« 移動販売キッチンカーズは飲食業か? | トップページ | 売れたかを気遣ってもらい、足りたかを気にかける »

現場で一緒にやってみてわかること感じること

昨日と今日は、自身は移動販売を卒業してしまっているけれども、
人としてずっとつながっているSさんが、移動販売現役の時に毎年行っていた夏祭りに出店です。


自分自身は焼き子に徹し、表から聞こえてくるSさんの会話を聞いているのがとても心地いい。

次から次へと訪れる昔からのつながりのある人たちとの近況報告の場のようになっていて、
地元に溶け込んだイベントって感じですね。

だいたいぼくらは

そこに今日だけ「のりこむ」

って感じの出店が多いんですが。。。

今回も、2台で焼かせてもらうことにしました。

ぼくらが何台もで行くのは、商売上は、より儲けるためではなくて、
少しでも迷惑をかけないため、、というか、

よりいい状態のものをスムーズに回転させるには、今のところこの方法が一番いいからです。

どちらかというと各店ごとの収益は削るかたちになる。


でも、自分たちにとってもとてもいい部分があって、

それは、「一緒にやる」ことから学べることがとても多い、ということ。

始めたばかりの人たちが、技術的な部分でつまづいていることはちょっとしたことが多くて、

電話で説明されてもよく分からないんだけど、
現場で見れば、ああ、こういうことか、、って思う。


対策もほんとちょっとしたこと。

それで解決するけど、これを一人で試行錯誤しながら解決していったら時間かかるだろうな〜と。


人のキッチンカーも、乗ってみて人の機材人の食材を使ってみると、

外から眺めていた時には見えなかったそれぞれのこだわりとか工夫っていうのが感じられる。


ほんとみんないろいろ考えてんな〜。


|

« 移動販売キッチンカーズは飲食業か? | トップページ | 売れたかを気遣ってもらい、足りたかを気にかける »

移動販売」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現場で一緒にやってみてわかること感じること:

« 移動販売キッチンカーズは飲食業か? | トップページ | 売れたかを気遣ってもらい、足りたかを気にかける »