« 4・21移動販売リアル体験ゼミ実況ルポ1 | トップページ | 4・21移動販売リアル体験ゼミ実況ルポ3 »

4・21移動販売リアル体験ゼミ実況ルポ2

Dsc00538_2 今回の体験ゼミの生声のかけらは、先日、

売り上げが伸びたきっかけ」の記事で紹介させてもらった、大谷さんの声をお届けしたいと思います。

自分も今までやってきてみて、

『移動販売を生きていく上で、どんなことを大切にしているのか?」

という部分も含めて、とても、共感する言葉だったので、体験ゼミでもわざわざ話してもらっちゃいました。

開業前、というよりは、開業後、の話かもしれませんが、、、

大谷さんは、今は移動販売を卒業して、ご自身は店舗をやられてるんですが、

毎回、わざわざ時間をつくって顔を出してくれます。

本当にすばらしい心たちに支えられた活動だと思うけど、自分はもっと、こういう心を伝えていかなければならないですね。

では、その抜粋を、文字に起こしてみましたので・・・・




今、話にあった、売り上げをものすごく伸ばした方っていうのは、、、

私が、移動販売を辞めるっていうんで、車を譲った方なんですね。

アジア系の料理でやられた方なんですけど、、、

その方も週に二回この場所に来て販売をしていただいていました。

やっぱり1年間くらいは、今やられてる方々と同じくらいコンスタントにはでてたんですけど、、そんな、凄いってわけでもなかったんです。

それが、1年後くらいから急激に伸びて、最後ここで100食くらい売ってたんですよね。

で、急に伸びてきたとき、

「なんかやったんですか?何でなんですか?」っていうときに、

私もよく食べてて、まあ、もちろん美味しいのは美味しいんですけど、



そのときに、その方がおっしゃってたのは、

商品として、料理をお客さんに販売する上で、



「原価計算をしなくなった・・・」っていうことでした。



その方は、もともと飲食で、冷凍食品とかそういうのを作ってる会社にいたんで、

逆にそういうところは原価・原価・原価で、、、

何パーセントでやったらどれだけ儲かるって、、、

もちろん商売のセオリーってそうだと思うんです。



「いくらから入って、どれだけ儲かるか?」



ていうことを考えてやるのが通常だと思うんですけど、



ただ、私も、もともとそうだったし、周りでも成功している人は同じ考えを持ってらっしゃる方が多くて、



「自分が、いくらの原価で、いくらで売ったら、いくら儲かるっていうところから始まると、その枠でしかアイテムって作れないんですね。」



でも、お客さんにとっては原価って関係ないんで、、



お客さんは、自分が見た上で、、

たとえば、じゃあ今日は600円のランチを食べたいなあ、と思ったときに

その中で、どれが一番美味しいかな???

って、一番美味しそうな、自分が食べたいものを選ぶわけです。



ってことは、お客さんは原価っていうのは一切関係なくて、



じゃあ、たとえば原価10円下がったから、、、

で、50個売りました、

で、500円利益が増えました。。。

ていうのも、一つの考え方だと思うんですけど、



そうじゃなくて、原価が10円高いけど、

プラス50食売れたら、、、

原価って、そこの10円の部分だけじゃなくて、

たぶん30%が原価だとしたら、、

残りの70%利益なんです。

70%のプラスアルファー。

もっと何十倍も稼げるわけです。




であれば、、

「お客さんに、ともかく買ってもらえるものを創ったほうが、商売としていいんじゃないか?」

という発想ですよね。




いろいろな方見てて思うんですけど、

やっぱり、はじめ、原価・原価・原価で作っている人って、どうしても商品としては縮こまっていってしまう。

プラス10円儲けたいから、ちょっと減らす。。

これも抜いてみる。。

ということをしてしまうと、どんどんどんどんお客さんが離れてしまう。



で結局販売数も減って、売り上げも下がってしまう。。



そうではなくて、

「とにかく、喜ばれるもの。売れるものをつくっていこう。。」

もしかしたら、原価上がってるかもしれないけど、

そんなの売れてから考えればいいじゃないか。



「まずは、喜ばれるもの、売れるものをつくろうよ!」

っていうほうの発想から入っていく。



入っていけば、そちらのほうが売れる確立としては高いのかな??

ていうことです。




で、実際売ってみると、、

たくさん売ったほうが、原価って下がってるんですね。


ロットで買えるようになったりだとか、ロスが減ったりだとか、、

回転数がよくなったろだとか、よくなっていくんで、、



私もそうですし、その方とか、私の周りの成功している人たちみんな同じような考え方の人が多いんですけど、

「はじめ、つくる上での原価っていうのは、大切ではありますけど、お客さんにとっては全然関係のない話で、、、」



まず売れるものを創って、、その後に、原価はついてくるんじゃないかな



っていう、一つの考え方です。



これから、商品を作られる方、今作られてる方もいると思うんですけど、

一つの参考にしていただければ・・というお話です。

これは、ホント共感できるお話でしたね。

実感としてすごいよく分かる。

僕ら規模の商売では・・ということになるのかもしれませんが。

こういうことは、いろいろな考え方があっていいと思いますが、

移動販売を生きていく上で、どんなことを大切にしていくか、という部分でも、

結構根本的な部分だと思います。



移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

|

« 4・21移動販売リアル体験ゼミ実況ルポ1 | トップページ | 4・21移動販売リアル体験ゼミ実況ルポ3 »

移動販売リアル体験ゼミ」カテゴリの記事

コメント

体験ゼミご苦労様でした、私も大変勉強になりました、大谷さんいい方ですね、沢山いいお仲間が近くにいて羨ましいです。
大谷さんの、話は実績のある方なのでなおさら感じる物がありました、私もそうですが移動販売をやる人って管理されたりするより、自分の好きにやりたいって人が多いと思います、勿論全てが自己責任。
私は以前印刷会社の営業をしていました、お客様の所に最終校正とも言うべき色校正を持って行くとお客さんは、これでいいよと言う、でも時々これじゃあ変だと思い、すみませんここ直させてもらえませんか?とこちらから聞くと、お客さんは大変喜んでくれて、こいつは、損をしてもうちを大切にしてくれていると、勿論会社に帰ったら、フイルム代追加してもらえるのか、利益が減ってしまうだろうと怒られます、でもその得意先とはいい関係が続き、他が入ってきても見積もりなんかとらないんですよ、長くやっているうちに自分のテクニックみたいになってしまいましたが、初めは純粋にお客さんに喜ばれる物を作りたいと言う気持ちだったんですよ。でもヤッパリ商売の本質なんではないでしょうか、原価原価って何か管理者の台詞ですよね、少なくとも移動販売は自分の好きなようにいい物作りたい、じゃあ無きゃ魅力無い。

投稿: タコキュー | 2009年4月29日 (水) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4・21移動販売リアル体験ゼミ実況ルポ2:

« 4・21移動販売リアル体験ゼミ実況ルポ1 | トップページ | 4・21移動販売リアル体験ゼミ実況ルポ3 »