« くる食、どうしてみんなで一店舗を創るのか? | トップページ | 移動販売リアル体験ゼミ、問い合う分かち合いをとおして »

キッチンカーズ、2つのリスクにどこまで備える?

日曜日は移動販売体験千葉ら〜の仲間たちを中心にチーム出店でした。


今年が初開催のイベントなので、どうなるのかは正直やってみないとわからない。


今回もみんな自信をもって「食べてみて」ってすすめられるキッチンカーズですが、

ぼくらにとって一つやっぱ怖いのは、

キャパを超えたお客さんたちが来て対応がいろんな意味で追いつかなくなること。


手作りの旗は絶対に降ろさない!


けど、

お客さんを待たせることがいいと思ってないし、
欠品を「完売!」と捉えることもしません。


逆に、アイドゥの仲間たちは自分の料理に愛情を持っている仲間たちが多くて
冷凍で使いまわせるような商品じゃないんで、ロスっていうのがほんとうにツライ。

持って行った「モノ」が残ってしまった以上の「ココロ」のロスがある。

残ってしまった料理に


「ごめんなさい、ごめんなさい」


と声をかけて破棄するような人たちだから。。。


ビジネスとしてどうやったら一番利益を残すことができるか?

っていう数字勘定だけをして、もっとも効率の良い数を割り出せばいいってもんでもないと思うんだ。


初めての場所で、

一気に押し寄せる可能性がある、ということと、

開催時間が長い、ということは、


この二つのリスクに対してどこまで備えた出店にするか?

チビら〜としては悩みどころです。


「全体として」

スピードと量の備えをどこまでするかは、

予想、、、というか、賭博みたいですね。

固定店舗のように日々の営業の延長の中で今日を予想する、、

っていうのは通常出店では同じなんだけれども、

イベントっていうジャンルに足を突っ込んでいる限りは、

その予想があてにならない中で生きているのがキッチンカーズ。


見ている限りでは、これはキャリアが長かったり、規模が大きかったりしても同じだね。


まあ、不安定なマイナス要因、ではあるんだけれども、

でも、この不安定な中で、いろんなことを想定して、予想したり考えたりするのが


楽しさ


だったりもする。

で、この部分を全く排除したキッチンカーズライフもまたありだよね〜。

そんなキッチンカーズライフもカッコいいと思う。

それがキッチンカーズなのさ〜。


ido〜

|

« くる食、どうしてみんなで一店舗を創るのか? | トップページ | 移動販売リアル体験ゼミ、問い合う分かち合いをとおして »

移動販売」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キッチンカーズ、2つのリスクにどこまで備える?:

« くる食、どうしてみんなで一店舗を創るのか? | トップページ | 移動販売リアル体験ゼミ、問い合う分かち合いをとおして »