« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

移動販売を分かち合うその瞬間にすでに豊かさがあると思う

Image


到着しました。

本日は第87回移動販売リアル体験ゼミin仙台。

今回は、岩手の花巻から横浜開催のゼミに参加申し込みをいただき、
「それじゃあ、そっちの方でやろうよ」ということで久々の東北開催を決定しました。

移動販売を取り巻く状況は、首都圏と地方ではまったく違う、と感じています。

前回の東北開催に参加後開業した石巻のセルクルが、今回は経験者として移動販売を分かち合ってくれます。

いろんな想いがあって、いろんなものを乗り越えて開業した、この人も「ライフ」を感じさせる移動販売だよなー。

ビジネスがどうでもいいって言ってるんじゃなくてね。

ビジネスを包み込むライフ。


移動販売ライフ。

昨日、ちょっと移動販売の取材を受けたディレクターさんからは、

 これまでに話を聞かせて頂いていた方々とは少し異なる、
 移動販売というビジネスの「生きがい」の部分について、
 とても色々なことに気づくことが出来た時間でした。


という感想をいただきました。

でも、


だから移動販売始めよう〜!

じゃないし、それはやらないです。

アイドゥは。

それはどっちでもいいんだ。

ほんっとにすすめる気も止める気もない。

必ずしもビジネス的に何かにつなげた

成果

を喜ばなくてもいいと思うんだよな〜。

ダメ?

ぼくらにできるのは、今まさに生きている移動販売をありのままに感じるままに分かち合うこと。

その先につなげることが目的じゃない。

だって、分かち合うその瞬間にすでに豊かさがあると思うのです。

移動販売ライフだぜ。

ido〜


和甘は埼玉から販売車を持ち込んでくれるらしい。
ありがとう〜^ ^

アイドゥネット公式サイトはこちら
http://www.idou-hanbai.jp/

移動販売リアル体験ゼミ今後の予定は6月11日横浜会場です。

アイドゥツイッターはこちら
https://mobile.twitter.com/account

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事を受ける基準がイマイチわからない移動販売

出店の問い合わせをいただいていたところを順番に訪問するのに同行していたゼミら〜から、
帰りの電車の中で

「なんで獲りにいかないんですか?平山さんが仕事を受ける基準がイマイチ分からないんですけど」

と聞かれました。

たしかに雑談して帰ってきたところもあったし、
アイドゥでは受けませんが、、、、、、とつなぎましょうか?
というところもありました。


一応基準はあるつもりなのですが

アイドゥとして受けるかどうかは、
必ずしも売り上げで見ていないので分かり難かったのかもしれないですね。

もちろんまったく売れないというみたてでは受けようが無いのですが、

「移動販売にどんなことを求めているのか?」

とか

「チームでの出店ができそうか?」

みたいなとこは考える。

そして、その部分でお互いに引き合うものがあって、
いい関係での出店ができそうか?

ってことなんだと思う。


「移動販売の正解」

ではないよ。

むしろ、「そんなこと言ってっから拡んねえんだよ!」と言われるようなことかもしれない。

だから、体験ゼミなんかで移動販売を

「伝える」

時はもっといろんな視野からのいろんな考え方を伝えるようにしています。

一方アイドゥ自身はアイドゥが大切にしていきたいものを勝手に大切にしていく。

幅や拡がりを伝える中で、絞って生きる。

移動販売だもの。


ido〜


アイドゥネット公式サイトはこちら
http://www.idou-hanbai.jp/

移動販売リアル体験ゼミ今後の予定は、、、
5月31日仙台会場、6月11日横浜会場です。

アイドゥツイッターはこちら
https://mobile.twitter.com/account

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売と労働時間

先週は座椅スリープが続いたので、昨日は久々に横なって寝たきがする。

遠方の出店で、早朝出の夜更け帰りが続くと、帰ってから仕込みのある移動販売は、カラダはやっぱちょっとキツイことがあります。

現場で空いている時間はけっこうあることが多いんだけど、
固定の店舗と違うところは、その時間で翌日の準備なんかができない移動販売が多いんだよね。

出店している時間は他のことができない。

出店が終わって、現場で片付けて帰って、それを仕込み場所でまた片付けてから次の日の仕込みがある移動販売はそれにかかる。

必然的に労働時間っていうのはその分長くなる傾向にある。

ほとんど仕込みのない移動販売も多いんでなんとも言えない部分ではあるんですが。

ガッツリ仕込みに時間をかける人たちは

出店時間、、、、、というか、

出発してから帰宅するまでの時間が長ーい出店が続くとカラダはかなりキツイと思う。

人を使っていたらむちゃくちゃブラック(笑)なんだろうけど、

でもそれで文句を言ってる人にはほとんど会ったことがない。

むしろキツイけど、そんなことを嬉々として話す移動販売もたくさんいるよね。

まあ、これでほんとうに何にも手応えも成果もないと、どっと疲れてどうしようもないけど、
なにか手応え(売上だけじゃなくてね)を感じられた時は、
なんか達成感みたいなものがあって、なんか長く働くこと自体に不満はない。

どうだろう?

そうでもないのかな?


ido〜


アイドゥネット公式サイトはこちら
http://www.idou-hanbai.jp/

移動販売リアル体験ゼミ今後の予定は、、、
5月31日仙台会場、6月11日横浜会場です。

アイドゥツイッターはこちら
https://mobile.twitter.com/account


| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売は試して決めたら?

最近、出店相談のような問い合わせをよくもらいます。

移動販売からのものは前からですが、

移動販売を呼びたいとか活かしたい側からの相談問い合わせをもらうことは、ここ2年くらいでグンと増えた気がします。

出店の依頼、じゃなくて、出店場所についての相談。

そっち側から移動販売に「参入」しようとした時にも、
ちょっと始めてきた時に、あれ?うまくいかない?
ということは多いんだと思う。

移動販売の入り口に足を踏み入れて、ちょっと動いた時に、

「あれ?」と思って、

「ちょっと移動販売をやっている人とか業界のこと教えてくれません?」

とか、

足を踏み入れる前に、「条件面」の相談問い合わせも多いかな。。

条件面については、はじめから緻密に考えないで、
暫定的なものでまずやってみて

やってみて決めたら?

って思うことが多いです。

実際に出た数字や手応えが一番の判断材料。

それをやりやすいのが移動販売のいいとこ。

これはどっち側からみてもそうだと思う。

「お試し」とか「トライアル」って言葉は移動販売ととても相性がいい。

試せば?

試していい。

試せばわかるさ。


ido〜

アイドゥネット公式サイトはこちら
http://www.idou-hanbai.jp/

移動販売リアル体験ゼミ今後の予定は、、、
5月31日仙台会場、6月11日横浜会場です。

アイドゥツイッターはこちら
https://mobile.twitter.com/account


| | コメント (0) | トラックバック (0)

捌かない味がする移動販売たち

本日は移動販売リアル体験ゼミin横浜にも協力してくれたことのある「どんなもん」さんに声をかけてもらった神奈川県庁前でのイベントに出店してきました。

ゼミら〜も3店舗出店していましたが、今回はライスバーガーで開業した「オーロラカフェ」と初一緒出店をすることができました。

ライスバーガーって、なんかパサパサしてるイメージがあったのですが、全然違った!(◎_◎;)

もちろん美味しいんだけど、、、、

なんというか、、、、、、

「捌かない味」がする。

うまく言えないんだけど、いろんな現場で移動販売のみんなの


「商品」


を食べる中でこういう「感覚」を自分の中に受け止めることがあります。

売れる売れない、売るためにどうしたらいい、、、


とかいうのと違う視点、というか感覚なんですが。

キャリアとか売上額とかには関係なく感じる感覚。


そう言えば、今日出店していたゼミら〜みんな、その 「商品」 から 「捌かない味がする」 移動販売だった。

タッコンはどうか?と考えてみる。

捌く味がするだろうか?
捌かない味がするだろうか?

アイドゥネット公式サイトはこちら
http://www.idou-hanbai.jp/

移動販売リアル体験ゼミ今後の予定は、、、
5月31日仙台会場、6月11日横浜会場です。

アイドゥツイッターはこちら
https://mobile.twitter.com/account

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売、「意外にちゃんとしたもん出してんんじゃん」

2日間一緒に移動販売現場を生きたRさんが、初日に持ち帰ったお土産タッコンをご両親が食べて、

「こういうものをつくって出しているのか、と少し安心してくれたみたいです」

ということを、「そう言えば」、、、という感じで話してくれました。

こういうことにタッコンが役立てるのは嬉しい

たしかに心配になるご両親はいっぱいいると思うんだ。

娘が移動販売やりたいとか言いだしたら。

売れる、売れない、食べていける食べていけないとは別の部分で。

「意外にちゃんとしたもん出してんじゃん」


っていう反応に、実は自分自身はけっこうでくわします。

自分自身というよりは、アイドゥの仲間の移動販売についてのことが多いですが。。。

この人に行ってもらって良かったな〜
とか
この人がアイドゥの仲間で良かったな〜
と思う瞬間なのです。


嬉しくもあり、移動販売にどんなイメージをもっていたのかを受け止めて、
悲しくもある瞬間なのですが。

でも、そのイメージをつくっていくのは、
いま、まさに移動販売を生きている自分たちなんだと思う。

ido〜!!!!!!!!!!!!!


アイドゥネット公式サイトはこちら
http://www.idou-hanbai.jp/

移動販売リアル体験ゼミ今後の予定は、、、
5月31日仙台会場、6月11日横浜会場です。

アイドゥツイッターはこちら
https://mobile.twitter.com/account

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売それぞれのリアルを分かち合う中で、、、

昨日、今日と、移動販売現場リアル体験バイトにきていただいたRさんに、

一緒に出店していた仲間たちみんながみんな違う正解を話しているのが面白かった。


商品にしても、場所にしても、クルマにしても、
みんな自分の中にそれぞれのリアルがある。

だから、「こうした方がいい」の内容がみんな違うんだよね。

違っていい。

だから、
そのバランスをとるのも体験ゼミなんかの役割かもしれないな〜と思った。

一人一人の分かち合いや意見はとんがってて全然いいんだ。

その中で、バランスをとっていくのは自分の一つの役割だとおもう。

結果、移動販売について多角的なバランスのいい分かち合いができれば。。。

アイドゥネット公式サイトはこちら
http://www.idou-hanbai.jp/

移動販売リアル体験ゼミ今後の予定は、、、
5月31日仙台会場、6月11日横浜会場です。

アイドゥツイッターはこちら
https://mobile.twitter.com/account

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロッテ対阪神戦、一年ぶりの出店

本日は一年ぶりのこちらで出店してきました。

Image


昨年は、ポルポ行進曲と合体でした。
今年はタコキューと合体です。

ゼミら〜見学や体験は3名さま^ ^

現場だと、目の前で起きているリアルな現実を前に、どうしてこうなるの?
を分かち合ったり、一緒に考えたりできるのがいいですね。


アイドゥネット公式サイトはこちら
http://www.idou-hanbai.jp/

移動販売リアル体験ゼミ今後の予定は、、、
5月31日仙台会場、6月11日横浜会場です。

アイドゥツイッターはこちら
https://mobile.twitter.com/account

| | コメント (0) | トラックバック (0)

喰いつかない移動販売たちは快く引き受けてくれる移動販売たち

昨日の移動販売談義中、

「平山さんのとこはみんな喰いつかないんだよね〜」と。。。

いい意味で言われてるのか悪い意味で言われてるのか微妙なところなんですが、


この「喰いつく」って言い回しが、、(^^;;(^^;;(^^;;


移動販売を生きているとなんかわかる、この感じ。

まあ、たしかにガブっと行かない人がアイドゥには多いかもしれない。

で、その後、今後の出店依頼などで電話をしながら思ったんだけれど、

でもこの「ガブっと行かない人たちが」

リスクのほうが大きいような初出店場にも一緒に行ってくてれてるんだよな〜と。。。

やってみて、売れるって分かれば、
こちらも声はかけやすいし、
それこそガブって喰いつく人はいるんだろうけど、

「売れるかどうかわかんないよ」
「来すぎたらパンクするかもしれないし、来なかったら全く売り上げが立たないかもしれない」
「売れすぎる心配はないけど、全く売れない可能性はある」

って、伝えた上で、

「あ、いいよいいよ行くよ、あけときますねー」って言ってくれて、

さらに現場でそういう諸々の状況を、心身、というか心車ともに呑み込める仲間たちで初出店が成り立っているのかな〜と。。。

考えてみるとありがたいことだよね。

たぶん体験ゼミに協力しちゃう、みたいのと同じような感覚で毎回のようにリスクばかり大きい出店を引き受けてくれてる仲間もアイドゥには多いかも。

こういう仲間たちと一緒に出店するから現場が楽しいのかもしれないッスね。


アイドゥネット公式サイトはこちら
http://www.idou-hanbai.jp/

移動販売リアル体験ゼミ今後の予定は、、、
5月31日仙台会場、6月11日横浜会場です。

アイドゥツイッターはこちら
https://mobile.twitter.com/account


| | コメント (0) | トラックバック (0)

1年間試行錯誤してもいいんじゃないか?

