« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

移動販売リアル体験ゼミ・ありのままを・・・・

今回移動販売リアル体験ゼミは、

「移動販売ビジネスで大成功する画期的ノウハウ」

のようなことを分かち合っている場ではありません。

もちろんどうやって売り上げを創っていくかは、移動販売を生業にしていくためにもっとも大切なことなので、その部分の分かち合いはあります。

ただそれも、たった一人の成功体験を絶対の正解、としないよう、

多角的な実例を出して分かち合います。

移動販売独立支援ネット(アイドゥネット)が、どのようなことを伝えていきたいのか。

どのようなことを大切にしているのかが伝わったと感じられたときは嬉ですね。

開業を煽ることも、不安を煽ることもしない。。。。

移動販売の、ありのままの今を・・・

今回もゼミに参加してくれた方々から嬉しいメッセージをもらいました。

このような声があるから、続けてこれたのだと思います。

これは、つながりの始まりです。

また、移動販売開業に向けて歩みだすという判断をされたときには、一緒に移動販売を豊かに生きていきましょう。

今日はありがとうございました。
千葉の○です。

実際現場に出ていらっしゃる先輩方から話を聞けたのは、とても貴重な体験でした。

人とのつながりを大切にすることが実際営業していく上でも大事だなぁと改めて感じました。
コネも基盤もない自分には少し耳の痛い話でしたが…。

あと正しいことをする重要性。業界の狭さ。なかなか自分一人で調べられませんでした。

今の自分の段階では営業場所の確保が最優先項目です。実際この段階で商売を続けられないこともあるとお聞きしたのでしっかりやっていきたいと思います。

自分はパソコンが苦手なのでなかなか営業ツールで使いこなせないのですが、平山さんの話からも飛び込みよりも自分の考えに共感してくれる人を探した方がスムーズに行くような気がしました。

自分は平山さんの買いに行けない人にこちらからアプローチするという考えにとても共感しています。僕の場合ですと朝時間がない人(特に学生、共働きや家庭環境により朝食を抜く人が増えているという現状)にあたたかいご飯を食べてもらいたいという想いです。コンビニにはない温もりを伝えることができるのはその場で調理できる移動販売の強みではないでしょうか。

長々と書いてしまいましたが、最後に現場で仕事をしつつこのような機会を作っていただいた平山さん諸先輩方に感謝します。お疲れのところありがとうございました。

返信はけっこうです。お忙しい中1人1人に返事をする作業一つとっても大変な作業になると思います。空メールだけでも返していただければ読んでいただいたんだなぁとわかりますので。

また何かの機会に会えることを楽しみにしています。



平山様

今日は大変貴重なお話を聞かせていただき本当にありがとうご
ざいました。
移動販売がまだまだ未知数で手探りな部分が多い分野であり、
皆さんがそこに大変な熱意と行動力を注いでいることが分かり
ました。
正直辛いことも多そうだなと思いました。しかし帰りの電車で
今日のお話を反芻してみたら、やはり自分の本当にやりたいこ
とが移動販売でなら出来そうだという実感が持てました!
そして分からないことはどんどん聞いてくれという皆さんの姿
勢に本当に感謝です。今後こちらから本当にご連絡させていた
だくこともあるかと思います。

今日は本当にありがとうございました。



昨日はありがとうございました。平山さんに会い、話の中で自分の問題点がいくつかわかり、とてもありがたいゼミになりました。が、実は今、二人目の子供が産まれそうで、バタバタしております。なので、また日を改めて連絡させて頂きます。            ちなみに、昨日の話を聞いて俄然、僕はやる気が出ました!あのあと、バイトだったのですぐに帰りましたが、本当はもっと、お話がしたかったです。また改めて、お話を聞かせて頂けると嬉しいです。





移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5・27 移動販売リアル体験ゼミ

527zemi 5月も滑り込みで一回移動販売リアル体験ゼミを開催することができました。

今回は、名古屋でカオソーイを販売、名古屋屋台村プラスの中心人物である、舟橋さんが、遠方からわざわざ来てくださいました。

名古屋を中心とした地域で、移動販売を引っ張っていっている方です。

http://www.khaosoi.net/

昨日いただいた、

「私も平山様の「ありのまま」に習い、そのままの思いをお話ししました。
やはり心から話さなければいけないです。」

の言葉とおり、ありのまま、想いのままを話してくれました。

舟橋さんの開業からの歩みや営業方法、商売観、地元移動販売にかける想い、など、本当にどれも新鮮で、「心に響く言葉」がちりべられており、

「はじめは、自分の出店条件をみんなと話せないのがつらかった」
「名古屋地区の移動販売の底上げをしたい」
「イベント主催者に対して厳しい出店条件提示」
「依頼がくるような工夫をしたほうがいい。そのためには・・」
「自分の場合は100%人のつながりでやってきた」

舟橋さんに実際にお会いして、
本当の意味で、移動販売を豊かに生きているなー、と感じました。

移動販売に希望を持って、志を持って、新しいものを創っていく熱が伝わってきましたね。

移動販売を通していろいろな人にあっていると、本当に楽しそうに移動販売を生きている方と、そうでもない人が、当たり前ですがいます。

これは、必ずしもビジネス的な売り上げや収入だけでは考えられない問題です。

もちろん、ある一定以上の収益を上げられた上でのこと、という前提ですが、

接していて、楽しさがにじみ出ている人と、自分は成功しているといえばいうほど、この人は本当に楽しいのかな?と感じる人もいます。

舟橋さんは、間違いなく、移動販売を活き活きと生きている方でした。

今度、名古屋で移動販売のセミナーを開催しますので、もしこの地区で移動販売の独立開業を本気で考えている方は、ぜひ一度、舟橋さんの肉声を聞いてみてください。

6月19日だそうです。

http://yataiplus.blog121.fc2.com/ 

また、今回もいろいろなアイデアをもって参加してしてくださった方々から、自分たちも学ばせていただきました。

新しく移動販売を始めようとする方々と接するのは楽しいですね。

毎回、自分ではまったく考えらないようなアイデアを持って参加される方がいます。

それほど簡単に実現するものはないでしょうが、

新しい人たちの新しい発想が新しい移動販売を創っていくと思います。



移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蛸魂焼き(タッコンヤキ)がTOKYO-MAPS出店しました

Maps51 ゴールデンウィークは、蛸魂焼きが、J-WAVEと六本木ヒルズの共同イベント、[TOKYO-MAPS]に出店していたので、

現場に体力と時間のすべてを使いきりました。

布団に寝れない4日間でしたが、世界を舞台に活躍するミュージシャン(M)やアーティスト(A)がそれぞれのパフォーマンス(P)で集うすばらしいイベントで、自分自身も出店しながら、とても楽しい時間を過ごせました。

実は、今回の出店の依頼をいただいたときは、正直、お受けできるかどうか迷いました。

「飲食サービスがいるから移動販売でも呼ぼうか、というのではなく、

『蛸魂焼き』

に来てほしい」

という依頼は、とても光栄ではあったのですが、ここでの通常の出店状況から考えて、対応力がまったく追いつかないだろうと思ったからです。

主催者の方々は、「もし売れなかったら、、、」ということも心配してくださっていたのですが、その時はその時です。

結局、

車を一台製造工場に、常に2台体制で行けるというスケジュールが組めたら・・・

移動販売車一台で焼ける量は、今回の開催時間だと、一日○○人前です。それも一度にできるわけではなく、一時間では○○人前です。二台になると○○人前です。それが蛸魂焼きにできる精一杯の対応量です。

たくさん量を捌くための作り置きはできません。。。。

売れなくてもまったく構いません。いくら売れてもそれ以上の対応はできません。それでいいですか・・・・

並んでいただくか、ご予約券をお配りするか、焼いてからお出しするか・・・などは、そのときの状況によりマネージメントを取らせてください。お客さんにも、イベント全体にもよりよい方法をその時々で判断させてください・・・


ということで受けさせていただきました。

うけて、本当によかったです。

体力はきつかったですが、いろいろなものを得られた出店でした。

一日に何度も食べてくれたお客さんや、毎日来てくれるお客さん。コチラの要望も快く受け入れてくれて依頼してくださった六本木ヒルズの方々にも感謝です。

タコキューさんは茨城から駆けつけてくれ、龍ちゃんは、毎晩かえってから寝ずに天然だしをとり続けてくれて、蛸魂焼き3店舗の仲間たちが、協力しあって始めてできた出店だったと思います。



移動販売にとって、どこまでイベントを追いかけるかは、商売の上でも、おそらくは生き方のうえでも、大きな問題です。

移動販売リアル体験ゼミなどでは、会によって、この辺のところも突っ込んで話すこともありますが、自分の持っているアイテムの特徴や、商売観によって、大きく変わる部分ですね。



移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »