« 移動販売。移動できることの光と影 | トップページ | どう生きていきたいのか?と移動販売 »

移動販売の持っている可能性をあらわす言葉とは?

皆さん。いつも励みになるコメントをくださりありがとうございます。

いちご動物園いいですねー、平山さんがよく話してくれる、移動販売の可能性こんな夢のある事が出来るんだと改めて驚き、このような視点でみると限りなくありますね。

いちご動物園の皆さんは、間違いなく

「移動販売」

という言葉は使ってないですが、私の考える移動販売の大きな可能性はこういうところにあります。こういうところ『にも』と言ったほうがいいですか。

移動販売の可能性が持てる資源みたいなものを考えたときには、

ido-という機動性を活かして、なかなか来られない人たちのもとへ行って喜ばれることができる。

ということもあると思うのです。

そういう意味では、移動できるという経営資源を、上記のようなかたちで活かそうとする商売をあらわす言葉が、「移動販売」という言葉とは別に必要なんじゃないかと感じています。

私は週1とかでの出店が殆どで、その日はたこ焼きの日みたいにいつものお客さんが来てくれる、毎日だと、地域的に売り上げが分散してしまい、採算が合わなくなってしまいます。田舎では移動する事によって繁盛を続けると言う商売のやり方があってもいいんじゃあないかと思っています。

確かに移動販売で身の丈の繁盛を続けている方というのは、このような限定性を活かしている方が多いです。

これはもちろん、移動販売は曜日を決めて、コースでまわったほうがいい、

「ということではないです」

毎日同じ場所でやったほうがいい。

曜日を決めてコースでまわったほうがいい。

週・月のサイクルで移動するのがよい。

移動販売の出店方法については、それぞれの成功者がそれぞれの主張を展開しているのを、皆さんも目にして、

はじめる前の方は、いったいどれがほんとなのか???

と感じることも多いのではないかと思いますが、、、、

これは、アイテムの特性や地域の特性、あとはそれぞれの商売観によって、どれも正解ですね。

それぞれのいいところがあります。

そして、具体的な事例をもとにした、それぞれの成功例は、今の時点では、やはり、聞いてしまうのが一番早いです。

「田舎では移動する事によって繁盛を続けると言う商売のやり方があってもいいんじゃあないかと思っています。」

そのとおりですね。






移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

|

« 移動販売。移動できることの光と影 | トップページ | どう生きていきたいのか?と移動販売 »

移動販売」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

今回はスケジュールの都合がつかず、残念ながらゼミの参加を見合わせました

次回はぜひ参加しようと思ってますので皆さん、よろしくです

投稿: 渡邉 | 2008年2月10日 (日) 16時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 移動販売の持っている可能性をあらわす言葉とは?:

« 移動販売。移動できることの光と影 | トップページ | どう生きていきたいのか?と移動販売 »