« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

3・23体験ゼミ実況ルポ2

移動販売リアル体験ゼミは、

開業させることを目的としているわけではないので、参加してくれた方の中から、特に何人が開業にいたったか???

ということは問題ではないのですが、今回は、体験ゼミに参加された方々からたぶん4名くらい開業しそうな感じです。

もちろん、開業に向けてもう一歩進んでいこう、というときには、できる応援サポートは一生懸命させていただきます。

そんな中、今回も参加後に、とても嬉しいご連絡をもらいました。

正直、なかなかアイドゥネットの本意ややっていることの趣旨、みたいなものはそのまま伝

わっていないな~、と感じることも多いのですが、

やっぱり、実際に会って、肉声を交わして、感じてもらえることが多いような気がしますね。

平山様

先日はありがとうございました。漠然とした考えに現実味が出てきて、自分でも可能性を感じることが出来ました。ずいぶんと遠くから参加されていることに驚きました。また、今見ている夢を夢で終わらせることの無いよう、現実的に進めるための計画にそって、着実に足場を固めていこうと考えています。まず資金不足に甘えが出ていたように思いました。自分でも時間があるときにはカフェを回り、レパートリーを増やし、移動販売に使える車を探しながらしばらく働いて資金を貯めようと思います。いいお店があったら是非教えてください。加藤さんにも連絡してカフェを紹介してもらいます。ネットだけを信じていいものか、初めは相当ビビッておりましたが、世の中捨てたものじゃないなと、久しぶりに人との縁というものに感動しました。またこれからもどうぞよろしくお願いいたします。頑張ります。

このお便りで、体験ゼミは、

「移動販売で独立開業して大成功!!!!のノウハウみたいなもの」

を伝えているところではない、

ということは伝わるかもしれません。

そういうものは、みんな今も試行錯誤しながら更新中です。

何というのか・・・儲けるノウハウや、大成功の法則、、、、みたいなものも大切なのだとは思うのですが、

移動販売独立支援ネットとしては、それよりは、

その、今も悲喜交々、移動販売を行きながら更新し続けていることを、分かち合って、そこから学べるものを学んで、また更新されていく仕組みに、価値があるのではないかと考えています。

だから、いつだって、誰だって、移動販売を生きながら、今感じていることをそのまま伝えてくれれば、それが、誰かの学びになるのではないかと・・・

自分の、よりよい開業のために自分達を役立ててくれれば、それでいいです。

ネットだけを信じていいものか、初めは相当ビビッておりましたが、世の中捨てたものじゃないなと、久しぶりに人との縁というものに感動しました。

こんな、言葉は、ホントとても嬉しいです。

こういう言葉は、担がれている自分のところにメッセージが入りますが、それこそ、「縁」を通して、協力してくれたみんなに向けられた言葉だな~、と思います。

ホント世の中捨てたもんじゃないです。

ホームページを見て、

「で、そのあとに何があるの?待ち構えてるの?」という部分で足踏みしている方がいるとすれば、全く心配いらないです。

何もない。

でも、逆に、移動販売で絶対失敗しないノウハウ教えてくれるの?

というのも全くない。です。

そんなものない。

みんな、一生懸命生きて、与えられるものを与える、分かち合えるものを分かち合う。

もちろん、その中に、ノウハウ、といっていいものもたくさんあると思います。

というより、むしろ膨大な量で、今も更新され続けているいるわけですが・・・・

でも、本当に感じてもらって嬉しいのは、今回の言葉のようなことだったりします。

ホント、移動販売を大好きで、心のある人たちばかりが、惜しみない協力をしてくれているので、

「会ってほしい!!!」

・・・・・・んですよね~。

移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです。

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3.23リアル体験ゼミ実況ルポ1

今回も、たくさんの人たちの協力を得ながら、移動販売リアル体験ゼミを開催しました。

体験ゼミは、移動販売で、開業を考える方に対し、

移動販売について、ありのまままの、適正な情報を得てもらって、

よりよい判断や、今後の準備に役立ててもらいたい、という気持ちで続けています。

開業を煽ることも、また、不安を煽ることもしません。

現場で、「話を聞かせてください」とのお願いにいくと、

よく、

「いや、自分なんか、成功者ともいえないし、とてもとても話すことなんてないですよ」

というような感じでいわれる方が多いのですが、、、

「今、感じているありのままを話してくれれば良いんです。全体的なことは、また本体の体験ゼミで時間を取っていますので、今、向き合っている、感じている、ありのままをそのまま話してくれることが一番の学びです。」

と頼んでいます。

本当に、感じているありのままを伝えてくれればいいと思っています。

その上で、よりよく開業するにはどうしたらよいか?

とか、

移動販売を豊かに生きていくためには何が大切なのか?

とか、

自分達の志としては、

では、よりよい世界を創りだして行く為には、自分達は何をすればよいのか?

ということだと考えています。

今回も、協力してくれたみんなが、それぞれの立場で、自分が伝えられることを一生懸命伝えてくれました。

323zemi3 ランチの現場では、「スープ・カーゴ」さんの劇ウマランチを食べた後、この場所を開拓した、大谷さんの即興ミニ講義がありました。

決めていたわけではないのですが、今は近くで店舗を経営している大谷さんが、時間をつくって顔を出してくれたんです。急遽、質問会のようになりましたね。

この後、会場を移し、移動販売リアル体験ゼミの本体に移行です。

大谷さんも、そこへも時間をつくって参戦してくれました。

また、前回同様、車とイベントのエキスパート、中村さんも、前日連絡にも関わらず、駆けつけてくれ、

会場の手配や、当日の段取りを何から何までやってくれた、「龍ちゃん」の加藤さんには今回も本当にお世話になりました。

323zemi2 そして、体験ゼミの後は、大谷さんのお店で、懇親会に突入です。

ここまでくると、だんだん熱くなってきますね。

移動販売の楽しさや希望を、一番感じられるのは、ここかもしれません。

中村さんが

「移動販売はね~。ホント楽しいですよ。いろんなスタイルや価値観みたいなものはあるにしてもホント楽しい!!ホントに!・・・だからやりましょう!!」

と熱く話してました。

自分も、まあ、自慢できることではありませんが、

平山さん、儲かってそうで羨ましい。。。といわれることは全くないのですが、

「ホント、楽しそうですね」

とは、よく言われます。

ちなみに、奥のほうに見えるのは、今回、タコキューさんに創ってもらった、

引率用の「idoネット御一行様」の旗。

今回旗振り役は、加藤さんにやっていただきました。

ほんと、いろんな人の協力を得ながら、体験ゼミが続いているんだなーと思います。




移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3・23移動販売リアル体験ゼミ

Zemisiryou 今日は、移動販売リアル体験ゼミです。

今回も、

年齢は10代から50代まで、

地域は広島からわざわざ来てくれる方もいて、

やりたいアイテムも様々です。

どんなことを、伝えていくことが、よりよく役立てるのか、毎回自分自身が一番勉強になっている気がします。

参加される方が持っている、移動販売に対する疑問や、今抱えている課題を解決してもらうことが、大きな目的の一つです。

いわゆる、「移動販売の成功法則」みたいなものを伝えているわけではありません。

すべての話は、現場の実例が寄りどころになっているので、

あらゆる成功(失敗)実例は出てきますが、、、、

ただそれも、自分が経験して成功してきたことだから正しい。

というよりは、

自分が現場で経験し、見てこれたことは限られている。

というスタンスです。

今、自分達自身が生きている、ありのままの移動販売を伝える中で、

それでも、移動販売の楽しさは伝えていきたい。みたいな部分は毎回難しいな、と思いますね。

毎回必ず、現場の方にも参加していただきますが、

その人が今感じているそのままを伝えてくれれば、それが正解だし、学びになります。

どちらかというと、自分の役割というのは、バランスをとるために、対極の考え方も提示しておく、ということかもしれませんね。

みんな、希望や不安を持って、門を叩いてくれた人たちです。

今、自分に伝えられる移動販売を、みんなの協力を得ながら、楽しく伝えてこようと思います。



移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その中で私には何ができるんですか?

ここ2日間で、

出店依頼の交渉、地方からの開業相談、車屋さんと打ち合わせ、など、

ぐるりと移動販売の業界内を回るような、たくさんの人たちと会いました。


そんな中、ざっくり、移動販売の今を感じながら、

移動販売を生きている仲間、移動販売を辞めた・・・卒業した、ですね。売れないで辞めていったわけではないので・・仲間とも何人か会うことができたのですが・・

自分達が、これから、どんなことをしていきたいのか?していったらいいのだろう?

という話をしていたとき、


そういえばみんな同じことを言ってくれてたんだなーと、

あとで気づいたことがありました。

みんなそれぞれ、別々に話したのですが、

一通り、自分の話を聞いた後、


「そうすると、私はその中で何ができますか?」

「じゃあ、俺はそこで何をすればいい?」

「それなら、地方ではこういうことををやっていこう」


今、移動販売を生きている生きていないに関係なく、

中心部、地方に関係なく、

みんな同じことを言ってくれたんですね。


このことに気づいたとき、なんかブルっときちゃいました。


これすごいコミュニティーだな・・・と自分で思っちゃったんです。


想いを受け止めて、

「何かあったら・・・」よりも、

もう一歩踏み出して、想いを伝えてくれたんだなー・・と。



たぶん、アイドゥネットの活動の、すごく多くの部分が、

このような想いや気持ちに支えられてきたんでしょうね。

こんな想いに囲まれて、移動販売を生きていけている自分は、本当に恵まれているなーと思います。


一方、自分はこれまでこの想いを受け止めて、自分ができることをしてこれただろうか???ということも考えさせられました。


こういう、コミュニティーが広がるか、あるいは増えていけば、

移動販売を豊かに生きる人は確実に増えていくだろうし、

業界も、健康的に発展していくんじゃないかと本気で思いますね。


じゃあ、その中で、自分は何ができるのだろうということなのですが・・


移動販売に、

健康的で、

堂々とやって、

お互いにできることを分かち合って、

楽しく豊かに生きていくコミュニティーを創っていこうと思います。

自分達の世界そのままなので、なんかできる気がします。



移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売。地域に根付いた成功モデル

タコキューさんいつもコメントありがとうございます。

確かに、蛸魂焼きには、蛸焼きの真ん中に魂を入れられて、お客さんと楽しい関係を築きながら楽しく商売ができる適正な量、、、というのがある気がしますね。

いつも何かにつけ連絡してくれるタコキューさんですが、こんなメールが入ってきました。

昨日はCOCOストア12時からやってみたら8時で150も売れました。地域密着で
3~4キロ位の近場で出店出来る所を攻めていこうと、移動販売のランチェスタ
ーモデル作ります。

この場所は、タコキューさんが最近になって始めたところなのですが、大きな商業施設でも何でもないところです。



普通、蛸魂焼きの出店というのは、

時間をかけて、お客さんとの関係を育みながら、

蛸魂焼きを大好きになってくれるお客さんの数を増やしていく、

というスタイルを得意としているのですが、

ここの場合は、いっきに立ち上がってしまいましたね。


始めからちょっと売れすぎ???ていうこともないのでしょうが、



もちろんこれには大きな理由があります。


・・・・ここは、

タコキューさんが開業当初から続けている場所と、ホント目と鼻の先といってもいい距離なんです。

タコキューさんが今まで築き上げてきた地域での関係性があっての、売り上げですね。

それがなくて、ゼロから出店したら、、、、

どうだろう???・・・

まあ、5分の1???・・・もでないかもしれませんね。



小さな飲み屋さんが、近所にいい物件があったので引っ越した。

みないな感じです。

でも、移動販売だから、もとの場所はもとの場所で残るんです。


おそらく、自分を意含めてですが、多くの移動販売は、

常に誰も知らないところへ出して、

常に「ゼロから勝負」という出店を繰り返す商売をしているのかもしれませんね。


タコキューさんのモデルというのは、

ライフからもビジネスからも、地方型の成功モデルとして、とても学びになると思います。

ただ、このやり方の場合は、マーケティングや戦術みたいなものより、やはり根本の商品・・・大事だなーと思います。

すぐに飽きられてしまうものだとか、大好きって言って、リピートしてくれるお客さんが増えていかないものだと難しいモデルですね。


移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浮いた??浮いたぁ~~~~~!!!

先週終わった郷土の森の梅祭り出店。


Titinpuipui1 いつもは、チチンプイプイと料理に愛情を注ぎ込んでいるまほうのすうぷ屋さん。

ご本人は、

「愛情注ぐときにチチンプイプイなんて言わないもん」

といっていましたが、この帽子とスプーン。が魔法の必須アイテムです。

噂によると、上に着てる、マントではなくハッピみたいのが日本の魔法使いの正装のようですが、本人はあまりお気に入りではないようですね。




今回は、おそらくここでしか見ることのできない、

まほうのすうぷ屋さんに、頼んで頼んで見せてもらった、

まほうの片鱗を見せちゃいます。

あまり、まじめな人は見ないほうがいいかもですが・・・・

三沢さんが心を込めて焼いた大判焼きを手に取った、まほうのすうぷ屋さんが、

帽子をかぶり、スプーンを片手にチチンプイプイ呪文を唱えると・・・・・・


Uita1

え~~~~?????

周りが輝いてて分からない??????

浮いた?








Uita2 お~~~???

大判が輝いて分からない????

ゥ・・・う・・・うい・・・た????









Uita3 う・・・

浮いたぁ~~~~!!!!????

大判焼きが浮いた~~~~!!!






普段は、料理以外には決して魔法を使わないすうぷ屋さんですが、

頼みに頼み込んで、ちょっとだけ魔法使いの片鱗を見せてもらいました(笑)



魔法のほうはまだまだ修行中みたいです。

今は空飛ぶ修行中みたいですよ。

Mahoutobu1_3















本体のホームページからはいってきて、移動販売リアル体験ゼミなどを真剣に考えている方は、2月分を参考にしてくださいね。







移動販売独立支援ネットはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

季節の通常出店郷土の森「梅祭り」終了~

先週末で、郷土の森の梅祭りが終了しました。


毎年、梅の開花状況がどうなるかで、山になる週が変わるので、商売的にはハラハラの部分もあるのですが、今年は、梅祭りの期間と、開花の状況がちょうどいい按配に移り変わっていたように思いますね。

さすがに最終週は、花は咲いているものの、何か勢いがないというか、終わっていく感じが遠目からも分かる気がしました。

日曜日は、ひとまず今日が蛸魂最終日ということで、今年初めて食べてくれたお客さんや、毎年来てくれるお客さん、職員さんなどが、挨拶かねがね来店してくれて、おかげさまで、楽しい焼きができました。

「子供がどうしても食べたいって言うから、また府中駅から40分も歩いてきちゃったよ」

というお父さんの言葉や、

「今日は手が離せないみんなの分頼まれて来ちゃった」

という職員さんの言葉も、


蛸魂焼きにとっては、本当に

「魂の売り上げ」

です。



やはり、以前に何か会話を交わした人ほど覚えているものですね。

気持ちよく焼きながら、心地いい接客をしていると、蛸魂焼きの場合は、お互いが満たされる適正な量というのがあるというのを、つくづく感じました。

イベントだけど、季節毎やってくる通常出店です。

反省点もたくさんありましたが、楽しい出店ができました。




そして、今年も、この楽しい出店に欠かせなかったのが、一緒に出てくれた移動販売の仲間たち。。。

今年は、大判焼きなのになぜか「たこまさ」の三沢さんと、

料理の魔法使い「まほうのすうぷや屋」さんの村井さん、

そして蛸魂焼き「龍ちゃん」の加藤さんですね。

みんな尊敬できるすばらしい移動販売たちです。

こんなことを言っては怒られるかもしれませんが、おそらくみんな、

移動販売ビジネスで大成功~~!!!

みたいなオーラは・・・・・全く出してないです。

でも確実に、「移動販売の豊かなライフモデル」を生きている人たちですね。

もちろん、売れてない、ということではないですよ。

ただ、移動販売ライフの豊かさの基準は、

「売り上げだけ」・・・・ではない、というか、そういう人ばかりではない、

ということも確かだと思いますね。

自分にとっては、大好きな人たちと一緒に出店すること自体がもう楽しい事で、自身の移動販売ライフを豊かにするものです。

まあこれも、普通に売り上げがあって言えることなのですが・・・

蛸魂焼きの出店は、これからも楽しくて、魂の売り上げも立つものを積み上げていきたいです。


アイドゥネットの独立支援はそうとばかりも言ってられませんが・・・

コチラは楽しくても楽しくなくても、開業する人の人生にも想像力をもって、よりよい世界を創っていけるように頑張らないと・・ですね。




移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

蛸魂焼き、ヨロコブ。。

蛸魂焼きを、家族で食べに来てくれたお客さんから、とても嬉しいお便りをいただきました。

今のような季節に、その場で、食べるために、わざわざ遠いところから来てくれると、

アー。もっと快適な環境で食べてもらいたいなー。。

と、思うことが正直あります。

先ほどはご馳走様でした、

食べるまで家族みんなタコ焼きと言うことで、

いくら他のタコ焼きと違うと口で言っても信じてもらえなかったのですが、

食べたらびっくりしたみたいでした。

子供たちの食べっぷりを見てこっちがビックリしました。

みんな目からウロコでおいしかったみたいです。

あれから寝るまで蛸魂焼きの話題で、

今度はいつ行くの?ってウルサいくらいでした。

特に下の子、桜が普段結構辛口なんですが本当にうまかったみたいでまたお願いします。

もちろん、美味しい、といってもらえるのはいつでもとても嬉しいことですが、

特に、何の先入観もなく、頭で食べない子供に、大好きだと受け入れられたときは、

何か、ホッとする、というか、

これでやっていていいんだ・・・

というよな気持ちになります。

桃ちゃんも、桜ちゃんも、蛸魂焼き2パック分は食べていったので、

あまり食べ過ぎると、美味しくなくなってしまうのではないかとちょっと心配だったのですが・・・・

県をまたいで、わざわざ食べに来てくれてありがとう。

移動販売だから、本当はそちらのほうにいけるといいのですが・・

またいつでも来てくださいね。

心を込めて焼かせていただきますよ。


移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売の可能性・・「メーカーになれば、派遣を切らなくていい」

