移動販売でお客さんに年賀状??

S_001_2 年賀状が届きました。

といっても、自店のお客さんに出したものを、「こんな感じの年賀状出しました」っていう、分かち合い年賀です。

移動販売で、3桁のお客さんに年賀状を出せる商売してるってすごいことだなって思いました。

高額な商品であれば、普通に来るでしょうが、一品単価がたかだか3~400円という

移動販売で、お客さんとこのような接点を持ってる人はまだまだ少ないと思います。

場所が安定してないと、個人情報を取ったり下手にできないという側面もあります。

以前からこの人は、商品を通して、、、というだけでなく、こういうお客さんとの接点、というか交流、をとても大切にしている方ですね。

もちろんお店として出すわけなので、それが商いの仕組みにも連動してるわけですが。

今回も、「お年玉」、という切り口でこの年賀をチケットに使えるようにして、来店の動機付けもしてあります。

ただ、コレはこの年賀状の戻り率で、今月の売り上げを上げよう、というのが主な目的ではないです。

もっと商売の全体の仕組みの中で、断片として生きているものです。

それぞれの本年の抱負・目標に加え、このへんのことが今度の分かち合い会のテーマになりそうです。




あとこの、断片の分かち合いこそが学びになるんだと思います。

年賀状を出したことを報告からといって、儲けは変わらない。

だけど、この断片を分かち合うことで、お互いにもたらされるものはとてつもなく大きいと感じています。

このやり取りで、十分に独立支援になっていると考えています。

自分がやっていること、知っていることを、誰かの役に立てば、、という想いで伝える。

その想いを受け止める。

そこにもエネルギー交換があると思う。

ものを売ったり買ったりとか、大きなお金が動いたりとかではないのですが、目に見えないことだから、価値がないとは全く考えていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売の独立支援とは何か?

あけましておめでとうございます。

年末最後の出店ということで・・・

年明けの挨拶ということで・・・・・

お忙しい中わざわざ連絡・実践例報告などしてきてくれた仲間たちに、どうもありがとう、です。

昨年は、ほんと、移動販売を通して、すばらしい出会いがたくさんありました。

移動販売の独立支援の仕事を6年間生きてくる中で、昨年ほど、

「移動販売の独立支援とはなにか?」

というところから、突き詰めて考えたことはありませんでした。

僕は今まで、正直言って、このようなことを、正面から話せるような人がいませんでした。

というか、いなかった、ということに最近気づきました。

ノウハウ的なことや、ビジネスモデルみたいなこと「以前」の

「人」としての部分です。

移動販売の業界では今までになかった形での、相互支援コミュニティーが形成されていく中で、アイテム、年齢、キャリア、売り上げなどに関係なく、

誰もが、支援される側であり、

また、支援する側である。

という土壌ができてきました。

そこで移動販売独立支援ネットの中で、「人を応援する側」にたった仲間たちが、

『人を応援するってことをとってもとっても真剣に受け止めている』

ということに、気づきました。

それは、僕にとって、感動したと同時に、ショックなこでもありました。

自分自身が、ある程度の期間を、「支援業」みたいなことに関わる中で、このような感覚が「擦れてきてしまってる」ンではないかと感じたからです。

軽々しいことはいえない。

自分のやり方「だけ」が正しいわけじゃない。

皆、言葉を発するということの重さを感じているんですね。

僕も〇〇さんにメールを送ろうと思ってますが、返事を考えるとなかなか送れません、何て言ったてその人の人生が、かかっていますから。

私、反省してます。人のアイテムの否定する様な事考えてしまいました。すみませんm(_ _)m ホントに私はバカでした。でも、厳しさはあるけど、頑張って欲しいという気持ちでいっぱいです。

このような連絡をいただいたとき、僕は、

すごい人たちと関わっているなー、と思います。

移動販売独立支援ネットの「分かち合い」とはこの部分を含めての「分かち合い」であることが本当に嬉しいです。

この部分で「足踏みしてしまう」方々と、一緒に仲間でいられることを誇りに感じます。

移動販売の独立支援とは何か?ということは、ずっと考え続けていくことだと思う。

でも、この仲間たちが教えてくれている、気づかせてくれている、

一番大切な部分。

は、ずっと失わずに進んでいきたいです。

移動販売独立支援ネット公式サイトコチラ↓です

             http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売リアル体験ゼミ・4

今日は移動販売リアル体験ゼミに参加した、移動販売を志す方からの感想メールをご紹介しましょう。

コレもゼミの直後に仕組みの中で書いていただいたものではなく、後からわざわざ感想を送ってきてくださったものです。

僕がやっている活動は、移動販売について適正な情報を得てほしい、ということであって「実質代理店や加盟店募集」とはちょっと違うので、これから、移動販売を志す方で、移動販売の「ホントのところ」を知りたい、という方は、移動販売独立支援ネットが何を志しているのかを、このメールから感じとっていただけると嬉しいです。

多くの人が抱くであろう移動販売のよいイメージだけではなく、
業界の問題点や苦労など現実を知ることが出来て本当によい経験になりました。
もちろんイメージ通り楽しいってことも分かりました。

・・・・・(ご本人の案件のため略)・・・・

その頃またご相談させていただくことがあるかもしれませんが、よろしくお願いします。

みなさんが同じ目線で話していただいたことに本当に感謝しております。
よろしくお伝えください。

最後に、たこ焼じゃなくて蛸魂焼き本当にうまかったです。



●●さんからもメールをいただきました。
みなさんのような横の繋がりが不思議でもあり、羨ましくもあり。
分かっていたことではありますが、本当に人脈、仲間っていうのは大切ですよね。

これからも、私のような移動販売をしたいがどうしたらいいのか分からないというような人の靄を晴らす活動を続けてください。
僕は本当に感謝しているので。

それでは。



自分たちがやろうとしていることが伝わっていてホント嬉しいです。

開業前の疑問というのは、聞いてしまえば解決する疑問も多いです。

生活や人生を賭けてしまう大きな投資をする前に、適正な情報を得てくださいませ。

移動販売独立支援ネット公式サイトコチラ↓です

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売リアル体験ゼミ・3

今、パソコンを開いてみると、またリアル体験ゼミに参加してくれた仲間から、こんなメッセージが・・・・



お疲れ様です。
僕も皆さんにメールを送ろうと思ってますが、返事を考えるとなかなか送れません、何ていったてその人の人生が、かかっていますからね~
よく考えて適切な意見を送りたいと思います。




昨日の小暮さんといい、すごい人たちです。

このハートが移動販売独立支援ネットの宝ですね。

この方たちが考えているのは、

「オレが繁盛に導いてやる」

とか

「私が正しい答えを教えてあげる」

とか

そういうことじゃないです。



そういう「目線」じゃない。

この方たちは

「自分のやり方や考え方の正しさ」

を伝える前に、

「相手の人生や心を考える」

という部分で『言葉を発する』ことに足踏みしている。


とてもとても大切な感覚だと思う。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

移動販売リアル体験ゼミ2

Kansou こんばんわ。

昨日今日と、移動販売リアル体験ゼミに参加した皆様から、感想を含めた連絡をたくさんいただきました。

ありがとうございます。

一度、自分の中で寝かせてから出てきた感想というのは、そのとき時間に追われて書いた感想とは違った深みやリアリティーがありますね。

その中で、今日は、クレープリール小暮さんからのFAXをちょっとだけ紹介させてもらっちゃいましょう。

A4レポート用紙びっちり4枚あったので、さわりだけにさせていただきますが、これだけでも、どのような気持ちで「移動販売リアル体験ゼミ」をしているかは察してもらえるかと思います。

昨日はお疲れ様でした。早くに失礼してスイマセンでした。

私自身、大変勉強になり、やりがいがあり、楽しくて、やる気になりました。

ありがとうございます。

皆さん期待と不安が入り混じって来ているのがわかりました。

でも、それだけ、一生懸命なんですよね。

だからこそ、適当なことはいえない。

正確な情報を与えてあげないとと、思いました。

『応援する』ってこともとても責任あることだなと、感じました。

私も必死になっちゃいましたよ。

昨日、みんなでしたこと、すばらしいことだと思ってます。

「人の人生に関わることの応援ですからね」

今日も家に帰ったら、正確にいろいろな数字を確認してみます。

テキトーなことはNGです!!

      

      以下略

こんなハートを持ってるかたが、リアル体験ゼミに参加してくれたのだから、いいものにならないはずがないですね。

今回すでに移動販売の現場で活躍されている方が、あとお二人参加してくれたのですが、お二人とも同じような思いを抱いたようです。

移動販売で独立開業を考える方たちにとって、開業前からこの方たちとつながりを持てるというのは、とてつもなく大きなことだと思いました。

軽々しく成功を謳う人たちの成功法則よりも、きっとたくさんの気づきを得られるに違いありません。

すばらしさも、厳しさも、本当にリアルな移動販売を体感できるはずです。

移動販売独立支援ネットのサイトは

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売リアル体験ゼミ

移動販売業界では唯一ではないかという、体験的学びの場、「移動販売リアル体験ゼミ」を開催しました。

まずは参加された方々と、かけつけてくれた仲間たちに感謝です。

ありがとう。

開業者を募る、というのではない視点から、ありのままの移動販売を体感していただけたのではないかな、と思います。

・移動販売を始める前に、コレだけは知っておいてほしいことは?

・移動販売のリアルな売り上げと収入は?

・保健所申請のポイント。

・営業場所の見つけ方と現実は?

・商品と営業場所のミスマッチをどう解決する?

コチラが話したいことを話すよりも、

開業される方が聞きたいことを話す。

疑問に感じていることを解決する。

ということが目的です。

営業場所なんかについては、違った考え方や、違った意見が出て、それがいいですね。

移動販売の成功体験や、繁盛法、自慢話だけでなく、失敗体験や、苦労話まで、実際の数字を持って、ココまでオープンに語ってくれた仲間にホント感謝です。

時間が限られいますので、個々の問題について意見交換していくには、これからも、人数は絞っていったほうがいいと思いました。自分たちがここで儲けることを目的としたものではないですから。参加された方皆にとって実り多い時間にすることを考えなくてはいけません。今回、参加できなかった方は、次回都合が合ったときは、またお申し込みくださいませ。

その時の様子は移動販売独立支援ネットホームページにちょっと載せてあります。

http://www.idou-hanbai.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売的、ありがとうメール

Tenpo_1 送ってきてくれるたび進化してくタコキューさんのスタンドショップです。

移動販売と印刷屋さんの合間を縫って、手作りでやってるんだからすごい。

よく紹介してるのは、今動いてるから、失敗も成功も含めて、いろんなこと学ばせてもらってるからですね。

成功体験を語ることは、誰でもできるけど、失敗を含めてリアルタイムで出していくというのは、本当に勇気のいることだと思います。

そのタコキューさんから、今日はこんなメールが・・・・

>昨日●●店に来てくれたお客さんからのメールです。
>●●●が予約の入ってるのミスって待たせてしまい、お詫びに
>味噌で作ってあげたら返事がきたんです。嬉しいですね。

>初めてメール送ります。
>
>13日の18時にソース2個頼んだ者です。
>その際、お詫びで味噌味を頂き、ありがとうございました。
>
>最近のたこ焼きは、大量の油を使って焼くものが多く、皮がパリッとして美味しいの
>ですが…油っぽいのと何処も似たり寄ったりの味で正直、飽きてました。
>
>こちらのたこ焼きは、大量の油で焼かないせいか多少、粉の味を感じる昔ながらのた
>こ焼きでした。
>大きく食べ応えあり、オリジナルのソースもちょうどいい甘さです。
>味噌もこのたこ焼きに合うと思いますよ。(私的には、赤味噌なども合うと思います
>が…。)
>
>他の味も試してみたいので、また来ます。
>本当にごちそうさまでした。
>
>12月13日
>●●

感じるところいろいろあったのですが、

とても、移動販売的で、とても、感心したことがあって、それは、

この、「ミスった」というのが、17歳のアルバイトさんなんです。

ということは、この「サービスをした」のもその子です。

これは、普通の店舗や会社じゃちょっと考えられない。

組織によっては、大問題になっちゃうかも。

でも、移動販売はほとんどの場合は一人なんで、年とかキャリアに関係なく、現場では自分の判断と裁量で、すべて対処しなければならない。

いや、することができる。

コレは、管理する側からすると、かなりマイナスの面もあると思いますが、

自分は、移動販売のとてもいい部分としてもとらえています。

全部を管理をしたい人は、移動販売で人に任せていくのは向いていません。

あと、初めて買ったお客さんがどうしてメールをしてきたのか???

ということです。

感動とかそういうことではなくで、どうして、お礼ができたんだろう???

移動販売で、買って、すごくおいしくって、すばらしいサービスされて、感動したとしても、お客さんから感謝のメールが届くことは普通ないです。

伝えたくても、連絡先がわからないから。

でも、タコキューさんはその情報をお客さんに伝えてあったということです。

確かにさりげなく伝えてありました。

そして、このようなお便りをもらう仕掛けもしてありました。

「移動販売リアル体験ゼミ」でも、この辺の実例を、実際のツールを前に旬な話題として議題にのせられるといいなーなんて思います。

コチラが話したいことを一方的に話すのではなく、参加される皆さんが聞きたいことを話す、聞く、時間が多いのでどうなるかわからないですが。

開業前に必要な適正な情報をしってもらいたいと言うのが目的です。

開業前に適正な情報を得てくださいね。

移動販売で開業を考えている方で、移動販売リアル体験ゼミに興味を持たれた方はコチラから↓

http://www.idou-hanbai.jp/category/1166490.html

今回のお申し込みは今日までです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

移動販売独立開業。適正なハードルとリスク。

こんなメールいただきました。

移動販売に関わる人たちみんなにとって一考の価値のある内容です。



どうもです、ブログにコメント入れようとするとやっぱりMACでは文字化けしちゃってだめですね、そんでメールにしました。
昨日●●●の●●●している相棒が辞めるって事で連絡ありました。

自分が思うに、何のリスクも無く、資本も出さずに始まる人は諦めも早いんじゃあないかって思いました。

自分も良くわからないんだけど、自分は大金はたいて始まったから、ちょっとうまく行かないからって簡単にやめられないじゃあないですか。でも出している物が小さいと、簡単に諦めちゃう事ってあるんじゃあないかと。

あまり良い例じゃあないかも知れないけど、●●さんも大きな借金と言うのが大きなささ
えになって、ぷらす仕事が好きと言うのがマッチしてた部分があったんじゃあないかなんて勝手に考えちゃいました。

自分もそんな事考えず、何で頑張れるか、好きだとか楽しいとか言ってるけど、このままじゃあ終わりたくない、ましてやめるなんて事は考えられない状況です。

何が言いたいかというと、ある程度のハードルとリスクを背負わないと頑張れないんじゃあないかなって事です。

今平山さんも自分も、少しでもやりやすく始まりやすくと考えて仕事をしてるけど、全部がいいとは言えない部分がある・・・

何かうん



自分が今やっているのは、移動販売について、適正な情報を配信しようということです。

そういう意味では、「移動販売リアル体験ゼミ」などは最低限のハードルを設けているといってもいいかもしれません。

ある意味、移動販売で独立開業をしようと思ったら、「ただの開業相談」ほど怖いものはないかもしれません。

自分もやっていることですが・・・

何百万の投資をする前に、一杯呑みに行くくらいの投資で、「適正な情報と人のつながり」を手に入れていただけたらなー、と思いでやっています。

(参加された皆さんのそれぞれの疑問に時間をとれるように、参加人数は少数の、ほんとゼミナール交流会のような感じなので、定員により、今回の参加はどうかわかりませんが、興味のある方は一度ホームページを覗いてみてくださいね)

http://www.idou-hanbai.jp/category/1166490.html

移動販売独立支援ネットの中では、日々、現場の繁盛法を共有すると共に、このような問題にも意見交換がされています。

今、移動販売の業界の中で、このようなことが同じ目線で活発に行われているところは、ここだけだと思います。

いいところは、今のために今大切なことと、将来のために今大切なことを、同じ移動販売を生きる仲間からまなべるということじゃないかなーと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動販売独立支援ネットの宝物

「移動販売リアル体験ゼミ」に3人の仲間が参加してくれることになりました。

「人いるでしょ?」

「なんかできることありますか?」

とわざわざ連絡をしてきてくれた人たちです。

現場で成功している人たちが、その現場を削ってまで、手を挙げてくれていることに本当に感謝です。

移動販売リアル体験ゼミの願いは、移動販売で独立開業を考えている方々に、移動販売について、適正な情報を得てもらいたい。

ということです。

その趣旨を考えてみても、現場の方が来てくれるのはありがたいことですね。

当日は、開業希望者の1つの疑問に対して複数の答え(意見)が飛び交う、ゼミナールのようになるのではないでしょうか?

それでいいんです。

みんな体験してきた経験値が違います。

このような場は移動販売の業界には他にありません。(たぶん)

支援ネットが主催するものに参加する必要はまったくありませんが、移動販売で独立開業を志す方は、ぜひ、たった一つの会社、たった一人の経験者、たった一つの成功体験、から情報を得るのではなく、多角的に収集するようにして欲しいです。

「移動販売独立支援ネット」の宝はやはり人ですね。

僕自身も、このような関係があるだけで、自分自身の仕事がとても「豊かなものになる」と感じています。

移動販売独立支援ネットを立ち上げて本当によかったと心から思います。

この豊かさを広めていくことを頑張らないとですね。

移動販売リアル体験ゼミの詳細はコチラから・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同じ目の高さから生まれる移動販売業界の新しい芽

移動販売独立支援ネットの中で、こんなやり取りがあったのを送っていただきましたので分かちあっちゃいましょう。

>送信

いつも行くラーメン屋さんでもらいました。(ラーメン屋さんでもらったチケットです)

あのレシピにしてから、塩の戻りがすごいことになってます。

自分達も塩、醤油400‐券などうちだし、ソースのリピーターに配付するのはいかがでしょうか?

> 返信

自分たちの食べてほしい方向にお客さんを誘導してあげるのはスゴクいいと思います。やりましょう。

老舗で使われているあの伝説の味はそうとういいです。それを、超和風天然だしで溶くわけだから、生地の味が立つのはやはり塩、醤油、味噌ですね。カレー、キムチ、チーズの類はNGだとおもいます。旨かったとしてもやりたくないです。

やったほうがいいことと、やらないほうがいいことがハッキリしてきたということは、コンセプトが固まってきたということですね。コンセプトをわかりやすく発信するポイントは、自分は絶対にコレをやらない、っということをきめることだと平山さんも言ってたけど、それはあるのではないでしょうか。

こうして新しいツールの原案がやり取りをしながら出来上がっていきます。

こんなツールのアイデアを一つ形にするのでも、組織だと、「報・連・想」が必要だったりしますから、そこに窮屈さを感じている方には移動販売は向いているかもしれません。

一人でやってもできることだし、それを抱え込むこともできるけど、分かち合うことによって見えてくるものがあります。

移動販売の現場で、同じ目の高さで、このような動きが出てきているのは本当に嬉しいことですね。

これは小さな小さな例かもしれないけど、共有とか分かち合い、というなかから「生み出す・創り出す」という芽が出てきていると感じています。

このようなことをやり取りする移動販売ダーたちが増えれば、この業界はもっともっと発展していきますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