« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

腹ペコレスキュー部、たい焼き体験教室~~

アイドゥ腹ペコレスキュー部、今回はsweets和甘さんに出動していただき「腹ペコたい焼き体験」してきました。

午前中までは、たい焼きには気温が高すぎるかな~と思いましたが、
昼を過ぎるころから、急に空が黒くなり、避難所につき、
たい焼きが焼きあがるころには、自分はすっかり寒くて震えていました。

偶然なんですが、いわきの湯本温泉から源泉を汲んできた足湯サービスの
方々も来られていて、急遽、腹ペコレスキュー部とのコラボになりました。
522harapeko4

はじめは和甘さんの焼いたたい焼きをハフハフしながら食べていましたが、
家族のみなさんの分を頼まれた男の子、
自分の分は自分でつくろう~~、、ということで

本日の腹ペコ体験教室始まり始まり~~

金咲号よりさらに狭い和甘店内。
二人入れるのか~~?
天井低~~。
522harapeko2 522harapeko5

自分でつくった焼き立てを、足湯につかりながらパクリ。。
足湯もたい焼きも熱っち~~。

この足湯、本当に温まった。。というより熱かった~。
源泉なのでなかなか冷めないのだと言ってました。
522harapeko6

一応みなさんにいきわたって、最後は足湯サービスや
県職員のみなさんと、源泉足湯につかりながらしばし談笑~。
522harapeko7

途中帰ってきた方々とも足湯につかりながらいろいろな話をしました。

「今までは前だけを見てやってきたけど、不安になるのはこれからでしょうね~」

日々状況は変わっているという印象です。

それは、何人とかいう全体の数字ももちろんそうなのですが、
どれだけ一人一人を感じられるか??

ざっくり、「今あそこには何人」。。「だから何食」。。。

ではないな~~と思ういました。

小さく、楽しく、続ける中で、自分たちの役割を探していこう。。


今回の腹ペコレスキュー部も、

ご協力いただいた皆様のお陰さまで行ってこられました。

フットサルイベント、キックオフフェスタでの部費を支援してくださったinfinity様。

食材の提供をしてくださったオーバン様。

移動販売リアル体験ゼミに参加することで、協力してくださった皆様。

そのゼミに、経験者として分かち合うことで協力してくれたアイドゥの仲間たち。

和甘、風祭金咲の現場を支えてくれているすばらしきお客さんたち。

今回体は、正田、平山が行ってきましたが、

その影には、皆さんの協力がありはじめて実現できたものです。

深く感謝いたします。




アイドゥネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

アイドゥツイッターはコチラです

http://twitter.com/#!/hirayama_ido



| | コメント (0) | トラックバック (0)

第53回移動販売リアル体験ゼミ

「体験ゼミのSさんが、今日早速現場に来ましたよー」

という連絡。。。

こないだの体験ゼミは、みんな、具体的なアイテムのアイデアを持ってる人だったので
それぞれの開業相談をみんなで分かち合う。。。みたいな感じになりました。

みんな持ってきた疑問・課題は、解決した部分もあったし、、
逆に、移動販売の今を分かち合って、
新たな課題を持ち帰った部分も多かったかもしれません。

もう、動き始めてから参加される方は、だいたいすでに何かの
壁にぶつかっているので、質問が具体的ですね。

遠方は秋田から。

夜行で来られた、ということで、
ここまで遠いと、なかなか次の機会にまたお気軽に会う、、、
ということができないので、話をただ聞いて帰る。。

ということがないようにしなくちゃ。。と思います。

~~~体験ゼミ質問集~~~

商業施設に場所の営業をしてみたのですが、
何か業者さんのようなところを紹介されて、
そこから入ってくれといわれたんですけど、
移動販売の場所の仕組みというか、、
どんな風になっているのですか?

何かこちらのほうでは、移動販売がいっけん場所も含め
飽和状態のように見えるのですが、実際はどうなのか?
どう感じているのか知りたい。

今、行政と、移動販売を〇〇〇〇〇〇のように使えないかという
話をしているのですが、そういうのはどうか?ほかにもあるのか?

一応、本とか読むと、飛び込んでいって、お話してオッケーのところも
ありますよ。。と書いてあったんですけど。。

今、車もワーゲンだけはもうあって、つくるところから楽しんじゃえ。。みたいな
感じなんですけど、自分でつくっている人とかいるんですか?

ものによって、どの季節に強いとか弱いとかあって、
一年通してやるのが厳しいものもあると思うのですが
みなさんどうしているのですか?

恐い人来て、みかじめ料とかないんですか?

今、頭に残って浮かんだものをあげてみました。

何か、一つの答えがあるものもあるし、
やっている人の数だけ答えがあるものもある。

流れの中で、
経験者それぞれが、今移動販売を生きているなかで
感じていることをそのまま話していきます。

それぞれの現場にリアルがある。



アイドゥネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

アイドゥツイッターはコチラです

http://twitter.com/#!/hirayama_ido










| | コメント (0) | トラックバック (0)

みんなでつくった。。イベント運営とレスキュー部出店

今年のゴールデンウィークは、日々いろんなやり取りをしている中で、
やはり今年は違う動きをしているな。。と感じることが多かったです。

移動販売とひとくくりにして、
どこがいいとか売れるとか、、、何がいいとか売れるとか、、、

そんなことは言えないな、とあらためて思います。

そんな中、自分自身も参加した中で、とても楽しく嬉しくかった出店が
学生さんが主体になって運営しているフットサル大会でした。

チャリティーイベントでしたので、
腹ペコレスキュー部の活動を伝える中で、いろいろな提案をさせてもらったのですが、
毎回、コチラの提案を議題にあげてくれ、検討、取り入れてくれ、本当にありがたかったです。

「で?いくら売れたの??」
というようなイベントではありません。

3店舗で行ったのですが、
この3店舗が売り上げを競う、というイベントでは
ありません。

みんなで。。。みんなで、、というのは、3店舗だけでなく、
運営しているスタッフさんも含め、、、
みんなが良いと思えるように、誰にも負担を負わせないように、
売り上げを創った。。。

というイベントになりました。

カフェブースでは、腹ペコレスキュー部活動を
こんな手作り広報してくれ。。。
Foot1

開会式の様子。
観客が何千とか、何万の集客とか、、
そういうのじゃないのです。
Foot2

まあ、いろいろな事情があり、ざっくり言うと、
飲食できるところは、開会式をやっている前あたりのカフェブース
に限られており、

自分たちは遠く離れ、ここで開会式を見ている辺で料理を創り、

スタッフの学生さんたちが、注文をとってくれ、
エレベーターで3階から地下1階まで行き、
さらにカフェブースまでせっせととどけてくれる。。
というスタイルでの出店でした。

契約どおりの時間でスタジアムのライトは容赦なく消され、、
閉会式は車のライトで。。
Foot3
なんかいい。。

おかげさまで、
売り上げ保障という形での負担をかけずにすみ、
適正な売り上げを持ち帰ることができ、

誰かが寄付をするとかではなく、
仕組みの中で腹ペコレスキュー部の部費に当てられる部分を
捻出することができました。

最後は、腹ペコ満たされ、、満腹満腹~~~。
Foot4

なにか、、つくってわたす。。以上のものを感じられる出店でした。

急な依頼にも関わらず快く依頼にこたえてくれた仲間たち、
イベント運営スタッフの皆さん。

ありがとう~~。

運営スタッフのYさんよりメルタマいただきました。
依頼から最後まで、そのつど丁寧に対応してくださり、
本当にありがとうございました。

移動販売独立支援ネット
代表 平山 晋 様

お世話になっております。
〇〇〇〇の〇〇です。
5月7日のキックオフフェスタでは大変お世話になりました。
改めまして感謝申し上げます。
ありがとうございました。

当日はご提供いただいた商品は大変好評で、不慣れな私たちでも保証させていただいた分を販売できたのは商品の力だと思います。

販売するスタッフがおいしいと思い、また食べたいと思える商品を販売できたことが幸せでした。

中でも平山さんのたこ焼きはスタッフの中で人気が高く、3種類制覇したと言うスタッフもいるほどでした。
時間が合わず、食べることができずに悔しがっていたスタッフもいました。
私自身も初めて味わうおいしいたこ焼きでした。

まほうのすうぷ屋さんのタコスドッグは参加者からの人気が高く、序盤から好調な売れ行きでした。
タイカレーは辛いものが好きな女性スタッフのほか、しっかりと食べたいという男性参加者からも人気でした。

たこまささんの焼きそばは男性スタッフの人気があり、参加者の方からもコンスタントに注文が入りました。
ぜひ、黒焼きそばも味わってみたいと思いました。

何より今回ご出店いただいた3店舗のみなさまに一日、笑顔でご協力いただけたことがうれしかったです。
Tシャツまで着ていただき、今大会に欠かせないスタッフの一員でありました。
本当にお世話になりました。

みなさまだからこそ、我々の運営もできたと思っております。
まほうのすうぷ屋さん、たこまささんにもよろしくお伝えください。
本当にありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。



アイドゥネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

アイドゥツイッターはコチラです

http://twitter.com/#!/hirayama_ido







| | コメント (0) | トラックバック (0)

腹ペコレスキュー部、腹ペコ体験教室inいわき

アイドゥ腹ペコレスキュー部活動。

腹ペコ体験教室やってきました。

移動販売とは…と、一言で言えないように、
今の避難所の状況は…とか、今、被災地では、…とか一言ではいえない。
地域地域で違うし、避難所避難所で違うし、一人一人ちがう。

いま、いわきでは。。。なんて言えない。

自分が関わっっている、ほんのほんのほんのほんの断片。。。

ご飯は配達してもらって、おかずは缶詰、という日々が続いている。



いわきには、自分の子供たちがいるため、震災後は、行ったりきたりを
繰り返しているのですが、



平山個人の活動を公開することには、ものすごい迷いがあった。
抵抗といったほうがいいかもしれませんが。。。





今回は初めて、共感してくれる人たちの協力により、
腹ペコレスキュー部としていくことができたので、
皆さんへの感謝を含め報告することにしました。



アイドゥとして続いていく仕組みを創るために、、、


誰にとっても、無理なく続いていく方法はなんだ??


といつも考えています。



誰かが大きな負担を感じている。
誰かが浅く深く傷ついている。。。ということを感じる中で続いてく、、
ということは、アイドゥとしては考えにくい。



まずは、自分の生活を守る中で、、、
誰もが続いていく方法。。。



簡単じゃないけど、、、できるかできないかわからないけど、、、、



やってみることはできるから。。。。
自分が動きながら考えよう。。。




さて~~。
今回は、訪ねるのは2回目の内郷コミュニティーセンター。
Harapeko1


焼き始めると同時に、ぽろっぽろっと集まっていただき、今の様子を話しながら、焼き上がりを待ってもらいました。
子供達の帰りが思ったよりも遅かったので、急遽、手伝ってくれた順子ちゃんに腹ペコこどもカードを作ってもらい、子供の分の数は確保することに。。。。

Harapeko4
4時過ぎに学校から帰ってくると、すぐに金咲号はとり囲まれ、腹ペコレスキュー部、腹ペコ体験教室のはじまりはじまり~。

Harapeko6_2
今回は、金咲号で行ったので、タコ焼き体験です。
オレもオレも。。で。。。乗りきんねー。
せま苦しいせま苦しい。。
でもそれが楽しい。。。
Harapeko3
やっぱ、男の子からなんだね。
おねえちゃん組は次の焼きに。。

Harapeko2_2
焼いて、騒いで、笑って、食べて、。。
とても楽しい時間になりました。

Harapeko7


なんか、楽しいことをしていきたいな~。
みんなで楽しい時間を持ちたいな~。と思う。

自分たちも楽しいから行く。
それだけ。。

アイドゥが普段イベント出店に向かうスタンスと変わらない。


今回は、移動販売リアル体験ゼミに協力してくれた仲間たち、そして参加してくれた人たち。
先日、tnc中小企業支援センターの出版記念で協力をいただいた皆さんの支援、協力により、行ってくることができました。
体は平山が行きましたが、みなさんの協力があって、おかげさまで行ってこられたものです。
深く感謝、感謝です。

これもまた、アイドゥのほかの活動と同じく、1人で続くものではありません。
続いていく。。。ということが大切。
そして問われていると思います。


そのためにどうすればいいのか?
そのために何が大切なのか?
そのために何が必要なのか?


アイドゥフリースクールをとおして、分かち合っていきます。








アイドゥネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

アイドゥツイッターはコチラです

http://twitter.com/#!/hirayama_ido

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »