« 移動販売・それぞれの成功と新しい常識 | トップページ | 移動販売ライフ »

移動販売リアル体験ゼミ。3・3

Idorogo 移動販売リアル体験ゼミを開催しました。

毎回、いろいろなものを背負ったり、抱えたりして、移動販売のことをもっと知りたい、という方との出会いがあります。

Sさん、お便りありがとうございます。



本日のゼミ、お忙しい中での開催感謝しています。

ゼミの内容も去ることながら、平山さんの営利を排除した、見返りを求めない人としてのスタンスに感動いたしました。

私も、お客様に感動感激を与え、お客様の笑顔に仕事の喜びを感じる一人として、平山さんの基本スタンスに、なんとなく同調出来るものを感じ、嬉しく思いました。

最大成功の定義を、人の為に尽くし、人の笑顔を引き出す事。その為の手段として、移動販売に触れる事になりました。歩く道に現れる必然に身を任せ頑張ります。

今日の出会いを感謝します。ありがとうございました。 



移動販売リアル体験ゼミは、開業を煽ったり、逆に不安を煽ったりするものではないので、参加後に、移動販売について何を感じ、どのような判断をするかは、人それぞれです。

開業につながる方が多ければ成功、という部類のものではありません。

私は、移動販売を豊かに生きているだろう一人として、移動販売を始める方が増えればいいな、と思っていますが、ゼミの後、

やめる、、、あるいはまだ時期尚早、、、などの判断に役立てていただいても、それはそれでありがたいことです。

また、Sさんのように、自分が移動販売を始める意味を見つめなおすきっかけになってくれたら本当に嬉しいです。

私自身も、毎回の出会いの中で、移動販売独立支援ネットがこのような活動を続けていく意味みたいなものをいつも考えさせられます。

毎回心に残る言葉をもらいます。

それは、必ずしも

「移動販売ビジネス」というくくりからは役立たない言葉たちのことも多いですが、

「移動販売ライフ」を豊かに生きる、ということに想いをめぐらせたときには、とても心に入り込んでくる言葉だったりします。

そのようなことも、紹介していけるといいかもしれませんね。


移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

|

« 移動販売・それぞれの成功と新しい常識 | トップページ | 移動販売ライフ »

移動販売リアル体験ゼミ」カテゴリの記事

コメント

最近良く聞く移動販売をビジネスモデル考えるかライフスタイルの一部として取り組むか平山さんの話を聞いていて感じる事ができました。
私は会社としてやっている中で、自分も移動販売者で頑張っている、正直一人でやっててそんなに大儲けの出来る商売じゃあ無いって事は実感しています。
でも以前派遣会社で夜中にキツイ仕事をした事考えれば、ずっと収入はいいし、時間も自分で調整できる、休みも勿論のこと。
だから会社でやりたい人を見つけるにしても現場だけやるなら、若い人か、定年を向かえそこそこ稼げればいいというような人の方がいいかと思っています。
これをビジネスモデルとして展開しようとすると、加盟店を増やしそこから収益を上げるシステムにしなければならない、実際車を自分で買って加盟金払って、ロイヤルティー払って場所代払って、勿論材料代もかかってくる。これだけ支払っては、やる方はそんなに収入は得られません。
私の場合始めの技術講習の為の費用と車はかかったが、その後は出店料は極力安い所、ロイヤルティーは無しだから売り上げの半分ぐらいは粗利として得られるからやっていける。
これから会社として移動販売に入ってくる人にとっても良い環境を提供するには、その人のライフスタイルから一緒に考えていかなければ、ただ経営者だけ儲かるシステムになってしまうのは見えています。
実際50万ぐらいの粗利が出るのは嘘じゃあ無いけど、始めから100万の売り上げは無理に限りなく近い1年2年と努力を重ねて出来る物じゃあないかと思います。
移動販売ビジネスって言っちゃうと今の私には何か仕掛ける側が、始める側を貶めるビジネスみたいに感じてしまいます。

投稿: | 2008年3月 8日 (土) 13時13分

「移動販売ライフ」という言葉、良いと思います。Life=人生ってことですよね。

私は独立開業と謳いながら実は固定給+歩合給制度だったり、汗水流して現場で頑張る人が本来得られるべき収入から下手すると半分をごっそり持っていくようなフランチャイズの「移動販売ビジネス」はどうも好きになれません。(十分ではないにしても仕入れやその他色々なフォローがあり、それを必要とされる方も大勢いるのも理解しています)

またフランチャイズではないといっても移動販売の「移動」という力をいい加減で低品質な商売を、やったらやりっぱなし垂れ流す方向に使うことにも賛成できません。


小さくても生きるか死ぬかが(売れるか売れないか)懸かった「商売」である移動販売はウキウキするような誘い文句で語りきれるような薄っぺらい物ではありません(生活のため20時間連続で働く事だってあります)。自分のこだわりや思いを商売に込めたいと思われるなら、移動販売は小さくても自分の人生の立派な発表の場になります。
趣味ではなく仕事というカテゴリーの中でそういう場所を探すなら移動販売は自由度の高い場所だと思います。商売である以上リスクもありますので売れた時、お客さんに喜んでもらえたときのやりがいは大きいです。


全く売れない日があって正直怖くなる日だってありますが、そんな日があってそこでまた良い方法を思いつくこともあります。現場にはまやかしやごまかしは無くて、私は移動販売のそんなところが好きです。

投稿: にしおか | 2008年3月11日 (火) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 移動販売リアル体験ゼミ。3・3:

« 移動販売・それぞれの成功と新しい常識 | トップページ | 移動販売ライフ »