« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

ハートのある移動販売が、ハートのある声を集める

Pizzavoice1_3 移動販売であっても、お客さんとの人間関係を築きながら商いを続けている方の例をもうひとつご紹介しますね。

写真は、大阪のピザオカさんが、以前出店していた場所での営業を再開する際に、

再開前に行っているアンケートです。

出店先のスーパーさんにアンケートボックスを設置させていただいたそうです。

次回出店の告知をする、というマーケティング的にもとても参考になる実践例ですが、

ここに、お客さんの声が集まるというところに、今までそこで築き上げてきた関係性の濃さを感じるご報告でした。

ピザオカさんは、これまでも、出店前には、前もって出店日を告知する、出店時には次回の出店日を告知する、ということを、時には出店先の皆さんにも協力していただきながらやってきました。

開業前の皆様の中には、当たり前のことじゃないか、と感じる方もいると思いますが、

お客さんに認知してもらうために、

出店日に出店場所に行って出店する、

以上の何かをしている移動販売はそう多くないと思います。

そういうことを積み重ねて、お客さんとの関係を築きながら、ピザオカさんは、

スーパーの店頭で、移動式屋台という器で、ピザというアイテムで、売り上げを伸ばしてきました。

僕が見てきた移動販売の常識では、これはかなりすごいことです。

夏にお会いしてみて、やはり、とてもハートのある商売を志している方でした。

移動販売がだって、積み上げる商売ができるじゃないか。。

と、勇気を与えてくれる移動販売独立支援ネットの仲間です。

移動販売独立支援ネット公式サイトはこちらです

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売を救うお客様の声

Takoq1

タコキューさん報告、もうひとつです。

実は先日、妬みからちょっとしたトラブルに巻き込まれました。

詳しくはここでは書きませんが(書いていると長くなってしまうので、体験ゼミなどではお気軽にご質問くださいませ)、タコキューさんはそのとき、自分のコミュニティーのお客さんにもそのことを、しっかりと伝えました。

そうしたところ、お客さんからいくつも声がとどいて、それをまたご報告いただいたので、

一部ですが紹介させていただきますね。

早速何人かから連絡ありました、埼玉の一番星さんはメール苦手とのことでわざわざ
心配して帰りに寄って話しを聞いてくれました。

野球マンくん
たこ焼きが好きで今まで様々なとこで食べてきましたがどこよりもタコキューが美味
しいです。
この世にこんなたこ焼きがあっていいのかってぐらい美味しいです。

ミニーちゃん
おじいちゃんが、よかったら、手書きのコメント書いて渡すので、貼ってくれません
か、母からの、意見でプリントより、いいよだそうです。

シャチさん
お疲れ様です。
うーん、もしや友部でのトラブルですか(;´Д`)
せっかく近くまで来てくれるのに困りますね。
後ほど、評価のコメント致します。

写真は、タコキューが大好きな子が届けてくれたものです。

これらの声は、出店先にも早々とどけられました。

これは、テクニカルな視点で、お客様の声を使うと売り上げが上がる、とかいうことを言いたいわけではなく、このような声を寄せてくれる、人間関係を築いていたことがもっとすばらしいことだと思います。

移動販売であっても、このようにお客さんとの関係を築きながら商いをしている方がいる。

そういう移動販売のスタイルがあるということは、僕にすごい勇気を与えてくれます。

これから移動販売を始められる方にもぜひ伝えておきたいことです。

その日の儲けが最大化できるところを回っていくのも、移動販売の一つのスタイルです。

また、このように日々お客さんとの関係性を築き上げながら、営んでいく商売も、移動販売だってできます。

どっちもありです。

その中で、自分たち移動販売独立支援ネットは、後者の道を進みながら、移動販売の可能性を開拓していきたいと思います。




移動販売独立支援ネット公式サイトはこちらです

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

粋の好循環を呼ぶ、移動販売出現チラシ

Miyasita 前回、ご紹介した、

商店街に乞われて出店したタコキューさんが、

いろいろとやってくれた店主さんの粋に答えるためにも、と作ったチラシです。

これを、先日の出店時に配ったのですが、

このレスポンスがなんと20%でした。

「あれね~。100枚くらい配ったら、20枚戻ってきましたよ」

と、軽くいっていましたが、すごい数字です。

会員さんとかを動因するのに使ったわけではないんですよ。

新規出店したところに手配りしたんです。

なぜ、そんな驚異的なレスポンスがあるのか??

ちょっと電話でお話を聞かせていただいただけですが、たくさんの気づきがありました。

これは、チラシの作り方だけではなくて、いろんな要素があるので、今度の、「やっちゃる会」などで、支援ネットの仲間と分かち合いながら、学ばせていただきたいと思います。

移動販売リアル体験ゼミなどでも、そのような件にもご質問があれば分かち合いをさせていただきますので、お気軽に手を上げてくださいね。

(基本的にリアル体験ゼミは、開業する前に知っておいてほしいことをお伝えしているので、細かいノウハウ的な内容ではありません。そのようなことを期待されて参加するとがっかりすると思います)

そして、昨日いただいたご報告によると、今度はこの粋に答えるかたちで、出店場所が、商店前の駐車場から、商店街の入り口になったそうです。

まさしく

「移動販売がこの商店街に来るお客さんをお出迎え」

です。

粋の好循環ですね。

ここだけではなく、

ださせてやる。ださせていただく。

という関係性の中での出店ではない、本当にいい出店モデルをタコキューさんは創っていると思います。

移動販売の可能性を感じさせてくれるご報告をありがとうございました。

移動販売独立支援ネット公式サイトはこちらです

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

商店街に乞われる移動販売

Tako_q_2 タコキューさんからいただいた、アイドゥ分かち合い情報です。

商店街の店主さんに乞われて出店しているところです。

すっかり冷え込んで来てしまっている水戸市内において大内商店の社長が
宮下銀座に人を集めようと努力してい姿勢が伝わって来ます。
わざわざ私に来てもらいたくて神社の駐車場の交渉にいったり、看板立てたり
有り難いことです、どれだけ力になれるかわかりませんが、私なりにやって
たこ焼きの売上げが上がればそれだけ話題を呼ぶ事にもなり、強いては商店街の
人集めの役にも立つのかと思っています。
こういう形での呼びかけは、大いに応えたいですよね。

大内商店さんが実際に蛸魂焼きを紹介してくれているページはこちらです。

http://www.ohuchi-shoten.co.jp/new-soku.htm

今、出店しているタコキューをよくご存知の方からのご依頼ですが、

出店当日も、大内商店さんが実際にどんなことをしてくれたか電話連絡がありました。

タコキューさんの言われるとおり、どれだけ役に立てるかは、実際やってみないとわからない。

○○効果抜群!!!

みたいな事は謳えません。

でも、お互いにどんな形で役立てるのかを、お互いに大きなリスクを背負わずに試せる、というのが移動販売のいいところです。

支援ネットの仲間から、このような報告をいただくたびに、僕自身も、移動販売がどのようなところでどのように役立つ可能性を持っているのか、いつも学ばせていただいています。

開業当初の営業場所を、平日5万も6万も売る立地に育てながら、歩みを止めずに新しい可能性を開拓していくタコキューさん。見事です。


移動販売独立支援ネット公式サイトはこちらです

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »