« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

現場で感じる、ありのまま感じるままからつなぐ

昨年の春にゼミに参加し、現場見学にも来たのですが、その後事情があり準備からは遠ざかっていたDさんから、また再開できる状況になったので、、、、という連絡をもらいました。

じゃあ、とりあえず現場で肉声を交わそう、、ってことで現場に来てもらいました。

そういえば前回は14〜15台が集まるガチガチの勝負の現場だったので、もしかすると今日はキッチンカーズについてだいぶ違う印象を持ったかもしれない。

人それぞれ置かれている状況や、持っている背景が違うんだから、軽々に「やる」方向で話したりできないんだけど、話してみると、

あー、それならやってみたら?

っていう人がいます。

Dさんにもそんな印象を持ったので、具体的に「つなぐ」というということをしました。

ネットで検索できる情報は見てもらえばいいんだけど、
「その中の強さ」と、「現実の業界内の評価」が必ずしも一致していない、、
というか、、別もんだよね。


現場のありのまま、感じるままを分かち合っていくのが自分たちの役割の一つかな〜と思う。

リアルは現場の中にある。


ido〜

アイドゥネット公式サイトは、、、

http://rwww.idou-hanbai.jp/             


次回移動販売リアル体験ゼミは12月17日です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キッチンカーズ、いいと思ったことはやったらいい

開業半年、、、くらいかな〜?
最近移動販売一本に絞ったゼミら〜Oさんが近況報告の連絡をくれました。

一本に絞ったってことはなんか手応えみたいものをつかんだのかもしれませんね。

でまあ、いろんな話をしたんですが、
そんなかに一つ相談というか、、、

商品についてのアドバイスにどう対応したらいいか?

品目は定番のアイテムなんだけど、ちょっとアレンジしてあって、普通のそれよりもフワッとしててカタチはブサイクって感じみたいなんですよね。

見たことないけど。

でも今はそこに辿り着いてる。

お客さんもついてるんでしょう。
一本に絞る手応えがあるんだから。

こんなことを何ヶ月か前も書いたかもしれないけど、
新しく始めた人たちからけっこう聞く内容です。


ぼくの考えはもう、、


やりたいようにやった方がいいんじゃない…


なんですが。

昨日と同じような感じですが、独立開業なんだから。。。

自分がいいと思うものをつくりたいようにつくって売りたいように売ったらいい。

結果は自分で引き受けるんだから。


自由にやったらいい。

まあその自由のために金銭的には豊かになるとも貧しくなることもあるけれど、

それもまた自由。

ライフ視点から見ればその自由の中にもすでに豊かさがあると思う。


その自由のためになにかネックになることがあるとすれば、、、


出店場所。。かな。。

場所をどこかに寄りすぎるとね。。。


アイドゥ自体が自由なのも、たぶん出店場所をどこにも寄ったことがないから、、、というのはあると思う。

いいと思えばどことも一緒にやる。
けどどこにも依存しない。


で、自分がいいと思うことはやりたいようにやる。


やったらいい。

ido〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

標準化とかじゃなく、、、、

Image

今朝挽きタッコン出汁〜^ ^

寒いのは苦手だけど、出汁はこれからの季節の夜明け前がいいのがとれてそうな気がする。

気のせいかもしれませんが。。


実はタッコン流、みんなこの天然だしは違います。

いいんでしょうか^^;

まあ、他の部分はだいたい大雑把に同じですが。

レシピをもってタッコンと言っているんじゃないです。

もっと感覚的なものを共有している感じです。


レシピを合わせても同じものにならないっていうのもあるんだけど、
標準化とかマニュアル化とか、、、

タッコンがそれをやっちゃあな〜、、、

レシピを落とし込んで、新しく始めた人たちがちゃんとその通りやってるか「チェックする」とか、


そんなこと俺がやるはずない、、というか、タッコンの誰もやるはずがないんだよね。

レシピなんか合わせたってどうせ勝手にアレンジするでしょ。

みんな自分のが一番美味いと思ってんだから(笑)

それでいいと思うんだ。

独立開業なんだから。

自分がいいと思うものを
つくりたいようにつくって
売りたいように売ったらいい。


だから独立したんでしょ。


独立開業を応援したいと思う。

コンセプトを共有しながら、、、というか、同じようなことを大切にしながら、、、

でも、標準化とかそういうんじゃないんだよな〜。


それがキッチンカーズだ〜!


ido〜

アイドゥネット公式サイトは、、、

http://rwww.idou-hanbai.jp/             


次回移動販売リアル体験ゼミは12月17日です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お客さんがつく限り最後の一人まで、、、

昨日の金咲はこちらのちびっ子イベントに。。
Image


他の現場を守ってくれている仲間たちがいて金咲の体が自由に動けることを忘れてはならないですね。

こちらの現場は、職員さんたちがテントで一緒に盛り上がる手作りイベント。
キッチンカーズはハピコ、タッコンのチビら〜2台出店してきました。

イベントは16時までですが、、、

日が落ちかけても、、、、

続くよ続く、、、、

ハッピータ〜〜〜〜〜〜〜〜イム!^ ^

Image_2


毎度のことながらこのキッチンカーズは、

時間がきたからハイおしまい!今並んでる人まで!

とかしないのがすごいですね。


もちろん主催者の意向によるんだけど、
お客さんがつくかぎり、最後の一人まで丁寧〜〜〜に対応する^ ^

他はすっかり片付け終わっておりますが、、、

最後の一組を全力焼きで対応中〜〜


Image_3

ido〜


アイドゥネット公式サイトは、、、

http://rwww.idou-hanbai.jp/             


次回移動販売リアル体験ゼミは12月17日です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売リアル体験ゼミ、今回あがった聞いておきたい質問

体験ゼミは、毎回集ったメンバーによって深く入っていく部分が違うので、

はじめに、「今日ここだけは聞いて帰りたい」という部分を参加者のみなさんに聞くようにしています。

これらを流れの中で組み込めるものは組み込み、流れの中で出てこなかったものは、後半に拾い上げます。


今回はじめにみなさんからあがった「これは聞いておきたい」はこんな感じでした。

開業までの流れ、、、何から手をつければいいのか?

商品開発はどうやっているのか?やる商材をどう選ぶのか?

出店場所をどうしているのか?

販売車のカスタマイズはどこまで自分でできるのか?

出店場所の営業はいつから始めればいいのか?
販売車を作ってるときからやった方がいいのか、販売車ができてからやった方がいいのか?

立ち上げ時のぶっちゃけの売り上げはどれくらいだったのか?

仕込み場所をどうしているのか?

仕入れはどこでしているのか?

とまあ、はじめはこんなものがあがって、、、


あとはゼミ中に流れの中での疑問点はどんどん聞いてもらったらいい。


ぼくらは自分たちが生きている移動販売キッチンカーズの今を、ありのまま感じるままを分かち合います。

ido〜

アイドゥネット公式サイトは、、、

http://rwww.idou-hanbai.jp/             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第97回移動販売リアル体験ゼミ

第97回移動販売リアル体験ゼミ終了〜しました。

いつものように予定時間をオーバーし、会場を借りている時間いっぱいいっぱいで怒られる寸前にバタバタ退場〜。

その後もロビーで1時間分かち合いが続きました。

みんな熱かった〜。

やってほしいな〜、、、って思う参加者さんたちでしたね〜。

経験者は、まほうのすうぷ屋、スタンデカフェが惜しみない分かち合いをしてくれました。

ありがとう〜。


ゼミでは思いっきり移動販売キッチンカーズを分かち合うけど、ここはつながりの始まりのような場。

今度は生きている現場で肉声を交わそう〜^ ^

mmコンビさんはもう来てますが、今度はチーム出店の時も来てくださいね。


やるやらないをどうこう誘導する場ではないけど、
もし次に進むのであれば、つなぐだけはしますからね。

現場を生きている立場から分かち合い、
現場を生きている視点からつなぐ。。。


現場を生き、現場を分かち合い、現場とつなぐ。

昨日移動販売キッチンカーズを全力で分かち合ったゼミら〜たち。

そしてこの後終バスを逃し家にたどり着けなかったアホ主催者。。


去る。。。。


Image


ido〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊かな現場、そして、、くる食、、去る。。

本日は、こちらにチビら〜4台くる食してきました。

Image_9

スパイスプリムラ特製チャイでまずはだべだべ。

もう何年目かな〜?
ここは朝が比較的ゆったりなのでかる〜くアイドゥ朝食をとるのが恒例になっています。

本日のメニューはこちら、、、
Image_2


Image_3

まほうのミネスト雑炊と、和甘が持ってきてくれたワッフル染谷農園リンゴジャム添え。


営業中はみんな全力で現場を生き、、、


Image_4

すぐ後ろから、仲間たちの料理を食べたコトタマが聞こえてくる。

バカ売れ、、、とかじゃまったくないけど、

望まれて、喜ばれて、追い詰められるでもなく戻りのコトタマを受け止められて、

豊かな現場だな〜と思いました。


ちょっと反省点は、ぼくらが食べる場所を少しでも用意しといたらな〜と。。

みんな縁石に腰掛けて食べてくれるんですけど。。。

今日の現場を生ききったチビら〜キッチンカーズはこちら!

まほうのすうぷ屋
スウィーツ和甘
スパイスプリムラ
風祭金咲

そして最後はこちらのバージョンを真剣に全力で、、、、


くる食、、、、


去る。。。。


Image_5


Image_6


Image_7


Image_8

この業界にもいろんなコミュニティがあるけど、
たぶん一番アホなコミュニティですな(笑)


ido〜


アイドゥネット公式サイトは、、、

http://rwww.idou-hanbai.jp/             


次回移動販売リアル体験ゼミは11月19日です


| | コメント (0) | トラックバック (0)

大手の参入と我らキッチンカーズ

マックが「宅配」事業に本腰か〜。
「中食」市場ってのびてるんだ?(^^;;

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131115-00000048-asahi-bus_all

宅配・デリバリーじゃないところにぼくらの魅力があると思うのです。
作りたての商品をできるだけ早く届けるのがデリバリー。

お店が丸ごと来て、その場で作りたての商品を出すのが我らキッチンカーズ。

アイドゥは、我らキッチンカーズの「くる食」というジャンルを切り拓いていきたいなーと思います。

でも、今は流通の大手が移動スーパーという形でどんどん参入してきているのが「旬」だけど、
こっち側の移動販売にも、飲食の大手が何千万もかけた本格キッチンカーを導入して

「まずは実験的に」イベントなんかに参入してくるのは時間の問題のような気がしますね。

今も「オレンジドリーム号」があるけど、あれはもともと店舗の改装中の臨時店舗として導入が考えられたものらしいから。
始めからぼくらと同じマーケットに参入しようとしたものじゃない。

今のところ、こちらの移動販売を実験的に試みた大手は、うまくいかずに撤退していったと認識しておりますが、
固定店舗のルールを移動販売にも当てはめようとして、うまくいかなかった部分もあったんじゃないかな〜と。

これからはこちらのルール、あるいは新しいルールを作って、同じマーケットに参戦してくる大手も現れるかもしれませんね。

マックが移動販売車を導入なんて記事を見る日がくるかもですね〜。

そんときのネーミングは、「Macる」「マックル」「マッ来る」とか、、どうすか(笑)

なんなら今のもマックデリバリーじゃなくて、、、(笑)

ido〜

アイドゥネット公式サイトは、、、

http://rwww.idou-hanbai.jp/             


次回移動販売リアル体験ゼミは11月19日です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売キッチンカーズを楽しく誇りを持って生きるため

毎日どこかで移動スーパーが事業として立ち上がってる感じですね。
http://wbs.co.jp/news/2013/11/15/32932.html

「移動販売」という言葉から多くの人たちが抱くイメージや概念も、こんな時代の流れに相関して変化していくんだろうと思います。


今日は、期限ギリギリ、特許庁へ登録料を納付してからタッコン現場でした。

忘れてた。思い出してよかった…セ〜〜〜〜〜フ(^^;;

Image


商標をとるのは、使われないためじゃなくて、みんなに自由に使って欲しいからです。

みんなで使ったらいいのに自由に使えない言葉もあるでしょ。

あとは自分たちが自分たちのやっている仕事を、楽しく、誇りを持って生きるため。

ido〜


タッコン現場では、前回食べられなかったのを毎回悔やんでくれるお客さんに、メニューではないこちらを届けに行ってまいりました。

Image_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

キッチンカーズ、ただお客さんに向き合って商えるっていいね

某駅ビルに入っているアパレルショップの店員さんが、

昨日、私◯◯◯◯を(売り上げが何万かに満たないことを指す言葉だと思うけど何と言ってたか忘れました)出しちゃって、でもしょうがないから、そのままレジ閉めて帰ったら、速攻マネージャーからメール来て、

「よくそのまま帰れたなー。なんてことをしでかしてくれたんだ」

みたいな内容で、、、、自分で買ってでも◯◯◯◯は避けるのが普通なんだって。。。
そうした方が良かったのかなー?


というようなことを話していました。


なんか気の毒だな〜と思ってしまったんですが。。。。。。

いろんな視点があって、それぞれの立場や商売観、もっと言えば人生観によって感じ方は違うんだろうけど、、、


なんか上司や会社の方を見て仕事しなきゃいけないというか、組織内での評価のために数字を作らなきゃいけないっていうのがね、、、

ちょっとかわいそうかな〜とおもってしまいました。
余計なお世話ですが。

個人でやってるキッチンカーズはこういうことはないからな〜。


売り上げを創るのは自分のため。

ゼロの日もあるけど、もっと言えば赤字の日もあるけど、
だからってその度に上司や会社になんて言われるか、とか考えないすからね〜。


なんなら売り上げ悪かったら悪たれつく人はたくさんいるけど(笑)


ただお客さんに向き合って毎日の商いをしていけばいい。

売れなければ収入が減るわけだけど、それを引き受けるのも自分だから。

その日の売り上げを架空に水増ししたって何の意味もない。


自分でやった自分の結果を自分で引き受ければいい。


今さらながら、なんかこういうとこってキッチンカーズいいな〜と。


やっぱキッチンカーズってido〜だな〜と。

アイドゥネット公式サイトは、、、

http://rwww.idou-hanbai.jp/             


次回移動販売リアル体験ゼミは11月19日です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売キッチンカーズって駅伝みたいとこあるね

昨日はピンチヒッター的に行っている現場デーでした。

毎日一台ずつランチアイテムの仲間たちがつないでくれています。

売れる場所、ならね、いくらでも喰いつく人はいる業界ですが、

小さな小さな、、、そして育てていく現場。
でも、求められて、感謝されている現場。

そこで耕し続けてくれている仲間たちのおかげでちょっとづつちょっとづつ土が肥沃になってきている気がしました。

毎日の出店は1店の場所だったとしても、
自分が出店していない日に出ているキッチンカーズも一緒にその場所を育てていっているのがぼくらの商いの大きな特徴の一つですよね。

ここも、固定の店舗とは違う。
固定なら場所が自店のチカラでしょ。

キッチンカーズっていうのは、なんかそうじゃない部分があるんだよな〜。

仮に、どこかの曜日にとても美味しくてステキなキッチンカーズが入っていて、
他の曜日はダメダメだったとすると、、、、

その優れた一店舗の曜日にお客さんが集中してそこだけどんどん伸びていくか???

っていうとそうでもないんだよね。

それだと分母が大きくならないんだ。

そして場所が荒れていくといいお店まで相手にされなくなってくる。

一度荒れた場所を回復するのは、新規に場所を創っていくよりもうんと大変だし時間もかかる、って印象をぼくは持っている。

なんかね〜。
固定の店舗が「マラソン」だとすると、
キッチンカーズは「駅伝」みたいなところがあるな〜とおもう。

各区間はそれぞれの全力を尽くせばいいんだよ。
そこは他の人は入れないというか、、よけいな口だけのアドバイスとかいらないんじゃね?っとも思う。

応援しかないんだ。
外野にできることがあるとすれば全力で声援を送ることだ。

で、自店にタスキが回ってきたら、自店の区間を一生懸命生きる。

そうやってタスキをつなぎながら場所を育てていく、、
あるいは荒れていくこともあるけど。。。。


昨日はなんか、他の日のキッチンカーズの走りを感じられる出店だったな〜。


ido〜














アイドゥネット公式サイトは、、、
http://rwww.idou-hanbai.jp/             

次回移動販売リアル体験ゼミは11月19日です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

去年も、、、の声に出会いに。。

Image


昨日の金咲タッコンはこちらでチビら〜4台出店をしておりました。

この瞬間に、他の現場を仲間たちが一生懸命生きてくれていて、それがまた、来年の依頼、次回の依頼につながっていることを忘れてはならないですね。

みんなありがとう〜^ ^

何事も毎年一緒っていうことはないんだろうけど、ぼくらが出店するイベントも、それ自体が成長していっているものと下っていっているものがあります。

昨日、先週のイベントは出るたびに徐々に成長していっているイベントでした。

そに中で、ぼくら「食」が果たす役割っていうのも大きいんじゃないかな、と感じます。

ぼくらの食が誰かの時間を少しでも豊かにすることができるなら、


うれしい。


それがコトタマとして戻ってくる瞬間があるのなら、

受けとめたい、と思う。

3年目の現場。


みんな1年ぶりの再会お客さんを受け止めていましたな〜^ ^

売り上げの規模を他店と競うっていうことはアイドゥでは無いけれど、

2年目以降の出店で、


「去年も、、、」


の声にどれだけ出会えるか?

それは自店の中での勝負かなー?って思う。


全くない現場もたくさんあるし。。。

あー、で、今ちょっと思ったけど、


評価はお客さんがする


ってすごくフェアだね。

キッチンカーズ、、、


くるまを避けながら(笑)

去る。。。。。。


ido〜

Image_2


Image_3


Image_4


Image_5

アイドゥネット公式サイトは、、、

http://rwww.idou-hanbai.jp/             


次回移動販売リアル体験ゼミは11月19日です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売が取り上げられる機会が増えてるような気が、、、

先日はテレビでも移動販売の「こちら(あちらの?)の方の可能性」が取り上げていたのでFacebookに投稿したところ、二人の仲間から電話をもらいました。

http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/nms/feature/post_52960

25年以上の超ベテランと始めたばかりの超新人、

お二人とも、

ぼくらキッチンカーズだったら何ができるんだろう?
自分はこんなことしていこうと思ってるんだけどどうだろう?

という肉声を交わし合うために連絡してきてくれたようです。

移動販売っていう言葉でくくられるものの機動力が、
なかなか来られない人たちの元へこちらから行くことができる、という可能性に使われることはぼくは大賛成です。

大手が参入後、台数を増やしていっているとこともあるというのは、ビジネスとしても採算ベースにのって成長していける目算があるんじゃないかとおもう。

必要とされている人たちへ役立つ中で、ビジネスとしても成り立たせ、さらに成長を目指していく。

そんな中、ぼくら個人で始める移動販売キッチンカーズは、、、、

商いとしても成り立たせ、喜んでもらえる人たちへ役立つ中で、自分たち自身のライフへの悦びもつかみたいのではないのかな〜と。。。。。





そういえば、最近取材の依頼というか、

移動販売を取り上げたいんだけど誰か紹介してくれませんか?

という問い合わせが多いです。

新聞、雑誌、ラジオなどはどんどんつなぎます。
テレビだけはちょっと慎重になるんですが。

両者が望むことであればつなぐことはいつでもウェルカムです。


ちなみに今も一つ、これから移動販売で開業をする人を紹介してほしいという問い合わせをいただいていますので、

開業に勢いをつけたいとか、興味のある方がいれば、こちらから積極的にすすめることはありませんが、つなぐことはします。

正式な依頼になるかどうかはその先のことですからね。

あ、今既に体験ゼミに申し込みされていたり、開業準備中の皆様には電話で肉声を交わした際に一応おたずねしますのであらためての連絡はいりません。

これから申し込まれる方で、ちょっと興味ある、、というかたがいましたら、
移動販売リアル体験ゼミ申し込みフォームの「自由記入欄」にその旨をお書き添えくださいませ。







アイドゥネット公式サイトは、、、
http://rwww.idou-hanbai.jp/

移動販売リアル体験ゼミ次回開催は11月19日です。            



| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売キッチンカーズ、2つの肉体の健康

自身の健康診断と金咲号の車検がこの時期は重なります。

自分のカラダと一緒に、販売車も年をとっていくということを感じますね〜。

この仕事は、自身のカラダとクルマ、2つの肉体があって、
この肉体が健康でないと続かない仕事ですね。

現場に行けないんだから、どうしようもない。

壊れるのが前提ともいえる、外車使いのキッチンカーズの中には、
しょっちゅう壊れる、このヒヤヒヤ感が、また可愛くてしょうがないという風に、
また壊れた自慢?(笑)を誇らしく嬉々として話す人もいるけど、こういう人は本当にクルマ自体が大好きなんだともう。

まあ、普通は健康に何事もなく走ってほしいと思う。

開業前には、なかなか気の行かない部分なんですけどね。
特に移動販売車の中古っていうのは、走行距離は当てにならないことも多いし。

内装、外装は開業後に工夫をしながら進化させていくことができるけど
、クルマの健康状態は開業時から年ともに下降線をたどるのが普通だ。

だから、開業時のクルマの健康状態っていうのは大切だよね。

仕事の依頼をしても、クルマが心配でそこまでは行けない、、っていうことも結構ある。

もちろんそこだけじゃなくて、使いやすいレイアウトとか、どこまで作り込むか、とかね、、、

移動販売車を創ったり選んだりするときの判断材料みたいなものを分かち合える場があったらいいのかもしれないですね。

ネットで検索しててもわからない部分を、実際に生きている移動販売車を通して、生きているキッチンカーズの肉声を通して感じる場。

体験ゼミの中に入っちゃってるような内容だけど、、、
そこだだけをもっと気軽に、、、っっていう感じになるのかな〜?


金咲号を持っていった時に、廃業したかたから買ったという販売車の中に、まだ前オーナーの営業許可シールが貼ってあった。

まだはじめて1年だった。

早いな〜。まだ試行錯誤の時期だ。

このオーナーさんの場合は、逆にクルマはまだまだ走るのに、、、もったいないな〜と感じたんだけど。













アイドゥネット公式サイトは、、、
http://rwww.idou-hanbai.jp/             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゼミら〜仲間との出店。現場にあるものは、、、、

風邪のひきかけで大声を出しすぎて喉をやられた。

声が出ない。

昨日は、パインジャズフェス2013にゼミら〜仲間たちと出店してきました。

情熱ソウル屋台は実質今回がデビュ〜〜〜〜〜〜。
9
10

デビューの隣では20年選手が。。。

なんかみんな一緒に出店しながら同じ土俵で学び合えるのが移動販売キッチンカーズのいいところですね。

タッコンは福岡の「ぎんじろう」が昨日の「顔」。

前日の晩に飛行機でこちらに来て、師匠の春秋冬の所に寝袋持参で泊まり、
自分を含め3人で一緒に出店し、夜は金咲と二人打ち上げをして、福岡に帰っていきました。

技術的なことは、師匠の加藤さんが的確なアドバイスをしてくれるので、

自分は、このやり方で通用するんだ、、、っていう記憶を持って帰ってほしいな〜と思って、自分がこの瞬間にどんなことを考えているのかをちょっとだけ分かち合いました。

「なんでここに売り切れないものが残っていってしまうのか?どうしてそういうやり方をしているのか正直わからないです」、、など、現場で一緒に生きてみて感じる疑問っていうのがやっぱあるんだな〜とあらためて思いました。

「店舗視察」では見えない部分が一緒に生きることで感じられるんだと思う。

そういう「どうして?」とか「どうする?」っていうのを、
文章とか口で説明するんじゃなくて、

実際の行動で分かち合うことができるのがいいです。

結果もすぐに見える。



そして昨日のこの現場では、この日初めて顔を合わせたキッチンカーズたちの間で

これから育てていこう、という出店場所のシェアも行われていたそうで、

よかったな〜と思います。



なんちゅうかな〜。

その日の収益、、、、、、、、、だけじゃない部分があるでしょ。

こういう出店っていうのは。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

体験ゼミには来られない、、問い合わせから

久々の夜明け前出発から帰り、明日のタッコン出汁を挽いております。

移動販売リアル体験ゼミに行きたいけど日程の都合で出られないと問い合わせのあったかたへは電話で肉声を交わし明日の現場に来てもらうことに。。。

そうだよな〜と、、、体験ゼミは基本平日だから。
日程の都合のつかない人もいるよな〜と。

土日はこっちの都合がつきにくい。

で、よく言われるのが現場に行こうと思ってもどこにいるのかわからない(笑)

たしかに、、、これも基本出店前に告知しない。

これは理由があります。

ゼミや一度会って人となりがわからないと仲間を紹介しづらい、というのが正直なところ。

ほんと変な意味じゃなくていろんな人がいるから。

アイドゥのホームページも思い切って連絡をするには、大概怪しいのは認識していますが、こちらも何の情報もない人にありのままを分かち合うというのは怖いという部分があります。

いつも自ら手を挙げて惜しみない協力をしてくれている仲間たちがアイドゥは大切だし、この仲間たちがいなければ、このコミュニティーは成り立たない。

現場を生きるキッチンカーズが来てほしいのは純粋な現場のお客さん。

アイドゥから出店情報をだすということは、その現場にそうでない人たちをある意味呼んでしまうという部分があるんでちょっと慎重になります。

以前には、答える筋合いもないぶしつけな質問をされて嫌な思いをした仲間たちも多いし、
明らかにお客さんじゃない雰囲気っていうのは傍目にも伝わる。
現場にとっていいことじゃないよね。

でも、やっぱこれだとゼミに来られないけど、真剣に移動販売を考える人たちとの接点がなくなるな〜、、、とさっき電話で話していて思いました。

もっとなんか違う接点も必要なのかな〜と。


ちなみに明日の現場は、こちらの面々と。。。

オーロラカフェ    
たこまさ               
真間唐屋               
カフェハウオリ    
屋台的な               
ベジカフェ78            
スタンデカフェ
情熱ソウル屋台   
ぎんじろう

お一人、大先輩は違いますが、みんなゼミら〜仲間です。

ゼミはつながりの始まりです。

明日デビューから20年選手まで、、、
みんな惜しみなく分かち合ってくれるだろう仲間たちなんで、
Iさんには移動販売キッチンカーズを思いっきり感じていってほしいな〜。

アイドゥ、怪しくないから。

問い合わせの文面と交わした肉声で、こっちももう仲間に会ってもらって怖くないし。

ido〜 

アイドゥネット公式サイトは、、、
http://rwww.idou-hanbai.jp/             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動、という機動力を活かして

JBpressのコラムで移動販売を取り上げていました。

「御用聞き」ビジネスに進化する食品移動販売
過疎地、山間地だけでなく都市部でも高まる需要


過疎地の話は移動コンビニ、都市部の話は移動カフェなど、行商引車まで紹介されていて、あらためて、
移動販売って言葉の持つ意味は広いな。


移動っていうのは自分たちのビジネスを成り立たせる手段であり、社会に役立つ可能性でもある。

移動、という機動力を活かして、社会的に必要とされている部分をビジネスとして成り立たせていく中でぼくらのマーケットがつくられてきた。

ビジネスの手段としての移動に重心をかけて可能性を追求していっているのが株式会社だとすると、
社会に役立つ手段としての移動に重心をかけて可能性を追求していくのがNPOの役割なのかもしれないですね。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売キッチンカーズについて聞きたいことを聞いてくれたらいい

7_2

第96回移動販売リアル体験ゼミ終了〜しました。

みんなオヤツ持ちより過ぎだろう(笑)

今回は、いつもの「前提の部分」を飛ばして、経験者たちにその先のことをたくさん話してほしいっていうのがあったのですが、やってみると、結局その前提に戻ってくる、、というか、、やっぱいつもそこから初めて正解なんだな、と思いました。

移動販売キッチンカーズを生きるのに、いくつかの「型」があるからね。

ビジネスモデルと言ってもいい部分。

何を分かち合うにも、このモデル次第ってとこがありますね。

どの辺のモデルを生きているのか?
どんなモデルを生きていきたいのか?

まあ、開業前に生きたいと思っていたモデルを生きている人は、実は少ない業界かもしれないけど。


移動販売で独立を考えている人たちにとって本当に役立つ情報って何なんだろう?

ってことに普通に向き合って、あるがまま、感じるままを分かち合っていけたらと思う。


この仕事がどんなもんか?って興味を持った時に出てくる疑問。

さあ、始めようと動き出した時にぶつかる疑問や問題。

昨日は以前体験ゼミに参加したDさんから1年半ぶりくらいに電話。

体を壊していて、やっと体調が戻ったので、これから準備を始めたいのですが、何から始めたらいいですか?

今の状況とどんな型で生きたいのか?向いているのか?
もうちょっと分かち合ってからですよね。それによって何から、、、は違う。
つなぐことはできるんだけど、始めにどこにつなぐか?は今後のキッチンカーズライフに大きく影響します。
まずは、も一回現場で顔を合わせて肉声を通して分かち合いましょうと。
ゼミはつながりの始まりなんだから。

その前は、こないだゼミに参加したSさんから、商品開発のことについて。

準備を始めてるんですが、料理の経験がないんで、どこまでのものがつくれるのかわからない(自信がない)。はじめはレシピなんかをプロにつくってもらった方がいいんでしょうか?

なるほどあるよな〜こういう不安、っていう質問。

電話してきてくれたんでその場で考えいることを10分15分話しました。

腑に落ちてくれたみたいでよかった。

どちらもゼミの時じゃなくて、さあ動こうって思った時にリアルに迫ってきた疑問。

それはその時に聞いてくれたらいいと思う。

アイドゥネット公式サイトは、、、
http://rwww.idou-hanbai.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行政イベントからのメルタマとそれぞれのカラー

昨年5月にアイドゥに声をかけていただき、プレイベントから仲間に行ってもらっていた行政イベント。
うれしいメルタマをいただきました〜^ ^

協力してくれた仲間が褒められるのがホントにうれしいっす^ ^



ーーーーーーーでは大変お世話になりました。平山様には、昨年のリハーサ
ル大会の際からご協力をいただき、各種イベントへの参加を含め、本当にありが
とうございました。何度もお店をご紹介いただき、細かい手続きから全てお引き
受けくださったこと本当に感謝しています。アイドゥネットの皆様は本当に親切
な方ばかりで、よいおもてなしができました。

先週、ご紹介いただいた◯◯◯◯◯◯◯◯◯さんへのおもてなし事業に関する手続き
関係も全て完了しました。
お礼とご連絡が大変遅くなってしまい、申し訳ありません。

また今後機会があれば、是非よろしくお願いいたします。
平山さんのたこ焼き本当においしかったです。
どこかでお会いできるのを楽しみにしております。

本当にありがとうございました。

*************************************************************************

出店してくれたみんなに向けられたメルタマです。

ありがとう〜^ ^


気づけばみんな移動販売体験ゼミら〜。

ゼミからつながった仲間たち。

開業を煽ることも不安を煽ることもしないけど、

ゼミに参加し、参加した中の何人かは開業し、開業した中の何人かはつながっていく。

アイドゥはみんなすごく売る人ばかりで、、、って言われたことは正直ないんですが、

平山さんのお仲間さんはみなさん美味しいですね〜、とか

みなさん楽しそうに仕事をされてますね〜、みたいなことは一年に何回か言われます。

正解じゃない。

カラーなんだよね。

それぞれのカラーがある。


ゼミの中では移動販売のいろんなカラーの幅を伝えるけれども、

アイドゥ本体はカラーの幅を生きる気は無い。

自分は自分のカラーを生きる。

全力で目一杯自分のカラーを生きればいい。

「生きていい」のがキッチンカーズなのさ。


ido〜

アイドゥネット公式サイトは、、、

http://rwww.idou-hanbai.jp/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »