« 移動販売と登録について、、、ゼミの断片 | トップページ | 関係をつないでいくイベント »

同じ移動販売で括らられるけれども

昨日は横浜発進でした。


開業準備で販売車を製作中のゼミら〜さんが、販売車ができるまでの間のクルマを借りるのにセキソンの仕事場に。。。

65才。相変わらず元気だわ〜。
この人生の大先輩は移動販売をやっていた時より今の方が全然活き活きしてる。

毎度連絡するたびに、
「平山さんまだやってんの?つまらないでしょ?」と言う(笑)
今回電話した時も、20時ごろまだ現場でタッコンを焼いていたぼくに、
「あ〜やだやだ。俺はもう風呂は入ってみんなでご飯食べてるよ」と。

向き不向きがあるってことなんだろうけど、

あ〜〜、あの時に今のようなつながりがあったらどうだったんだろうな〜。
という思いもちょっとあります。

たぶん、この人生のステキな先輩が仕事の中で大切にしているものは、今アイドゥがアイドゥらしくあるために失ってはならないと感じているものと、すごく似ている。

だから移動販売を辞めても「友達」なんだと思う。

考えてみると、アイドゥが例えばFC本部のように、開業の工程の中に儲けの仕組みを持っていたら、、、、

移動販売やってる時より今の仕事の方がずっと楽しくて儲かってる人と、
これから移動販売を始めようって人をつなごうなんて危なすぎる。

あらためてぼくらは、現場で生きる、そして「生きていた」仲間たちのコミュニティなんだな〜と。

実際には全然危なくないんだれどもね。
セキソンが話してくれたのは、今自分が楽しく生きている仕事の中で大切にしていること。
そして、「大丈夫」という言葉だった。

ゆくidoとくるidoをつないだ後は、、

昨日最終はよる9時からの打ち合わせでした。

こちらはいわゆるビックイベントの先っぽで生きる移動販売の先輩。

先週のイベントは120万の売り上げで、◯万しか残らなかった、みたいな話から始まった。

そっちの世界にはそっちの世界のありのままの今があって、構造的な歪も出てきてる。

じゃあ、どうしてくかってことなんだろうけども。。


この幅がね〜。

今日あった誰もが「移動販売」って括られる世界で生きている。
あるいは生きてきた。

でも、今日朝話してた移動販売の世界と夜に話した移動販売の世界を、同じジャンルで括っていいのかな?とも思う。

カブる現場もあったりして、「違う」とも言えないんだけれども。

その幅を自らの現場をもってどっぷり生きることはできない。

でも、どちらともつながることでざっくり捉えることはできるのかな〜と思う。

先っぽ先っぽに友達がいるのがありがたい。

それぞれが感じている「移動販売のありのままの今」は違う。


その違いが、分かち合いに幅や深さを与えてくれるんだと思う。。

アイドゥネット公式サイトはこちら
http://www.idou-hanbai.jp/

アイドゥツイッターはこちら
https://mobile.twitter.com/account

|

« 移動販売と登録について、、、ゼミの断片 | トップページ | 関係をつないでいくイベント »

移動販売」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同じ移動販売で括らられるけれども:

« 移動販売と登録について、、、ゼミの断片 | トップページ | 関係をつないでいくイベント »