« どれだけの「来たけどいなかった」をつくってたのか? | トップページ | 1年前の美味しかった感動に出会いにいくキッチンカーズ »

戻りにも瞬発力があるのは移動販売の可能性だよな〜

Image_2


昨日こちらでの現場が終わり、携帯を見ると、
福岡の「ぎんじろう」から何度も着信が。。。

!?(・_・;?ごとかと思い電話をすると、、、


「平山さ〜〜〜ん、聞いてください〜。
昨日と今日、◯◯でイベントだったんですけど、全開で焼いて一つも焦がしちゃったりしなかったんです。それで昨日買ったお客さんが今日たくさん戻ってきてくれて売り上げも今までで一番良かったです(^o^)」


、、みたいな報告だった(笑)

戻りの時にもらった「コトタマ」をいろいろ教えてくれて、、
たぶん並ばせることもなく、ちょうどいい流れの中での営業だったんだろうな〜^ ^


銀ちゃんよかったな〜と思うと同時に、
やっぱなんでも移動販売全体のことにつなげて考えちゃうんで、

移動販売キッチンカーズにとって、イベント出店ていうのはこういう良さもあるよな〜と。


通常出店を生きる中では、リピートしてくれるお客さんっていうのは、じわじわ戻ってきてだんだん知った顔が多くなってきて、それが積み重なっていって商いの安定にもつながるって感じでしょ。

固定の店舗と同じ感覚だと思う。

でも、「移動」、、、、という手段を持っているぼくらが生きる「イベント出店」っていうのは、

時にこの「戻りにもすごい瞬発力がある」よね〜。

一日とか二日の中で、

おー、今日はコトタマいっぱいもらったな〜、、二回買いに来てくれたお客さんが何組かいたな〜、、っていう「思いがけない報酬」を受ける事がある。


これはキッチンカーズの素晴らしい可能性だと思うな〜。


なにしろ戻って来てくれたお客さんからもらう「美味しかった」の声っていうのが、自分の商品(料理)に自信を持たせてくれる一番の源。

特に飲食の経験もない人たち(自分もそう)がこの仕事を始めて、開業間もない頃は、自分の商品がこれでいいんだか?なにが正解なんだか?よくわからないと思うんだよね〜。


これは作り込んで、、、というよりは食べ込まれて、戻りの声を蓄えていく中でだんだん「これでいいんだな」って思えてくる。

始めからバンバン売れて儲かってしょうがないって人はその数字を背景に自分の味に自信満々っていうケースもあるけど、そう〜はいないっしょ。


はじめはキビシイ人が多んだよ。

普段の線の出店の中でも美味しいの声はもらうんだけど、売り上げが伸びていかないとその心の報酬も蓄積されにくいんじゃないかと思う。

美味しいって言ってくれる人はいるんだけどなんか違うんじゃないか?これでいいのかな〜???みたいな感覚。


それがイベントという点の出店の中では、一気にその声、戻りを受け止める機会があって、そんな時はその心の報酬も蓄えとして自分の中に残る。
多くの場合は売り上げという報酬も一緒に。

この心の報酬の蓄えっていうのは、今後の励みになると思うな〜。


あー、こんなに喜んでもらえるんならこれでいいのかも、、と。


移動販売キッチンカーズならではの、行ってみて、やってみて受け止められる、
魂のボーナスみたいなもんですよね〜。


ido〜

|

« どれだけの「来たけどいなかった」をつくってたのか? | トップページ | 1年前の美味しかった感動に出会いにいくキッチンカーズ »

移動販売」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戻りにも瞬発力があるのは移動販売の可能性だよな〜:

« どれだけの「来たけどいなかった」をつくってたのか? | トップページ | 1年前の美味しかった感動に出会いにいくキッチンカーズ »