« I will. I can. I do. を探す体験ゼミに。。。 | トップページ | 仙台体験ゼミ~2  気仙沼から石巻へ »

体験ゼミin仙台~1 気仙沼の屋台くん

それぞれの

i will
i can
i do

を探しに。。。

移動販売リアル体験ゼミin仙台。開催してきました。

12日の現場を早めに切り上げ、洗い物だけは済まし新宿へ。
4列シートの夜行バスで仙台に向かいました。

翌朝、仙台駅に着くと、
やはり仕事上がりで、夜中の2時半に青森・八戸から来てくれた
小松さんに連絡。


小松さんは、いわき体験ゼミに、震災でお店を流されてしまった先輩阿久津さんと参加してくれました。

自身で販売車を製作し、
今夏市の許可をもらって、気仙沼の仮説住宅をまわる中華そば屋さん、
その名も「屋台くん」。。を開業~。

阿久津さんが回っているその現場に案内してくれるために
予定を変更して気仙沼に連れて行ってくれたのでした。

ほんとありがとう~。

案内してもらわなかったら、たずねるなんて無理だったね。


屋台くんの仕込み場は気仙沼の港にあります。
まだまだ復旧しない、信号のない交差点でおまわりさんが交通誘導を
している。

仕込み場に着くと、今日はもう出た後でした。
ドアに張り紙がしてあり、
今日の出店場所などを書いてはっておいてくれたのかな??
などと思い、車を降りて近づいてみるとこんな文字が。。。

Img_3937

もちろん鍵は開いたまま。
神戸県警から応援に来ているおまわりさんに。

ああ、きてよかったなー。。と。

その後、待ち合わせをし、今日の現場に案内してもらいました。

今日の現場に着くと、まず仮説住宅内を
チャルメラを鳴かせて一回り。

昔ながらの夜鳴きそば、、のイメージだと、
ゆっくりゆっくり歩きながらチャルメラを吹く。。
お客さんが出てきたら、そこで止まって。。
というのを想像すると思いますが、

違います。

一度チャルメラを鳴かせながら、普通にぐるりと一周。
これは、
来ましたよ~。今から準備ですよ~。の合図です。

その後、販売車を停めてから、今日の準備。

そして、停まった後のBGMは、、
「寅さ~~ん」
テーマソングなんだそうです。

この日は忘れてきたのが残念~。

平日お昼の仮説住宅。
中華そばをつくりながら、
お年寄りと話しながら、配達したり、
ゆっくり時間が流れます。

Img_4782

「こないだ日曜日来なかったでしょう。息子が来てて、食べさせてから
帰そうと思ってたのに。。。」

復興作業の現場のおじさんたちには、もってきたテーブルを差し出し、
「お弁当ここで食べてくださいよ。いいから、いいから」

人との関係が生きている。。

すばらしい商いをしているな~と思いました。


屋台くんの中華そばは発砲容器じゃないです。

「やっぱ、ぜんぜん美味しさが違うでしょ」

そういえば、ちゃんとどんぶりお湯で暖めてたな~。

当初7~80ではじめたどんぶりが今は30くらいだそう。
割っちゃったのは2つくらい。

後は、始めた頃に、どんぶりもない人たちがいて、
そんなときに阿久津さんがあげちゃったみたいなんです。。
と小松さんが笑いながら話してくれました。

Img_2265

今、何十あるかわからないけれど、
気仙沼の仮設をこのような形で回っている移動販売は屋台くんだけです。

正直自分はもっとたくさんいるのかと想像していました。
あの頃のあの熱。。を考えると。。



高台の山の上に建てられた仮設住宅の隙間から海が見えました。

海を見るために道に出ました。
来るときは山側の仮設のほうを見ていて気づかなかったけど。。

Img_8383

ここでは車がないと買い物も行けない。

あの頃のあの熱はなんだったのか???

ちょっとそんなことを思いました。





アイドゥネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

アイドゥツイッターはコチラです

http://twitter.com/#!/hirayama_ido






|

« I will. I can. I do. を探す体験ゼミに。。。 | トップページ | 仙台体験ゼミ~2  気仙沼から石巻へ »

移動販売リアル体験ゼミ」カテゴリの記事

コメント

仙台体験ゼミ
前日に現場に入って、開業したての小松さんと同行し今の状況を肌で感じているから、分かるんですね。私も参加して平山さんからの生の話でテレビなどでは伝えていない本当の姿を感じる事ができました、テレビはドラマチックで派手な事しか取り上げない。
被災地で移動販売の開業を考えているHさん、開業し奮闘している小松さん、テレビにでも出たら一気に全国から、支援されるんでしょうね?でも、彼らはそんなの望んでいないですよね。
Hさんは、自分で働いて、自分のお金で買い物がしたいと思っている。
開業したての小松さんの隣りで、無料の支援の物資は配っ欲しくない、小松さんのラーメンの看板490円は、安いですよでは無く有料ですよと言うメッセージと聞きました、あたりまえの事なのだが、又小松はさんは、阪神淡路大震災では、復興に7〜8年はかかったと、今回の規模から考えると10年以上かかるだろう。刻々と変わる状況をキチンと見据えた支援が必要だと強く思った。
みんな何かのビジネスチャンスと考えている中、大馬鹿タレと言われながら こんな事やってるのは、平山さんにしかできないかも?とにかくご苦労様でした。

投稿: カサマタコ | 2011年10月16日 (日) 16時24分

体験ゼミに協力しようなんて移動販売は、みんなおバカでみんな単純さ。みんな大好きだよ。

投稿: アイドゥ平山 | 2011年10月17日 (月) 11時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 体験ゼミin仙台~1 気仙沼の屋台くん:

« I will. I can. I do. を探す体験ゼミに。。。 | トップページ | 仙台体験ゼミ~2  気仙沼から石巻へ »