« 移動販売、楽しく幸せな出店例 | トップページ | 移動販売。移動できることの光と影 »

いちご動物園~移動動物園で働くすずちゃんのライフモデル

Idozoo

昨日、移動販売独立支援ネット関東代表者会議で、

「平山さんこれ観てほしいんだけど・・・」

ということで一本のDVDを受け取りました。

それは、ふれあい移動動物園、「いちごどうぶつえん」で働く新人お姉さん、「すずちゃん」を紹介した番組のDVDでした。

http://www.ichigozoo.com/

夢は、一人でも多くの子供が動物を好きになり、将来動物を守ってくれる大人が増えること。動物たちと一緒に保育園やイベントなどに出向いて、子供たちに、動物とふれあう楽しさやぬくもりを伝えています。


すばらしい仕事であり夢ですよね。

仕事上、どうしてもこういう観点から見てしまう自分が哀しくもありますが、

固定の動物園であれば、なかなか、遠くの園児がわざわざ来てふれあうことはできませんが、

まさしく、移動動物園の、ido-という機動力がそれを可能にしています。

すばらしい移動販売(今の段階ではふさわしい日本語が創られていませんので、あえてこの言葉を使わせていただきます)の可能性だと思う。

ido-の機動力は、喜んでもらって、役立てる方々のもとへ・・・・・・・。

移動販売独立支援ネットも、この部分の可能性はもっともっと開拓していきたいという意思をもって、活動を続けています。

昨日の主題は、「移動販売のライフモデル」について~でした。

ずっと感じていたのが、移動販売を、

ビジネスモデル・・儲ける仕組み・儲ける型

という観点からだけ考えていると、移動販売独立支援ネットの考え方や活動というのは、馴染まないことや、収まりきらないことが多いということです。

ライフモデルという言葉が実際にあるのかどうかも、知らないのですが、

移動販売というのは、儲け方や儲け型からの視点で見る前に、

             生き方や生き型からの視点で見るほうがいいのではないかと。。。。

移動販売を豊かに生きる、とは、優秀なビジネスモデルを作ることと相関はあるかもしれませんがイコールではない。

ただ、これは、儲けることを放棄したり、儲けなくてもいい、ということではもちろんないです。

儲けなくてはならない。と思います。

でも、移動販売を豊かに生きる、ということを考えたときには、違う軸も必要だ、と思います。

そこに、移動販売のライフモデル、という言葉を充てたいとおもいます。

移動販売にかかわる方々が、経済的にも精神的にも豊かになるような活動を続けていきたいですね。

たぶん、自分もとても移動販売を豊かに生きている人の一人として。。。。



移動販売独立支援ネット公式サイトはこちらです

http://www.idou-hanbai.jp/

|

« 移動販売、楽しく幸せな出店例 | トップページ | 移動販売。移動できることの光と影 »

移動販売」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

開業準備で相変わらず忙殺される中
このブログを見るのが、自分にとって一服の清涼剤となってます

移動動物園ですか~♪
夢のある仕事ですね

そうそう、平山さんも記してますが

いどうはんばい

と言う言葉に対し、消費者は
こちらが思うほどの好印象を持ってないようです
先日、某新聞の記事の中で
動物移動販売業者に注意!!
と記されていました
どうやら、先天的な病気持ちの犬や猫を車で移動しながら住宅地を売り回り、飼い主が症状に気が付いた頃にはすでに連絡も取れないところに『移動』している、売りっぱなしの悪徳な業者が横行しているらしいのです

http://news.jprpet.com/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000954

固定店舗で、このような事がいざ起きれば
信用問題に発展するのは必至でしょう
残念ながら移動することによってクレームに対処できない、こうした問題が起きてしまうのは固定でなく移動であるので否めません
その場所にずっと根を張った移動販売であるならばクレーム対処の問題は少ないはずですが...。

このすずさんのように移動のメリットを最大限に活かした仕事をなされている方々のほうが業界には圧倒的に多いと私は思うのですが、
ごく一部の心無い人達によって
移動販売業界全体が地盤沈下してしまうのは看過できませんよね?

今日のブログを読んで、消費者が抱いている移動の持つ意味を改めて考えてしまいました


投稿: 渡邉 | 2008年1月22日 (火) 23時50分

いちご動物園いいですねー、平山さんがよく話してくれる、移動販売の可能性こんな夢のある事が出来るんだと改めて驚き、このような視点でみると限りなくありますね、私は週1とかでの出店が殆どで、その日はたこ焼きの日みたいにいつものお客さんが来てくれる、毎日だと、地域的に売り上げが分散してしまい、採算が合わなくなってしまいます。田舎では移動する事によって繁盛を続けると言う商売のやり方があってもいいんじゃあないかと思っています。
今、商店街でも空き店舗が目立ちます、テナント料を支払っては採算が合わない、だから残っているのは、自分の地所で商いをしている零細だけといった感じです。
商品にもよるだろうけど、移動にしたらやっていけそうなお店沢山ありますよね、そしたら限りなく移動販売のお店が出現する可能性があるかも知れませんね。

投稿: 辻 | 2008年1月25日 (金) 16時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いちご動物園~移動動物園で働くすずちゃんのライフモデル:

« 移動販売、楽しく幸せな出店例 | トップページ | 移動販売。移動できることの光と影 »