« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

移動販売リアル体験ゼミ。参加して印象的だったこと

移動販売リアル体験ゼミin横浜。

メルタマ2~。

京都から参加してくれたKさんの柔らかい京都弁が、
ゼミでも懇親会でも場の空気を和ませてくれました。

体験ゼミではとても大切なこと。

場が固まるといい分かち合いができない。

懇親会で今進んでいるところまでのプランを見せていただきましたが、
多分あの場にいたみんなが、
あ~、応援したいな~と思ったんじゃないかな~。


先日はリアル体験ゼミに参加させて頂きありがとうございました。
 
終了後の懇親会での皆様のお話も非常に楽しく参考になるようなことばかりでした。
 
移動販売の実情についてはご講義頂いた内容や、当日飛び交った質問、それに対する
 
回答の中で余すところなく頭に入れることができました。
 
ただ印象的だったのは、実際に現場に立たれている方々が本当に活々と、自分の仕事
 
や生き方に対して誇りを持たれていることがビシバシと伝わってきたことです。
 
体験ゼミは自分にとって本当に良い刺激になりました。
 
開業目指して、また良い生き方が出来るように頑張っていきたいと思います。
 
お世話になった平山様、加藤様、村井様、また当日参加されていた皆様にも感謝してい
 
ます。ありがとうございました。
 
そして今後とも宜しくお願いします。
 
追伸:
 
あの後、・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

自分たちが今生きている移動販売をありのままに分かち合うことで、
自分たちのライフが伝わった。。。

ていうのが嬉しいですね~。


アイドゥネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

アイドゥツイッターはコチラです

http://twitter.com/#!/hirayama_ido





| | コメント (0) | トラックバック (0)

持ち寄る移動販売の「?」も分かち合いだよな~

体験ゼミにメルタマをいただきました。
協力してくれた仲間たちみんなに向けられたものです。

一人で続いてる活動じゃない。


Oさんはホントに移動販売のことをよく調べてきていて、
どんどんピンポイントの質問をしてくれました。

体験ゼミはこちらが話したい「正解」を教えてあげる場ではないので、

参加者の皆さんが持ち寄ってくれる「????????」もまた、
そこに集ったみんなにとっての分かち合いなんだと思う。



昨日は長い時間色々なお話やたくさんの質問にひとつひとつ丁寧に答えていただきまして
本当に有難うございました。
 
大変自分の考えの参考となりました。
 
今まで調べていた事や考えていたことが、経験者のみなさんの実際のお話を聞かせていただき、
考えていた通りであったり、又、実際の現場でならでわの事であったり、
自分の知りたかったことや驚きの発見など、多数ありました。
 
 
昨夜家に着いてから色々と考えることもあり、朝まで寝付くことができませんでした(笑)
 
しかし、やはり昨日のお話を聞いて、前向きに考え、
そして行動しようと思っています。
 
 
なにか自分の中での答えが出たように思います。
 
 
これも昨日のゼミのおかげであります。
ありがとうございました。
 
また何かありましたら何卒よろしくお願いいたします。

 

集ったみんなが持ち寄るものを持ち寄って、

それをその場で肉声を交わす中でテーブルにのせて、

分かち合えるものを分かち合ったからいい時間にななったんだと思う。

ありがと~。

アイドゥネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

アイドゥツイッターはコチラです

http://twitter.com/#!/hirayama_ido





| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売リアル体験ゼミに大切なこと

移動販売リアル体験ゼミin横浜終了~(^^)

第65回体験ゼミは、
九州弁と大阪弁と京都弁と東京弁みたいの、が活発に飛び交う時間になりました。

前日、タッコン現場から戻ると、静岡と京都の参加者さんからメールが。。

「・・・・・
待ちに待った日が明日となり、夢に対する期待と現実に対しての不安とを感じています。
明日という日が色々な意味で自分の身になる時間となればと思っております。
・・・・・」

「・・・・・
今日の夜行バスで横浜に伺おうと思います。

明日の体験ゼミが今から楽しみです。
お話をたくさん伺って自分の進む道のヒントに出来ればいいなと思っています。
・・・・・」

夜中でしたが、協力してくれる仲間たちにも送って、、、

体験ゼミに大切なことは、まずはこの気持ちを受け止めること。

みんなどんなことを知りたいんだろう?

と同時に、

みんなどんな気持ちで参加するのだろう?

を受け止めることだと思います。


これもコトタマかな~と思う。
コトタマを受け止める感度が高い仲間たちが、
こんな気持ちを受け止めることで、体験ゼミが続いてきたのかもしれない。

みんな応援したい人ばかりだったな~。

ありがとう~(^ ^)

アイドゥネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

アイドゥツイッターはコチラです

http://twitter.com/#!/hirayama_ido





| | コメント (2) | トラックバック (0)

レトロな商店街に移動販売がやってくる

昨年末に、移動販売体験ゼミら~、チマッキーから声をかけていただき出店した
情が息づくレトロな商店街、「浜マーケット」へ2度目のアイドゥ出店をして来ました。

いや、今回も楽しかった~。

なんか記憶の向こうに忘れかけている何かを思い出させてくるような
情に溢れた商店街さんですね~。

きりたんぽのたんぽ屋さんとは一緒に出店するのは始めてでした。

タンポ屋、愛称じゃんごさんのきりたんぽは、
いわゆるホンモノ。。。。というんでしょうか。?

秋田女のじゃんごさんが

秋田の農家さんから取り寄せている秋田こまちを釜で炊き、

炊きたてのご飯を突いて半殺しにして、

熱いうちに巻いていく。

正直じゃんごさんのを食べるまでは、
きりたんぽってそんなに美味しかった、、ていうイメージがなくて、

なんかパサパサもさもさしてるみたいな印象があって。。。

でも、ホンモノは全然違ったー。

きりたんぽって、、、、、、

ウマーーーーーーーーイ!

朝は味噌たんぽ、あとこの日はむちゃくちゃ寒かったんで、
きりたんぽ汁も用意して来てくれ、
これがまたあったまる~。ウマーーイ。

おかわり来てたな~。

1329703742079.jpg


あとはまた今回も商店街の皆さんから、
お腹も心も満たしてくれる

モノタマ~!モノタマ~!モノタマ~!
をたくさんいただきまして、、、、

浜ミートさんの、シュウマイ~
小島屋さんのから揚げ~
横浜ガチコロ選手権優勝三角コロッケ~

1329703744262.jpg


みんなで食べな~、と持って来てくれるそのどれもが
地元に愛され続けている味なんだな~、

ということが伝わってきて、出店しながら、
誰かの家にもてなされてるような。。。

今回蛸魂焼きのクルマを出してくれた、
タッコン横浜「春夏冬」のドラゴンが、

「ひらやまさん、2回目なのにだいぶ友達できたね~」と(笑)

ほんと一回しか行ってないのに、
前回と同じお客さんたちが来てくれて、
そのお客さんが紹介してくれた人たちが来てくれて、

ほぼ、、、そんな感じでした。

続いてきたものの中に息づくものもありますね。

新しいところ、大きなところへ向かうもよし、
喜ばれるところ、求められるところへ行くもよし。

移動販売だからできること。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売、評価される場と学べちゃう場

移動販売を開業する前からつながってる人たちがいて、

開業勧めるでも、やめさせる、でもないけれど、

開業しよう!。。。。と、開業する人たちがいる。

アイドゥの仲間になる人たちもいる。

なんか移動販売を学ぶ場を創りたいな~とずっと考えている。

マニュアル販売とか、そういうんじゃなくてね。
もっと、人と人がつながっていくきっかけになるようなもので、。。

ほとんどの人は、現場で揉まれることで勝手に学んでいく。
実際それが一番いいと思うんだけど、

イベント、、にしても、現場は

結果を出す場であって、
競合に勝ち抜く場であって、

そのことで、評価を受ける場。。。

であることがほとんどです。
ぜんぜんいいことで、そうあるべきだとも思う。

ただそこで、決定的なダメだし評価を受けてしまうと、
その後のつながり、つまり、、仕事に影響を受けてしまうことが
多々あるんじゃないかと感じています。

それが初出店の場だとか、開業間もないとか関係ない。

伸びしろを見てもらえるなんてことはないからね。

その時点の評価は、翌日からの依頼に直接影響する。

だから、この評価の部分にちょっと幅を持った「場」を創りたい。

これは、教えるとか、育てる、とかいう考えは必要ないと思っていて、
勝手に学んでいくし勝手に育っていく。
その環境や場創り。というイメージです。

学べちゃう。とか、育っちゃう、みたいな。。。

今でも、アイドゥ出店。。
の中にはそのような要素があるものが多いとおもうのですが、


それぞれがそれぞれの中から学べるものを学んで、

それぞれがそれぞれの中に伸びていくものを感じて、、、、


今日、この日の点の評価というよりは、
その部分にもうちょっと幅を持って、、

まあ、出店に限らないんですが、
そんなような
環境。。。
場。。。

アイドゥネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

アイドゥツイッターはコチラです

http://twitter.com/#!/hirayama_ido






| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売と塩むすび

この時期の週末、風祭金咲自身はこちらにいることが多いです。

府中郷土の森博物館。
先週やっと1本咲いてる~を見つけた冬至梅が、
お、咲き出したな~という感じで蕾を膨らませていました。

1329098694180.jpg


でも、全体はまだまだで、ほんと今年は花が遅くて、
例年は早咲き、中咲き、遅咲きと順々に咲いていくものが、
こういう年は、我慢してた花たちが一気に開花するそうです。

花はまだまだ、ゆったり営業のなか、

まほうのすうぷ屋が、現地で炊いた炊きたてご飯で、
本日出店のみんなに塩むすびをつくってくてました。

ここ、郷土の森で採れた梅干しでつくった梅かつおをのせて。。。。

1329098697865.jpg


これがなんというか、、、
感動的に、、、、
うーーーーーーーまーーーーーーーい!


最高に豊かで贅沢な食事だな~と。

何台かで一緒にアイドゥ出店する時は、
仲間の料理を食べるのがいつもすごく楽しみなのですが、
商品じゃない米だけ食べるとかないので、、

まあ、毎回ゆっくりご飯をみんなで食べてるような余裕があっても
困りものだけど、、

この、まかないメシ、アイドゥ出店の文化みたいになってったら楽しいね。

昼は難しいか。
朝がいい気がするな~。

みんなバタバタして出てきてご飯なんか食べてないでしょ。

現地に着いて、準備して、お客さんを待つ体制ができて、、、

のタイミングだね。

昼過ぎは昼過ぎでみんなの料理食べるから、ガッツリじゃなくて、
ほんと炊きたてご飯でつくった塩むすび一個とかがいい。

本日の作戦会議も兼ねる(^ ^)

もちろんお米は青森伝説の農家さん、ヤスのヤス米さ。

こういうのアイドゥっぽくない?


アイドゥネット公式サイトはコチラです

http://www.idou-hanbai.jp/

アイドゥツイッターはコチラです

http://twitter.com/#!/hirayama_ido






| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売車とお客さんとの視線の関係~

一昨日、開業前の方を含め、販売車を囲んでみんなで話をしている時、

この型だとお客さんと顔を合わせられないけど、
ここまで間口を切り上げた型なら、
立ったままお客さんと顔を合わせることができる。

というような話題になりまして、、、

これは移動販売車を語る時にはよくのぼる話題です。

今の書き方は、
だからお客さんとちゃんと目が合わせられる方がいいんじゃないか?
という視点で、、

あとは、お客様を上から見下ろすのはしつれいじゃないか?
というようなことをいう方もいます。

ただ、その時も、どうなんだろう?ということを話したのですが、

自分自身の現場、風祭金咲はその件に関してはちょっと違う考えをしておりまして、

金咲号もやはり立って焼いている時は、外からは胸くらいまでしか見えず、
お客さんと目を合わせるためには自分が屈まないといけません。

でも、なんと言うか、、
このことで商売上不都合を感じたりとか、
何かを不利に感じたりだとかしたことは一度もない。

あ、あと、お客さんに対して失礼だろう。と感じたことも。。。ないな~。

むしろ、自分のスタイルを考えると、金咲号は
立っている時にはお客さんと目が合わないタイプで良かったな~と思う。

ほんと良かったな~と感じるポイントけっこうあるんですが、

まあ簡単に言うと、

初めてのようなお客さんが、声をかけて欲しくない段階で声をかけなくていいし、
お得意様のようなお客さんが目を合わせたくない時に目を合わせないですむ。。

ということかと。。。

とくに自分にとっては後者の方が大きいのですが、
ほんと食べたい時に買って行ってくれればいいんで、

買う気がない時に思いがけず目があっちゃうと、
「ゴメンね~」みたいな感じになる時あるでしょ。

ぜんぜんいいのにね~。

今の型なら立って作業していればいいから。

視界全開で
常に注意を払って、
隙なく声をかける、、

というのは今の金咲が生きたい移動販売ライフじゃない。

注意を払って気づくことはもしかしたら必要かもしれない。
でも、気づいていたとしても、気づいていることに気づかれない、、
ということが大切な時もあるんじゃないかな~と。。

買わなくても声をかけたい時はお客さんからかけてきてくれる。

クルマを覗き込んで。。
それこそ見上げて。。

どうも~っと一声かけてくれたり、
一言二言言葉を交わしたり、
モノタマをおいていってくれたり、、

買うわけじゃないけど、クルマを覗き込んできてくれて、
普通に声を交わして帰っていくお客さんたち。。

いやいやいやいや、、
売らなくていいって言ってるんじゃなくて、、
こういうこと言うとまた、

あいつは売ることを悪いことだと思ってる。
とか、
あいつはお金をきたないものだと思ってる。
とか言われるんだけど、

そうじゃなくて、、

そういう関係をたくさんたくさんつないでいるお店は、
けっきょく売れている状態なんじゃないかな~。とおもうわけです。

売れちゃってる、、というか。。

そんなスタイルの商いには今の型は合っていると思う。

これも、だから目が合わない型がいいと言ってるんじゃないです。

ただ、どちらかというと、
お客様と視線が同じだから良い、
立ってもお客さんと顔を合わせられるから良い、、

という意見をよく聞くので、、

うーん、どうなんだろうね?
どちらもどっちの方が、、とか言えない。
よしわるしじゃないの?

と思う視点を書いてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売現場のない日は、、、、

自分が動きながら、人と人をつなぎながら一日が流れていく。
ということが多いです。

昨日は鶴ヶ峰発進。

アイドゥの仲間が、商売上ちょっと、、というか、ちょっと抜き差しならない
アクシデント、トラブルにあってしまい、

移動販売をもうやめてしまっているけど、ずっと関係は続いている
人生の大先輩にに協力を求めに。。

イヤ、元気だったな~。
移動販売をやっていた時より確実にイキイキしてた(笑)

これもライフだよね。

自分より20も上だけど、まわりを元気にしてくれる
エネルギーをはなっていました。

ギラギラしてないでなんかほのぼのエネルギーだったな~

自分がやるのは、事情を話してつなぐだけ。

「いいよいいよ~」で解決しました。

良かった~。

その後は上野で待ち合わせ。

遠い遠い地方から移動販売を始めるために
こちらに出て来ている方を、やはり人とつなぐために。。

自分との話は宇都宮線で現地に向かう中で、、
それでもたっぷり2時間ありますからね。

現地ではやはり事情を話してつなぐだけ。。

質問内容から、真剣さが伝わってくる。

これから始める人たちがどんなことを必要としているのか?
アイドゥがしていったらいいことって何だろう??

を考えさせられます。

そして昨日は、東京へ戻って来て、新宿で移動販売の人たちとの
会合がありました。

これまで業界の流れを創ってきた人たちと、
これからも進めようとする人たちと、

何かを語る場じゃなくて、何かを創って進めていく場で
ちゃんとテーブルにのせたものを、ちゃんと肉声を交わしてやり合う、、

というのはとてもいいことだな、と思いました。

もともと何がしたかったのか?
どんなものを目指していくのか?

背景にあるものがわかって、

自分にできること何かな~と考えていました。

午前様。、終バスセーーーーーーーーーーーーフ。


移動販売開業前の人も移動販売をやめた人も、、
新人もベテランも、、
大きいもの小さいも、、

関係ないな~。

やっぱみんなにじり寄るほどに好きになる。

で、協力できること何だろう~ってなる。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

梅祭り移動販売相談会の巻

体験ゼミもまだ先で、なかなか時間も取れないので、梅祭りの現場で移動販売相談会。

忙しかったらそんな話できないよ。。。
ということなのですが、

思がけず、ゆっくり話が。。。(笑)

うちに来る前にも話を聞いたところはあったようで、

ぼろ儲けでウハウハ。そのためには、、、
ということをレクチャーされていたのですが、

すべてに違う印象を持ったかもしれません。

もちろんヤバイヤバイを話すわけでもありません。

いつもの質問が出ていました。
「楽しいですか?」

そしていつもの答え。
「楽しいですよ」

質問と、あとは雑談だよね。

それはいつものアイドゥ出店の中で行き交っている言葉たちです。

その現場で交わされている言葉たちの中に、
もしかするとアイドゥはちょっとだけ特徴があるかもしれません。

自分が焼いている間も、仲間たちが分かち合ってくれて、
その会話を聞いていて思いました。

それぞれの移動販売がどんなことを大切に移動販売ライフを生きているのか??????

この仲間たちが分かち合ってくれる言葉たちを聞くのが好きです。

アイドゥが大切にしていかなければならないものを教えてくれる。

相談に来ていた銀ちゃんもそれが伝わる人だったな~。

何で移動販売か?移動販売をとおして何をしていきたいのか?

もステキな志でしたよ。

今の段階で、ぼくらからそれが難しい理由を並べる必要はない。

というか、ほんとうにわからないんだよな~。
難しそう、、というのは、
もし、自分だったらできそうにない。

ということでしかないと思う。

その人の能力やつながりはそれぞれだから。

今までも、話を聞いた段階で、
自分の中の移動販売常識に当てはめて、これちょっと無理なんじゃないか?
と思った人が何人も立ち上がっってるからね~。

自分にはできないことをできる人に囲まれているわけだから、、

そして、その自分の中の常識をぶっ壊してくれる感覚が大好きです。

そうとも言えないんだな、、の引き出しは増え続けちゃいます。

やった方がいいとかやめた方がいいとかは言えないけれど、、

やるなら。。。

応援しかないね。

より良い開業方法はあるから。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅祭りと移動販売

今年も府中郷土の森博物館、梅祭りの出店が始まりました。

イベント、、、といえばイベント。。。

ですが、

毎年この時期にやってくる通常出店と言えるかもしれませんね。

毎年、来てくれるお客さんとゆるい話をしながら、
通りすがる職員さんといつもの挨拶を交わしながら、
緑に包まれて、仕事なんだけど癒される。。

みたいな場所です。

今年はやはり花が遅くて、園内2千本の梅があるらしいのですが、
蕾もまだまだ固いって感じ。

でもそんな中、自分たちの出店場所のちょうど近くに、
一本、冬至梅が蕾を膨らませ、花を咲かせはじめていました。

1328487371350.jpg


出店2日目にはさらにもうちょっとだけ。。。。

1328487373678.jpg


あさ、開園前の誰もいない梅園を散歩すると、
週を追うごとに、梅園の色が変わってゆきます。

今はこんな感じですが、、、

1328487375422.jpg


今年は長く花を楽しめそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »