« 移動販売について、有益で適正な情報を・・・ | トップページ | 何を喜びに移動販売を生きるのだろう? »

何を見つめて移動販売を生きるのだろう?

移動販売というのは、特に個人でやっている場合は、

商品(料理)に、その人が映し出されている。と感じることが多いです。

私の大好きな移動販売で、とてもやさしい、というか、やわらかい味の料理を創る方がいます。

上手に説明できないですが、

何度も食べ込むほどに、どんどん美味しさが入り込んでくる、みたいな感覚で、

とにかく私はその料理が大好きです。

その方から先日いただいたメールが、

「移動販売を豊かに生きていくために大切なこと」

について、とてもたくさんの気付きや学びを与えてくれたので、一部ですが分かち合わせてください。


料理というのはその人の人柄が出ると、私も思っています。
食べてもらうことで、自分というものをわかったもらいたいという気持ちがあるのかもしれません。
レストランで多くのコックさんと一緒にいると、私の料理は主張が足りない、インパクトがない、、それはずっと悩んできたことでもあります。
でもなぜかまかないは好評だったんですよね。
食べる人のことを考えて作れるからです。
一流の料理人が作る特別な料理ではなく、私の料理は毎日食べる日常の満腹料理なんだと思います。
以前の会社の総料理長がこんなことをいってくれたことがありました。
「俺は同じ料理を何百皿も作ることができるけど、少人数のための心を込めた料理を作らせたら○○ちゃんにはかなわないだろうな
料理に一番大事なのは愛だったよな」
コックとしては褒め言葉ではないのでしょうが、とてもうれしかったことを覚えています。
私、その会社でも「料理に一番大事なのは愛情だ!!」と声を大にしていっていたので。。。
平山さんの蛸魂焼きが美味しいのも、食材や食べる人への愛情がたっぷり入っているから美味しいんですよ。
料理を作るものとして、これからもそれはずっと変わらず持っていたいこだわりです。
美味しいものを食べると人は幸せを感じる。。
私に料理を教えてくれたシェフの言葉ですが、「美味しい」といってもらって幸せにしてもらってるのは実はわたしのほうなんですけどね。
そんな幸せな移動販売車が増えてくれると、いいのですが。

移動販売を生きていく中で、何を見つめて、何を大切にしていくかは人それぞれです。

そしてそれはビジネスモデル(儲ける型・儲け方)としての視点からでみるだけでは十分じゃないと思います。

それと対峙する、ということではなく、それを包み込むような概念として、

ライフモデル(生きる型・生き方)という視点が欠かせないと私は考えています。

もちろん儲けなくてよい、といっているのではありません。

先日お会いしたときの話では、

「やっぱり始めたころの3倍に伸びました」

だそうです。

もちろん、ただ「うまい」と「愛情」だけで伸びたわけではないのですが、

マーケティング上のテクニックや、戦術的なことだけで伸びたわけでもない。

この「大切にしているもの」や「ハート」はお客さんに伝わっていると思います。

繰り返し買ってくれるお客さんに支えられているタイプの移動販売では、

ライフモデルを豊かに生きることは、ビジネスモデルにも強く影響します。

ライフモデルを楽しく豊かに生きていたら、売り上げも伸びてきちゃった、ということが起こります。

こんな風に、移動販売を豊かに生きている人たちとの出会いとつながりが支援ネットの一番の財産かもしれませんね。

私自身も、移動販売を誇りを持って豊かに生きる人たちの近くにいることで、自分自身が豊かに生きられています。

これからは、体験ゼミなどでも、豊かに移動販売を生きる人たちと肉声を交わせる機会を増やしていきたいと思います。


移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

|

« 移動販売について、有益で適正な情報を・・・ | トップページ | 何を喜びに移動販売を生きるのだろう? »

移動販売」カテゴリの記事

コメント

いい商売ですよね、移動販売平山さんの言うライフモデルとして考えると、とても幸せな生き方だと、最近強く思うようになりました。美味しい物を食べた時のお客さんの喜びそして何度も買いにきてくれる。私の出店先クリーニング屋さんの駐車場、岩間の島田さんの軒先、もう4年目になりました、ある人が、おなじみさんの多さに何か一元さんお断りの老舗みたいですねって、別にそんなつもりはありませんが、お客さんが何を注文するか、数もわかっている、寒くなりましたね、今日もお迎えですか、なんて会話、待っているお客さん同士で会話が始まる、「おじいちゃん先でいいよ」と若い人が譲ってくれる、
ただ買いに来てくれているんじゃあ無いんですよね、移動だって毎週同じ日に来てやってると、すっかりお店に負けない商いになっちゃってる、特に大繁盛でなくても、いつものお客さんが、いつものように4年間も通って来てくれる、こんな幸せ今の世の中にとても大切な事なんじゃあないかって、ビジネス的に儲けだけ見るととても効率悪い、大儲け出来ない、でもお客さん見てて思うのは、自動販売機のような商売ばかり望んでいないんじゃあ無いって、もっと心の通った物を欲しがっているんだなあって、都会だって田舎だって同じ人間、特に日本人の本質ってこういった事なしに続いていかないんじゃあないかって、だから大きな組織に入ってやるのもいいけど小さくても自分らしい商売ができる移動販売ってとても魅力あると思っています。

投稿: タコキュー | 2008年11月 1日 (土) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何を見つめて移動販売を生きるのだろう?:

« 移動販売について、有益で適正な情報を・・・ | トップページ | 何を喜びに移動販売を生きるのだろう? »