商品のコンセプトと同時に、動き方のコンセプトを持つことが移動販売には大切だと思ってるんだけど、

開業して1年間は、いろいろなところへ出店してみて、いろいろなことを試してみて、売り上げの安定と同時に、コンセプトを固めて行く時期、と考えても良いと思う。

どんな場所が自店の商品と相性が良いのか?
はじめは行ってみないとわからない。逆に、行けばわかる。というのが移動販売的発想なんだね。

一度出店してみると、自店の商売のやり方や商品のコンセプトととても相性のいい場所とその逆に自店の商品のコンセプトとは全く合わないと感じられる場所があって、

それを繰り返す中で、

「自店が行かない場所を決めていく」


ことで動き方のコンセプトができてくる。

一方、商品やお店の外装なども、場所によっていろいろなことを試してみていい時期。

固定の店舗であれば、一度開業した後の数々の変更は時に迷走とうつってしまうことがあるけど、
常に新しい場所で出店できるチャンスに恵まれている移動販売は、思い切っていろいろなことを試しやすい環境にあるんじゃないかな〜。

はじめの1年間は試行錯誤しても良い時期、と捉え、いろいろなところに出店してみる。

いろいろな対策を積極的に打ってみる中で、自店のコンセプトが固まってくるのかもしれないですな。

アイドゥネット公式サイトはこちら
http://www.idou-hanbai.jp/

移動販売リアル体験ゼミ今後の予定は、、、
5月31日仙台会場、6月11日横浜会場です。

アイドゥツイッターはこちら
https://mobile.twitter.com/account

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体験ゼミがその先につながるか出会いのきっかけになれば、、

ゼミタマゼミタマ〜

平山さん、おつかれさまです。

今日もまた、貴重な時間を割いていただいてどうもありがとうございました。急な話でしたが、誘っていただいたおかげで今回もとても有意義な時間を過ごすことができました。焼き鳥2,3本食べただけなのに(とても美味しかったです)全くお腹も空かず、気がついたらもう夕方でビックリしました^^;。

まずはとにかくやってみようと思います。やってみて初めてわかること・感じることはたくさんあるだろうし、そこでまた聞いてみたいことやアドバイスいただきたいことなんかも出てくると思うので、その時はぜひまた宜しくお願いしますm(_ _)m。

とりあえず開業しましたら、報告がてらまた連絡させていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m
それではまた

今回、Aさんには前日突然の電話をしてお誘いしました。

一度で十分な時間をとっていると思うし、その後は現場などに来てくれればいいので、
一度参加した人にこちらから声を掛けることはほとんどないのですが、

時々、「くる?」と電話で聞いてみることがあります。

それは、そのゼミら〜さんの開業がすでに決まっていて、
その回に協力してくれる仲間とつながっといたら今後絶対いいなーと思う場合です。

ぶっちゃけいっちゃうと「出店場所」「出店機会」っていうことなんですが。

もちろん他にもつながる良さは計り知れないものがありますが、
やっぱ一番具体的には

「場所が入ってくる可能性」。かな。

今回は経験者5人の体験ゼミでしたが、ここでつながったAさんには、開業したらこの5人全員からなんらかの声がかかる可能性があります。

あ、ぼくは声を掛けますので、「可能性」としては4人か?

まあ、わかんないんだけど、ぼくにできるのはそこで実際に人をつなぐことかな?と。

インターネットをガチャガチャ検索しててわかる業者さんをことさら教える必要はないと思うんだけど、

せっかくゼミで対面して目を合わせて肉声を交わしたからこそできた関係の先のつながりをつくれたらなーと思う。

ゼミに手をあげて協力しに来ちゃうような仲間たちだからね。

「抱えこもう」とか「乗っかろう」みたいなところがない人たちなんだよね。

なんかあったら、普通に声を掛けると思うよ。


その先につながる出会いの始まりになれば。。。。。

アイドゥネット公式サイトはこちら
http://www.idou-hanbai.jp/

移動販売リアル体験ゼミ今後の予定は、、、
5月31日仙台会場、6月11日横浜会場です。

アイドゥツイッターはこちら
https://mobile.twitter.com/account

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売初出店、ゼミタマいただきました〜^ ^

今回ゼミの最遠方、兵庫から来てくれたHさんからゼミタマいただきました〜。

すごいんだよね〜。

ゼミに参加して、
次の日に現場見学して、
その晩に夜行バスで帰って、、、、、

そのまま出店(*_*)


今回はたくさんのことを教えていただきましてありがとうございました

感心することばかりでたいへん勉強になりました

今日戻ってきて少し遅刻気味に初出店してきました


いやぁ~~~

むつかしいです

と 言うか ほんの少しのお客様たちに大感激です


で 

ホットドッグと駄菓子を出すと言っていたのに

肝心な駄菓子を忘れていきました


あんなに 忘れ物に注意と教えていただいたのに・・・



毎回というわけにはいきませんが

年に何回かこれからも皆さんに会うためにも

ゼミに出席させていただけたらと思います^^

とても素敵な経験ができたと感謝しています

平山さんをはじめ

たくさんのことを教えてくれた大先輩たちに

ろくに挨拶もできずに帰ってきてしまいました

どうもありがとうございました

早速次に会える機会を楽しみにしています


移動販売リアル体験ゼミがなにかのお役にたてたのならうれしいです。
せっかくまた来るんだったら、
次にくる時は、どんなかたちかで一緒に出店したいですね〜。

アイデアはいくつかあるんだけど、、、タイミングがあえば。。

体験ゼミはつながりの始まり。

です。

アイドゥネット公式サイトはこちら
http://www.idou-hanbai.jp/
移動販売リアル体験ゼミ今後の予定は、、、
5月31日仙台会場、6月11日横浜会場です。

アイドゥツイッターはこちら
https://mobile.twitter.com/account

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売の人たちって「ちゃんとしてる」って言うらしい

本日も、午前中は都内で打ち合わせをしてから現場へ。

打ち合わせ、、、というよりは相談のようなものでしたが、
移動販売のことや移動販売業界のことをざっくりいろいろ話してから本題に入るようにしています。

今日の企業さんが話してくれた、移動販売との関係やトラブルなども、
ココの問題もあるんだけど、業界の構造上の問題、、というか、「そういう業界」
という部分もあるので、そこを話してから、

じゃあどうしていきましょうか?

