自分だけのアイテムで移動販売に参入。商品開発のポイント。

こんちわ。

昨日、移動販売をやりたいんだという方の相談を受けました。

アイテムは、中東の~??? なんと言ったかな~???

名前覚えらんなかったけど、お肉の料理でしたね。

今は、実際こうやって、自分のやりたいアイテムをもって移動販売を始めるという方が、ほんと多いですね。

焼き鳥、たこ焼き、クレープみたいないわば移動販売で定番みたいなものに、ピンポイントでコレやりたい、と入ってくる方より、

移動販売を自分のやりたいアイテムで活かしていきたい。

という方のほうが、数は断然多いです。

聞いたこともないような料理もけっこうある。

これは、初めて始める商売としてみたときには、成功しやすい、しにくい、は当然あります。

以前、アイテム選び・商品開発のポイントとして書いたように、

移動販売として、続いてきてるアイテムというのは、やはり成功しやすい、要素というのをたくさん含んでいると思う。

でも、だから、続いてきたアイテムが正しい、とか、聞いたこともないようなアイテムはダメだ、とか言うことはないんで、

何よりも、自分の考えたアイテムを、移動販売車にのせて、商売してみたいんだ。

というこの方の生き方をぼくは尊重します。

成功しても失敗しても、続いても続かなくても、自分の責任なんだから。

実際自分だけのジャンルを持って移動販売を活き活きと生きている方はいますからね。

ただ、聞いた限りでは、確かにおいしそうなんだけど、

その何とか、という食べ物だけで、誰も知らないその料理の名前をメニューに掲げても、

買ってくれる場所も、

買ってくれる時間帯も、

買ってくれる人も、

イメージできなかったので、

もし、そのアイテムで、本当に勝負をかけたいのであれば、

始めから、ランチでも通用するように設計しなおしてみては?

と、提案させていただきました。

簡単にいうと、

始めから、ライス・パンを組み合わせるメニュー構成『も』考えておいたほうがいいんじゃないか、ということなんですが。

ランチ、という意識はなくても、あまり馴染みのないような料理で参入してくる方は、

ランチの土俵に上がれるか??というのは現在のところ、一つのポイントだと思います。

で、

その、ランチの土俵に上がれるか??の最低限のポイントは、ライス・パンとあわせられるか??ということなので、

自分のアイテムを持って移動販売を始めようとされている方は参考にしてみてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)