« 移動販売との出会いはイスラエル | トップページ | 筆タマと記憶に残る専門店の思い出 »

買い取りをどう捉えるか?移動販売ライフ観がでるな〜

「平山さんは、いつものお客さんへの出店と、イベント出店と、買い取りみたいなものと、、
だいたいどれくらいのバランスがいいと思いますか?何対何対何くらいですかね〜?」という話になりました。

うーん、これは難しい〜。

それぞれの出店スタイルに良さがあるし、
思った通りに行くわけでもないし。。。

ただ、この3つの出店スタイルをどんな風に捉えているか?
どのようなスタンスで向き合っているか?は、

その人の商売観、もっというと人生観みたいなものにも影響されているものだと思う。

中には、
通常出店だけで成り立っている移動販売、
イベント出店だけで稼いでいる移動販売、
買い取り出店が商売の中心にある移動販売、

も、それぞれいるでしょ。

みんな商い観、というのかな?
移動販売を営む中で何を大切にしているか特徴が出るよね。

特に最後の買い取り出店みたいなスタイをどう捉え向き合っていくか?
は、個々の「移動販売ライフ観」によって全然違うな、と。

最近、他の人の書いた移動販売マニュアルや本などの情報を読んでみる機会が
増えたのですが、

その中で、この「買い取り」のような出店スタイルが、
「リスクがなくて収益が安定してとても良い」という側面「からだけ」
取り上げられているものばかりで、

え〜?そうか?そうとも言えない部分もあるけどな〜。と感じています。

実際アイドゥの仲間には、「買い取りはしない。したくない」という人もいる。

自分で依頼しておいて、なんなんだけど、
なんかそれわかる。

買取で行って、まったく期待もされておらず、
大量に余らせて、自分必要無かったんじゃないか?
っていうような時の虚しさ、やり切れなさ、っつったらないよ〜。

材料で持ってくものや、冷凍を温めるものなんかは、
200食の買い取りで20食しかでなければぼろ儲けじゃん!
て考える人もいるにはいる。

でもね〜、アイドゥの仲間はみんな手作りの心を込めてつくった
料理を届ける人たちだからね、、

金だけもらえればいいって訳じゃないんだよな〜。

あの手応えのなさ、というか、、、
ちょっと大げさにいうと、屈辱的な思いをして帰ってくる人もいるんじゃないかと思うよ。

普段、ちゃんとお金を出して買ってもらって、
喜んでもらってるお客さんで商売が成り立ってる移動販売はとくにね。

これはほんと商いの中でどんなことを大切にして、どんなところに喜びを
感じているのかという「移動販売ライフ観」に根ざした問題だ。

移動販売ビジネス、という視点からだけでは説明できない内なる想いの部分が
大きく影響してる。


もちろん買い取りのいい部分もたっくさんある。
すげ〜喜んでもらえるところもあるしね。

というより、そこで喜んでもらえるようにしていくのが自分たちの仕事だ。

開業当初、この決まった収入のおかげで乗り切れた。助かった〜。
って人もいるだろう。

いいとこは沢山ある。

でもちょっとね。
いろんなところで、いいことづくめの万能薬的な言い方や書き方をしている
ところがあまりに多いんで、、、、

そうかな〜?と、アイドゥ的に感じるところを書いてみました。

みんな自分では移動販売を生きてないか、
生きていても、普段売れてない人たちがかいてるのかな〜?(^^;;(^^;;


そして感じるのは、こんなことにもやっぱ幅があるんだよね〜。

次回体験ゼミも、こんなあんな良いことも悪いことも、
ありのままの幅を思いっきり分かち合おう〜。

アイドゥネット公式サイトはこちら
http://www.idou-hanbai.jp/

アイドゥツイッターはこちら
https://mobile.twitter.com/account

|

« 移動販売との出会いはイスラエル | トップページ | 筆タマと記憶に残る専門店の思い出 »

移動販売リアル体験ゼミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 買い取りをどう捉えるか?移動販売ライフ観がでるな〜:

« 移動販売との出会いはイスラエル | トップページ | 筆タマと記憶に残る専門店の思い出 »