蛸魂焼きの現場だけを見ていると、3店とも、おかげさまで不況の波というのは、身にしみて感じるということができないのですが、アイドゥに入ってくるお問い合わせや依頼内容で、世の中の大きな流れを感じます。


今日は久しぶりに、朝から夜中まで、開業相談、出店交渉、打ち合わせが続きました。

その中で、中京地区からわざわざ相談にこられたEさんは、人材派遣会社の社長さんです。

昨今の派遣切りの流れを受けて、移動販売に興味を持って、お問い合わせをいただいたのが先週だったと思います。


アイドゥの門を叩いてくれる人たちが、どのような趣旨で、なにを求めているのか?

逆に、自分が何を志して、どういう想いを持ってこの活動を続けているのか?

実際に会って、目を合わせて、肉声を交わしてみないと本当のところは伝わらない、というのが基本的な自分のスタンスです。


実際お会いして、肉声を交わしてみると、Eさんのところの派遣の人たちに対する想いが強く伝わってきました。

とても印象的だったのが、


「依頼を受けて派遣しているだけでなく、自分がメーカーになれば派遣をきらなくていいのではないか・・・」

という言葉です。

とても共感しました。


移動販売の可能性をこういうところに見る方がいるのは、本当に嬉しいですね。


いつもアイドゥのなかでは、こんな話題や議論が、自分の商売が売れてるとか売れてないとかの話題と関係なく、盛り上がってしまうのですが、

移動販売には、「仕事を創りだす力があるのではないか?」ということです。

持たざる者が、今自分に持てる物を賭けて、仕事を創りだす。。。

という側面が、移動販売にはあります。

昨今の社会状況が、この側面を強くしているように感じます。


だからこそ、よりよく開業してほしいです。


これは本当に、頭でっかちになれということではなく、

ありのままの移動販売を受け入れた上で、よりよい開業法に向かってほしい。

どんな開業法がいいかは人それぞれだし、

すべての人が絶対に成功する開業法も、おそらくはありえない。


だから、それを指南してほしい人には、アイドゥネットは、全く役に立てません。

ただ、それに役立つ材料を、思いを込めて提供することができるだけです。


「実際に平山さんに会うまでは、なにを目的にこんなことをやっているのか不審でした」

みたいな事を言われることがあります。よく(笑)

今日、開業の相談では3名の方とお会いしましたが、3名ともやはり同じようなことを言われてました。

自分で、ビジネスをやっている方ほど、そう思うようです。

おそらくは、ホームページからはどこにキャッシュポイントがあるのか不可解だからでしょうね。

実際にお会いして、肉声を通して話せば、通じてしまうことなのですが・・・・

会ったら、どんなバックエンド商品が待ち構えているのだろう??

と思ってました・・・・みたいによく言われます。


何もない。。ですけどね。


ホームページで出しているメッセージがどこまで、アイドゥネットの本質を伝えているか?

正直分かりません。

自分で作っておいて言うのもなんですが・・・


ただ、あれは、撒き餌やフロントエンド商品、みたいなものじゃないです。

あとに、なにがあるのかといえば、


「つながり」・・・かな。


だから、実際にお会いすると、

今日のように、ものすごく共感してくれる方もいれば、

逆に、引いていく人もいます。


どっちでもいい。


ただ、そこで、共感してくれる人とつながっていくので、

アイドゥネットや、自分自身はとても楽しく豊かな移動販売ライフを生きられている。

というのはあるかもしれません。



とにかくバックエンドにつなげるための、情報提供ではなく、

よりよく移動販売を生きてほしいための活動なので、

移動販売で開業を考える人は、

アイドゥの仲間の肉声は、ぜひ聞いてほしいですね。

みんな自分の言葉で、自分の正解を話してくれるので、

「なにが正しいとかじゃないですが、どれも現場の肉声であり正解です」




移動販売独立支援ネット、、不審を招く公式ホームページはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »