« 交わされてる言葉が移動販売のスタイルを強化しているのかな? | トップページ | 移動販売から感じた感動をとどけたい »

移動販売、感覚のたこ焼き。蛸魂焼き(タッコンヤキ)

この3連休は蛸魂を焼いております。

ぬけるまで焼き上げたタッコン(左)と、まだぬけてないタッコン(右)。
昨日営業中に撮ってみました。


1326075660995.jpg


見た目そんなに変わらないのですが、
スティックの先から伝わってくる感覚は全然ちがいます。

ぬける。。というのは抜けると充てるのか、脱けると充てるのか、、、
感覚的なものなので、勝手にそういう言葉をあてているだけなのですが、

タッコンを焼いていて、
まるくなって、
中に火がとおって、
小麦粉がα化しきって、

そこで、火を調整してあげて、
ちょっと手をかけてあげていると、、、、

あるときふわっと。。

スティックの先端から伝わってくる感覚が変わる。

ぬけた。。感覚。

肌(皮)がガチガチにできすぎると、ぬけた感覚がわからないし、
逆にゆるゆるにできなすぎだと、ぬけた感覚がやってこない。

この時肌に瑞々しい艶がまわってると最高~。

正直食べて分かる違いかと言ったら、自分ではまったくわかりません(笑)

でもなんかこの指先から伝わってくる気持ちいい感覚を求めて焼く。

この感覚と肌の状態を合わせ続ける腕がまだまだ風祭金咲にはないです。
なんで肌によく艶が回る時とそうでない時があるのか?
なんで前回の焼きと今回の焼きで感覚が違うのか?
次の焼きでまた何か感覚が戻ったのは何でなのか?

わからない。。

でも理屈がわからないのはタッコンにとってそんなに大切なことでは
ありません。

あるものはあるがままに。。
わからぬものはわからぬままに。。。(笑)

それよりは、眼前のタッコンがどんな状態であれ対話して手をかけて、
スティックの先っぽからの伝わってくる感覚を研ぎ澄ますほうが
タッコン的には大切。

まあ、それがなかなかできていかないのですが。

風祭金咲。まだまだまだまだタッコン修行中~~~。

|

« 交わされてる言葉が移動販売のスタイルを強化しているのかな? | トップページ | 移動販売から感じた感動をとどけたい »

移動販売」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 移動販売、感覚のたこ焼き。蛸魂焼き(タッコンヤキ):

« 交わされてる言葉が移動販売のスタイルを強化しているのかな? | トップページ | 移動販売から感じた感動をとどけたい »