« 体験ゼミ実況ルポ「半年後くらいに、、倍に伸びたんです」 | トップページ | 体験ゼミ実況ルポ「一番強いところに、一緒に出店してもらいました」 »

体験ゼミ実況ルポ「ライバルであって仲間であって・・・」

体験ゼミ実況ルポ。今回は、移動販売は卒業、、というか、今は店舗を経営されている大谷さんが話してくれた言葉です。

大谷さんは、現場見学会をさせていただいた営業場所を獲得したかたで、今回の企画自体が、まほうのすうぷ屋さんが口をきいてくれて、大谷さんと、そしてアオイダイニングの細山さんのご協力がなければ成り立ちませんでした。

出店場所の見方も、出店している移動販売も、とても学びに満ちたところなので、体験ゼミでは、ぜひここを体感してもらいたかったんです。

「ここを獲る前は、2~3百件断られた。」そうですよ。

「もう、移動販売はやらないんですか?」

という質問に、

「もう今は、自分が始めた頃とは移動販売の状況も変わって、よくもわるくも、場所を紹介するところもたくさん出てきて、何百件も自分で回って、、、なんていう自分のやり方とは時代が違って、、自分自身が移動販売では過去の人になってきているんじゃないかと・・・」

と話してくれました。

移動販売を生きて、そして今は一歩離れているからこその言葉をたくさん話してくれました。本質、というか、今の移動販売を客観的に見たときの核心を突いた話をしてくれました。

これも、ここではほんの断片しか紹介できませんが、とても学びになると思いますので、、、

どうぞ。。。

オ;

「今でも現役の多くの方とは交流させていただいてますけど。。

私の頃はまだ、単独で、個人で開業して個人でやってっていう人が多かったんです、、、

今、ランチの話に限って言うと、、、

結構今、場所を獲るのが得意な人っていうのが、何人もいるんですよね。都内とか神奈川県で・・・

で、あと、イベントを獲ってくるのが得意な人とか、いるんですよね。

この業界って狭くて、結びつきが強い業界で、「ライバルであり、仲間であって」動くようなところがあって、その辺の情報を共有して、、、、

あそこで場所か取れた。。だけど月曜日から金曜日まで一台でやるにはお客さんに飽きがくるんであれば、誰さん、何曜日と何曜日入らない?っていうので、お誘いあい、みたいなものであったりとか、、、

そういう同業のコミュニティー内での営業みたいのもありますし、

ただ単に「いいとこないですか?」「いいとこないですか?」って言ってるだけだとやっぱり声もかかり難かったりするんで、

ギブアンドテイクじゃないですけど、ここは、紹介してもらったから、自分が開拓したときは、誰々さんも誘ってみようとか、、、

そういうのが結構ありますよね。今は。。

逆に言うと、さっきも私、2~3百件回って1件って言いましたけど、今なんかもっと厳しい状況だと思うんですよね。

もう、これだけ移動販売が増えて、ちょっといい場所だと思ったらもう何十人も営業かけてるはずなんですよね。都内にしても横浜にしても。。。

で、もしそこに出てないんであれば、いくらやってもダメな場所である可能性が高いんです。

個人で獲れるような、そんないい場所が今そんなに残っているようには思えないんで、

だからもう、山の中からダイヤモンドを一個探すような、、、

なので、やはり同業の中のつながりや情報のやり取りであったりとかそういったところもうまく使えて、

で、逆に自分でももちろん努力しないと、もらうばっかりだと、その関係も続かないんで。

その辺はギブアンドテイクの関係を、うまくコミュニティーに中でやり取りしていく。。

していっている人が、結構場所も月曜から金曜まで埋まってたりとか。。。

いうのはありますよね。

それは、場所だけの提供じゃなくて、たとえば、大きいイベントがあった時にはサポート係で行ってあげるとか、、、

人・金・物じゃないですけど、ちょっとこのイベントには不得意なんだけど、

「誰さん出てくれない??」「じゃあ、私が食材だけ、アイテムだけ提供します」

っていうこともできるでしょうし、

たとえばデザインなんかが得意だったら、「ホームページ私が創りますから」とか、そういう関係で、、、

助け合ってやっていける人のほうが、いい場所で販売してたりとか、、、

っていうのがあるんで、、、

今日のお二人なんかは結構その辺はいい場所を持ってらっしゃるんじゃないでしょうか、、、

ム;

「人には恵まれてるんで・・」


もう、移動販売を卒業された大谷さんの言葉は、

恣意的でなく、今の移動販売を見るがままに、あるがままに感じていることを話してくれているので、とても参考になると思います。

非常に、今の移動販売業界、特に都会でランチ型、の状況というのを的確に言ってくれてますよ。

「個人でやっている人が多かった」⇔(今はどこかの業者さんに登録したりしながらやっている移動販売が多い。)

場所をとるのが得意な人もいる。

移動販売は、「ライバルであり、仲間であり」という感じで、結びつきが強い業界なので、コミュニティー内でのやり取りも多い。

逆に、営業場所を個人で獲得していく、という状況に関しては、今は決して甘い状況ではない。

なので、場所の問題だけでなく、人とのつながりを大切に、お互いに助け合っていける関係を築ける移動販売のほうが結局、いい営業場所で商売できているのではないか。。

今多くの開業者にとって最大のネックになっている

「営業場所をどうしていくか?」を考えたときには、

今は3つの方法があります。

「自分で獲得する。」

「業者に登録をする。」

「人とのつながりから紹介。」

大谷さんは、1番始めのやり方でやってきた。

今は多くの移動販売が2番目の方法も活用している。

ただ今現場を生きている移動販売の場所というのは、3番目によるものも多い。

ということだと思います。

人とのつながり、特に横のつながりが大切であるということは、本当に強く感じます。

これはよりよく売って行く、というビジネスモデルの視点からも、よりよく生きていく、というライフモデルの視点からも大切なことですね。

自分自身が、この人とのつながりに恵まれてきたからこそやってこれた、

と思います。

営業場所の獲得とは違いますが、

今回登場してくれているみんなの大きな協力も、

自分に、ものすごいノウハウがあって、相手のメリットになるツールやトークを駆使して

「落とした」

わけではない。

今までのつながりの中で、

「紹介をしてもらって」「お願いをして」「志を伝えて」「受け取ってもらって」

初めてできていることだと思います。

そのつながりが、また、次のつながりを生んでいくという。。。営業場所のことに限らず、そういう部分が強いのが移動販売なのかもしれませんね。

こうしてみると、あらためて、盛りだくさんの体験ゼミでした。

皆さんが話してくれた言葉の断片で、どこまでアイドゥの伝えて生きたい事や体験ゼミの内容が伝わったかは分かりませんが、

皆さんが、本当に今感じている、直面している移動販売のありのままをありのままに話してくれました。

あらためて、「ありがとう」を言いたいです。

これからはもっと、自分の運営力や質問力をあげていかないと、ですが、

逆にもっとあげていくほどに、みんなと協力しながら、もっといいものを創っていける。。

ということを感じさせてくれた体験ゼミになりました。


移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

|

« 体験ゼミ実況ルポ「半年後くらいに、、倍に伸びたんです」 | トップページ | 体験ゼミ実況ルポ「一番強いところに、一緒に出店してもらいました」 »

移動販売リアル体験ゼミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 体験ゼミ実況ルポ「ライバルであって仲間であって・・・」:

« 体験ゼミ実況ルポ「半年後くらいに、、倍に伸びたんです」 | トップページ | 体験ゼミ実況ルポ「一番強いところに、一緒に出店してもらいました」 »