« 体験ゼミ、遠方からの参加と適性規模 | トップページ | 移動販売はコケながらすすむ »

移動販売の需要を見る二つの視点

暴風雨の中、現場終わりで片付けるのにちょっと風雨が弱まってくれないかなと思って、金咲号の中で問い合わせメールの返信などをしていると携帯に電話が。。。

たしか昨年の5月か6月ごろの体験ゼミに参加し、その後現場見学もきて、来た時にはテンパってる仲間の手伝いもしてもらったゼミら〜Nさんからでした。

「けっきょく、移動販売ではなくて、◯◯◯の専門店でお店から始めようと準備を始めています」

とのことでした。

おー、いよいよ次のステップに入りましたね。

移動販売リアル体験ゼミは、移動販売の開業を勧めるような場ではない。

逆に不安を煽るような場でもない。

その後の自身の判断に役立ててくれたら、、、という思いで続けています。

どちらにしてもアイドゥのスタンスは応援しかないです。


そこで、、、、、と相談を受けたのが、

「そのお店で始める商品を、主に土日などを使って移動販売でも売ることができるのか?
というか、このアイテムは移動販売でもうれるのか?需要があるのかが分からなくて、
もちろんやり方や本人次第だんでしょうけど、平山さんに聞いてみたくて?」

というものでした。


スイーツ系のものだったのですが、正直、それを並べているだけでは移動販売では難しいだろうな、というのが素直な印象。

移動販売の「需要」っていうものを見るには2つの視点があって、

一つは店舗と同じ視点、、、「現場で売れるか?売れないか?」っということ。

そしてもう一つは、移動販売を呼ぶ側とか、依頼依頼する側から見られた時の
なんつーか、、

「引きが強いか?弱いか?」

っていう視点なんだよね。


Nさんの場合はお店をやっていながら土日で移動販売、ということを考えると、
移動販売では、まあ、イベント中心の出店スタイルになると想像されるんで

特に業者がひしめく首都圏近郊では、

引きが強い=依頼されやすい=出店機会を得やすい、に相当強く影響するはずです。

まんまだとちょっと引きがないな、、という感じがしました。

でも、引きが弱いから移動販売では難しい、、っていう話にはならなくて、

ナンヤカンヤ話していて、

そのスイーツを、そういうバリエーションの打ち出し方で、そこまでの拘りで、やるんだったら
これからの季節最強に引きの強いアレと組み合わせることで「お店自体の引きも断然強くなると思います」という話になっていきました。

もちろん魅せかた売りかたを含め、どこまでのレベルでその商品が完成されていくかによりますが。。

ただその時も、移動販売だったら、はじめから完璧完成でなくていい、っていうのもある。

もちろん商品の中身自体はちゃんとしてないといけないんだけど、
魅せ方や売り方、あと商品も作品としての完成度なんかは試行錯誤があっていい、、
というかしやすいのが移動販売のいいところですよね。

まずはやってみて、リアルにお客さんと向き合う中で感じたものを反映させていく中で一つの商品が完成していく、、っていうのはとても移動販売的だと思う。


アイドゥネット公式サイトはこちら
http://www.idou-hanbai.jp/

アイドゥツイッターはこちら
https://mobile.twitter.com/account

|

« 体験ゼミ、遠方からの参加と適性規模 | トップページ | 移動販売はコケながらすすむ »

移動販売」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 移動販売の需要を見る二つの視点:

« 体験ゼミ、遠方からの参加と適性規模 | トップページ | 移動販売はコケながらすすむ »