« 移動販売、自分の心を詰め込んだ自分らしい料理を・・・ | トップページ | 蛸魂焼きの一つ一つが見えてきた »

たかが移動販売。されど移動販売。

タコキューさん、コメントありがとうございます。


「たこ焼きを焼き始めて4年を過ぎましたが、まだまだと思います・・・・正直難しいです。」

「私の所に以前教わりに来た主婦が・・・2~3日で覚えられるよと言われました。」


「クレープの移動販売でトップを走り続けた方の所に3ヶ月ほど通いつめクレープを覚えました、それでもまだ出店の時思うように焼けない、何度も焼き直している事がある、素人目には分からない、言われれば気付く程度です。」

「先日クレープ屋さんと一緒の出店があり、クレープって焼くの難しいですよねっ
て言ったら、そんな事ないよ、10枚も焼けば誰でも出来るよって・・・・・」



同じものを扱っていても言っていることは真逆と言ってもいいかもしれません。

自分も簡単に、現場の声を聞いてくださいね。。

と言ってしまうのですが、接する人によって、自分の扱っている商材や、商売への向き合い方は、当たり前ですがみんな違うので、簡単に

「現場の声」・・・と言うのも危ういな。。と思いました。



上の言葉の違いは、

結局、

「たかが・・」という心で向き合っているか、

「されど・・・」という心で向き合っているか、

ということかもしれませんね。



移動販売をビジネスモデルという視点から見たときには、

どちらでも収益性の高いほうが優れたモデルなので、

これは、どちらでも良いと思うのですが、

idoネットが提唱する、

「移動販売のライフモデルを豊かに生きる」

ということを考えたときには、

この、

「されど・・・」

という心で、自分の商品に接することはとても大切な部分です。


「たがが・・・」

「たいしたもんじゃないよ・・・」

「そんな誇るようなもんか?・・・」

という心が、自分の移動販売ライフを貧しくしてしまうと思うんです。


いろいろな捉えられ方をするのを覚悟して、

あえて、言えば、

「移動販売はまだまだ社会的地位が低い」と思います。

いや、

低く見ている人たちがまだまだたくさんいる、、

と言ったほうがいいかもしれません。

そういう部分がある・・・・

だからこそ、自分たちは、

自分たちが扱っているものを大切に思って、

自分たちがやっていることを誇りに思って、

愛情を持って、自分の手から生み出されるものたちに接していく事が大切なんじゃないかと思います。

たかが・・・じゃない。

されど・・・・です。


移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

|

« 移動販売、自分の心を詰め込んだ自分らしい料理を・・・ | トップページ | 蛸魂焼きの一つ一つが見えてきた »

移動販売」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たかが移動販売。されど移動販売。:

« 移動販売、自分の心を詰め込んだ自分らしい料理を・・・ | トップページ | 蛸魂焼きの一つ一つが見えてきた »