« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

福岡に帰った仲間から届いた小包

今月の15日に最後のアイドゥをし、
移動販売車で下道を旅しながら福岡まで帰って行った移動販売体験ゼミらー銀ちゃんから小包が届きました。


1356835345190.jpg


中身は、ミキサーと本とお菓子と手紙。

「いつまでも健康でいてほしいのでミキサーにしました」というのがほんとうにうれしいです。

ゼミ〜現場見学〜そこからもし開業に向かったとしたら、、、つないだり、、つないだり、、、つないだり、、、〜開業〜大切なのはここから〜〜〜一緒に出店したり、出店をつないだり、、、という流れの中で、どこまでのサポートができるのか?というのは永遠の課題なのですが、

それと同時に、この流れの中で、どのような関係を築けるのか?というのがアイドゥにとってはとても大切なことだと感じています。

「借金地獄かホームレスになっていたかもしれないです」

そうならないために、まずは適正でありのままの移動販売を分かち合って、、、、

それからどっちに行ってもいいと思うんだ。

アイドゥは移動販売FCでも、移動販売車制作や販売業でもない。
つまりそこに自分たちが喰ってく収益源があるわけじゃない。

正直、開業をしてもしなくても、そういう意味では全く関係がない。

そのポジションを外さないことで、ありのままの分かち合いができているのだと思う。

だから仲間たちにはほんとうに感謝しています。

みんな現場の収益を持って、アイドゥに協力してくれてるんだ。


でも、そこから開業に向かったとしたら、、、ね。

この素晴らしい仲間たちとともに、つながっていく関係を築けていけば最高だと思う。

銀ちゃん、福岡に帰っても応援してるぜ〜!


アイドゥネット公式サイトはこちらです
http://www.idou-hanbai.jp/

アイドゥTwitterはこちらです
https://mobile.twitter.com/account

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売についてぼくらが伝えられること

移動販売会合を終え、夜中に帰宅すると、体験ゼミのメルタマをいただいていました。

ぼくらが直に会って、肉声を交わす中で役立ったものがあったならうれしいです。


適正な情報がなんなのか?

僕ら自身がハッキリした答えを持ってやっているわけではない。

おそらく毎回集ったみんなでそれらを探すのが体験ゼミなんだと思う。

今、自分たちが移動販売を生きる中で体験している、感じている移動販売のありのままを分かち合う中で、それぞれにとっての適正な情報を拾っていってくれればいいと思います。
良いよ良いよを煽ることもしない。
ヤバイヤバイを煽ることもしない。

良いこともあるし、ヤバイこともある。
楽しいこともあるし、苦しいこともある。

そして、それらはそれぞれが移動販売を生きていく中でどんなことを大切にしているかで違う。

それぞれのライフの中に移動販売のリアルがある。

正直判断するのは、肉声を交わしてからで遅くない。とおもいます。


平山 様


 先日は体験ゼミに参加させていただき、本当にありがとうございました。
 もし平山さんたちのお話を聞くことができていなかったら
 大変なことになっていたのではないかと、娘と話しながら帰宅いたしました。

 現在の心境は、もう一度真剣にさまざま角度から移動販売について
家族一同で考えたいと思っています。

 やはり、お三方やアイドウネットの皆さんそれぞれの確かな目標に
向かって進んでおられるのを拝聴し、何か私たちに足りないものが
あるように思えてきました。

 もし、移動販売を始めることになりましたら必ずご連絡させてください。
その節は、よろしくお願いいたします。

皆様の、益々のご活躍を祈念申し上げます。
本当にありがとうございました。

寒さも一段と厳しくなってまいります。
お体大切に、よいお年をお迎えください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

第81回移動販売リアル体験ゼミ

本年度最終、第81回移動販売リアル体験ゼミ開催しました。

今回は、父娘で、夫婦で、友人と、と、2人組の参加が多かったです。

このような申し込みを受けてなんとなく感じるのは、

移動販売の認知っていうは上がってるんだな〜、、、というか、
参入する精神的な垣根っていうのは確実に低くなってる、と思います。

社会の目。というかね。
年齢の幅と地域の広がりが拡大しているという実感。

今回もみんな移動販売を真剣に考えている人たちでした。

あんた何教えてくれんの〜?みたいな人がいなくて、
実際移動販売ってどうなんだろう、
実際移動販売ってどうしているんだろう、ってことをつどったみんなで分かち合いました。
それぞれ、今の段階、知りたいことが違うので、どの変の話に深く入っていくかは毎回変わりますが、話の流れの中で出てきた??????はその場でみんなで分かち合って行きます。

昨日も印象に残った話題が幾つかありますが、
茨城から来られていたIさんが手をあげて、

「一緒に出店している移動販売の人たちと、ライバルというか、競争でギスギスしたりしないんですか?、先ほどからみなさんの話を聞いていて、なんかそうなってないのが不思議に感じたんですが。。。」

という質問をしていたのは、なんかゼミらしい話題の一つだったかもしれませんね。

そういう現場もあれば、そうでない現場もある。
アイドゥの現場を中心に伝えていたのでたぶんこういう印象になったんだな〜と思って、
そうじゃない現場についても分かち合って幅を伝える。

どちらも移動販売のリアルなんだ。

一つの正解があるわけじゃないんだよね。

幅や広がりの中で、自分が移動販売をどう生きていくか?

ぼくらがやっているのも「そういうこと」だと思う。
だから「そういうこと」をありのまま分かち合う。
それぞれの中に「そういうこと」がある。

だから一人では続かない活動。

今回も協力してくれる仲間たちのおかげで幅のある分かち合いができました。

ありがとう。

このまま続けていくと、来年には100回になるのかなー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

移動販売、餅つき大会とクリスマスイベント

1355707737168.jpg

今回のアイドゥイベントは、柏での餅つき大会、戸田でのクリスマスイベントと2箇所での出店。

どちらも仲間たちが、美味しい料理を食べてもらおうと頑張ってくれました。
ありがとう。

金咲自身の体は、まずは柏に。

住民さんたちの餅つき大会イベントに参加です。

本日の顔は、「銀次郎」。

移動販売をするために、福岡からやってきた25才。

事情があり福岡に帰ることになったのですが、帰る前の最後の出店です。
もちろん福岡で移動販売を続けていきます。

その銀ちゃんを最後にいい形で送り出したい。
これが、当日一緒に出店していた仲間たちみんなの想いでした。

前日には、ゼミら〜で開業準備中のIさんからも、
「銀ちゃんが最後ということなので挨拶に行きたい」というメールをいただき、、、

こうやって、移動販売リアル体験ゼミに参加するってことが、

その時の知識を得る、みたいなことだけじゃなくて、その後の関わりや交流につながってるってうれしいですね〜。

ほんというとそこに価値があると思う。
この日は他3組のゼミら〜が見学に。

あいにく、営業開始した頃から雨が降ってきて、餅つき大会は
予定よりも早く終了したようでしたが、

銀ちゃんの列だけは最後まで途切れず。
ちょうど材料を使い切り終了〜。

「最後にこういう出店ができて本当に良かったです。これで自信を持って帰れます。」と。
「2回買いに来てくれたお客さんとか、、、みんな待ってくれてほんと嬉しかったです。平山さんにも見せてあげたかったです」と。

いや、見てましたよ〜。タッコンも追い詰められていたので、表に出る余裕はなかったのですが、焼きながら、ちらっっと見てました。

最後は主催者の方からも、「平山さんのお仲間は、毎回みなさん美味しい方たちばかりですね〜。あとみなさん、ほんとうに楽しそうにお仕事をされてて、それが私たちにも伝わってきますね〜。こないだ別のところと一緒にお仕事する機会があったんですけど、全然違ってビックリしました」、、

とうれしいコトタマをいただき、これはほんといつも協力してくれる仲間たちに感謝です。

最後のポーズももちろん今回は主役の銀ちゃんの案で。。
若いんだけどね〜。なぜか、

コマネチ!!!!!!!!

そして、餅つき大会終了後、まだみんなが談笑している中、早々さよならし、
戸田のクリスマスイベントに到着すると。。。。。。

ほかの2台はもう終了し片付けをしている中、

こちらの主役、まほうのすうぷ屋が、車内の灯りだけをともして、まだ並び続けるお客さんたちに笑顔で対応していました。

4日前から準備を始め、前日は徹夜をして作り続けた料理をたちです。

ビーフシチュー、キッシュ、ミネストローネ、クラムチャウダー、ガトーショコラ、ロールケーキ、レアチーズケーキ。。。。

移動販売をやっている人たちの中には、
ん?????ミネストローネ?クラムチャウダー??徹夜????

缶詰じゃねーの?

と思う人も多いかもしれないっす。

すべて手作りです。もちろんケーキも冷凍じゃない。

「手間をかけて数は作れず」。。なんだけれども、

最後挨拶に行った時にもらったコトタマたちが、

「あー、伝わってる」ってことを感じさせてくれました」

みんな、今回もありがとう。

明日は、本年度最終、移動販売リアル体験ゼミ。

どんな移動販売を分かち合うライブになるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腹ペコレスキュー部出動〜

あったかホーム狭山さんへのアイドゥ腹ペコレスキュー部出動〜3回目は、
sweets和甘が「甘味屋さんのふっくらたい焼き」で出動してくれました。


今回も、要望は、いつものお店をつくってやって欲しい。
ということだけ。

どこかで作ったものを持ってきたり、モノだけを作るんじゃなくて、
いつもやっているお店がそのまま来る。

そして、お店で作った作りたてをその場で食べる。

その体験をして欲しい、っていうのが担当のHさんの希望なんです。

「移動販売の機動力はなかなか来られない人たちの元へ。。。。」


アイドゥが切り拓いていきたい移動販売の可能性の一つです。

普段はほとんど食事食べないのよ〜という入居者さんがペロリと食べて、職員さんが驚いていたり、
「本当に美味しい〜。もったいないくらい。」とコトタマをもらったり、
喜ばれてたわ〜。和甘。


ありがとう。

1355355271967.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売がつないでくれた縁

1354492380063.jpg

腹ペコレスキュー部活動で、横浜の小学校に行ってきました。
ちびっ子に分かりやすく、蛸魂の旗は降ろし、たこ焼きのノボリで(^ ^)
去年までは、人生の大先輩でもある仲間が続けていた活動です。
移動販売は卒業したけど、「頼まれると断れない人」なんだなー、この人は(笑)。
久しぶりに2人で車に入って焼いたけど、チビサンバーに2人で入って焼きながらいろいろな話しをしました。
正直移動販売をしていた時より、今の方がずっと楽しそう。
で、
「平山さんは、楽しそうだよね〜。合ってるんだよね〜。そうかそうか〜。じゃあいいよね〜」と。。。
現場に来てから、割り箸を包丁で削って作ったスティックを使い、たこ焼きを焼いていると、次から次にクルマを覗き込んで挨拶をしていく人たちがいて、
その人たちがみんな笑顔でニコニコ話しているのを見ていて、手伝いにきて良かったなーと思いました。
最後はPTAやクラブの父母さんから、みんなで「ありがとうございました」の声をいただいていた時も、本気で「やめてよ、おれそういうのホントに大っ嫌いなんだよ」と。。
帰り道に、「また来年も来るようなのかな〜?」とつぶやいたので、
「これだけ熱狂的に喜ばれると来ないわけいかないんじゃないですか?」と答えました。
「おれさ〜、なんかわかんないんだけど、なんかこういうことは続けた方がいいと思うんだよ。う〜ん。なんかやっほうがいいと思うんだ。」
平山さん、また頼んでいいの?
還暦を過ぎてもまったく偉ぶったところがなくて、誰にでも柔らかく接し、まわりの人が自然に笑顔になっちゃう(^O^)
こんな風に歳をとっていけたら最高だなーと思いました(^ ^)
そして、その帰り道に、オールナイトのイベントに行った銀ちゃんから連絡が、、。
開業した銀ちゃんが始めて自分でとってきた現場で、来て欲しいと誘われた現場だったのですが。。
ほんと行きたかったんだけど、、、体は一つ。決定優先だからね。
で、なんとなく運転しながらおもってた。
ちょうど、二人とも20才自分と年齢差があるんだな〜と。
24才と64才。
どちらも移動販売をとおして出会えた、大切な仲間。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それぞれに移動販売で大切にしているものがある

第79回第80回、移動販売リアル体験連チャンゼミ開催してきました。
埼玉ゼミには、いつもの仲間に加え、大型イベントの中で生きてきたNさんが協力してくれ、
久しぶりに、「出店者との勝負、売り上げランキング、場所によって商品を変える」など、最近の体験ゼミではあまり飛び交うことが少ない言葉たちが飛び交うゼミになりました。
後日、話した時に、「平山さんと落としどこが違う話をしたんじゃないかと、、」と心配してくれたけど、、、、、心配無用です。
その幅をありのまま伝えるのが体験ゼミ。
それぞれ商いの中で大切にしているものが違うからね〜。
体験ゼミを重ねるほどに、
移動販売とは?とか、
もっと、、、移動販売で成功するには?。。。
みたいなね。そんなことは言えなくなるな〜。
その人がどんな状態を成功と思っているのか?
商いの中でどんなことを喜びと感じているのか?
当然ながらみんなちがう。
パターンというか、傾向値みたいなものはあるけれど。
翌日は、一度体験ゼミに参加してもらって、それから何度か現場にも見学に来てもらったゼミら〜たちとの体験ゼミプラスみたいな位置付けの回になりました。
移動販売を商う、もっというと生きる中で、
自分たちがどんなことを大切にしているのか?
をいつもの体験ゼミによりも突っ込むみたいになったかな〜?
今回も大学生の参加、、、というか見学があったのですが、
こんなメルタマをいただきました。
伝えたいことが伝わって良かったなーと思ったゼミタマです。



平山様
こんばんは。
本日はゼミに参加させていただき、ありがとうございました。移動販売について深い話が聞けて、とても興味深かったです!
移動販売をイメージでしか捉えられていなかったのですが、実際のところをちょっと垣間見れたかなと思います。
個人の大事にする部分によって、営業の成功の意味、仕事の満足感が違ってくることが、お話を聞いていてよくわかりました。
移動販売には、もちろんシビアな面も多くあり相当な覚悟が必要ですが、自分を表現するための手段としては大きな可能性があると感じました。
そしてそこで大事なのが、一つでいいから自分のコンセプト、譲れない部分をはっきりさせて、それを大切に守っていくことなのですね。
卒論のため以上に、自分のこれからの働き方を考える上でも、色々と参考になります。
卒論に徐々にまとめていって、また質問事項ができたら何らかの形でお聞きしてよろしいですか。
あと、ぜひ蛸魂焼きを食べてみたいので、出店情報をよろしくお願いします!
本日はどうもありがとうございました!



ぼくらが移動販売の世界を豊かに生きていくことが、誰かの未来にほんのちょっとの希望をみてもらうことにつながるならば、ほんとうれしいです。
今回も変わらず協力してくれた仲間たちにのおかげでこの活動が続いています。
ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »