« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

5月のリアル体験ゼミ実況ルポ1

526zemi3 今週は立て続けに2回体験ゼミをやりました。

火曜日は、はじめての埼玉開催でした。

埼玉開催は、一週間前に決まったので、

お申し込みがあるのかな?

と思っていたのですが、5名の方が参加してくれました。

正直、このくらいが、限られた時間で、

みんながそれぞれの疑問を解決するのには適正人数だと思います。

そのうち4名は女性だったので、移動販売の認知もだいぶ変わりました。

今回は、これかの季節、毎週末ウン十万を売り上げる、イベント販売と移動販売車のプロである、中村さんに講師としてきていただきました。

そして、タコキューさんも、自分の現場を削ってわざわざ駆けつけてくれました。

いつも、経験豊かな移動販売の仲間が、いろいろなものを削って参加してくれているので、

みんなの中にある

「移動販売を生きている中で、大切にしている部分、大切にしてきた部分」

をもっと引き出して、参加者のみんなにとどけることが自分の役割なんじゃないかな~、と思います。

みんなそれぞれ大切にしているものは違ったりするけど、

それでいいし、それをありのままとどけるのがアイドゥネットらしいんじゃないかなと・・・




529zemi1 そして、昨日は、最近いつもお世話になっている横浜の現場見学体験をかねた体験ゼミでした。

あいにくの雨で、「どこで食べる??」という状態でしたが、

これも移動販売だ、、、ということで、

まほうのすうぷ屋さんの現場にお邪魔させていただきました。

コチラは総勢16名という大所帯になりましたが、

529zemi2 加藤さん、中村さん、大谷さん、村井さん、そして今回初参加の山本さんが、

それぞれの経験や立場から、ありのままを分かち合ってくれました。

よく、「有志の皆さん」

というけど、

アイドゥネットのやっていることのほとんどは、

自ら手を上げて協力してくれている人たちの「志」で

続いていっているんだな、と本当に思います。

移動販売にこういうコミュニティーというか

世界もある、ということも伝えていきたいし、

分かち合いながら、健康的で楽しい移動販売を

創っていきたい。

ですね。

移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蛸魂焼きへの嬉しい出店依頼

Takoq1 前回、売れたけど満たされなかった出店について報告をくれたタコキューさん。

ご指名での出店依頼をいただきました。

前回の出店で、タコキューさんが大切にしているものが伝わったんでしょうね。

昨年、タコキューさんをご紹介いただいた○○と申します。

 辻様、平山様

 昨年は、とてもおいしい蛸魂焼をご紹介いただきありがとうございました。
 昨年もメールに書きましたが、超大好評でしたので、ぜひとも今年も
 お願いできないものかと考えております。

 ただ、昨年も結局は1日の売上が5万円強とあまり多くなく、今年も
 同じような規模のため、金額的にはあまり期待できないかも知れません。

 ただ、蛸魂焼は本当においしかったので、お土産とかにも買いたいと
 思いますので、例えばある程度の個数に達しなければ、その分の買取を
 しろということでしたら、そちらも前向きに検討したいと思います。

 何よりも、辻さんに来ていただき、そしておいしい蛸魂焼をふるまって
 いただきたいんです。

 日時は8月2日(日)の9:00~16:00くらいでお願いするつもりです。

 昨年同様蛸魂焼、

 ぜひとも、ご検討いただければ幸いです。

 それでは失礼いたします。

「魂の報酬」をもらえる出店依頼です。

移動販売をライフモデルという視点から大きく見た場合、

大切なものは売り上げ金額・・・・だけじゃない。。。。です。

自分も「蛸魂焼き」やっててよかったねなーって、ご褒美をもらったような気持ちになりますね。

でもこの依頼じゃ、金咲が出る幕ないですな~。。。

もしかすると、タコキューさん、今回も移動販売リアル体験ゼミ(埼玉会場・26日です)に駆けつけて、

ありのままの移動販売、分かち合ってくれるかもしれません。

まだ、分からないですが。。


(お客さんが待っている)商売をしている人なんで、

その現場をつぶしてまでくるというのは、本当はかなりリスクが高いです。

これも、その日の売り上げがなくなる、という数字的な意味だけではなくて、

「その日を待っているお客さんがいるのに、そこに行かないリスク」

というか、自分は

「ガッカリスク」

と呼んでいるんですが、

そういうようなもののほうが大きい気がします。

そこで培ってきた商品や魂が、また、今回のような

依頼にもつながっているというのもあると思うし。。。。


こういう人たちの惜しみない分かち合いで続いてきているのが、

移動販売独立支援ネットなんだということを、

自分自身はもっと身にしみなきゃいけないのかもしれませんね。



移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売・売り上げと利益の適正ポイント

Tekisei ゴールデンウィーク中から、なんか、お腹の変がヒリヒリすると思っていて、

暑くなってきたから、日焼けでもしたのかと思っていたのですが、

疱疹ができてきたので、「もしかして、前にやったあれか」・・・と思って病院にいってみたら、

やっぱりというか・・・ヘルペス・帯状疱疹でした。

疲れやストレスでなるらしいですが、

寝るまもなく、働き続けて、ゴールデンウィークを乗り切った移動販売も多い中で、

いちばん気ままに緩い出店をしていた人間が病気になっていてはしょうがないですね。

そんな中、前回とのつながりで、ゴールデンウィークはヘトヘトになって働きつめたタコキューさんが、分かち合いコメントを入れてくれています。

ゴールデンウイークは高速道路のパーキングでの出店でした、普段の出店でも無く、買取のケータリングサービスでも無く、あまり経験の無い出店でした、正直凄かったの一言です。大変勉強になったのでコメント入れさせてもらいました。
 端的に言うと、蛸魂焼きでは対応出来ません(間に合わない)イベント用の商品が悪いと言う訳ではないので誤解しないで下さい。

通常販売の15分待って下さいでは、待ってもらえない、「待つても食べたい」と思ってもらえるまで出店できない、

お客さんが川の流れのように去って行ってしまう、戻ってはこないんですね、

毎年1回同じように4年間出店している笠間のお正月は、年に1度会えるお客さん沢山いますよ。
 

でもここでは、いかにお客様を待たせずに、早い、安い、美味しいの順かな?

・・・・・・・・・・・・・・

この件に関しては、売り上げと、利益の収支についても、別紙で具体的な数字を入れて送ってくれたのですが、

面白いよな~、、、というか、とても参考になりました。

簡単に言うと、いつもの場所で、いつものお客さんに、喜ばれながら商いしているのと、

追い詰められて、間に合わないくらいてんてこ舞いして、ヘトヘトになってやる商売と、

収支だけを見ると、残ったものはほとんど一緒でした・・・という、ありのままのご報告でした。

こういうことは、移動販売の出店では、往々にしてあることだと思いますね。

もちろん、取り扱っているアイテムや、移動販売車のキャパ、商品のこだわり、

後は商売観や人生観にもよりますが、

イベント出店ではなく、通常出店で成り立っている、、あるいは成り立たせようとしている移動販売は、

売り上げと利益のバランスが取れて、毎日続いていける労力で、楽しさもある、

適正値や最適値があるんじゃないかとおもいます。

ただ、この規模が小さすぎれば成り立たないし、適正値は移動販売によって違うし、通常出店でも、適正値を超えてきたときに、仕組みを変えていくこともまたありなので、

簡単には語れない問題ですが・・・・


移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4・21移動販売リアル体験ゼミ実況ルポ3

ゴールデンウィークも、いよいよ後半に入りましたが、

この時期は、やはり稼ぎ時という移動販売が多いですね。

普段の場所で、いつもの商売、、、というスタイルの方もいるので人それぞれですが、

現場でへとへとになっているか、寝ないで準備、という移動販売もたくさんでしょうね。

今回の体験ゼミに協力してくれた方たちだけでも、

ゴールデンウィーク中は、

いつもの場所で3~5万の商売を続ける人。

この期間中は10~20万の売り上げを目指す人。

前年の実績から、80万から100万を目指す人。

と様々です。

ホント、売り上げだけ見ても、すごい幅があるなー、、、って思う。

みんな違ってみんな正解。

それが、みんなの肉声を聞けば分かるはずです。

みんなそれぞれのスタイルで、移動販売を豊かに生きてる。

そんな中、今回の生声は、昨日

「すごかったです。ヘトヘト。明日も、明後日も・・」

とだけ連絡をくれたタコキューさんが話してくれたことの断片を・・・


「どうやって売り上げを伸ばしてきたのか・・・っていうこととはちょっと話し違うかもしれないですけど、

やっぱり感じるのは作り手・・・・の心が伝わるっていうのかな。。。

自分なんかがやってるのは、コインランドリーなんですよね。5倍に伸ばしたってところは。。。

ただ、コインランドリーに来る人って、一人か二人なんです。

コインランドリーのついでに買う人っていうのは。。。

後は全部「蛸魂焼きだけ買いに来てくれるんです」・・わざわざ。。

いまだと大体○○○パック、○万~○万5千くらいを4時間で売り切るんですけど、、

自分ではよく分からないんですけど、平山さんにすると、なかなかのもんですよ、って言うことなんですけども、、

でも、やっぱり、中村さんや村井さんの話聞いても、

「テクニックじゃなくて、お客さんに伝わるんですよね」。。

自分のとこなんかは、焼くのに15分かかるんです。大体。

でも、話しながら待ってくれるお客さんもたくさんいるんです。

一対一の手作り手渡しっていうのが、、、

まあ、田舎のせいか分かりませんけど、でも都会なんかでも手薄になってるんだと思うんですけど、

売り手のハートが伝わるっていうのか・・・

フランチャイズとか、効率性を追求したときの弱さは、自分たちみたいな商売ではこんなところにあるんじゃないかなって。。

たとえば、

・・・・・・・・略・・・・・・・

とっても喜んでもらえますよ。

15分待っても。。。

長話しながら、、、


「売れる場所に移動できる」

ことがメリットとしてあげられることの多い移動販売だけど、

タコキューさんの場合は、同じ場所を、5年かけて5倍に育てていく商売ですね。

もちろん、今回の話は、とても喜ばれる商品という土台があって、

しかも、マーケティング上の対策というのはどんどん撃っていく、ということと合わさって語られなければならないことかもしれませんが、

テクニック、ノウハウ万能時代にあって、

「テクニックじゃなくて、売り手のハートがお客さんに伝わるんじゃないか」

ということを、本気で考えて、ああいう場で堂々と発言してくれる仲間がいることを誇りに思います。

移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »