« 移動販売の社会的役割、みんな勝手に切り拓いていったらいい | トップページ | 作りたいように作って喜んでもらえるって楽しいよ »

移動販売車にも主治医がいたらいいね

今日は午前中にもらった連絡のうち2件が、「クルマぶつけられました」といものでした。

2人とも本人にケガはないようで一安心ですが、
車は入院させるよう。

これから移動販売を始めようと考えているかたにはぜひ伝えておきたいことなんですが、

移動販売車は健康で動き続けてナンボ。です。

移動販売車にも主治医みたいな業者さんや人の存在はとても大切ですね。

なんでこんなことを思うのかっていうと、
今回はぶつけられた、という外傷ですが、
エンジンなどの内臓部分を含めて、

自分が直接面識のある移動販売の

「だいたいいつも誰かの車は故障してる」っていう現実があるから。

体験ゼミでも
「いつも誰かの車壊れてるんだよね」っていう話題が出ると、
仲間もウンウンうなづいているくらいそういうもの。

これは、まず健康状態のいい販売車で開業するってことはもちろん大切なんですが、
移動販売車が故障すること、はある程度想定内にしておかないとってことでもあると思うんだ。

ぼくの周りの移動販売仲間も、
壊れたらここに電話すれば早急に何とかしてくれる、
っていう業者さんや人がいる販売車は、なんか安心して商売ができるよね。

大切なことだと思います。


この問題は、販売車をどこでつくろうか?とか買おうか?とかという
ことを考える時にもとても大切なことなんですが、

クルマの内臓部分を含めた健康状態、、ここの部分を
ほんとうに考えていて、できれば主治医になってくれるような
ところがいいんじゃないかな。

ただ、主治医、、、ていうことでいうと、遠かったらダメなんで、
作ったり買ったりする段階では、そこに気を使っているところ、、、

ということになるのかな〜。

この辺の考え方がほんと業者さんによって全然違って、
ここはほんとクルマ健康までよく考えてるな〜と思うところと、
逆に、ここはやべーぞ、、っていうところも正直ある。

移動販売車っていうのは、何を基準にしていく選べばいいか難しいんだけど、

価格が高い安いだけじゃないんだよな〜ていうことは思いますね。

まあ、一言では伝えられない、、だけど、すっごい大切な部分なんで、
体験ゼミなんかに来て思う存分分かち合うのが一番いいと思うんですが(笑)


アイドゥネット公式サイトはこちら
http://www.idou-hanbai.jp/

アイドゥツイッターはこちら
https://mobile.twitter.com/account


|

« 移動販売の社会的役割、みんな勝手に切り拓いていったらいい | トップページ | 作りたいように作って喜んでもらえるって楽しいよ »

移動販売」カテゴリの記事

コメント

お世話になっています。ブログを読んで思わず書いてしまってます(^_^;)。平山さんに紹介していただいた埼玉のHさんに、車の製作を依頼して報告させていただきましたが、この記事を読んで「正解だった!」と思っています。 
Hさんの人柄やお仕事の仕方を拝見させていただいて、まさしく車のお医者さんな感じです。最初はコストを抑えたくて、あまり車にお金をかけたくなかったのですが、必要な出費であると!
まだまだスタートラインまで遠いですが、精進してまいります。今後ともよろしくお願いいたします

投稿: 津島(茨城・鹿嶋) | 2013年1月22日 (火) 00時25分

津島さん。ありがとうございます。そのように感じてくれたなら本当よかったです(。・w・。 )
体験ゼミでは開業を勧めることも、やめた方がいいと言うこともありませんが、もし、移動販売を始めるならば、その後のつながりを具体的にサポートできるのはほんと嬉しいです。Hさん、ちっちゃくてかわいい感じですよね〜。なんかずる賢いところが全然ないんですよね。移動販売車は人と共に生きて一緒に稼ぐための相棒だと思います。ネットをくまなく検索しているだけではわからないことが多い。僕らでも、実際に中の声を聞いて、「あ、あそこはそうなんだ」と知るくらいですから。車にもお医者さんがいるって心強いですね。

投稿: 風祭金咲 | 2013年1月22日 (火) 07時25分

車のかかりつけの修理屋さんがあれば心強いですよね。移動販売に車は必用不可欠な物として自分で出来る運行前点検でかなりトラブル回避は出来ると思います。バイクには運行前点検のゴロ合わせで「ネンオシャチエブクトウバシメ」と言うものがあり、

・ネン=燃料は十分に入っているか?
・オ=オイルは適量かつひどく汚れていないか?
・シャ=タイヤに異物やひび割れは無いか?空気は入っているか?
・チエ=チェーンは伸びていないか?
・ブ=ブレーキは効くか?かけた時異常音などないか?(車ならサイドブレーキの確認も)
・ク=クラッチはスムーズにつながるか、遊びは適量か?
・トウ=灯火類 ライト、ウインカー、ブレーキランプの確認
・バ=バッテリー液の確認(出来れば電圧確認も)
・シメ=緩んだネジ等はないか?

あと、クーラントの量や濃度は適切か?なんかも追加で行ったらいいんじゃないですかね。毎日は大変だけど月に1度くらいやればレッカー車のお世話にならずに済むと思うのですが・・・

車は大切なパートナー。だから車の声(異常)に少し耳をかたむけてやれば大きな代償を払う事も少なくなると考えます。

投稿: 千葉のゼミら~W | 2013年1月24日 (木) 20時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 移動販売車にも主治医がいたらいいね:

« 移動販売の社会的役割、みんな勝手に切り拓いていったらいい | トップページ | 作りたいように作って喜んでもらえるって楽しいよ »