« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

 海の日、i do 提案出店

Uminohi2_2 先日、つくば体験ゼミで、地方型移動販売の極意を伝授していただいたタコキューさんから、

「海の日」の出店についての分かち合いがありました。

Uminohi1

 アイドゥ 的出店で、とても学びになったと同時に、

刺激を受けるご報告でした。



正直、自分の海の日は、出店して、一生懸命焼いて、

「今日もこの暑さの中、よく働いたな~」・・・・と、ヘトヘトになって帰ってくる。

以上のことはしませんでした。



毎回、実際に使ったツールや、細かい数字のデータまでご報告があるので、

詳しい実践内容や、ポイントは、直接会って、肉声を交わす、勉強会やゼミ・交流会などの機会にさせていただきますが、


今回も、すばらしいと思うのは、

すべて、タコキューさん(移動販売)が、発想して、提案して、出店先と一緒になって創っていった、、、

という点です。


ややもすると、最前線で現場を生きている移動販売の出店スタイル、、というのは、



今度。こんな企画があるんだけど、

「○○やってくれない???」

今度のイベントで、

「○○できる???」




ということが多いのではないかと思います。



そうではなくて、自分たちのよさや、役立てるところは、役立てるやり方は、自分たちが一番分かっているわけだから、

移動販売が、発想して、企画して、協力を得ながら一緒になって創りあげていく。。

というスタイルですよね。



今回も、企画を出すところから始まって、

出店先に、趣旨や目的を伝える。

もちろんここで「自分たちが集客したいから・・・」という目的だけでは

誰も協力しない。


移動販売が、全体の賑わいやサービスになることを考える。


そして、自分たちにできることをする。


アイドゥ!です。



今回は、チラシや販促券などの具体的なツールも、すべてタコキューさん(移動販売)

が用意しています。



その後、データを取って、効果測定をするのも移動販売。



数字を、検証させていただくと、今回だけで見ても、売り上げを創り出すことができていて、費用対効果は十分であったと思いますが、


ただ、今回どれだけ儲かった、儲からなかった。。。ということが一番重要なことではない。

タコキューさんの目は、もうちょっと先、、や全体を見ています。

Uminohi5


最後の総括まで、タコキューさんが引っ張っていて、

出店先のテナントさんたちからの、声を見ると、

はじめ乗り気でなかったお店からも、

「またやってほしい。。協力します」

「客数が落ち込んでいたが、今回は集客があったようです」

「全体で盛り上げていくことが必要だと感じました。ぜひ、またお願いします」

などの声が寄せられていて、すごいなー、と思いました。

たかが、移動販売。





されど。。。。。

ですね。




こういう、実践例は、自分にとって、ホント

移動販売のライフモデルを豊かに生きている。。ということを感じさせてくれます。

現場が、どれだけ主体的に、誇り高く、移動販売の世界を生きられるのか????

というのは、アイドゥネットにとって、大きなテーマです。






移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

7・14移動販売リアル体験ゼミ実況ルポ 2

横浜の体験ゼミでは、

「まほうのすうぷ屋」さんと「ベジコ」さんにお世話になるのが、

もうお馴染みになってます。

この場所は、

移動販売の出店場所の見方、とか、考え方、獲り方、、、という点においても、

非常に学びの多い場所なのですが、

この、お二人の移動販売も、

ビジネス視点からも、ライフ視点からも、とても勉強になる方々です。

このお二人の移動販売の同じようなところ、、、

と、ちょっと違うところ、、、

と、全く違うところ、、

を感じることで、私自身も毎回いろいろな気づきがあります。

お二人とも、仲良くなればなるほどすばらしいと感じるのは、

「移動販売を生きていく中で、自分が大切にしていきたい確固たるもの」を、しっかりと持っている。。

という点です。

ライフモデル視点から見たときの、

「絶対に引けない部分」。。。というのか。。

移動販売はいろんなスタイルのやり方があっていいと思うし、

なければならない、と思いますが、

このお二人の場合は、

「毎週楽しみにしてくれるお客さんとの関係をつないでいく」

モデルを生きている、という部分で共通しています。

おそらく、いや、絶対に、このお二人に、

「ここの3倍儲かるイベント紹介してあげようか?」

という言葉は響かないでしょうね。

「心を込めて創った料理を、大好きといってくれる人たちに向けて・・・」

ビジネスがどうでもいいといっているのではなく、

自分の移動販売ライフで何を大切にしていくのか????」

というものを「捨てない」中で、

自身の移動販売のビジネスモデルを生きようとしているのが

「まほうのすうぷ屋」さんであり、「ベジコ」さんなんだと思う。

尊敬すべき移動販売です。

今回のゼミでの様子はコチラ↓↓↓↓↓↓↓↓↓

714zemi1

「ベジコ」さんの、

お客さんはホント女性が多いね~。

ベジコさんの玄米ご飯は、なんか、ゴアゴアしてないというか、モチモチしてて、美味しいんだよな~。

714zemi2 毎回、ホント、気さくに丁寧に、何でも教えてくれる「まほうのすうぷ屋」さん。

現場先生の様子もすっかりお馴染みに。

この人柄に「ついてる」お客さんも多いんでしょうね~。

ホント、お二人とも頼むと、快く協力してくれてありがたいです。

いつも営業が終わってから、時間をとって

くれて、「移動販売ありのまま質問会」みたいになってます。

モデルルームじゃなくて、命の入った時の状態をありのまま見れるところがいいと思いますよ。

現場の移動販売から、これだけ多角的な「知恵」をバランスよく得られるとこは、そうはないですよ。



移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7・14移動販売リアル体験ゼミ実況ルポ 1

714zemi6 つくば体験ゼミから一週間も空いていませんが、

昨日は、おなじみの横浜でリアル体験ゼミを開催しました。

開業前の構想段階で、ざっくりと情報を得たい方もいれば、

車の手配は済んでいて、開業に向けて、具体的なことを知りたい方もいれば、

開業した後に、ではどうやって移動販売を立ち上げていこう、、、という段階の方もいて、

体験ゼミを通して得たいものはそれぞれですが、

今回も、真剣に移動販売について学びたい、、、という方が多かったですね。

横浜の開催は、最近すべて、平日の昼間なので、

わざわざ時間をつくらないとこれない方も多いと思うんですが、、、、、、

それだけ真剣に移動販売で独立開業を考える方が多いんだと思います。

今回もゼミの様子をお伝えしようと思ったのですが、

参加してくださった方々より、お便りが続々届いていますので、それを先にご紹介したほうがいいかと。。。

これは、毎回言うように、体験ゼミを創りあげているみんなに届いたものです。

一人でこんな夢のある活動は続かない。

今回も、蛸魂焼き「龍ちゃん」が、何から何まで抜けすぎている平山に変わり、段取りをつけて準備を進めてくれました。

大谷さんが、自身のお店がお忙しい中、わざわざ時間をつくって、快く講師を引き受けてくれました。

現場先生である、「まほうのすうぷ屋」村井さんと、「ベジコ」岡村さんが、営業後にも関わらず、お時間をつくって、ありのままの移動販売を伝えてくれました。

移動販売車の専門家であり、イベント出店のプロでもある中村さんは、自身の仕事を済ませてから、埼玉より駆けつけてくれました。

つくば開催の先生、タコキューさんが、朝、状況説明の連絡と励ましの電話をくれました。

アイドゥネットに寄せられる「ありがとうの声」は、この熱い志に向けられたものだと受け止めています。

体験ゼミは、つながりの始まり。

ホント一番の価値は、こんな人たちとつながりの始まりをもてることなんじゃないかな、、、と思っているんですどね。

移動販売の、

「良いとこも悪いとこも」

「楽しいとこもキツイとこも」

「光も影も」

率直にありのままにバランスよく伝えている、、、

いや、伝えようとしてくれている。。。本気で。。。。

移動販売支援ネット 代表 平山晋様
お世話になっております、○○○です。
本日は貴重な場に参加させていただき、ありがとうございました。
実際の現場を見ることで、自分はどのようなことがやりたいのかが
少しずつはっきりしてきました。
以前参加した別のセミナーでは、
「いかにうちの○○○○○が素晴らしいか」という視点からの話であり、
客観性に欠けている感が否めませんでしたが、
平山様がご主催された本日のセミナーでは
移動販売の良い点も悪い点もご指摘いただき、大変勉強になりました。
また、別の開催場所のセミナーに参加していきたいと思います。
引き続きよろしくお願いいたします。

昨日も遅くまでありがとうございました。
平山さんのお話は聞けば聞くほど、まだまだ聞きたいことが出てきます。
大谷さんも中村さんもいわば業界で成功している方々なのに、全然偉そうではなく接しやすい方々でついついたくさん質問をしてしまいました。
ますますこの世界で仕事をしていきたいと思いました。
できれば今週末も平山さんの所に遊びに行きたいと思います。
後ほどスケジュールを教えてください。

それではまた、お会いできるのを楽しみにしています。





思い切って申し込んでみて、本当によかったとおもいます!!
こんなに有意義な時間を過ごせたことに感謝しています、みなさんに、特に平山さんにです。
私のような右も左も何もわからない者に、丁寧に説明して頂きありがたく思っています。
あと、平山さんが気になさってたことは、私の立場で言うのもなんですけど、一言では語りつくせないと思います。
お互いに時間をかけて築き上げていくものなのかな…と、すいません生意気なことを言いまして。
これからいろいろとお世話になると思いますが、よろしくお願いいたします。
いろいろと話したいことはあるのですが、メールだと、どうしても…
これから暑い日が続きますが、体調に気をつけて頑張ってください!
また、連絡させてもらいます。


平山様、加藤様、大谷様
お世話になっております。
本日ゼミに参加させていただいた○○です。
貴重なお話ありがとうございました。
そして、現場で活躍されている方の生の声が聞けてとても嬉しいです。
これから自分も一人前になって皆さんにお返しができればいいですね~
来週からは本格的に営業開始に向かって頑張りたいと思います。
場所を自分の力で見つけられるように奮闘します!^^
では、またご報告させていただきますので~





 本日は、移動販売リアル体験ゼミに参加させていただき、ありがとうございました。

ただ、心残りなのは、最後まで、皆さんのお話を聞くことができなかったことです。

子供のお迎えのため、途中で失礼する旨を自己紹介の時に、言っとくべきでした。

感じ悪く失礼してしまって、本当にすみませんでした。

 ほかの移動販売の方が、どんなふうに仕事をしているのか、

じっくり見たり、直接お話しできるのは、なかなかできることではないので、貴重なひとときでした。

 せっかくのこの機会を無駄にしないよう、試行錯誤してまいります。

 どうもありがとうございました。





平山 様
昨日のセミナー、大変参考になりました。
戴いた資料に何度も目を通し、自分の描いているプランを組みなおしている所です。
計画がもう少し具体化し、動き出したら、
もう一度、ゼミに是非参加させてください。
簡単ではありますが、本当に昨日はありがとうございました。
チビがはしゃいでしまい、ご迷惑おかけしました・・・。
どうぞ皆様によろしくお伝え下さい!

そう、今までは18歳の女の子が、体験ゼミ参加の最年少記録だったんですが、
このたび、この記録が大きく更新されてしまいました。
16歳も。。。
見よ、この大谷先生の講義を聞く真剣な受講姿を・・・・・・
5時間は長かったよね~。

714zemi5_3
 

移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売リアル体験ゼミinつくば 実況ルポ1

久々の、体験ゼミ茨城開催でした。

今回の特別現場先生は、タコキューの辻さんにお願いです。

いつも、このブログにもコメントをくれているのでお馴染みのタコキューさんですが、

ゼミで、じっくり肉声で分かち合ってもらう中で、あらためて、

「とてもビジネスとライフのバランス感覚に優れているな~」

と感じました。

そして、開業する人の「ライフ」に想いがいたる「ハート」の部分ですよね。




○○さんへ
昨日は、お疲れ様でした、○○さんのこれからの、取り組みに移動販売の新しい可能性を感じました。
私は、現在たこ焼きとクレープの移動販売をやっていますが、もっといろんな事ができるんじゃあないかとも思っています。
先日茨城新聞7/8一面に「店舗の閉鎖加速」と言う記事がありました、その中に、地域によっては
生活必要品を購入できる店舗が近隣になくなるといった「買い物難民」の増加も懸念され、移動手段が比較的
限られる高齢者らの生活に支障が出る可能性がある、と報じられていました。
そうした地方での実情にに合っているのではないかと、更なる移動販売の可能性へ向けて頑張っていただけると
期待してます、頑張ってください。
又私で約に立てることがあればご連絡ください。

○○さんへ
昨日は、遠いところお疲れ様でした。短い時間でしたが何かお役にたてたでしょうか。
他の人がいては聞けない事もありメールしました、
実は、失礼ながら私と似ているところがあるかと思い・・・
私は、印刷業、妻と同じ会社に勤め、妻はタイピスト、私は写植を覚え、営業の仕事をしていました、
15年勤めた会社が倒産、私達は12年ほど前から自営で営業をしながら印刷のデータを作りをして
生計を立てていました、始まった当初二人で三千万あった売り上げが序所に減り5年ほど前に見切りをつけました。
とはいっても、たまに頼んでくれるお客さんとの付き合いはあって、たまに入ってくる印刷の仕事は引き受けながらの、移動販売です。
・・・・・・・略・・・・・・・・
○○さんは、月にどれくらいの収入があればやっていけそうですか、移動販売と言えど商品のクオリティ大切です。
田舎は、いい噂も悪い噂も広まるの早いですから、いくら大儲けできても、短期で終わってしまっては何もならないし、一度落とした信用はなかなか戻せませんから、慎重になるべきだと思います。
一緒に、いい方法考えていければと思います。
私自身今も色々模索している所ですから頑張ってください、連絡待ってます。
(・・・略・・・の部分は、相手のことに想いを馳せ、ご自身のことをかかれている、心につまされる内容でしたが、非常にパーソナルな内容のため、省かせてもらいました)


タコキューさんが、ゼミの後、参加者の皆さんにあてたものの一部ですが、

ビジネスの仕組みに組み込まれた、お礼メールではない。。。。参加された方一人一人、、の「ライフ」に想いをめぐらせているのが分かって、正直、

「この人すげ~な」、と思いました。

次にバックエンドで何かを売るために誘導するための体験ゼミではないので、

はっきり言って、別に、何の得もないです。

ビジネスという視点からだけ見れば、体験ゼミに協力することにメリットはないと思うのですが、、、、、、。

「蛸魂焼き・茨城」の「魂」をこんなところにも感じずにはいられませんでした。

目の高さ、、がすばらしい。。。ですね。

「俺は移動販売で成功してるから教えてあげよう・・・」

みたいなところが全くなくて、同じ目の高さで、

「一緒に頑張っていこう。俺も頑張ってるから・・・」

という人柄というか、心が伝わってくる文面です。

実際、地方で移動販売を始める人にとっては、ビジネスを立ち上げる上で、絶対に聞いておいたほうがいいよな。。。というすばらしい内容でした。

自身の歩んできた道を、ホントありのままの数字を出しながら、成功体験も失敗体験も、率直に話してくれます。

そのバランスがとてもいいですね。

今、移動販売は、都会と、地方では全く別の状況や仕組みが出来上がっている部分が、多々ありますから、

「移動販売とは。。。。」と、ひと括りにして語ってしまうことは、非常に危ういです。

もちろん商売として、最大公約数的に大切にしていかなければならない共通部分もたくさんあります。

だだ、「違い」・・・が幅が広がってきている部分も多いので、

地方で、、、もっといってしまえば、田舎で移動販売を始めようとするならば、

田舎での「移動販売のありのまま」をバランスよく学んだほうがいい。

開業後の「移動販売ライフ」をより豊かに生きるために。。。。

今回は、何と香川県からわざわざ参加してくださった方がいました。

何かを、本気で考えないと、ここまで来ない、と思う。

その「何か」、、を自分たちはその時点で分からないけれども、

その「何か」に想いを馳せて、「何か」の想いを汲み取って、

自分たちに伝えられることを伝える。

今回のタコキュー先生つくばゼミは、

それが、アイドゥネットの進むべき方向なんだろうな~、、。

と気づかせてくれるゼミになりました。



移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売ライフモデルのとても豊かな出店をありがとう

いつも、横浜の「移動販売リアル体験ゼミ」で、現場見学や現場先生として惜しみない協力をしてもらっている、「まほうのすうぷ屋」さんに声をかけてもらった、先日の出店は、

「移動販売やっててよかたなー」

と感じられるものになりました。

出店後、ぎっくり腰でうーうー唸ってる間に、まほうのすうぷ屋さんが、自身のブログで、

私よりもずっと上手にそのときの様子を伝えてくれています。


移動販売の機動力は、

「人が多いところに出て行ける」「攻められる」

という部分だけによさがあるわけではなく、


「なかなかこられない人のもとへ行ってあげられる」

というところにも、とても大きな可能性があると思います。


もちろん、こういうものは、

ビジネスモデルとしてみた場合には、決して優れたモデルケースではない場合が多い。

企業がやった場合には、企業本体にまで何らかの利益を還元することはほぼ不可能でしょう。

でも、だからこそ、企業にとって


「おいしくない」部分、、、、、


を、小さな個人の移動販売が担っていけるんじゃないか???

と思うんです。


誇りを持って、たくさんの喜びを感じながら。。。


「優れたビジネスモデル」という視点からは××、だが、

「豊かなライフモデル」という視点からみれば、◎◎◎◎◎◎。



では、まほうのすうぷ屋さんブログから報告の盗用(笑)を・・・・・



日曜日は三鷹の「フェリエ ドゥ 三鷹」という老人ホームの七夕まつりに出店してきました。

中学からの親友であるYさんが勤めている職場で、ケアマネージャーの彼女から

「入居者さんに屋台で買って食べるという楽しさを、体験させてあげたい」と相談を受けたことから今回の出店に至ったのですが、、、

すうぷ屋1台じゃつまらないし

かといって何台も呼べる規模ではないし

お客様となるおじいちゃん、おばあちゃんたちは食べられるものや量にも制限があるだろうし

そこで、いつもお世話になっている蛸魂焼の風祭金咲さんに相談してみると

「いいよー、行くよー。蛸なしでも焼けるし、蛸も刻んであげるよ」と快く受けてくださいました。

事前に入居者さんの食べられる量と食べられないものなどの打ち合わせをして

当日はこんな風にテラスに沿って営業することに。

200975_2

写真だとわかりにくいですが、車の脇にはおじいちゃんおばあちゃんが作った七夕飾りがあります。

すうぷ屋は通常の半分のサイズの「ハヤシライス」と「そら豆のポタージュ」「ヴィシソワーズ」を用意。

そして蛸魂焼のほうは1個からでも注文を受けてくださいました。

現場のスタッフの方達のチームワークも素晴らしくて、流動食の方用には厨房で手を加えてくださったり、蛋白米の方には専用のご飯が出てきたり、施設長さん自らが一人一人タコ焼きの数とソースの注文をとってくださったりと、お体の不自由な方から元気なおじいちゃんおばあちゃんまで、順番に食べていただくことができました。

それでもいつもとはちがった食べ物で大丈夫だったのか少し心配していたのですけれど、今までおかゆしか食べられなかったおばあちゃんがハヤシライスを食べてご家族に「ご飯が食べられた」と報告していたとか、いつもあまり食べないおばあちゃんがタコ焼きを13個も食べたとか本当にうれしい報告をいただいてちょっぴり感動してしまいました

風祭金咲さんも「本当にいい仕事だったね。移動販売やっててよかったと思うよね。」とおっしゃってました。

「喜んでもらいたい。。その気持ちで、あんなに大変なことやってしまうってすごいことだよね。

愛だよねー」ともおっしゃってました。

私も以前の会社で声を大にして「料理は愛だ!!」といってはいつも「また言ってる」みたいな反応ばかりされていましたが、声に出さない愛情というものが本当に素敵なことだと

改めて思い、まったくちがう世界で仕事しているそんな素敵な友達と一緒に仕事できたことをとても誇りに思いました。

こんな素敵な、気持が豊かになる仕事をこれからも移動販売でもっともっとやっていきたいです





本当に、関わる人みんなの想いやチームワークが一緒になって、この時間を創れたんじゃないかなー、、、と思いました。


「喜んでもらいたい。。その気持ちで、あんなに大変なことやってしまうってすごいことだよね。」


というのは、こういうことは、呼んで主催するほうにも、とても勇気や想いが必要なことだと思うんです。

何かあったら????という、リスクというか、不安や反対も当然あったと思う。

そういうものを、

「入居者さんに屋台で買って食べるという楽しさを、体験させてあげたい」

「喜んでもらいたい。。」という想いで乗り越えて創りあげていくのは、

本当に愛だな~と思いました。


正直言うと、私自身は、一生懸命焼くことに追い詰められて、おもての様子は全くみる余裕がありませんでした。

でも後から、


今までおかゆしか食べられなかったおばあちゃんがハヤシライスを食べてご家族に「ご飯が食べられた」と報告していたとか、

いつもあまり食べないおばあちゃんがタコ焼きを13個も食べたとか本当にうれしい報告をいただいてちょっぴり感動してしまいました


ということを聞いたときには本当に嬉しかったです。


何というか、報われる出店、、というのか、

心を込めて創っている「まほうの料理」や「蛸魂焼き」が伝わった瞬間。。。というか、、、、

蛸魂焼きにとっては、これ以上ない「魂」の報酬でした。

本当に豊かな出店の機会をありがとう。。。。




今月、14日の「移動販売リアル体験ゼミ」も、

「まほうのすうぷ屋」さんは現場先生として協力してくれるので、

移動販売の豊かなライフモデルを体感したい方や、

ありのままの移動販売をリアルに感じたい方は、参加してみてくださいね。

http://www.idou-hanbai.jp/category/1166490.html

移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »