« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

コンビにもない僻地で30分待ち。移動販売クレープ専門店、アピー

Omatase_1 パリパテ・アイ・ドゥ・アカデー第1期生、

「クレープ専門店アピー」

が、昨日から出しているポップと予約カードです。

こんなの作ってみたんですけど・・・・・

と昨日ご連絡がありました。

「今までの移動販売の常識からは、にわかには信じられないような、実績が報告されてきている」

と昨日書きましたが、、、、

「すいません。一生懸命焼いてます。

再度ご来店、お待ちいただけるお客様は、ご予約券にご記入の上、お越しください」

はじめに待ち時間をお伝えして、納得していただけたお客様に、予約カードを書いてもらうようにしました。

昨日は20~30分待ちだったようです。

「並んで待ってもらうような場所じゃないですから・・・」

と、言われるように、アピーさんの出店場所は、ショッピングセンターでも商業施設でもありません。

新しい方が移動販売の新しい可能性を切り開きます。

移動販売の現場を生きながら、いちいち自身の進行状況や具体的実践例を、写真を撮ったり、文章にまとめて報告してくれる、偉大な仲間たちの活動があって、移動販売独立支援ネットは成り立っています。

僕らはたった一人の成功体験、たった一つの成功例から来る

「正解」

を求めているわけではありません。

多様性を受け入れ、尊重し合っているのが支援ネットの大きな特徴かな、と思います。

支援ネットの仲間たちの、現場がお急がし中、貴重な時間を割いて、分かち合ってくれるハートにはホント感謝したいです。

最幸の移動販売相互支援コミュニティーができていると思います。

これからも、同じ目の高さで、分かち合い、学びあいながら、進んでいきたいです。

移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです。

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売。お客さんへのサービスと自分たちのこだわりを両立させるには?

Dream  パリパテ・アイ・ドゥ・アカデミー、一期生が先週末にバイク屋さんに出店したときの写真です。

お客様へのプレゼントということで、支援ネットに依頼があったものですが、

契約は300枚/日。

何から何まで一人でやって、焼き立てに拘ろうとすると、

ちょっと難しいです。

かまわず、時間内に300人前作って配れ、というのは、出来ますが・・

支援ネット的には、極力出来立て、焼きたてのクレープで対応したいです。

かといって、それが、お客様を並ばせたり、待たせてしまう結果になれば、このような出店は本末転倒になってしまいます。依頼してくれている企業様は、来店してくれたお客様へのサービスとして考えているのだから。

個数で調整できるアイテムの場合は、数を減らして、出来数を増やすということを普通にやってしまいます。たこ焼きのようなアイテムは、個数を減らして、出来数を調整したり、価格を調整したりすることは珍しいことではありません。

でも、クレープのように1枚1枚焼くものは、半人前にしても、作る時間は変わりません。

このような場合は当然、数の確保が最優先になりますが、自分たちのハートとして、焼き立てにこだわりたい、です。


そこで・・・・・今回支援ネットがとった対策は、





依頼者様に頼んで、移動販売車を止めるスペースを、もう1台分用意してもらいました。

支援ネットのネットワークを活かして2台体制で、焼き立てで対応しよう、ということになりました。

1台は製造工場なので、お客さんに見えている必要はありません。

実は、このアピー(屋号)号のすぐ近く(でも、お客さんには迷惑のかからない場所)に、もう1台移動販売車が止まっています。

ピーク時の焼きたて対応車です。



このやり方が、よかったかどうかはわかりません。

今回もまた、たくさんの改善点と、学びがありました

でも、支援ネット的な出店はできたのではないかなー、と思います。



ところで、パリパテ・アイ・ドゥ・アカデミー1期生のアピーさんもまた、今まで考えられていた移動販売のクレープに対する常識をぶち壊してくれるかもしれません。

クレープは~~~みたいなところじゃないと売れないよ。

という常識を。

今まで移動販売で考えられてきた。クレープにとっての適正立地とはかけ離れた場所で、にわかには信じがたいような、実績が報告されてきています。

移動販売の適正立地というのは、実際の繁盛店の多様性を知れば知るほど、奥深いものですね。

「つくづく一人で経験してきた中で、見てきたものを【過信】してしまうのは危ういな」

と思います。

この過程も、まだまだ、検証段階ですが、

「移動販売リアル体験ゼミ」や「クレープ体験教室」などに手を挙げてくれた方々と何とか分かち合えないものかと、話し合っていますので、何でも聞いてくださいね。

移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クレープパティシエ体験教室2

415crepe_1 クレープパティシエ体験教室開催しました。

今回は、開催場所が栃木だったのですが、

参加される方は、愛知や静岡から。

駆けつけてくれた仲間たちも、茨城や神奈川から来てくれました。

ありがとうございました。

独り。ということが良い部分でもあり、辛い部分でもある移動販売という世界において、このような横に広がりを持った関係を築けていることで、今の支援ネットの活動がなりたっていることは間違いないです。

そのハートに答えるためにも、絶対いいものを創っていかないと、ですね。

ハートといえば、クレープリールさんの、自分の商売に対するハートや姿勢はやはりすごいな、と、あらためて感じました。初めてあった方にも、その熱は伝わるみたいです。

「小暮さんのクレープ大好きな焼く姿勢、とても素敵で印象に残っています。
ただ、自分がクレープをそこまで好きになってやっていけるかなと思うと少し躊躇します」
「小暮さんのお客様に対する強い想いが、そのまま小暮さんの成功につながっているのだなあと、感じました。多くの人に喜ばれたい、役に立ちたい、という思いは、必ず成功の道しるべであると、私は信じていますので」
今回、いただいた感想の一部です。
僕は、移動販売を始めようとする、すべての方に、クレープリールさんの商売を感じることをお薦めします。
体験教室も、あと2回くらいは、クレープリールさんの生技術と、肉声でお届けできそうなので、自分もこの貴重な機会を大切にしていこうと思います。
移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »