移動販売リアル体験ゼミ~未来を創る

第75回移動販売リアル体験ゼミin埼玉開催してきました。

昨日の最年少参加者は、なんと高校生。運営側でちょっと手伝ってもらえばいいよ。。ということで参加してもらいました。

体験ゼミは、移動販売ビジネスを教授する場ではなくて、
ぼくらの今生きている移動販売ライフを、ありのままに分かち合う場です。

そんな想いが伝わって嬉しいゼミタマをいただきました。

今回もクルマを持ち込んでくれた和甘、
打ち合わせ後、栃木から駆けつけてくれたシード、
協力してくれた仲間たちに感謝です。

ありがとう~(^^)


1346386749248.jpg

平山様 昨日は貴重なお話を沢山聴かせて頂きまして、ありがとうございました。

平山様の暖かい人間性と魅力に触れさせて頂く事の出来ました有り難い時間でした。 

私は、会社勤務を、20年以上して参りましたが、
昨日平山様がお話されておりました事は現場でずっと感じ続けてきました。 

商品を買った人が未来を創れないことに疑問を感じられた平山様の感覚は人間として、
すこぶる全うだと感じました。

これからは全うな人が稼げる時代だと思います。
なぜなら今の時代は内面的な事の大切さに人々が少しずつ気付きはじめているからです。

平山様とこれまで出会った人達、これから出会っていく人達が個で商いながら、全体で商うことも出来る、そのような商い方も考えて行けるのが、平山様ではないかと、ふと感じました。

昨日は会社勤めで固まっている自分の意識に、新しい風が吹いた様な気がして、嬉しい日でした。

自分の人生ですから良く考えてみようと思います。

最後になりましたが、途中で退席致しました非礼をどうぞお許し下さい。
本当にありがとうございました。
いつも周囲の人に配慮出来ます平山様は、最高のリーダーだと思いました
今後の御活躍を応援しております。


Mさんが書いてくださったとおり、
移動販売車とは、まさに未来を創ったり、
切り拓いたりしていくためのものですね。

そして、そのそれぞれの移動販売車をとおして、
それぞれがそれぞれのI doを生きる中で、
お互いに分かち合い、学び合う。

そんなコミュニティにアイドゥが育っていけばいいなと思います。

皆が移動販売の今を生きているコミュニティなので、
それぞれの中にあるものも常に更新されている。

体験ゼミでやっていることは、
その更新されている今をありのまま、感じるままに分かち合うことです。

だからマニュアル販売とかはありえません。

決まった手法や法則があるわけじゃない。

みんな動いている。

それをライブで分かち合う。


他に集ったみんなにも、いいライブだったかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売車の製作現場より、ハーティーメッセージ。

移動販売車の製作現場から貴重なコメントを入れていただきました。

タンジさん、ありがとうございます。

ご無沙汰しております,丹治です。
とても楽しく読ませて頂いております。車輌を販売する側では現場の生の声が聞けるのは幸せな事です。これからも頑張って下さい。
『中古移動販売車の価値』…気になりメール致しました。
販売&製作する側からお答えすると
 お話を頂き製作をするに当りお客様のご希望をお聞きし『お客様の求めておられる商品を』をお渡し致しております。
よって車はその方の考えから生まれたもので、誰にでも向く物では有りません。
お車をお探しの方へコンテナ&車の仕様が全く異なった商品を紹介しても金額がどうで有れ見向きもしません。
要は『貴方が考えた貴方だけの車』であると言う事。全く貴方と同じ考えの方はいません。
『買取り』ともなればいつ売れるか解らない車を高額では仕入れられませんよね。
又、顧客をたくさん抱えておられる業者といない業者では金額も大きく変わってきますよね。
私共は『委託』という方法を取っています。
今すぐお金が…と言うのでなければ最良と思います。
ご希望を聞き、市場の価格をお話しし、意見が合えば中古車案内を出させて頂きます。
購入希望者が無ければ千、二千枚のメール代は飛び、こちらは大きな痛手となりますが、お客様に経費をご負担いただくことは有りません。
よって車輛の価値をキチンと金額出だそうとするのは無理ではないでしょうか。

お客様と面談、そして『夢・希望』をお聞かせいただき共に汗して一台を仕上げます。
自分で図面を引きやっと世に出た時はお客様と喜びを分かち合います。
そして成功を祈ります。
だから5年10年お使いの車でも自分が作ったものは必ず下取り致します。

≪転売依頼≫がきた時はとても寂しいものです
成功にも失敗にも必ず理由があります。
このブログを何度も読み、初心に返り頑張って下さい。
本当に≪移動販売車のマジック≫は有ります!