にすすむようにしています。

面白かったのは、ぼくが、

「あ〜、あそこはちゃんとしてる」

と言ったら、◯◯さんが笑い出して、

「こないだ、◯◯さんも言ってました。この業界の人は、みなさん「ちゃんとしてる」って言葉使いますね〜」と。


あー、そういえばよく使ってるかもです。

「あの人はちゃんとしてる」

こういうと、そんなにみんな「ちゃんとしてないのか?」

と思われそうですが、そういうわけではないんだろうけど、
少なくとも、自分の周りには自分よりも「ちゃんとしてない人はいない」ですが、

でもなんか「ちゃんとしてる」って使いたい気持ちはわかる(^^;;

社会に対して「移動販売ってちゃんとしてないって思ってんでしょう〜」
みたいな意識がどっかにあるからかもしれないですね。

今日の夜、出店決定した移動販売たち報告する時もまた言っちゃいそうだ〜。

「みんな美味しくってちゃんとしてる人たちだから、、、」

ことさらそんなことを意識しない業界にぼくらがしていったらいいんだよね。


ido〜!


アイドゥネット公式サイトはこちら
http://www.idou-hanbai.jp/

アイドゥツイッターはこちら
https://mobile.twitter.com/account

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売の機動力はなかなか来られない人たちの元へ


Image

昨日は現場ダブルヘッダー。

第一回戦は、グループホーム「あったかホーム狭山」さんでタッコンを焼いてきました。
アラスキッチンカー協会が昨年より続けている活動です。


タッコン参上~~(^O^)は三回目、、、かな?(^^;;


移動販売のいいところは、お店がそのまま行けるってこと。

商品を届けるんじゃなくて、料理人が行くわけでもなくて、
いつものお店がいつものまま、なーんも変わらず行ける。

固定の店舗にはない移動販売ならではの良さだとおもう。

毎回一つだけお願いされるのも、

「いつものお店をそのままつくってやって欲しいんです」ということ。

「普段、みんなでお店に行くことはできないからさ」と。。。


移動販売の機動力はなかなか来られない人たちの元へ。

アイドゥが自ら切り拓いていきたい移動販売の可能性でもあります。

業界の大きな流れにのまれながらも、
その中を生き、その流れを受け止めて伝えていきながらも、

支流にも小さな船を漕ぎ出して、そこにある移動販売の可能性を切り拓いていきたいです。


ido〜!


アイドゥネット公式サイトはこちら
http://www.idou-hanbai.jp/

アイドゥツイッターはこちら
https://mobile.twitter.com/account


| | コメント (0) | トラックバック (0)

第86回移動販売リアル体験ゼミ

第86回移動販売リアル体験ゼミ終了〜〜〜〜〜です。

Image


今回も真剣な参加者のみなさんと、持てるものを惜しみなく分かち合ってくれる仲間たち。

すばらいい時間をありがとうございました。

第83回に続き、伍徳さんの全面的な協力の元に開催された体験ゼミ。

午前11時から、ここでまず、何となくいろんな話をしてうちとけながら販売車体験。
昨日はそこそこ暑かったからね。販売車内で火を使うとどれだけ暑いか?とかやってました。

そこから本体のリアル体験ゼミになだれ込み、3時過ぎまでぶっ通しで移動販売のありのままを感じるままに分かち合いました。

いつもはここで時間が押して、会場を追われるように出ることが多いのですが、
昨日は、時間を気にしなくていい伍徳川口ファクトリー。
本体が終了したあとは、みんなが対面分かち合い会になりました。

この時間はいいな〜と思いました。

みんなそれぞれつっこんだ話してたな〜。

その先、、、、、、、に進むのであれば、ここで具体的につながっちゃう。

みんな今の状況はさまざまの状態で体験ゼミに参加している。

移動販売ってどんなもんか知って、やるかやらないかの判断に役立てたいかた。
移動販売をやることはもう決めていて、そこに向けての情報がほしいかた。
販売車を製作中で、もうすぐ開業というかた。
体験ゼミ〜(今日は仲間の現場見学に行ってもらっています)〜夜行バスで帰って、その日に初出店というかた(・_・;
すげ〜!!

みんなにとって有意義な時間になっただろうか?


移動販売リアル体験ゼミはつながりの始まり。

今度はぼくらが今まさに生きている移動販売の現場で会おう!


あ、開業して、とかっていう意味じゃないです。
対面して肉声を交わして人が分かったんだから、あとは気楽に見にきたらいいし。


早々ゼミタマをいただきました^ ^

協力してくれたみんなに向けられたものとして受けとめます。

一人でできることでもないし、続く活動でもないのです。

おはようございます。
ゼミ参加者のーーです。

昨日の移動販売ゼミは大変勉強になりました。
聞きたかった事の以外のことも沢山吸収できました。

そして、移動販売ビジネスという堅苦しさだけじゃなく移動販売ライフなんだと感じ、それを楽しんでると感じました。
また、そういった思いを共有する「チーム」なのかなって思ったりもしました。
(勝手な想像なんですけど…笑)

ゼミで吸収したことを基に検討や計画を立てていきます。
本当に有難うございました。

遅くなりましたが昨日お話した絵を添付しました。
iPadの手書きAppで書いた絵です。

まだ色々と教えてほしいことがあると思いますので、その時はよろしくお願いします。

アイドゥネット公式サイトはこちら
http://www.idou-hanbai.jp/

アイドゥツイッターはこちら
https://mobile.twitter.com/account

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第86回体験ゼミもこんな仲間たちと移動販売を分かち合います

本日は第86回移動販売リアル体験ゼミin伍徳川口ファクトリーです。

毎回、告知時点で経験者の誰がくるのか?は告知していません。

自然発生的に手を挙げてくれる仲間たちがいて、
そんな仲間たちの志に支えられてこの体験ゼミが続いています。

ほんとありがたい。

今回は、会場の提供や販売車体験を含め、全面的に協力をしてくれる伍徳さんをはじめ、
ニュージーランド社さん、カフェdeソルさん、まほうのすうぷ屋さん、風祭金咲が、移動販売の今を生きている者として、ありのまま分かち合います。

風祭金咲自身がいろんなことを聞いて教えて欲しい、豊かに生きる移動販売ダーたちだね。
出店スタイルも主戦場も商いの規模もみんな違うけど、
違うからいい。

その幅をね、、、、分かち合えたらな〜と。


そして、その先に進む進まないはどっちでもいいんだけど、

もし、、、、、
進むのであれば、この集った仲間たちからその先のつながりが広がっている。

入り口がどこかで、その先のつながりの傾向っていうのがある。

参加者のみんなはほんとぜんぜんカタイ場所じゃないので、聞きたいことを聞きたいだけ聞いて行ってほしいです。

こちらが話したいことを伝える場ではなくて、みんなが知りたいことを分かち合う場。

協力したいって、わざわざ電話してきちゃうような人たちだからね。
別に金銭的な報酬があるわけじゃないのに、自分の生きる今を一日潰して分かち合おうなんて人が、、、

いなそうだけど、

でもいるんだよなー。。
自分の持てるものを惜しみなく分かち合ってくれる人たちが。

これは、キャリアの長さとか売り上げの大きさとか関係ない。

そんな仲間たちに移動販売リアル体験ゼミが支えられている。

風祭金咲の役割は、集った仲間たちの体験値を、どれだけ言葉にして引き出せるか?

仲間たちの中にある、どんな経験値や言葉を分かち合えるかは、
どんな問いを投げかけるかが大切だから。

参加者の人たちがどんなことを知りたいんだろうと、思いを巡らすこと。
どんなことを知っていってほしいんだろうを、自分に問うてみること。

集うみんなにとって有意義な時間になりますように。

アイドゥネット公式サイトはこちら
http://www.idou-hanbai.jp/

アイドゥツイッターはこちら
https://mobile.twitter.com/account

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売、積み重ねられるカードと変化順応力

昨日タッコン現場で、見かけると必ず寄ってくれるスナックのママとタッコン待ちの間話していまして、

移動販売っていうのは、ノウハウみたいなものがお店のようには積み重なっていきにくいんだな〜ということをあらためて感じていました。

もちろん現場現場で経験したことは、積み重なる部分もたくさんあるんだけど、

毎日同じ環境で自店を積み上げていく、、っていうのが難しいというか、、、

外部の環境が変わりすぎるので、今日経験したことが、明日のノウハウとして積み重なっていくか?

というと、そうでもないことも多いですね。


もちろん積み重なっていくところもたくさんあるわけだけど、

それは、自店の中でいつでも使える正解を積み重ねていっている、というよりは、

いろんな状況に合わせて「きれるカードの一枚」を増やしていっているような感覚がある。

1枚1枚はそこそこの強さだけれども、その枚数で勝負している移動販売もいれば、
ある状況下では絶対に負けないカードで勝負している移動販売もいる。

積み重ねたすべてのカードがすべての現場で活きるわけではないんだよね。

むしろ最大公約数的に使えるカードは限られていて、前回活きたカードを切って大負けしたりする。

この感覚を何度も味わっていることが、ぼくに、積み重ねていくことを難しさを感じさせているのかもしれない。

積み重ねる部分も大切なんだけど、現場現場の変化に対応、、というか、順応していくみたいなところが移動販売にはあるよね。


移動販売も固定の店舗も変わらないよ、、、とは、ぼくには言えないな〜。

重なる部分もあれば、重ならない部分もある。

アイドゥネット公式サイトはこちら
http://www.idou-hanbai.jp/

アイドゥツイッターはこちら
https://mobile.twitter.com/account


| | コメント (0) | トラックバック (0)

まほうの移動販売が魔法を使う日

Image


まほうのすうぷ屋が、先日、ニュージーランド社さんのケータリング現場に、たった一つ、持って行ったお弁当です。

食物アレルギーでみなと同じものが食べられない子のために誰か作ってもらえませんか?という呼びかけにすうぷ屋が手をあげたものです。

前日に別件で電話した時に、

「あれ明日なんですよ〜」

みたいな話になって、

「美味しいのつくれるかな〜?喜んでもらえるかな〜?」
と、どんなものにしようかいろいろ考えていることを話してた。

料理の全くできない自分から、料理のじょうずな人を見ていると、
この人なら簡単にできそうだ、と思っちゃうんだけど、、、

この人の中では、作ればいいってもんじゃないんだろうね、きっと。。

いつもは、

「料理は愛情だ」

と言っているすうぷ屋が、この日ばかりは、

「でも愛情だけじゃ美味しい料理は作れないんですよね〜」

とすごく不安そうだった。


そして、、、、


「明日だけはほんとうに魔法を使いたい気持ちです」


と。


前日は、どんな風にしようかとか、美味しくできなかったらどうしようとか、いろいろ考えてあんまり眠れなかったそうですよ。

なんというか、、、、、裏がないんだな〜。


まほうのすうぷ屋が考えて思っているのは、

自分の料理で喜んでもらいたい。喜んでもらえるかな?

それだけ。

それが伝わって受け止める瞬間の中にすでに豊かさがあるんだと思う。

それがなにかにつながったから喜んでるんじゃないんだな。

でもこういうなんかわかんないけどこういう気持ちみたいなものは、
料理をとおして、いつものお客さんたちにも伝わってるという気がしてしかながないのです。

だから売り上げにつながるとかそういう意味ではなくて。

伝わったり受け止めたり、、、その瞬間の中にすでに豊かさがあるんだと思う。

でも売り上げ「にも」つながっ「ちゃってる」、、、と思うけど。。。


この移動販売。ライフだね。

アイドゥネット公式サイトはこちら
http://www.idou-hanbai.jp/

アイドゥツイッターはこちら
https://mobile.twitter.com/account

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売、仲間たちに戻ってきたコトタマを受け止めて

本日はこちらの現場に行っていました。

いろいろ写真をとったり話を聞いたりしたかったのですが、
ちょっとそういう流れでななく、、、、、

Image

完売の列を止めたり、米麺をもどしたりしていました。

いつもは、タッコンで一緒に出店してしまうのであまり受け止められないことを今日はいっぱい受け止めることができた。

それは、仲間たちに戻ってくるコトタマたち。

買っていったお客さんたちが、食べるのはスタジアムないなんだけど、
食べた容器をまた捨てに戻ってくる。

その時に、ほんとみんなコトタマもらってたな〜。

正直対応としては、ちょっと不十分だったと思う。。

今日は、出店したみんなも、

「よし!思ったとおり」、、、、というよりは、
「来、来すぎた。や、やばいかも」とおもったはず。

でも、その戻りの声を受け止めていて、
ああ、やっぱこの人たちで良かったんだな〜って思った。


なんちゅうか、、

愚直で豊かな手づくり移動販売ダーたち。


アイドゥネット公式サイトはこちら
http://www.idou-hanbai.jp/

アイドゥツイッターはこちら
https://mobile.twitter.com/account

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売出店依頼、それぞれに大切にしているものが違うから

本日午前の部打ち合わせ終了〜です。

毎度のことですが、打ち合わせ、、、でもないんですが。。

これは開業する人たちへのスタンスともつながるのですが、

移動販売の出店依頼や問い合わせを受けた時にも、
まずは会って、移動販売ってどんなもんか?とか、業界がどんな構造になっているのか?
っていうことを対面して肉声を通して伝えるっていうことをすることが多いです。

それで、ほんとうに「うちでよかったら」依頼してくれたらいいと思うし、、、

あきらかに他のところに適性がある依頼もあるから。

そういう時は、どこかとかだれかとかつなげばいいし。

昨年くらいからかな〜?

「実は今までも移動販売にはきてもらっていたんだけど、うちに来てほしいのは、ちょっとああいう移動販売ではなかった、、」

みたいことでいろいろ探してたら、なんかアイドゥだけ他と感じが違うんじゃないかと思って連絡してみた。という問い合わせが増えてきました。

その先につながるかどうかは別にして、自分たちが大切にしているものが伝わってるのかなって思うと嬉しい。

じっさいには、アイドゥ「も」違う、ってことだろうけど。
みんなそれぞれのコミュニティにカラーがあるというか、大切にしているものが違って、
それは、中で交わされている言葉たちに顕著に現れる。

現場の雰囲気もみんなちがうよね。


移動販売リアル体験ゼミなんかでは、その幅を伝えられたらな〜と思う。
どれが正解じゃないんだな。

その中で、でもアイドゥはアイドゥが見つめる「大切」なことを大切にしていきたい。

そんなアイドゥに移動販売来て欲しい〜ってみなさまはどうぞ声をかけてくださいませ。

移動販売の機動力は喜んでもらえる人たちの元へ。。。。。


ido〜!

そういえば昨晩仲間と「最近なんかこういうのおおいよな〜」と話していたら、

「あの洗練されてない野暮ったいホームページが手作りっぽくてかえってなんか伝わっていいんじゃないですか?(笑)」と(-。-;


アイドゥネット公式サイトはこちら
http://www.idou-hanbai.jp/

アイドゥツイッターはこちら
https://mobile.twitter.com/account

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地方の仲間と移動販売の社会的地位と

昨日、地方の仲間と話していて、

「平山さ〜ん、なんで地方は移動販売の地位が低いんですかね〜」

という話になりました。


そうですね〜。
まだまだ、、、と感じています。

なんちゅうかな〜?
「移動販売なんてまともな仕事じゃない」
みたいなね、、、、

そういうものと闘いながら移動販売を生きている人たちがいます。

アイドゥが移動販売の開業をすすめるポジションや立場だったら、
今は、それと逆の例を出すこはたやすいんだろうけど、

どこかにつなげるための活動じゃないから。

ありのままの移動販売。
その実例を知れば知るほど、今回のような実例も知ることになる。

実際には、アイドゥや風祭金咲が直接関わる中で、このようなことを感じることはほとんどないです。
それは、移動販売を大好きな人たちや必要としてくれている人たちに囲まれているからだと思う。

でも一歩外へ、、、、というか十歩くらい外かもしれないけど、、でたところで、
移動販売に対する社会的偏見、、というかね、身分的低さと闘いながら生きている人たちがいる。

このアウェーには出て行くべきかな、と思う。

何ができるかってないんだけど、闘い方なんてわからないんだけど、

できることがあるとすれば、悔しさを受け止めること、共に感じること。

そしてそれぞれに移動販売を生き続けることで。。。

ido〜。

アイドゥネット公式サイトはこちら
http://www.idou-hanbai.jp/

アイドゥツイッターはこちら
https://mobile.twitter.com/account

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売リアル現場体験とタコモノタマ

今朝、郵便ポストを開けると、
土曜日のタッコン合体現場に移動販売リアル体験参加してくれていたゼミら〜Rさんからモノタマが届いていました。
Image

手づくり羊毛フエルトタッコン、、いや、タコ^ ^

ありがとう〜。

タッコン合体は、誰かサポートしてくれる人がいてこそ活きる出店スタイルなのです。

サポートしてくれる人がいないと、

1 ➕ 1 = 1.5

くらいのチカラ。

サポートしてくれる人がいて、

1 ➕ 1 = 2.5

くらいのチカラになります。

当日はほんとうに助かりました。

今度はタッコンに追われる現場ではなく、いろんな仲間の話がもう少し聞ける時に声をかけますね。

移動販売リアル体験ゼミはつながりのはじまり。

ido〜!

アイドゥネット公式サイトはこちら
http://www.idou-hanbai.jp/

アイドゥツイッターはこちら
https://mobile.twitter.com/account

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売、なにではじめるか?どうはじめるか?

ゴールデンウイーク後半戦は3名のゼミら〜が現場で見学や現場体験に来てくれました。

現場体験も兼ねたRさん、すばらしいタッコンの現場サポートありがとうございました。
おかげさまで番外チビのタッコンがなんとか迷惑をかけずにうまいこと回りました。

Hさん、Mさんは、今回は焼きに追われてちゃんと話ができずスイマセン。
去年の記憶がありすぎ、、、終わってみれば、あそこまで必死に焼き続けないでも良かった(-。-;
また違う現場に来てくださいませ。


体験ゼミにくる段階では、お互いがちょっとどんな人か?不安、、
に思ってるぶぶんがあると思うんだけど、
ゼミ前に電話でちょっと話し、ゼミで顔を合わせて肉声を交わし、現場に来てもらったりしているうちにちょっとづつ打ち解けていくんだと思う。

そんな中で、

開業を煽ることも不安を煽ることもアイドゥのスタンスではないのだけれど、

「この人は移動販売やってみたらいいのにな〜。」

と思うことはあります。

それを口に出すかどうかは別にして。


それは、

「これならすげ〜売れそうとか儲かりそうとか」そういう視点じゃなくてね。

何をやるにしても、その人がどんなやり方でどのレベルでやるのかは、正直始めたものを見てみないとわからない。

どんだけ売れるのか?、、、みたいなことは。

ぼくがやってみたら、、、と感じる時は、
そういう視点じゃなくて、

その人が移動販売にどんなことを求めているのか?

とか、

その人が今おかれている環境、背負っているもの、

とかを断片としてでもちょっと分かち合った時に、

「ああ〜、そういうことならやってみたらどうかな?」って思う。


その場合、

「なにではじめるか?」ももちろん大切なんだろうけど、

「どうはじめたらいいんだろう?」ってことに勝手に考えを巡らせていることが多い。

「どうはじめるか?」しだいで、なにではじめるか?の重さは変わってくる。


中で「移動販売を生きている」ぼくらからみると、

どうはじめるか?

を考えれたうえで、「やってみれば?」と思うことはあります。


口に出すかどうかは別にして。。。

アイドゥネット公式サイトはこちら
http://www.idou-hanbai.jp/

アイドゥツイッターはこちら
https://mobile.twitter.com/account


| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売子供フェスタ出店

今年のゴールデンウイーク後半戦、金咲の身体は、三鷹、町田、府中でフィニッシュでした。

みんなそれぞれの現場でがんばった。お疲れさまとありがとう〜^o^

昨日、こどもの日はこちらでアイドゥ出店。

Image

朝10時半頃から始まったか?

日差しや状況により角度を変えて、
続くよ続く、、、、、ハッピーnaクレープ、ハッピーターーーーーーーイム(^O^)/

Image_4


イベントは4時までだったけど、続くよ続く、、、、、、


5時までについたお客さんまでにしときましょうか、、ということで、

軽自動車の中で座ったまま、ほとんど車外に出ることもなく、5時半まで7時間焼き切って、、

いつも思うんだけど、最後までテンション変わらず、
笑顔の対応すごい!

ハピコちゃんエライ!

最後のお客さんを笑顔で送り、ぼくらが「お疲れさまでした〜」と行ったら、

「水も飲めないんで、声がやばかったです〜」と笑顔で言ってた。


ぼくらはふつうに終了していたんで、昨日のドラマティックタッパーには舌平目のソテーを初めていただきました。


Image_3


仲間とのアイドゥ出店の時には通称ドラマティックタッパーを持参することが多いです。

趣味、移動販売のぼくにとって一番のご馳走は仲間たちの料理だったりする。

そういえば、昨日じゃないけど、

ドラマティックタッパー持ってきたから、、と言う会話を聞いていたハピコさんから、

「えー?ドラマティックタッパーって何ですか?」と聞かれたので話したら、

「あ〜、あのいつも貰ってるやつね」って言ってたな。


そのとおり、、です(-。-;


でもほんと、自分が食べたい、、人が多いんだよね。


これは売り上げが大きい小さいと関係ない。

自分が食べたい移動販売をお客んにも食べて欲しいじゃないじゃいですか。

ido〜。


アイドゥネット公式サイトはこちら
http://www.idou-hanbai.jp/

アイドゥツイッターはこちら
https://mobile.twitter.com/account


| | コメント (0) | トラックバック (0)

横のつながりから声をかけられた移動販売出店の心得

昨日のタッコン合体は、ビリケンさんに声をかけられた現場でした。

ゼミら〜や個人でやっている仲間や友人など、横のつながりから声をかけてもらった現場に出る時に思うことは、

その人が主催者さんや担当者さんから、

「美味しい人たちを呼んでくれてありがとう」

と言ってもらえるようにがんばろう、ということ。

できれば出店するみんながそういう気持ちでまとまっていると最高。

アイドゥにとって「いい出店」とはそういう部分も入っての「いい出店」だと思う。

主催者に、この人を通して頼んで「アタリ」だったって思って欲しいんだよね。

現場で営業中は眼前のお客さんからの美味しかったの声が励みになり、

現場が終わったあとは、移動販売を呼んだところにどんな評価だったのか?

が気になる。

ここでもやっぱ、美味しかった、の声はぼくらにとって最高に嬉しい評価です。

励みになるというよりは、ホッとするというか。。。。

仲間の声かけで行っている現場では、
顔を潰さないで良かった、、、、と思う。

昨日の現場はどうだったんだろう?

それを理由に集めたわけではないんだろうけど、
結果的には、みんな移動販売体験ゼミら〜たちだった。

美味しいチームだった、、、との評価を受けられたかな?

アイドゥネット公式サイトはこちら
http://www.idou-hanbai.jp/

アイドゥツイッターはこちら
https://mobile.twitter.com/account

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タッコン合体のわけとそれを支えてくれていものにありがとう〜


久しぶりの


タッコンガッタイ〜♪───O(≧∇≦)O────♪

出店してきました。今回は風祭金咲、春夏冬バージョンです。


タッコンがガッタイするのは、たくさん売って儲けるためではないんです。

お客さんが集中すると予想される時に、

キャパがちっちゃいちっちゃいタッコンが、

作り置きをせずに焼きたてで食べて欲しいけど、でもお待たせもしたくない、、、、、
作りたて、こだわりを妥協せずに、対応力をあげたい、、、、

と思ったら今のところ、その予想される集中度にあわせてガッタイするのが一番いい方法なのです。

一人で焼けるキャパは変わらないので、それぞれの店舗の収益が上がるわけではない。

むしろ「目一杯焼く」という「状況以外はすべて」各店の収益は下がります。

移動販売のビジネスモデル、儲ける型、的には間違った出店スタイルなんだけど、

移動販売のライフモデル、生きる型、的には正解も不正解もない。


この出店スタイルを喜んで受けてくれる仲間たちに感謝です。

そしてこの出店スタイルを支えてくれいるのは、普段のお客さんたちだということもタッコンは忘れてはならない。

いつものお客さんたちが商いを支えてくれていることが、この出店スタイルを「楽しく生きる」ことを可能にしていると思う。


ありがとう〜^ ^

Image


アイドゥネット公式サイトはこちら
http://www.idou-hanbai.jp/

アイドゥツイッターはこちら
https://mobile.twitter.com/account

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売、それぞれの活き場を生きる者たち

今日一緒には出店していなかった仲間たちから届いた移動販売ライフメールたちです。

平山さーん! ◯◯◯のど田舎で、◯◯◯食完売です! 山の見える景色のスーパーで初出店でした! 今日はそれでも間に合わなくてかなりの数断ったくらいです。


いやいや素敵なイベントでしたよ。
アィドゥ地方組としては、こんなイベントがあるんだ~って事と、地方のちっちゃい活動をもっと知ってほしいですね。。
そしてお客さんもウドちゃんの事をちゃんと覚えていましたよ(^^)


お疲れさまです^ ^

今年からガパオやったら、タイカレーが、、、
なんとかギリギリガパオ欠品まぬがれました(^◇^;)

今夜はガパオたっぷり作ります。
ガパオは戻ってきました(^○^)
だからまた作り方教えてあげちゃいました♫

帰りにバジル探さないと。

ライフやね〜。

みんなそれぞれの活き場でそれぞれの移動販売ライフを生きている。

それぞれが大切にしているものを見つめながら。。。。

こんな毎日のなんともないやりとりが、アイドゥが失ってはならないものを教えてくれているような気がする。

アイドゥネット公式サイトはこちら
http://www.idou-hanbai.jp/

アイドゥツイッターはこちら
https://mobile.twitter.com/account

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何を揃えるかではなく誰を提案できるか?を大切にしたいけれど

夏から秋にかけてのイベントの打ち合わせに一緒に来ていた、開業間もない新人さんが、

一連のやりとりを聞いていて、

「自分もやっぱり今回先方から要望が出てたような、もっと分かりやすいものをやった方がいいんですかね〜?」

と、。。

んーっ、どうなんだろうね〜?

たしかに依頼は品目の要望や指定があることも多いし、
そのイベントのカラーによって、頼まれやすい品目、頼まれにくい品目っていうのがある。

そもそも、相手のアタマに思い浮かばないものは依頼が出てくるはずもない。

だから移動販売を始める時のノウハウみたいなものの中にはそういう項目も入ってくるかもしれない。

移動販売に向いているもの向いてないもの、、、みたいな。

出店場所の斡旋を生業にしているような業者さんは、依頼されたものになんでも応えられるのが能力だろうし。。。

ただ、アイドゥはそこを生業にしているわけではないので、

ぼくからすると、イベントで先方から希望が上がってくるようなことはないけれど、
普段のお客さんたちに喜ばれている美味しい料理を持っている人たちはありがたい。

クライアントの要望として上がってくるものだけでなく、実際にいった時に喜ばれる移動販売を提案するのがぼくの役割だと思ってる。

それはこちらの頭の中にしかない。

「でも、この人の料理をたべてほしいんだよな〜」

っていう、ぼくらが行ったから食べられた、、っていうもので喜んでもらえたら最高です。
まあ、品目としてそれは分かりやすい分かりにくい関係なくだけど。

カレー、クレープ、たこ焼きっつたって、みんな同じじゃないんだよね。

分かりやすいアイテムだって「誰」によってぜんぜん違うんだぜ〜。

何、、、を揃えるのではなく、


誰、、、、を提案できるか?

そこは大切にしていきたいんだけど。。。

ただ、その先に現場に行ってからの売りやすい売りにくい、、っていう問題もあるからな、、

売れないってことは食べないってことだから、、、食べた人に喜ばれることもないから、、、

んーっ?どうなんだろうね〜?

アイドゥネット公式サイトはこちら
http://www.idou-hanbai.jp/

アイドゥツイッターはこちら
https://mobile.twitter.com/account

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとしたことで移動販売に近づきやすくなるんだな〜

ゴールデンウイークは、いつものお客さんとの通常出店で生きている移動販売たちも、
場所によってはお客さんたちの層が変わったりするので、
同じ現場でも初めて顔を見るお客さんたちが増える時期でもあるようです。

そんな中、昨日今日と2人の仲間が、

外装をちょっと変えた、というか、見せ方をちょっと変えたら、

「始めてのお客さんがお店に近づきやすくなったみたいだ」

というような話をしていました。

「平山さん、おかしいよ〜。どう考えても今日は新規が多すぎだよ。昨日と変えたのはあそこだけなんだよね。でも、全然違うんだよ〜。やばいよ、もうなくなっちゃうよ〜。ほんとあらためて思い知らされた〜」

みたいな(笑)


後から写真を送ってもらったのですが、

ビフォーアフターみたいに見ると、

あー、たしかにな〜、という感じはするんですが、

どちらも、キャッチーで買いたいと思わせるように仕掛けた変化じゃなくて、

あー、こっちの方が全然お店に近づきやすいだろうな〜という。。。

そんな変化だった。

そんで2人とも言っていたのが、こっちの方がお客さんが話しかけてきてくれる。
で、自分たちも話しやすくなった、と。

こういうのは面白いな〜と思う。


売り込むために攻めた仕掛けじゃないんだけどね。

まあ、1日2日のことなんで、これから2人がどんなことを感じるのかまた聞いてみたいんだけど、
実際やっぱそうなんだ〜、、ってことだったら体験ゼミなんかでも分かち合いたいな〜。


アイドゥネット公式サイトはこちら
http://www.idou-hanbai.jp/

アイドゥツイッターはこちら
https://mobile.twitter.com/account

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »