« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

移動販売リアル体験ゼミinつくば

Tukubazemi 移動販売リアル体験ゼミを、今回初めてつくばで開催しました。

移動販売独立開業に際し、開業を煽る情報ではなく、適正な情報を得て、判断していただくためにも、これからも移動販売リアル体験ゼミが地方に出て行くことも多くなるかもしれません。

つくば体験ゼミの告知ページの抜粋です。

 今回、「つくば会場」は、初めて、都会と地方の違い、、地方モデルの具体的成功例にフォーカスした内容を盛り込みます。
現在、一口に移動販売といっても、東京近郊で開業される方と、地方で開業される方とでは、ベースとして知っておくべき移動販売の実際というのは大分違ってきています。

もう商業施設の口座はほぼ飽和状態の東京に対し、まだまだ空きのある地方・・・
人と人とのつながりが希薄で、地域コミュニティーが崩壊している都会に対し、まだまだ地域のコミュニティーが息づいている田舎・・・

このような違いを無視して、「移動販売とは・・・・」と一くくりにしてしまうと、開業に際してのよりよい判断を誤ってしまいます。

特に地方で移動販売独立開業を考えられている皆様は、中心部から発信される、都会の移動販売の常識や成功例情報だけで移動販売を判断しないほうがいいです。


ゲスト講師に来てくださるのは、茨城で成功をされている「タコキュー」さん。
今は、車も増やし、アイテムも増やし、若者に活き活きと働ける職を創り出し、県からも、地域を活性化する経営革新事業主として支援を受けるまでになっている移動販売の成功者ですが、
移動販売で開業したときには、一日7000円の売り上げからのスタートでした。
その苦しい創業期から、どのような段階を得て、いかに今にいたったのか??????
地方での移動販売の実際について、ありのままを伝えてくれると思います。

また、移動販売独立支援ネットが開催することですので、開業を煽ったり、勧誘のようなことは一切ありませんので、その点はご安心ください。

移動販売独立開業に際し、よりよい判断に役立ててほしい・・・・この想いは変わりません。

写真はそのときに作ってきてくれた資料です。

文字通りありのままの軌跡がありました。

売り上げ数字まで、ありのままの実績を分かち合ってくれたタコキューさんには感謝しかないです。

売れている実績を自慢することは簡単ですが、悪いときの実績をありのまま出してくれるというのは本当に勇気のいることだし、ありがたいですね。

体験ゼミに参加した皆様が、この数字をみて、

売れていると思ったか?この程度かと思ったか?

感想はそれぞれだったと思いますが、

間違いなく、よりよい判断に役立ったと思います。

今回も、参加されたかたは、当たり前ですが、みんなそれぞれ自分の置かれた環境や状況の中で、移動販売に興味を持った方々でした。

成功の定義は、人それぞれ違うので、移動販売リアル体験ゼミは、

「移動販売で成功!!!」を謳うものではありません。

その前に、自分が移動販売を始めるのであれば、

どのようになれば成功といえるのか?

どのような商売をしていきたいのか?

どのような働き方をしていきたいのか?

それが移動販売で可能なのか??

などを判断するために適正な情報が必要です。

移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです
http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

移動販売ライフ

タコキューさん、にしおかさ。コメントありがとうございます。

移動販売を「ビジネスモデル」という視点からだけでなく、もう少し、それぞれの生き方に焦点を当てた、「ライフモデル」という視点からも観たいということに共感してもらって嬉しいですね。

「移動販売ライフ」という言葉、良いと思います。Life=人生ってことですよね。

そうですね。人が生きる、生きていく、ということです。

なので、今自分の中では、

「移動販売で成功する」や「移動販売で儲ける」

ということは大切なことなのですが、それよりも、

「移動販売を生きる」という言葉が一番しっくりきます。

優れたビジネスモデルは、豊かなライフモデルのためにあってほしいです。

小さくても生きるか死ぬかが(売れるか売れないか)懸かった「商売」である移動販売はウキウキするような誘い文句で語りきれるような薄っぺらい物ではありません(生活のため20時間連続で働く事だってあります)。自分のこだわりや思いを商売に込めたいと思われるなら、移動販売は小さくても自分の人生の立派な発表の場になります。

「移動販売は小さくても自分の人生の立派な発表の場」

とても共感できます。

自分で移動式屋台の設計からはじめ、手作りでコツコツ積み上げて、自分を表現してきた方だからいえる言葉かもしれませんね。

趣味ではなく仕事というカテゴリーの中でそういう場所を探すなら移動販売は自由度の高い場所だと思います。商売である以上リスクもありますので売れた時、お客さんに喜んでもらえたときのやりがいは大きいです。

全く売れない日があって正直怖くなる日だってありますが、そんな日があってそこでまた良い方法を思いつくこともあります。現場にはまやかしやごまかしは無くて、私は移動販売のそんなところが好きです。

自由度の高い、ということは、働き方(生き方)の多様性があるということだと思います。

私も、この多様性が移動販売の最もいいところのひとつではないかと、感じることが多いです。

その自由度の中で、自分らしい「移動販売の豊かなライフモデル」を追及していけばいいのだと思います。




移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売リアル体験ゼミ。3・3

Idorogo 移動販売リアル体験ゼミを開催しました。

毎回、いろいろなものを背負ったり、抱えたりして、移動販売のことをもっと知りたい、という方との出会いがあります。

Sさん、お便りありがとうございます。



本日のゼミ、お忙しい中での開催感謝しています。

ゼミの内容も去ることながら、平山さんの営利を排除した、見返りを求めない人としてのスタンスに感動いたしました。

私も、お客様に感動感激を与え、お客様の笑顔に仕事の喜びを感じる一人として、平山さんの基本スタンスに、なんとなく同調出来るものを感じ、嬉しく思いました。

最大成功の定義を、人の為に尽くし、人の笑顔を引き出す事。その為の手段として、移動販売に触れる事になりました。歩く道に現れる必然に身を任せ頑張ります。

今日の出会いを感謝します。ありがとうございました。 



移動販売リアル体験ゼミは、開業を煽ったり、逆に不安を煽ったりするものではないので、参加後に、移動販売について何を感じ、どのような判断をするかは、人それぞれです。

開業につながる方が多ければ成功、という部類のものではありません。

私は、移動販売を豊かに生きているだろう一人として、移動販売を始める方が増えればいいな、と思っていますが、ゼミの後、

やめる、、、あるいはまだ時期尚早、、、などの判断に役立てていただいても、それはそれでありがたいことです。

また、Sさんのように、自分が移動販売を始める意味を見つめなおすきっかけになってくれたら本当に嬉しいです。

私自身も、毎回の出会いの中で、移動販売独立支援ネットがこのような活動を続けていく意味みたいなものをいつも考えさせられます。

毎回心に残る言葉をもらいます。

それは、必ずしも

「移動販売ビジネス」というくくりからは役立たない言葉たちのことも多いですが、

「移動販売ライフ」を豊かに生きる、ということに想いをめぐらせたときには、とても心に入り込んでくる言葉だったりします。

そのようなことも、紹介していけるといいかもしれませんね。


移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »