« 11・19 リアル体験ゼミ 十羽一からげじゃない   | トップページ | たくさん囲い込む必要なんてない?? »

ライフモデルを豊かに生きる、十人十色の商い

前回の、タコキューさんが、

「自分たちはお客さんを十羽一からげにみるんじゃなくて、

十人十色の商売をしているんです」

という話をしてくれたときに、例えで教えてくれたのが、

「隊員さんに打つメールの内容も、みんな同じじゃないんですよ」

ということです。

タコキューさんは、開業間もない頃から、

「たこ焼き探検隊」なる隊員さんを募って、、というかスカウトして、

メール配信をしてるのですが、

その内容がみんな同じではない。。

だから、もちろん内容も、

「この画面を見せてくれたお客様は50円引き」

みたいなものじゃないです。

それぞれの隊員さんにニックネームがあって、

ひとりひとりを思い浮かべながら、相手のことを思いながら

送っているんですよね。

単価何百円という移動販売でこれをやっている。

ビジネスモデル的に

「顧客を囲い込む」優れたマーケティングシステム、という祖点から見ると、

これはあまりに効率が悪い。

だけれども、移動販売のライフモデルを豊かに生きる。

という視点から見れば、このつながりが、タコキューさんの移動販売ライフを

どれだけ豊かなものにしているのだろう。。と思うわけです。

顧客リストを何百人集めて、そこに配信して、レスポンスが何パーセントで、、、

というところにフォーカスしていないので、

隊員さん(会員)もたくさん集めればいい、というものではないんだよね。

むしろ、選ばれないと隊員さんになれない。

くらいの感じだと思う。


でももちろん、これは、売り上げと関係ないかといったら、

あり過ぎるくらいある。

反応率。。ということであれば、

当然、、顔も見えない不特定多数の会員にいっせいに配信するのとは

比べ物にならないレスポンスがあります。

ただ、そのときのレスポンス(来店客増)

「だけのため」

であれば、会員の絶対数を増やすことをしたほうがいいと思う。

その先にある、、

というかそれらを包みこむ、大切なものを自分の商いにもたらしてくれる。。。

そのときの反応以上に、全体を押し上げてくれたり、安定させてくれたり、

それこそ、豊かにしてくれたりする。

それが一番いいところなんじゃないかなー、、と。



移動販売独立支援ネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

|

« 11・19 リアル体験ゼミ 十羽一からげじゃない   | トップページ | たくさん囲い込む必要なんてない?? »

移動販売リアル体験ゼミ」カテゴリの記事

コメント

 お世話になります、紹介文恐縮です、そんなに凄い事とは、思っていませんでした。ただやってきて、良かったと思っています、今20人ほどの隊員さんがいます、でも20人の隊員さんは、友達や家族を連れて来てくれるから、実質は倍以上です、隊員ミニーちゃんは、夏自分の職場(介護施設)の夏祭りに呼んでくれました、そこから職場のお客さんが来てくれるようになりました。
 トラックの一番星さんは、埼玉へ帰る途中毎回寄ってくれました、職場が変わり、来られなくなってしまいましたが、同僚の方(流れ星さん)が時々顔を出してくれ、その時の話は、一番星さん元気でやってるかな・・・なんて会話。
 時間かかってビジネスと考える方には、勧められないけど、無理なく自然に楽しく、やっていくならいいと思いますよ、それと私のような者でも、蛸魂焼き一生懸命作ってると、小さい子、高校生、主婦、お年寄りの方まで楽しく話しをしてくれる、孤独死なんて考えられないです、幸せ者です。
 歴史に名を残すような事じゃあ無く、子どもたちが大きくなった時、ここにとっても、面白い、美味しいたこ焼のオヤジさんがいたんだよなって、心に残ったらいいじゃあありませんか。

投稿: タコキュー | 2009年11月27日 (金) 11時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライフモデルを豊かに生きる、十人十色の商い:

« 11・19 リアル体験ゼミ 十羽一からげじゃない   | トップページ | たくさん囲い込む必要なんてない?? »