« 続くイベントで支持されていく移動販売 | トップページ | 移動販売と出店先との交渉? »

活き場に出会い、活き場を育む移動販売

自店が活きる動き方や活きる場が明快な移動販売は強いな、、と思う。

売り上げが大きい小さいは関係なく。

でも、どんなに開業前綿密にコンセプトなどを練って開業しても、
始めから、自店の「活き場」で商える移動販売は稀じゃないかな。

この活き場は、獲得するするというよりは出会うというイメージを持っています。

今、活き場を持っている移動販売も、始めはいろんなところでやる中で、
フラフラして迷いながら、自店が「活きない場」を何度も経験する。

そんな中で、「あー、ここかも」っていう自店の

「活き場」

に出会ってきたんじゃないかな〜。

なんていうのかな〜?

これは、いわゆる店舗でいう「立地がいい」っていうのとはちょっと違った感覚をぼくは持っている。

ビジネス視点からみた、売るために良い立地悪い立地というだけではない、というか、
その概念にはおさまらない「活き場」っていう感覚が自分の中にあります。

もちろん売れない活き場はないんだけれど、
なんかそれだけじゃない、ほんと「自店が活きる場」っていう感覚。


その場には出会う。。。。


、、、、、と書いてみて、、、、、、

開業以来、一度出た出店場所をほとんど変えずにいる移動販売たちが思い浮かぶ。

自分の感じている「出会う」という感覚がやっぱ「そうとも言えない」ということを思い知らされる。

「活き場」に育てていく。「活き場」を育んでいく。

そんな移動販売がいる。

う、、この人たちすごいね。

活き場に出会い、活き場を育む。

そんな移動販売ライフって豊かだな〜、と思う。


アイドゥネット公式サイトはこちら
http://www.idou-hanbai.jp/

アイドゥツイッターはこちら
https://mobile.twitter.com/account

|

« 続くイベントで支持されていく移動販売 | トップページ | 移動販売と出店先との交渉? »

移動販売」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 活き場に出会い、活き場を育む移動販売:

« 続くイベントで支持されていく移動販売 | トップページ | 移動販売と出店先との交渉? »