« 屋台?移動販売?自分たちを表現する言葉たち | トップページ | 移動販売の需要を見る二つの視点 »

体験ゼミ、遠方からの参加と適性規模

福岡の移動販売ニュース。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130402-00000010-minkei-l40

ちょっとした公園なんかに、自治体が移動販売を実験的にいれてみるっていう動きは全国的に広がってきている。という印象がありますね。

賑わいのあるところの食を満たすための移動販売なのか、
その場に賑わいを作り出したいための移動販売なのか、
二つのパターンがある気がしますが。。。。

来週の横浜体験ゼミちょっと人数が多すぎ、申し込みは締めていましたが、大分のかたから連絡をいただき、なかなか来れる機会はないと思ったので参加してもらうことに。

体験ゼミのために出てくる、、ということだと、いやいやそれなら今回じゃなくても別に機会つくるから、となるんですが、
その時期に東京に来ているのでできれば参加したい、ということだったので、。。


集った人たちみんなに十分時間が行き渡る適正な人数があって、
それは、協力してくれる仲間たちも感じていることだと思う。

懇親会も8人になると二つのグループに分かれるのでみんなで一つの話題を共有することはむつかしい。

移動販売リアル体験ゼミは、その本体の時間がゼミというよりは、

ゼミ本体〜懇親会〜現場見学まで、
もし望むならば、、ここまでセットみたいな感じなんだけど、

あんまり遠方の人は「その日」しかないから、
そんな時は、希望であれば本体前にもちょっと時間をとるようにしています。

雑談の中で、聞きたいことを聞けたり、打ち解けたりする時間。

スケジュールが許せば、そっから仲間も協力してくれる。

現場終わってからとか、
さらに次の日の仕込みをやりくりしてくれてとか、
遠方からとかだから、来れる時も来れない時もあるけど、

理由を話せば、「それじゃあ早めに、」って協力してくれようとしてもらえるのはほんとうにありがたい。


あとはその時間で、本体に入る前の場を温められたらいいんだろうけど。。


集うみんなにとって有意義な時間になりますように。


アイドゥネット公式サイトはこちら
http://www.idou-hanbai.jp/

アイドゥツイッターはこちら
https://mobile.twitter.com/account

|

« 屋台?移動販売?自分たちを表現する言葉たち | トップページ | 移動販売の需要を見る二つの視点 »

移動販売リアル体験ゼミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 体験ゼミ、遠方からの参加と適性規模:

« 屋台?移動販売?自分たちを表現する言葉たち | トップページ | 移動販売の需要を見る二つの視点 »