« 移動販売を生き抜いてきた方からのリアルコメントです | トップページ | お店にもお客さんにも大敵な風 »

悪天候と移動販売

ピザオカさんが、いつも丁寧なご報告をくださり、本当に学びになっています。

今、起きていることをリアルタイムで分かち合うというのは、とても勇気のいることだと思うのですが、自分で一生懸命自分の商売を立ち上げながら、その今を、分かち合ってくれる心に感謝です。

いつもとても参考になるご報告をありがとうございます

先週から春が近づいているせいか気候が荒れがちで、暴風の中早めに店を閉めたり

ロープで屋台を引っ張り風に対する強度を上げたりといった事が続きました。

去年の夏に屋根が飛ばされたことがありましたがその時に近いゆさぶりを受け怖かったです。

ロープの力が無ければ今回も屋台が損傷してしまうところでした。

ロープで結ぶといっても出店先によっては結ぶ場所がなかなか見つからないこともあります。

今回がそうでした。仕方ないので排煙用の窓を開けてもらいそこにロープを挟み込みました。

屋台で営業している他の移動販売の方に話を聞いたのですが、

ガスの場合こういった強風では火が消えてしまって商品が作れないそうです。

私の電気オーブンは少々の風なら問題ありませんが強風が常に吹き込んでくると

オーブンの熱が奪われてしまってピザの焼き上がりが遅くなり品質が落ちてしまいます。

こういった事からも屋台が悪天候に弱いということが言えます。

移動販売車を使っていても、

「強風」

というのは多くの移動販売ダーにとって強敵であることが多いです。

これも、はじめてみてから、「思ったより厳しい」と感じることの一つかもしれませんね。

ピザオカさんも書かれているように、商品を作ることさえままならない状況によく出くわします。

大判焼きなど、とろ火でじっくり火を通していかなければならない商品にとって、風は特に大敵です。

まあ、そうは言っても、できない、とは言ってられないので、対策を打って皆さんやっているわけですが。

「ちょっと聞いてみると」

おー、こうやってるんだ。

ということもおおいので、やはり、同じ目の高さで話せる仲間は大切だと思います。

移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです。

http://www.idou-hanbai.jp/

|

« 移動販売を生き抜いてきた方からのリアルコメントです | トップページ | お店にもお客さんにも大敵な風 »

移動販売」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、もとやまです。

ピザオカさんのコメント、リアルですね。
ぼくらの商売で一番嫌なのは雨よりも風ですよね。特にこの時期風が強い。春の嵐が吹き荒れる事もある。風で屋台が揺さぶられたり、砂ホコリが商品にかかったり、物が飛ばされたり、焼き台の火がバラついたり、ほんとにやりにくい。ぼくの対策としては、まず回りに水をまく、砂ホコリが飛ばないように。そしてスーパーの壁にびっちりにくっつけてなるべく風の影響を受けないようにする。それでもだめな時は、夕方の忙しくなるときまで閉める。長い経験上、夕方や夜には風が落ち着く。 ぼくの経験が皆さんの参考になれば幸いです。みんなでがんばりましょう。

投稿: もとやま 焼鳥屋の兄ちゃん | 2007年3月16日 (金) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悪天候と移動販売:

« 移動販売を生き抜いてきた方からのリアルコメントです | トップページ | お店にもお客さんにも大敵な風 »