« 移動販売・・撤退の時・・・・ | トップページ | 5・27 移動販売リアル体験ゼミ »

蛸魂焼き(タッコンヤキ)がTOKYO-MAPS出店しました

Maps51 ゴールデンウィークは、蛸魂焼きが、J-WAVEと六本木ヒルズの共同イベント、[TOKYO-MAPS]に出店していたので、

現場に体力と時間のすべてを使いきりました。

布団に寝れない4日間でしたが、世界を舞台に活躍するミュージシャン(M)やアーティスト(A)がそれぞれのパフォーマンス(P)で集うすばらしいイベントで、自分自身も出店しながら、とても楽しい時間を過ごせました。

実は、今回の出店の依頼をいただいたときは、正直、お受けできるかどうか迷いました。

「飲食サービスがいるから移動販売でも呼ぼうか、というのではなく、

『蛸魂焼き』

に来てほしい」

という依頼は、とても光栄ではあったのですが、ここでの通常の出店状況から考えて、対応力がまったく追いつかないだろうと思ったからです。

主催者の方々は、「もし売れなかったら、、、」ということも心配してくださっていたのですが、その時はその時です。

結局、

車を一台製造工場に、常に2台体制で行けるというスケジュールが組めたら・・・

移動販売車一台で焼ける量は、今回の開催時間だと、一日○○人前です。それも一度にできるわけではなく、一時間では○○人前です。二台になると○○人前です。それが蛸魂焼きにできる精一杯の対応量です。

たくさん量を捌くための作り置きはできません。。。。

売れなくてもまったく構いません。いくら売れてもそれ以上の対応はできません。それでいいですか・・・・

並んでいただくか、ご予約券をお配りするか、焼いてからお出しするか・・・などは、そのときの状況によりマネージメントを取らせてください。お客さんにも、イベント全体にもよりよい方法をその時々で判断させてください・・・


ということで受けさせていただきました。

うけて、本当によかったです。

体力はきつかったですが、いろいろなものを得られた出店でした。

一日に何度も食べてくれたお客さんや、毎日来てくれるお客さん。コチラの要望も快く受け入れてくれて依頼してくださった六本木ヒルズの方々にも感謝です。

タコキューさんは茨城から駆けつけてくれ、龍ちゃんは、毎晩かえってから寝ずに天然だしをとり続けてくれて、蛸魂焼き3店舗の仲間たちが、協力しあって始めてできた出店だったと思います。



移動販売にとって、どこまでイベントを追いかけるかは、商売の上でも、おそらくは生き方のうえでも、大きな問題です。

移動販売リアル体験ゼミなどでは、会によって、この辺のところも突っ込んで話すこともありますが、自分の持っているアイテムの特徴や、商売観によって、大きく変わる部分ですね。



移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

|

« 移動販売・・撤退の時・・・・ | トップページ | 5・27 移動販売リアル体験ゼミ »

移動販売」カテゴリの記事

コメント

大変お世話になりました、大変な人出に驚きました、出店までの打ち合わせ大変だったんだったんだと、改めてご苦労様でした。
やってみないとわからない事、イベントの怖さですよね、売れるかの心配より対応力の心配、担当者への気使い風祭さんらしいです。
イベント会社だったら初めから予算交渉と言う事になり、利益中心に商品を選んで人員を揃える営業活動になるんだろうけど、まったく違うのは、ここまでしか出来ませんって言う所、売り捌く商売ではあり得ない話。
こだわりを持った商品だったら当たり前なんだけど、限度ありますからね。
大イベントにも関わらず大量生産が出来る商品では無く、少しでも来た人に美味しいと喜んでもらえる商品を選んでくれた担当の方、私もお会いしましたが、とても気遣いの行き届いた人でした、そういう方だから選んでくれたのかなって気もします。
イベントあちこちで盛んですけど、ゴミ箱に殆ど食べないで捨ててあるの物、良く見かけるけど、こんなに無駄にしていいのかなって捨てるなら買わなければいいのにって思うけど、イベントでの儲け主義の商品多いのも原因なんですよねきっと。

投稿: | 2008年5月15日 (木) 13時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蛸魂焼き(タッコンヤキ)がTOKYO-MAPS出店しました:

« 移動販売・・撤退の時・・・・ | トップページ | 5・27 移動販売リアル体験ゼミ »