« 名古屋移動販売車セミナー、行ってきました。。 | トップページ | 移動販売リアル体験ゼミinつくば 実況ルポ1 »

移動販売ライフモデルのとても豊かな出店をありがとう

いつも、横浜の「移動販売リアル体験ゼミ」で、現場見学や現場先生として惜しみない協力をしてもらっている、「まほうのすうぷ屋」さんに声をかけてもらった、先日の出店は、

「移動販売やっててよかたなー」

と感じられるものになりました。

出店後、ぎっくり腰でうーうー唸ってる間に、まほうのすうぷ屋さんが、自身のブログで、

私よりもずっと上手にそのときの様子を伝えてくれています。


移動販売の機動力は、

「人が多いところに出て行ける」「攻められる」

という部分だけによさがあるわけではなく、


「なかなかこられない人のもとへ行ってあげられる」

というところにも、とても大きな可能性があると思います。


もちろん、こういうものは、

ビジネスモデルとしてみた場合には、決して優れたモデルケースではない場合が多い。

企業がやった場合には、企業本体にまで何らかの利益を還元することはほぼ不可能でしょう。

でも、だからこそ、企業にとって


「おいしくない」部分、、、、、


を、小さな個人の移動販売が担っていけるんじゃないか???

と思うんです。


誇りを持って、たくさんの喜びを感じながら。。。


「優れたビジネスモデル」という視点からは××、だが、

「豊かなライフモデル」という視点からみれば、◎◎◎◎◎◎。



では、まほうのすうぷ屋さんブログから報告の盗用(笑)を・・・・・



日曜日は三鷹の「フェリエ ドゥ 三鷹」という老人ホームの七夕まつりに出店してきました。

中学からの親友であるYさんが勤めている職場で、ケアマネージャーの彼女から

「入居者さんに屋台で買って食べるという楽しさを、体験させてあげたい」と相談を受けたことから今回の出店に至ったのですが、、、

すうぷ屋1台じゃつまらないし

かといって何台も呼べる規模ではないし

お客様となるおじいちゃん、おばあちゃんたちは食べられるものや量にも制限があるだろうし

そこで、いつもお世話になっている蛸魂焼の風祭金咲さんに相談してみると

「いいよー、行くよー。蛸なしでも焼けるし、蛸も刻んであげるよ」と快く受けてくださいました。

事前に入居者さんの食べられる量と食べられないものなどの打ち合わせをして

当日はこんな風にテラスに沿って営業することに。

200975_2

写真だとわかりにくいですが、車の脇にはおじいちゃんおばあちゃんが作った七夕飾りがあります。

すうぷ屋は通常の半分のサイズの「ハヤシライス」と「そら豆のポタージュ」「ヴィシソワーズ」を用意。

そして蛸魂焼のほうは1個からでも注文を受けてくださいました。

現場のスタッフの方達のチームワークも素晴らしくて、流動食の方用には厨房で手を加えてくださったり、蛋白米の方には専用のご飯が出てきたり、施設長さん自らが一人一人タコ焼きの数とソースの注文をとってくださったりと、お体の不自由な方から元気なおじいちゃんおばあちゃんまで、順番に食べていただくことができました。

それでもいつもとはちがった食べ物で大丈夫だったのか少し心配していたのですけれど、今までおかゆしか食べられなかったおばあちゃんがハヤシライスを食べてご家族に「ご飯が食べられた」と報告していたとか、いつもあまり食べないおばあちゃんがタコ焼きを13個も食べたとか本当にうれしい報告をいただいてちょっぴり感動してしまいました

風祭金咲さんも「本当にいい仕事だったね。移動販売やっててよかったと思うよね。」とおっしゃってました。

「喜んでもらいたい。。その気持ちで、あんなに大変なことやってしまうってすごいことだよね。

愛だよねー」ともおっしゃってました。

私も以前の会社で声を大にして「料理は愛だ!!」といってはいつも「また言ってる」みたいな反応ばかりされていましたが、声に出さない愛情というものが本当に素敵なことだと

改めて思い、まったくちがう世界で仕事しているそんな素敵な友達と一緒に仕事できたことをとても誇りに思いました。

こんな素敵な、気持が豊かになる仕事をこれからも移動販売でもっともっとやっていきたいです





本当に、関わる人みんなの想いやチームワークが一緒になって、この時間を創れたんじゃないかなー、、、と思いました。


「喜んでもらいたい。。その気持ちで、あんなに大変なことやってしまうってすごいことだよね。」


というのは、こういうことは、呼んで主催するほうにも、とても勇気や想いが必要なことだと思うんです。

何かあったら????という、リスクというか、不安や反対も当然あったと思う。

そういうものを、

「入居者さんに屋台で買って食べるという楽しさを、体験させてあげたい」

「喜んでもらいたい。。」という想いで乗り越えて創りあげていくのは、

本当に愛だな~と思いました。


正直言うと、私自身は、一生懸命焼くことに追い詰められて、おもての様子は全くみる余裕がありませんでした。

でも後から、


今までおかゆしか食べられなかったおばあちゃんがハヤシライスを食べてご家族に「ご飯が食べられた」と報告していたとか、

いつもあまり食べないおばあちゃんがタコ焼きを13個も食べたとか本当にうれしい報告をいただいてちょっぴり感動してしまいました


ということを聞いたときには本当に嬉しかったです。


何というか、報われる出店、、というのか、

心を込めて創っている「まほうの料理」や「蛸魂焼き」が伝わった瞬間。。。というか、、、、

蛸魂焼きにとっては、これ以上ない「魂」の報酬でした。

本当に豊かな出店の機会をありがとう。。。。




今月、14日の「移動販売リアル体験ゼミ」も、

「まほうのすうぷ屋」さんは現場先生として協力してくれるので、

移動販売の豊かなライフモデルを体感したい方や、

ありのままの移動販売をリアルに感じたい方は、参加してみてくださいね。

http://www.idou-hanbai.jp/category/1166490.html

移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

|

« 名古屋移動販売車セミナー、行ってきました。。 | トップページ | 移動販売リアル体験ゼミinつくば 実況ルポ1 »

移動販売」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 移動販売ライフモデルのとても豊かな出店をありがとう:

« 名古屋移動販売車セミナー、行ってきました。。 | トップページ | 移動販売リアル体験ゼミinつくば 実況ルポ1 »