの

「上からものを見ない【能力】」

というのはすごいですね。

「今回私はこういうところが勉強になりました」

という視点が必ず入っていてすごいなーと思いました。

また、営業場所については、通常の出店場所を含め、タコキューさんに全面的な支援をいただいています。

デビュー出店は、「岩間の桜祭り」です。

通常であれば、いきなりイベントデビューというのはお薦めできないのですが、今回は支援ネットが全面サポートで、この仲間のデビュー出店を大成功に導きたいです。

もちろん僕も現場で盛り上げたいと思います。

移動販売独立支援ネットの公式ホームページはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お店にもお客さんにも大敵な風

おはようございます。

もとやまさん。いつも大変参考になるお話をありがとうございます。

ぼくらの商売で一番嫌なのは雨よりも風ですよね。特にこの時期風が強い。春の嵐が吹き荒れる事もある。風で屋台が揺さぶられたり、砂ホコリが商品にかかったり、物が飛ばされたり、焼き台の火がバラついたり、ほんとにやりにくい。ぼくの対策としては、まず回りに水をまく、砂ホコリが飛ばないように。そしてスーパーの壁にびっちりにくっつけてなるべく風の影響を受けないようにする。それでもだめな時は、夕方の忙しくなるときまで閉める。長い経験上、夕方や夜には風が落ち着く。 ぼくの経験が皆さんの参考になれば幸いです。みんなでがんばりましょう。

もとやまさんの移動販売キャリアはもう10年をゆうに超えています。

10年間移動販売で、繁盛をし続けているというのはすごい。

そのような方がご自身の経験を

「同じ目線で」

話してくれるのはありがたいですね。

天候にどれだけ左右されるかは、出店場所の条件とアイテムと販売車の構造に左右されるので、みんなそれぞれ工夫している部分です。

突風が吹きぬけるような場所で商売してる方もいます。

ピザオカさんの場合は屋台自体が破壊されるという経験をお持ちですが、販売車の方も、暖簾棒が折れたり、作ったお店のファザードが壊される、という経験は誰もが1度や2度は持っていると思います。

そこから10メートル車を動かせば、建物が盾になって、風の影響をほとんど受けない場所があったり・・・・

でも、そこはお客さんの流れを考えるとあまりよくなかったり・・・・

と、みなさんいろいろ苦労している部分ですね。

あと、この風は、お客さんからみても同じ影響がある、ということも大切な部分ではないかと思います。

クレープリールの小暮さんが、このことをいつも考えていろんな対策を打っています。

お客さんが寒さや風の影響を受けずに、待つ時間や食べるときに、少しでも快適に過ごす方法はないか?ということです。

この環境でいいのかなー???

ということをよく話されていました。

この環境でも、買いに来たい人が買いに来てるんだから、気にしなくていいんだ。

というのも「一つの考え方」ですが、

小暮さんのように、たいした環境つくりが出来るわけじゃないけど、なんかできないかな。

というのも「一つの考え方。だと思います。

移動販売独立支援ネットの公式サイトはコチラです。

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪天候と移動販売

ピザオカさんが、いつも丁寧なご報告をくださり、本当に学びになっています。

今、起きていることをリアルタイムで分かち合うというのは、とても勇気のいることだと思うのですが、自分で一生懸命自分の商売を立ち上げながら、その今を、分かち合ってくれる心に感謝です。

いつもとても参考になるご報告をありがとうございます

先週から春が近づいているせいか気候が荒れがちで、暴風の中早めに店を閉めたり

ロープで屋台を引っ張り風に対する強度を上げたりといった事が続きました。

去年の夏に屋根が飛ばされたことがありましたがその時に近いゆさぶりを受け怖かったです。

ロープの力が無ければ今回も屋台が損傷してしまうところでした。

ロープで結ぶといっても出店先によっては結ぶ場所がなかなか見つからないこともあります。

今回がそうでした。仕方ないので排煙用の窓を開けてもらいそこにロープを挟み込みました。

屋台で営業している他の移動販売の方に話を聞いたのですが、

ガスの場合こういった強風では火が消えてしまって商品が作れないそうです。

私の電気オーブンは少々の風なら問題ありませんが強風が常に吹き込んでくると

オーブンの熱が奪われてしまってピザの焼き上がりが遅くなり品質が落ちてしまいます。

こういった事からも屋台が悪天候に弱いということが言えます。

移動販売車を使っていても、

「強風」

というのは多くの移動販売ダーにとって強敵であることが多いです。

これも、はじめてみてから、「思ったより厳しい」と感じることの一つかもしれませんね。

ピザオカさんも書かれているように、商品を作ることさえままならない状況によく出くわします。

大判焼きなど、とろ火でじっくり火を通していかなければならない商品にとって、風は特に大敵です。

まあ、そうは言っても、できない、とは言ってられないので、対策を打って皆さんやっているわけですが。

「ちょっと聞いてみると」

おー、こうやってるんだ。

ということもおおいので、やはり、同じ目の高さで話せる仲間は大切だと思います。

移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです。

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

移動販売を生き抜いてきた方からのリアルコメントです

もとやまさん。いつもコメントありがとうございます。

移動販売の世界を生き抜いてきた方の、率直な意見です。

現場で行き続けてきた方が、なぜ、このようなメッセージを出すのかを受け止めて、開業前の情報は、ぜひ、多角的に収集していただきたいです。

昨日は、久々にやってしまいました。

100,000円目標で、二人でやって、7,800円という記録を出してしまいました。

コレも移動販売の現実ですね。

なぜ、そうなったかは、また仲間と、分かち合いたいと思います。

リアル体験ゼミなどに参加していただいく皆様も、実際の営業のリアルな数字についても、どんどん聞いてくださいませ。

適正な情報を得ていただくのが目的です。

ある特定のアイテムを推奨したり、否定したりということは支援ネットの目的ではありません。

どちらかというと、皆さんそれぞれのやりたいアイテムを応援していく、というスタンスを取っています。

その中で、難しさも、楽しさも、率直に伝えていければなー、と思います。


移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »