« 移動販売、生身の言葉から伝わること | トップページ | 移動販売、幅を伝えることと大切なものを見つめること »

蛸魂焼きinマリンフィールド

復興支援食イベント「まるグル」。

ロッテvs阪神戦。

2週連続でマリンフィールドにタッコン出店してきました。

まったく別のつながりからの出店ですが、

どちらもタッコンとして、「引けない部分」のわがままを受け入れていただきまして、

ほんとうに感謝です。

イベント出店に何を求めるかは人それぞれですが、

タッコンにとってイベント出店は、

普段の営業のなかでは、まずタッコンを知ることも食べることも

ないだろうという人たちに、タッコンを食べてもらえる機会であったり、

通常出店の中では、会うことのない仲間たちと実際に現場であって、

肉声を交わし合う場だったりします。

そして、タッコンが大切にしているものを

見失わぬように、

放棄せぬように、。。。。。

まるグル。。。

続く続く移動販売車~。

どこまでも並んでましたな~。

1340009799799.jpg

こういうイベントでは、どこどこ風にしてほしいと言われることも多いのですが、、、

たこ焼きなら大阪風とか。。。

富士宮焼きそば、厚木シロコロホルモンなど、、

名の知れたご当地グルメの並びで、なぜか

「武蔵野蛸魂焼き」での出店。

誰も知らないよね(笑)

どうしたほうが売れるとか、、、

タッコンにとってはそういう問題じゃないので、

この我を受け入れてくれた皆さんにほんとうに感謝しています。

ロッテvs阪神戦。。。

ポルポ行進曲と風祭金咲の融合で、ポルポタッコンとして出店しました。

本日の顔はポルポ行進曲で、風祭金咲は後ろで人知れず?サポートです。

イベントでタッコンが合体したり融合したりするのは、

実は、たくさん売るため。。。ではありません。

迷惑をかけずにタッコンを守るため。

という意味合いが強いです。

行列に「なってしまった場合」を想定に入れると、列が進んでいかないのは、お客さんにとって一番のストレスになります。

かといって、早くたくさん「捌く」ために大量に作り置きをすることは、タッコンは拒否します。

そこでこの合体や融合といったバージョンができあがりました。

一人は一人のキャパを超えてはならない。。

これもタッコンの緩やかな掟。かもしれません。

だから、「儲かる」わけではないのですが。。

ビジネスモデル視点からだけみたら、ぶっ壊れてる、やり方だと思う。

売れたときの収益は変わらず、売れなかったときのリスクは倍増する。

でもね、ライフモデル視点からみたら、

この出店スタイルが僕らにもたらしてくれるものは大きい。

ほんと大きい。

たこ焼きというアイテムの場合、

このような出店で一番きついのは、実はお客さんとの最前線に立つ役割になった人だったりするのですが、

両日、パーフェクトなサポートをしてくれた「sweets和甘」がブログを更新してくれていました。

http://blog.livedoor.jp/sweets_wakan/archives/4053168.html

ありがとう~。

そういえば、2年前に出店したときは、ポルポ行進曲も和甘も開業間もないころでした。

みんな成長してるな~。

そのときのブログを読み返してみました。

http://idouhanbai.cocolog-nifty.com/idouhanbaidokuritusien/2010/07/post-05d4.html

これ読むとなんか同じメンバーのつながりが続いているんだね。

|

« 移動販売、生身の言葉から伝わること | トップページ | 移動販売、幅を伝えることと大切なものを見つめること »

移動販売」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蛸魂焼きinマリンフィールド:

« 移動販売、生身の言葉から伝わること | トップページ | 移動販売、幅を伝えることと大切なものを見つめること »