考え方も仕組みもとても勉強になります。

移動販売「車」に関わる方から、このようなことを率直に話してくださるのは、これから移動販売を始めようとする方、今移動販売を生きている現場にとって、とてもありがたいことですよね。

移動販売で独立開業を考えるときには、やはりなんと言っても

《移動販売車をどうするか》はとっても大きな問題です。

何千万かけて店舗を作るより小さい小さい、とは言いますが、

それが決して小さくないかたが、いろいろなものを背負いながら、この業界に入ってくることが多いんだら。

期待も不安も大きい部分なんですよね。

ここで、自分が大切だと感じていることは、タンジさんもそういう部分を大切にされてると思うのですが、

お医者さんと患者さんの「インフォームドコンセント」みたいなことです。

まずは、はじめにかっちり、伝えることは伝えて、話して、

じゃあ、どうするか?

という順番が大切だと思っています。

移動販売車を作る人⇔移動販売車を使う人、の情報交換ももっと活発になる仕組みをつくっていきたいですね。

タンジさん貴重なコメントありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

景観を乱さない移動販売の店舗とは・・・

先日、営業にまわる中で、百貨店系の担当者の方と話していて、やはりそうなのかなー、と感じることがありました。

「まあ、店頭に、テナントの1部としてというのはムリなんだけど、イベントの一環として、移動販売を活用する、というのは考えるんですけどね、、、、

それにしても~~~~、っていう部分で、

景観を乱す、とか、イメージを損なう、という部分があってなかなか実現しないんですよね。味とかそういう部分とは別にね。。。はっきり言って申し訳ないんですけど・・・・しょっちゅうお話はいただくんですけどなかなかね~~~~」


全く申し訳なくないですけどね。話してくれてありがたいです。


で、ちょっと聞いてみました。


ぶっちゃけ、今、私が挙げる中でスポット的にでも協力できるところありますか??

例えば、〇〇〇〇は??

「ダメですね」

では、〇〇〇〇〇は??

「ゥ~~ン、厳しいですね」

〇〇はどうでしょう??

「はっきり申し上げて、そのようなアイテムはムリですね」


で、結局、ここなら、というところが1社ありました。

それはどこでしょう??

それはもちろん、うちでした。


ウソです。


でも、おーー、このレベルか~、と思いました。

移動販売、ファザードも進化してるところはどんどん進化してますよね。


自分で得意な方はやってくし、FCはデザイナーを入れてるところもあるし。

そうすっとぼくらも勉強になるし。

まだまだだけど、これから移動販売の可能性を拡げていく楽しみな部分ですね。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売車にさよならする人にもこんにちはする人にも嬉しい。

こんにちわ。

前に、移動販売のFCチェーンで売り上げトップを走っていたKさんが、

「今の仕事には先が感じられない」

ということで、この業界を去ろうとしていることを書かせていただきました。

その、Kさんから、

「実は、やっと次に進む方向決まったんで、ぼく移動販売辞めようと思うんですけど、誰か車買いたい人いませんか?」

という連絡があったんで、

こちらは、一台ではじめて、実績作って、今のままじゃ収まりきれなくなってきて、

これから次に進もう!

というTさんと仲を取り次ぎました。

以前の記事です。

こんなメールもらいました。

私、車について何の知識もないけど、勉強すれば可能ですか?

(中略)

高く買い取って安く売る。ぶっちゃけ、開業者はこういうのが一番ありがたいんじゃないかな。まさか粗利に✖✖✖万もとられてるなんて知らないから、ボロボロ車に✖✖✖万も✖✖✖万も借金をしてまででも支払う。良く考えるとおかし過ぎです。

先日の集まり以来ずっと妄想してます。

いっとかなきゃいけないのは、一生懸命開業者さんのことを考えてくれる車屋さんはありますよ。

ただ、残念ながらそうでないところもある、ってことです。

移動販売でいうところの、「中古車」とは、

エンジンが中古、という意味ではないです。普通。

移動販売車として中古。

つまり、廃業した人の車ってこと。

移動販売を少しでも安く始めようと思ったら、こういう「デモノ」でもいいかもしれない。

デモ、ここで、今デモよく分からないのは、

このデモノのをデモノとしてはっきりいわない本部とかが多いですね。

移動販売車っていうのは、作るのは高額です。

が、

いざ、やめようと思っても、普通の中古車のようには売れません。

これから始めようと思ってるかたは、オークションサイトなんかも見てると思いますが、あんな値段で、引き取ってもらえることはないでしょう。

たとえ3ヶ月で辞めても。

「辞める人の移動販売車を高く買い取ります」ってとこあったら教えてくださいね(本気)

実際の例を検証してみると、始めるときは軽自動車で200万~300万、普通車で350万から550万といったところですが、

辞めるとき、

フランチャイズの本部だったら、加盟店の車、いったいいくらで引き取るとおもいます?

それで、例えば、3ヶ月で辞めちゃった場合。

仕様がおんなじだから、中をクリーニングして、他の人にいったいいくらで売るんだろう?

聞かないほうがいいです(笑)。

これはでも、始めるときには大切な問題だと思うので、今度詳しく話しましょう。

そう、

これねー、もし辞めるとき上記のような方法をとると、

辞める方の売値は、せいぜい10万~20万位でしょう。

そして、始めたい方や、次に進みたい方の買値は、200万、300万、

ということになります。

小暮さんの言ってるのは、こうじゃない仕組みを創って、

去る人、来る人、

お互いにとって「よい」風にならないかな?

ということですよね。

ぼくはこういうことを考えるのすばらしいと思います。

開業する。廃業する(後ろむきな意味だけじゃなくてね)。

「人」

と向き合ってきてそう思う。

実際に辞める方がいて(売れなくて廃業とは限らない)、その方だって、次に進むために、改造前の「原車」の価格でたたかれるより、よい条件で引き取ってもらえればその方がいいに決まってる。

それで、を始められる方や、増車を考える方にも

「とてもありがたいこと」

なんだったら、どっちにとってもいいじゃない。

ぼくは、車の販売で商売してるんじゃないんで、ただお二人の仲を取り持っただけで、これをビジネスにしよう、とか思ってるわけじゃないけど、

移動販売のネットワークがお二人のお役に立てただけでも嬉しいです。

Kさんからはこんなメールをいただきました。

お忙しい中、ありがとうございました 何かお礼しないといけませんね・・・
僕と違って、いつも早起きですね!! 僕は昔から朝が駄目で 夜型、不規則向きなんです 
✖✖向きかもしれません・・・と自分勝手に思っている今日この頃です
これから経済的にマイナスからのスタート 毎日「出し切って」行きたいと思います
それから 5年後 10年後 20年後 死ぬまで どう生きていくか 想像と創造しながら
充実した人生を送りたいと思っています
これから 目の前に問題や困難が立ちはだかるでしょう
でも、「困ったことは起こらない」 学ぶ時がきたんだ!!で わくわく楽しみながら 前(上)に進んで行きましょう
そして、お互いに 人間の魂のステージ(階段)を上って行きましょう。
それでは、また め~る致します

移動販売の独立支援と関係ない個人的な話になっちゃうけど、

Kさん、移動販売で「成功してる」といわれてた時より、ぼくから見ると今のほうが魅力的です。

もちろん前から、すごく力のある移動販売ダーだなー、というのはあったんだけど、今の彼からはすごくたくさんの勇気をもらっています。

頑張ってる人に、頑張れ、なんて言えないけど、

移動販売の世界からは去っていっても、心から応援してます。

ぼくらの仲間も、

「移動販売辞めて、あいつ次何やんだ」

って冷ややかに眺めてるんじゃなくて、

仲間の未来を応援していこう。よ。

こっちで生きつづけるぼくらは、移動販売の未来を切り開いていきます。

こっちも頑張る。

そっちも頑張れ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)