« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

移動販売ライフとイスラエル情勢

20081230at38p 移動販売とは、直接関係ないことですが、1年間を過ごしていたイスラエル・パレスチナの情勢はいつも気になります。

情勢というよりは、そこに生きる人々といったほうがいいかもしれない。


この問題について、どうのこうの語ることは、私にはできません。



キブツで一年間をボランティアとして過ごしました。



その日、アボガド畑の仕事をおえて、草むらに寝転びながら、

11歳の男の子と話していた時、彼が力強く言った言葉。。。

「僕はこの国を守るために軍人になるんだ・・・」

大学を卒業し、やりたいこともわからずにイスラエルに行った自分にとって、それは衝撃的な言葉だった。



一方、パレスチナの地区に行ったとき、突然、握りこぶしくらいの石が飛んできた。

こんなものが頭に当たったら死んでしまう。

逃げながら、飛んできた方向を見ると、アパートの3階から投げているのは小学校の低学年くらいの子供だった。

イスラエルの占領政策(軍人)に、子供たちを含むパレスチナ人が石を投げて抗議するインディファーダ。

彼らもまた、自分たちを守るために戦っているのだと思った。



いよいよ湾岸戦争が現実味を帯びてきたとき、もし戦争に突入した場合の対応策についての講習に参加したとき、

隣に座ったイスラエル人女性が言った。

「何故あなたがここにいるの?どうせ戦争になればイスラエルを出て行くあなたは、ここにいる必要はないでしょ。私たちは私たちの国にいて、自分たちを自分たちの手で守らなければいけないのよ」

彼女の苛立ちがわかった。当然だと思った。



同じ年の友人は、腹と背中に大きな傷があった。

兵役のとき、国境付近の山中、銃で打ち抜かれ傷跡だった。

「弾が途中で止まらなくてよかった。貫通してくれたから助かったんだ」

と彼は言った。



国民皆兵制のイスラエルでも兵役の是非に悩む人はたくさんいる。

やはり同年代の友人が話した言葉は、

死ぬかもしれない、という恐怖ではなかった。いや、そういうことはもちろんあると思う。しかし、それよりももっと悩んでいたこと。

それは、自分が人を殺す状況に直面しなければならないかもしれない、ということだった。

自分は人を殺せない。殺したくない。

私と同年代の若者は、そんなことに向き合い、たった一度だけその思いを吐露してくれた。




わたしが、今あの地域で起きていることをどうのこうの語ることはできない。




かえって、移動販売で「生きる、生きている、生きていく」

ということに思いを巡らせたとき、

「本当に大切なものは何かを見つめていければいいな」

と思う。

やはり、自分にとって移動販売は、

「ビジネス」である以上に「ライフ」なんだ。


今日書いたようなことは、自分にとって、

移動販売ビジネス、という視点からはまったく関係がないが、

移動販売を、ライフとして捉えたときには、移動販売独立支援ネットや風祭金咲と、どこか深いところで関係しています。



ライフとして移動販売に向き合ったときに、

本当に大切なものを見つめていきたい。









今年一年も、移動販売を通し、すばらしい出会いに恵まれ、関係を育むことができました。そのおかげで、自分の移動販売ライフが豊かなものになりました。

ありがとうございます。




移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラ

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売オーダーメイド体験ゼミ

128zemi 移動販売リアル体験ゼミは、

私が一方的に話す、といういわゆるセミナーとは違い、

移動販売で開業を考える方それぞれが、開業後によりよく移動販売を生きてほしいという願いをこめて、参加者みんながそれぞれの課題や問題を分かち合う、というスタイルでやっています。

なので、適正な人員というのはせいぜい多くて8人くらいまで・・・できれば6人くらいだと、全員にとってより濃い時間になる、というのが実感です。

こういう事情もあり、早々に締め切ってしまうためか、

毎回締め切り後にもお申し込みやお問い合わせをもらいます。

一回の参加者を増やすことは、内容が薄くなることと強く相関しますので、そのときに人数を増やすということはしませんが、

ただ、それでは、適正な情報を必要としている人がいるのに役に立てない、ということになってしまうため、

そのような方には、双方の都合が合えば、オーダーメードという形で、個別に対応させていただいているということを先日も書きました。。

昨日もオーダーメイド体験ゼミを開催しましたが、

続けてみると、このスタイルは、やる方の考えているアイテムや構想にあわせて、現場見学を入れたり、準備をできるところがいいですね。

生産性はむちゃくちゃ悪いですが・・・

私のライフモデル的にはぜんぜんオーケーです。

とにかく適正な情報をえて、よりよい開業につなげて欲しいし、

開業後は移動販売を豊かに生きて欲しい。

これだけ世の中の空気が沈んでくると、移動販売を考える人というのは、ますます増えてくる、と思います。

自分自身はこの世界を楽しく豊かに生きているので、おすすめはしますが、

本気で移動販売を考える方は、ぜひ、移動販売の現場を生きている人の肉声を感じる場を創ってください。

パソコンの中や、本の中、広告の中からはわからない、移動販売の「今」が必ず感じられるはずです。

移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売リアル体験ゼミ12・8

今年最後の移動販売リアル体験ゼミを開催しました。

自分たちは、仕事の内容や立場上、移動販売業界の大きな流れをざっくりとわかるポジションにいると思います。

体験ゼミに、どのような方が参加されるかでも、今の世の中の移動販売に関する大きな流れや、業界がどのような方向に進んでいるのかがざっくりわかります。

今回の体験ゼミには急遽、特別ゲストも飛び入りしてくれました。

移動販売の今を生きる現役4人に参加の方が6人だったので、かなり濃い時間にはなったのではないかと思います。

願いはひとつ。

ありのままの適正な情報をえて、

移動販売を始めるならば、よりよく商売を始めてほしい。

そして、続けるならば、「豊かに」この世界を生きていってほしい。

です。

以下の声は、平山へというよりは、自ら手を上げて参加してくださり、ご自身の体験や考え方を惜しみなく話してくれた仲間たちへのメッセージです。

移動販売独立支援ネットの活動は一人では絶対にできない。

わたしもまた、協力してくれる仲間たちに支えられて、移動販売を豊かに生きてきました。

平山様
先日は誠にありがとうございました
名前のとおりリアルなお話しが聞けてとても参考になり
また、このように支援していただける「場所」があるだけで
本当に心強く感じます
移動販売も最大のポイントもその「場所」であり、それが
しっかりと確保できることで心強く感じることなのでしょう。
今後もできましたらせっかくのこの出会いを大切にいたしたく
今後ともよろしくお願いいたします

平山様

先日、ゼミに参加せていただいた、○○です。


今回ゼミに参加させていただいて、

・どのような準備が必要なのか(金銭面も含め)
・場所とりの重要性
・利益率や経費など
色々な事がわかりました。

金銭面、商材など良く考慮して販売活動を行える時がきたら
また、ご連絡させていただきたいと思っております。

その時には、どうぞ宜しくお願いします。

これからも、移動販売独立支援ネットの活動とより一層のご活躍を期待いたします。

ほんとうに、有難うございました。

昨日は貴重な時間ありがとうございました
平山さんの言うように昨日のゼミは人とのつながりが一番大事な場であった気がしています
昨日は特別ゲストの方もいらっしゃっていたのでラッキーでしたね
○○○はまだこれからの状態なのでホントに何も分かりません
これから平山さんの力をたくさん借りるかもしれませんいや、借してください
これからよろしくお願いします
平山さんのお店に遊びに行きたいので今後のスケジュール教えてくださいネッ
移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »