« ビジネスモデルを超えたハートが生み出す、移動販売の可能性 | トップページ | いちご動物園~移動動物園で働くすずちゃんのライフモデル »

移動販売、楽しく幸せな出店例

2006ume01_3 そろそろ梅の開花ですね。

移動販売独立支援ネットでは、

梅を観賞しながら、作り立ての温かい食べ物や、おいしいお茶で、ほっと一息つける豊かな時間を提供しよう、

ということで、

今年は、「うめー、くるま茶屋」を提案しましたよ。

移動販売側は自分たちがどのように役立てるかを考えて、アイデアを出して、コンセプトを提案し、郷土の森博物館さんは、それに会う環境づくりを一所懸命考えてくれます。

このような出店というのは、移動販売にとって、とても楽しく幸せな出店です。

あと、こういうものは、1台ではできない。

仲間がいて成り立っていることです。

適正なアイテムというのもあります。

昨年もやってみて、「大判焼き」なんていうアイテムは、本当にこの場に合っているし、

梅をゆっくり観賞しながら豊かな時間を過ごすために、いちやくかっているな~、

と思いました。

もちろん焼きたて熱々です。

「茶屋」というのがコンセプトなので、屋台村のようにがっつり移動販売を集めるというよりは、梅園に馴染む感じで、2台くらいが佇む、という感じになるでしょうね。

それが点在するかもしれませんが。

移動販売の新しい可能性を開拓していく部分と、毎年毎年一歩一歩積み上げていく部分と両方大切にしていきたいですね。

移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

|

« ビジネスモデルを超えたハートが生み出す、移動販売の可能性 | トップページ | いちご動物園~移動動物園で働くすずちゃんのライフモデル »

移動販売」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 移動販売、楽しく幸せな出店例:

« ビジネスモデルを超えたハートが生み出す、移動販売の可能性 | トップページ | いちご動物園~移動動物園で働くすずちゃんのライフモデル »