« 移動販売の出店依頼、それぞれの趣旨と想い | トップページ | キブツ体験と移動販売独立支援ネット »

移動販売リアル体験ゼミ。その後の会話

Shills_002 移動販売リアル体験ゼミに参加された方が、その後の進捗のご報告と相談を含め、昨日の現場にたずねてきてくださいました。

リアル体験ゼミは

「つながりの始まり」ですので、このように、後につながっていく関係ができるということはうれしいですね。

時間を共有した誰とでもいいので、つながる関係ができるきっかけを創れればいいなと思っています。

そこで、昨日言われたことで、印象的だったのが、

「あそこの場所に行って、実際に参加してみるまでは、自分も不安だった」

という言葉です。

何が不安かというと、

「移動販売で開業することが・・・」

ではなく、

「移動販売リアル体験ゼミが・・・・」「移動販売独立支援ネットが・・・・」

ということです。


「情報だけ提供してお終いなんて、こんな話があるわけない」

「後に、どんなものを売りつけられるんだろう」

というようなことを考えていた、ということでした。

簡単に言うと

「怪しい」ということでしょう。

「でも、来てみれば、それがまったくとりこし苦労であることがわかったんです。ネットの情報だけではわかりませんでした」

ということでした。




確かにそうかもしれませんね。

しっかりと、ビジネスの構造や、キャッシュポイントを考える方ほど、支援ネットの活動は不可解に見えるところがあるかもしれません。

フランチャイズに勧誘するためでもなさそうだし、、、

その後に移動販売車を売るための集客でもなさそうだし、、、、


こいつは何で儲けようとしているんだ?????



もっともな疑問です。

言えることは、そういうことも含めて、聞いてくだされば、ありのままを分かち合っているのが「移動販売リアル体験ゼミ」だということです。

開業に向けて、具体的な疑問があれば、それについて、平山からだけでなく、参加されているみんなから多角的な回答が得られます。

また、支援ネットがなんでこのような活動を続けているのか??というような根本的なご質問にも、ありのままをお答えしています。


もし、開業前の皆様で支援ネットの活動を

「不可解」「怪しい」と思っている方がいたらご安心ください。


怪しくはないです(笑)。

会えばわかります。是非、移動販売独立支援ネットの仲間たちに会ってほしいですね。






移動販売独立支援ネットの公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

|

« 移動販売の出店依頼、それぞれの趣旨と想い | トップページ | キブツ体験と移動販売独立支援ネット »

移動販売」カテゴリの記事

コメント

昨日はお忙しい中、私のために時間を割いて相談にのっていただき恐縮至極です。
ご指摘にあるよう、体験ゼミに参加して皆様と対面して直に肉声を聞くまでは、この移動販売支援ネットの存在そのものに対し懐疑的な気持ちを持っておりました。
それは私がゼミに参加する以前にネットの中に氾濫する素人相手の悪徳移動販売コンサルタント業者もしくはFC本社などのサイトを多く目にしていた弊害からです
いかにも耳目を惹く甘言や写真を並べ、
見る人の気持ちをポジティブな方向に持っていくのは‘開業を志す素人を釣る’業者の常套手段です
実際私も以前そちら側の人間でありましたので、フランチャイズ業本部の旨味は重々承知です。システムさえ築けば、あとは駒となる素人が体力(お金)が続くかぎり餌(ロイヤリティー、他)を咥えて毎日飛んできてくれる。もし潰れても素知らぬ顔で残った移動販売車を安く引き取り、次の希望者に高く売りつけ利鞘を稼ぐといった図式
FC加盟店が潰れれば潰れるほど本部が儲かるA帽などでお馴染みのやり方がどうやら移動販売業界にも当てはまるようです

自分が開業する決意をし、まず最初に着手したのは業界全体を俯瞰して眺め業界の体質を把握することでした
結果は言わずもがな上記の通りでありまして
とくにネットに於いては顕著にその傾向が見て取れます
来る日も来る日もネットを眺めてもそんな情報ばかりで辟易してたところ

あったのです!

業界のネガティブな問題点も白日の下に晒すことを厭わない勇気、文面から滲み出る誠実な心

数時間かけてサイトの隅から隅まで一字一句逃さず一気に読んでしまいました

が、所詮ネットだし、新手の釣り?との疑心が晴れないまま、最後に管理人(平山さん)のプロフを見てみると、そこにキブツという単語が

キブツでの体験が自分の礎になっているとの言葉で一気に疑心が晴れました

あ、この人は真のボランタリズムから
このサイトを興したのだな。。。 と

眉に唾つけてものを見てばかりだった自分に恥入りながら、そのまま移動販売体験ゼミに参加を申し込みました

ゼミ参加までの数日間、いろいろな情報収集をしてるうちにも胡散臭いものばかりを目の当たりにしてたこともあって、晴れたはずの疑心が出たり引っ込んだりしながらゼミ当日
を迎えた訳ですが。。。


全くの杞憂でしたね(苦笑)

ゼミで出会った平山さんやその仲間の気概に触れ勇気付けられたばかりではなく、お金には換えられない経験からくる知識までをももらい大変感謝しております


今は自分の開業準備に追われ、なかなか支援ネットのお手伝いができないかもしれませんが、時間が許す限り微力ながら尽力したいと思ってます

追伸:
蛸魂焼き、たこ焼きには一家言ある義姉が絶賛してましたよ♪

投稿: 渡邉 英樹 | 2007年12月28日 (金) 00時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 移動販売リアル体験ゼミ。その後の会話:

« 移動販売の出店依頼、それぞれの趣旨と想い | トップページ | キブツ体験と移動販売独立支援ネット »